おにぎりでサポート! 「おにぎりを食べて 被災したこどもたちを応援しよう」

エキ・リテール・サービス阪急阪神といいなダイニングでは、本キャンペーンの寄付を通じて、災害で被災したこどもたちに対する支援を継続的に行っていきたいと考えています。
なお、この活動は2009年4月からスタートした、阪急阪神ホールディングスグループの社会貢献活動「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」の一環として2012年より実施しており、同プロジェクトからも同額(上限100万円)を上乗せして寄付します。

(1)対象商品 おにぎり全品
(2)期間   2019年2月4日(月)~2月17日(日)
(3)対象店舗
アズナス、アズナスエクスプレス、アズナスエクスプレス・ビー 各店、
クックデリ御膳(梅田1号店・梅田2号店・武庫之荘店・桂店)、おにぎり家一粒(梅田1階店)
※但し、対象商品を取り扱わない店舗は除く
(4)寄付先  公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
http://www.savechildren.or.jp/lp/2018hr/

01月16日

はるちゃん天ぷら 「じゃこ天発祥地から全国へ!被災で諦めかけた新商品を再び!」

愛媛県は宇和島で「はるちゃん天ぷら」というお店を女性5人で運営しています。はるちゃん天ぷらは、「じゃこ天」と呼ばれる愛媛県南予生まれの商品の製造・販売をしています。私は、じゃこ天製造に関わって約40年になります。
じゃこ天は愛媛県南予地方の地魚などのすり身を、油で揚げた練り製品です。はるちゃん天ぷらのじゃこ天は、余計な添加物は一切使わず、一つ一つ手作りで製造しています。無添加をこだわりとしているため、消費期限は1週間と短いです。
全国のみなさまに食べて欲しいと思い、無添加のままで冷凍しても品質の落ちない新しいじゃこ天を開発しようとしていましたが、西日本豪雨災害により工場が浸水してしまい、じゃこ天製造に使う機械が水没し故障してしまいました。そこには、新商品開発用に購入した製氷機と撹拌(かくはん)機も含まれていました。合わせて、被害額は、約120万円にも及びました。

なんとか操業は再開しましたが、試作品費用の捻出までまだ手が回っておりません。なんとか新商品開発を再開し、復活した感謝の思いを伝え、これから復興していく宇和島を元気づけて行くためにも、「はるちゃん天ぷらのじゃこ天」を、全国の皆様に味わってもらいたい。
そのために、今回クラウドファンディング への挑戦を決意しました。ぜひ、後押しいただければありがたいです。
今回のクラウドファンディングで集まったご支援をもとに、試作品費用と配送用のパッケージ費用に充てさせていただきます。

01月16日

愛媛県復興支援動画 「その時は、愛媛で。」

西日本豪雨災害からの復興支援策の一環として制作した「愛媛県復興支援動画」を平成31年1月10日(木曜日)からYouTube上で公開しました。
本県は、西日本豪雨災害による甚大な被害を受けましたが、災害があっても負けずに、真面目に、元気に、少しずつ復興への道を歩んでいる愛媛県民の笑顔や温かい気持ちといった「今」の姿を、インターネットを通じて全国に広く発信し、本県のイメージアップや、誘客の促進、県産品の販路拡大等に繋げていきます。
全国的に災害が発生する中、本県の凄惨な被災状況を伝えるのではなく、被災地等で元気に生活している「県民」の今をクローズアップし、動画を通じて「県民」の生の声を等身大目線で伝えることをコンセプトに、ビデオレター風動画とインタビュー動画の2種類を公開します。

▼復興支援動画専用特設サイト「その時は、愛媛で。」
http://sonotoki-ehime.com/

01月16日

オイシックス・ラ・大地 「西日本豪雨応援米 販売開始」

安心安全な農産品や加工食品、ミールキットなどの食品宅配を展開するオイシックス・ラ・大地株式会社は運営する「Oisix」「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」の3ブランドを通じて、昨年7月前半に西日本を中心に発生した豪雨災害により被害を受けた生産者のお米を“応援米”として、2019年1月14日(月)から随時、販売します。

【商品概要】
・商品名:西日本豪雨応援米 倉敷にこまる ・産地:岡山県倉敷市(庄地区無農薬研究会)
・価格: 白米2kg 1,613円(税込1,742円) 、七分米2kg 1,613円(税込1,742円) 、玄米2kg 1,523円(税込1,645円)
※「大地を守る会」での販売価格です。 (「Oisix」、「らでぃっしゅぼーや」では異なる規格、価格での販売になります。)
・発売日: 「Oisix」https://www.oisix.com/ 1月24日(木)~
「らでぃっしゅぼーや」https://www.radishbo-ya.co.jp/shop/  1月21日(月)~
「大地を守る会」https://takuhai.daichi-m.co.jp/ 1月14日(月)~

01月16日

JIFF 「インクルーシブフットボールフェスタ」を広島で初開催!

