このサイトが目指すこと

2016年4月14日から16日に発生した「平成28年熊本地震」は、最大でマグニチュード7.3を記録し、周辺エリアに大きな被害を及ぼしました。5月11日現在で震災による犠牲者は49名となり、いまだ多くの方が避難所での生活を余儀なくされています。また、災害関連死も20名にのぼり、いまだ震災は続いていると言えます。団体や企業による復旧・復興に向けた活動もはじまる中、これからが本番と言っていいほど、現地ではまだまだ多くの支援が必要とされています。

特に、これ以上犠牲を出さないためにも、避難生活をされている方のケアは大きな課題です。大切なのは、被災地で必要とされていることと支援の手をしっかりとつなぐこと。

このサイトでは、被災地で支援活動をおこなっている団体と直接連携をとりあい、現地の状況を整理してお伝えしていきます。被災された方が平穏な生活を取り戻すために、そしてこれ以上犠牲者を増やさないために、提供いただいた貴重な情報は随時、最速の更新を心がけます。

状況を知る、寄付をする、ボランティアに行く、物資を送る。わたしたちが、いまできることはたくさんあります。被災地の一日も早い復興を願って。ご協力のほどよろしくお願いいたします。

公益財団法人日本財団
公益社団法人助けあいジャパン

「いまできること」では大規模自然災害に関する情報をわかりやすく整理し、被災地が必要としていることと支援を的確に結びつけ、復旧・復興を早めることを目的としています。
これから起こる自然災害に対しても、発災したその日からすぐに情報支援をはじめられるように、平時から準備をしていきたいと考えています。 被災地の正確な情報を速やかに発信していくために、「いまできること」では、情報連携をしてくださるNPOや団体、企業のみなさまを募集しています。 ご協力のほどよろしくお願いします。

▶ 情報連携ネットワークに参加する

大規模な自然災害が発災した際に、いち早く「いまできること」に被災地の情報をご提供いただけるNPOや団体、企業を募集しています。 ご参加いただいたみなさまには、サイト内で支援活動の内容をご紹介させていただく他、支援金を募集いたします。

▶ 寄付で直接支援