一般社団法人日本障がい者サッカー連盟(JIFF)は、サッカーを通じた共生社会の実現を目指し、地元企業20社の協賛やサンフレッチェ広島、アフィーレ広島の協力を得て、2019年3月2日(土)に佐伯区スポーツセンター(広島県広島市)で「インクルーシブフットボールフェスタ広島2018」を開催します。本イベントは7月21日(土)にマエダハウジング東区スポーツセンター(広島県広島市)での開催を予定しておりましたが、平成30年7月豪雨をうけて延期し、その振り替えとなります。東京では2016年から2年連続で開催しており、毎回300人以上が参加するイベントで、東京以外での開催は初。一般社団法人広島県インクルーシブフットボール連盟に主管委託し、実施します。当日はJIFFの北澤豪会長も参加予定です。

午前と午後の二部に分けて開催し、それぞれ小学生を対象とした「インクルーシブフットボール」と、ブラインドサッカー、アンプティサッカー、電動車椅子サッカーを子どもから大人まで体験できる「障がい者サッカー体験会」を実施いたします。

■日程:2019年3月2日(土)
【午前の部】10時~12時 【午後の部】13時~15時
※見学無料、入退場自由 ※参加者の一般申し込みは未定です。
■会場:佐伯区スポーツセンター(広島市佐伯区楽々園六丁目1番27)

01月16日

丸太山魚 「生き残ったアマゴたちの命を次の世代へ繋いでいきたい/西予市」

初めまして。丸太山魚の佐藤 治平と申します。
愛媛県西予市宇和町で、アマゴの養殖販売をしております。

父親の代から、もともと所有していた山奥の農家で田んぼだったところを生簀にして、養殖業を始めました。創業してもう50年になります。
アマゴの養殖は、2年周期で育てており、完全養殖にこだわって育てています。

西日本豪雨災害により、土砂崩れが発生し、もうすぐ出荷予定だったアマゴの生簀が埋まってしまったり、備品を保管している倉庫がそのまま流されてしまい、かなりの被害を受けました。
現状、壊れた生簀も復旧できていないため、養殖できる数も限られており、加えて倉庫もまだない状態です。アマゴを配送するタンクを保管できる場所がないため、毎回山を降りて自宅まで取りに帰っています。

今回の災害での被害総額は、約500万円以上です。みなさまからご支援いただいた支援金をもとに、土石流の撤去に充てさせていただき、生き残ったアマゴたちの新たな生簀を作るスペースを確保し、また同じ形で養殖を続けていきたいと思っています。
どうかご支援のほど、よろしくお願いいたします。

01月09日

復興支援チャリティマラソン2019そうじゃ吉備路マラソン

平成31年2月24日(日)に、復興支援チャリティマラソン2019そうじゃ吉備路マラソンを開催いたします。自己ベストを目指すもよし、ご家族やお仲間で楽しむもよしでお誘い併せの上、エントリーをお待ちしてます。

復興支援チャリティについて
この取り組みは、平成30年7月豪雨及び北海道胆振東部地震などの大規模災害で被害にあわれた方への復興支援を目的としており、1口1,000円で復興支援チャリティ募金を募集します。
皆さまのお気持ちを被災地に届けましょう!募金にご協力頂いた方へは下記のとおり返礼品を贈呈いたします。
是非この趣旨にご賛同のうえ、ご支援をよろしくお願いいたします。

みんなで特製リストバンドを着けて被災地を応援しよう!!
●募金額 1,000円/1口
●返礼品 特製リストバンド1つ/1口(2月中旬に郵送予定)

01月09日

サカママ 「西日本豪雨災害支援! チャリティグッズ支援プロジェクト」

今回、プロジェクトメンバーの趣旨に賛同頂いた、現役プロサッカー選手より西日本豪災害支援を目的としたチャリティグッズ支援プロジェクトを開催いたします。
ご支援頂いた皆さまには、支援金額に応じて選手着用のサイングッズをお送りいたします。
皆様の温かいご支援、よろしくお願いいたします!

開催期間 2018年12月3日(月)~2019年1月31日(木)


支援謝礼

① 1万円(1枚)購入の方は、プロジェクトメンバーサイン色紙
② 2万円(2枚)以上購入の方は、選手着用サイングッズ
集まった支援金につきましては、プロジェクト支援システム使用料、グッズ発送費用を除き、広島テレビ 西日本豪雨災害「がんばろう!広島」募金委員会を通して広島県の復興・復旧に役立たせていただきます。

01月09日

安芸高田市 「第8回ひろしま安芸高田神楽東京公演」

日時:平成31年(2019年)1月19日(土)
出演:原田神楽団
・1部14:00~16:00 演目「儀式舞 四方祓い」「桜井の駅」「紅葉狩」
・2部17:30~19:30 演目「儀式舞 胴の口」「大江山」「八岐大蛇」
場所:日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7)

入場料
・全席指定席
・1部、2部完全入れ替え制
S席おとな4,000円 中学生以下3,000円
A席おとな3,000円 中学生以下2,000円

同時開催
安芸高田市物産展(13:00~20:00)

01月09日

JFN10局による西日本豪雨復興プロジェクト「雨あがれPROJECT~RAINBOW CONNECTION~」特別番組を放送

TOKYO FMでは、2019年1月20日(日)19時から特別番組『雨あがれPROJECT~RAINBOW CONNECTION~』を放送します。これは、今年7月の西日本豪雨災害に見舞われた西日本各地の復興状況を伝え、観光客を迎える準備も整っていることを発信するプロジェクト「雨あがれPROJECT~RAINBOW CONNECTION~」の集大成となるプログラムです。
ぜひラジオとSNSで西日本の復興状況を正しく理解し、観光に訪れてみてください。

また、2019年1月12日(土)に広島駅南口地下広場にて公開収録イベント「雨あがれPROJECT~RAINBOW CONNECTION~ in エールエール」を開催します。

◇「雨あがれPROJECT」サイト: https://ameagare.jp/
◇特別番組『雨あがれPROJECT~RAINBOW CONNECTION~』: 2019年1月20日(日)19:00-19:55放送
TOKYO FMおよびJFN10局ネット(FM FUKUOKA、FM高知、FM愛媛、FM山口、広島FM、FM岡山、FM山陰、Kiss FM KOBE、FM OH! (FM OSAKA)、FM GIFU)

01月09日

『がんばろう広島』丸井錦糸町店の広島フェアにTAUが出展!

丸井錦糸町店にTAUが催事出展し、広島フェアを開催します。
TAUで人気の商品、生もみじ・レモンケーキ・牡蠣オイル漬・イカ天など、瀬戸内海と中国山地に囲まれた広島の気候と地元愛が育んだバラエティ豊かな広島の味をお届けします。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。
開催期間
2018年12月27日(木)~2019年1月8日(火)
営業時間:月~土 10:30~20:30 日曜・祝日 10:30~20:00
※12月31日(月) 10:30~18:30
※1月1日(火)  休業日
※1月2日(水)  10:00~20:30
開催場所
丸井錦糸町店(1Fイベントスペース錦の坪庭)

12月26日

有限会社フローラルクマガイ 「自慢のシンビジウム。花農家としての復活を!!」

はじめまして、 有限会社フローラルクマガイの熊谷(くまがい)です。ページをご覧くださりありがとうございます。
私は生まれも育ちも愛媛県西予市(せいよし)野村町で、夫婦で花農家を経営しています。29年間地元の皆さんに支えられながら、シンビジウムを生産してきました。

2018年7月7日の西日本豪雨。川沿いにある900坪のハウスは完全に水没し、半分は倒壊、ハウス内にあったシンビジウムをはじめその他の生産物も全て流れてしまいました。他の場所に移動していた来年出荷用のシンビジウムは無事でしたが、持って帰るハウスもそう簡単には復旧出来ず、シンビジウム生産の継続は断念せざるを得なくなりました。
一度は諦めたシンビジウム生産ですが、周りの方の復活を望まれる声に勇気付けられて、復活を目指して立ち上がることにしました。しかし出荷まで時間が掛かるため、まずは縮小した形でスタートし、今後はトマト等も栽培しながら環境を整えていく計画です。そのためにはハウスの修理等おおよそ800万円の費用が掛かります。
今回のクラウドファンディングで皆さまにご支援を頂き、その一部に充てさせていただきます。再度、私独自のシンビジウムをお届けできるよう頑張っていきたいと思っていますので、どうぞみなさん応援をよろしくお願いいたします。

12月26日

今こそ!宇和島の復興を応援しようぞ!伊達武将隊と巡るツアー参加者募集

宮城県仙台市の歴史姉妹都市で、7月の西日本豪雨で被災した愛媛県宇和島市の復興を観光面から応援するツアーが来年2月、愛媛県内で行われる。仙台市の観光PR集団伊達武将隊と一緒に現地を巡る参加者を募集している。2月22~24日の2泊3日で、武将隊の伊達政宗ら3人が参加する。宇和島城や伊達博物館を訪れ、鯛めしなどの郷土料理を食べる。宇和島城では伊達武将隊が演舞を披露する。
▼宮交観光サービス 伊達武将隊と行く!宇和島復興応援ツアー
http://www.miyakoh-kanko.co.jp/theme/index.php?cate=stay_tour&action=detail&id=1832

12月26日

NPO法人TOKYO L.O.C.A.L「歌ってハモる!みんなでつくった町の歌で町を元気に!」

東京都荒川区の地域活性化支援や、30回以上の被災地復興支援イベントの開催などを行ってきたNPO法人TOKYO L.O.C.A.Lが、アカペラグループINSPiとともに、西日本豪雨の被災地である愛媛県西予市野村町で応援ソングを披露するためのプロジェクト。イベント開催や応援ソングのミュージックビデオ作成のための費用を、朝日新聞社が運営するクラウドファンディングサイト「A-port」にて募ります。

12月26日

岡山「雄町米」で純米酒をつくる『米作りから酒を醸す 赤磐雄町ファンド』

この度、ミュージックセキュリティーズ株式会社が運営するインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」で、『米作りから酒を醸す 赤磐雄町ファンド』の募集を開始しました。岡山県の「雄町米」でつくる高品質清酒を日本全国に広めるため、農家にかけあい雄町米の栽培復活から手掛けてきた利守酒造。平成30年7月豪雨での被災を契機に、醸造・熟成環境を改良するため貯蔵庫の改良・設置費用をファンドで募集します。雄町米でつくる日本酒のブランド価値を高め、国内外に向けて出荷できる体制づくりを目指すファンドです。

12月26日

岡山県 「おいでんせぇ #映えの国」

晴れの国は、映えの国でした。2018年7月、晴れの国にたくさんの雨が降りました。けれど、皆さんの温かいご支援のおかげで、観光地はすっかり元気を取り戻しています。だから、遠慮なんかせず遊びに来てください。実は岡山はフォトジェニックの宝庫、誰かにシェアしたくなる多彩な魅力があります。楽しい時間を過ごして、 元気な姿を日本中に発信してくれたら、もっと私たちは元気になれます。“晴れの国”は“映えの国”。皆さんのお越しをお待ちしています。

■映えの国ハッシュタグキャンペーン
岡山で写真を撮り、「#映えの国」のハッシュタグを付けてインスタグラムに投稿すると、抽選で豪華な商品をプレゼント。投稿された 写真の中から、映えの国編集部が厳選し、「これは!」と思ったものを、「映えマップ」としてマッピングします。

<キャンペーン応募要項>
◎期間:2018年12月19日(水)~2019年3月8日(金)

<参加方法>
STEP1:映えの国公式アカウント「@baenokuni.official」をフォローする
STEP2:岡山へおでかけし、観光PRにつながるような映え写真を撮る
STEP3:ハッシュタグ「#映えの国」と、位置情報を入れてインスタグラムに投稿する ※参加規約を必ずお読みになり、同意の上、参加してください。
※お一人様何回でも応募可能ですが、重複しての当選はございません。
※動画は対象外です。

12月19日

西日本豪雨復興応援アート展

平成30年7月豪雨の被災地の復興を応援したい。その気もちで、被災地出身者を含める漫画家、イラストレーター等、総勢25名の著名クリエイターが作品を創りました。あたたかい気持ちになれる作品達を是非、会場でご覧ください。※会期中、募金箱を設置し全額被災地に寄付させていただきます

【開 催 日】2019年1月12日(土曜日)~1月20日(日曜日)入場料無料
1/14(月曜祝日)は参加作家によるキャラクター作り、四コマ漫画作成のワークショップ開催予定です。ふるってご参加ください。(先着順、参加費無料)

呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)
広島県呉市宝町5-20 https://yamato-museum.com/

参加アーティスト(五十音順)
東きゆう、御茶漬海苔、丘上あい、今井キラ、今井大輔、絵子猫、エサカマサミ 、かじ、キタイシンイチロウ 、KAMAKIRI、芹沢由紀子、田中光、成海柚希、那波マオ、のむらしんぼ、葉月かなえ、はつはる、原明日美、フクシマハルカ、マキシマム、むかいあぐる、森チャック、山田雨月、やまもとのりこ、妖

12月19日

真備復興希望プロジェクト 豪雨災害を忘れない「1月8日にキャンドルの灯を」

8月13日に初めてのキャンドルをした日。
「私たちは真備に住みたい」と書いたTシャツを来た女性が来てくれた。
彼女の気持ちはみんなの心に刺さる。
住みたいけど、住めないかもしれない。そんな不安を抱えている。
住みたいけど、離れていくしか選択肢がないという人もいる。

キャンドルは、毎月続けていく
第1回は8月13日。
第2回は9月7日。
第3回は10月14日。(発災から100日目)
第4回は11月7日。
第5回は12月7日。
第6回は1月8日。

今後ずっとずっと、続けていきたい。

あなたも参加してください
2019年1月8日(金)18時〜
倉敷市真備支所前・吉備真備像周辺で行います。
17時くらいから準備をしております。
お手伝いいただける方も大歓迎です。
みなさまのお越しをお待ちしております。

12月19日

集まれ!吉備路インスタ部!吉備路の観光をみんなでPR

総社市・岡山市・倉敷市の景色やグルメなど、素敵な写真をInstagramに投稿する「吉備路インスタ部」を発足しました。観光をPRし、見た人が訪れてみたいと思うようなインスタ映えする投稿をお待ちしています。

参加方法
①総社市・岡山市・倉敷市いずれかの観光PRにつながる写真を撮影
②「#吉備路インスタ部」のハッシュタグをつけてInstagramに投稿
③吉備路インスタ部公式アカウント「@kibiji_official」をフォロー
※参加規約を必ずお読みになり、同意の上、参加してください。ハッシュタグ「#吉備路インスタ部」をつけてInstagramに投稿された場合は、本規約に同意したものとみなします。

12月19日

中国・四国9県連携観光キャンペーン「中国・四国ベストナイン 」

中国・四国地方では、今年7月に発生した西日本豪雨の影響により、直接的な被害のなかった観光地も含め、いわゆる風評被害により、観光客が大きく減少しています。このため、中国・四国9県はタッグを組み「元気な中国・四国」を発信するため、観光プロモーションを展開しております。

「中国・四国ベストナイン」とは、中国・四国9つの県がタッグを組み、この冬ぜひ楽しんでいただきたい9種類の魅力を、カテゴリーごとに紹介したものです。メジャーなものから、各県でしか味わえない知られざる魅力まで、この冬ぜひ中国・四国にお越しください。

12月19日

平成30年7月豪雨災害復興支援事業 Osaka Shion Wind Orchestra ドラゴンクエストコンサート

日時:2019年3月20日(水) 18:00開場 18:30開演
会場:倉敷市民会館
指揮:横山 奏
吹奏楽:オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ
主催:倉敷市、山陽新聞社、倉敷市文化振興財団
共催:倉敷市教育委員会
協賛:公益財団法人 JFE21世紀財団
協力:スギヤマ工房有限会社、株式会社スクウェア・エニックス

チケット一般販売:2018年12月13日(木)
チケット:(一般)4,000円(大学生以下)1,000円
※未就学児入場不可

12月12日

市民吹奏楽団大牟田奏友会 「西日本豪雨復興支援チャリティーコンサート」

西日本豪雨の復興支援を目的としたチャリティーコンサートです。チケットの収益金は全て被災地に届けます。
日時:2018年12月22日土曜日 13:30~16:00
場所:大牟田市文化会館 大ホール 〒836-0843 福岡県 大牟田市不知火2-10-2

12月12日

#おかやまJKnote 「真備町の中学生にクリスマスプレゼントを贈りたい!」

岡山市内の高校生が企画!真備町の中学生に特別な1日を
真備町には2つの中学校がある。両校とも被災して、今年は文化祭も行えていない。
岡山市内の高校生たちが、「思いっきり楽しめる文化祭のような1日をプレゼントしたい!」
と企画した「MABI STUDENT FES」を開催します。

4大特典の
「1番の目玉は、クリスマスプレゼント!!」
多くのものを失ってしまった中学生たちですが、
「友達との思い出」と「クリスマスプレゼント」をしっかりと手にして欲しいです。

12月12日

Christmas Charity Live くらしき★きらめきのみち 西日本豪雨災害復興支援金募金 スマイルフェスVol.2

日時:12月15日(土)、16日(日)
会場:アリオ倉敷屋外イベントステージ

今年7月5日から降り続いた『平成30年7月豪雨』により、倉敷市では真備地区を中心に甚大な被害を受けました。倉敷市の復興のため、多くの方にお越しいただき、また、募金していただけるよう、アリオ倉敷を会場にクリスマスのチャリティーライブを開催します。FM岡山にゆかりのタレントやミュージシャンが繰り広げるステージで子どもから大人まで笑顔になれる時間をアリオ倉敷で過してください。

12月12日

JR呉線復旧イベント開催 ー三原~呉間運行再開を記念してーやっさだるマンも応援

西日本豪雨災害の影響で運休となっていたJR呉線の安浦ー三原駅間が12月15日に運転を再開いたします。これにより呉線が全線開通します。

全線開通・運転再開初日の12月15日(土)にJR呉線運運行再開イベントを三原駅で行います。
イベントでは太鼓の演武の披露や旗振りを実施します。また、三原市公式マスコットキャラクター「やっさだるマン」もイベントに登場,呉線沿線自治体として災害からの復興に頑張っていくことをアピールいたします。
1:日時
平成30年 12月15日(土)
2:スケジュール
●12:30~12:45 三原駅でのイベント

12月12日

「顔出しんさい!広島県」あなたが顔を出すと、広島が元気になる

広島県内の観光スポット等に、思わず記念写真を撮ってしまいたくなるような、あるいはわざわざ撮りに行きたくなるような、広島県だけのオリジナル顔出しパネルを設置して、元気な広島の「今」を写真におさめ、共有いただきたいというプロジェクト。「訪問する」という意味での「顔出し」と、旅先でついつい写真を撮ってしまう「顔出しパネル」の「顔出し」をかけたネーミングとなっています。「#顔出しんさい広島」をキーワードにSNSを通じた拡散も行います。

12月05日

たこ焼き今昔家 「西日本豪雨で被災した、移動販売の車両と事務所復旧したい!」

私たちは、西日本大豪雨により車両や事務所が災害により使用できなくなりました。
被災によって、ほとんど事業再開することを諦めていましたが、多くの方から「今昔屋さんのたこ焼きを待っています。」とのお声をいただき、ここで諦めず、そのように愛していただいたたこ焼き屋を、また愛媛・野村で再建したいと考えています。
家族3世帯3軒が被災し、まず生活再建することを中心に進めてきたため、自宅の修繕や家族の家の解体費用などに多くの費用が重なり、仕事のことを考える余裕がありませんでした。
そちらがやっと落ち着いてきた今、みなさまからご支援いただいた支援金をもとに、被災してしまった販売車の購入と事務所の修繕を行い、事業の再建を大きく前進させたいと思っています。
どうかご支援のほど、よろしくお願いいたします。

たこ焼き無料券がつくコースから、お名前を車体に記載して皆様の想いと共に走り続けるコースなど日頃お世話になっている皆様に喜んでいただけるような多彩なリターンをご用意いたしました。
愛媛県、四国限定にはなりますが、大口でのご支援をいただいた皆様のもとには、お礼の気持ちを行動でお伝えしに行きたいので、完成した移動販売車で、ご自宅まで伺います。

12月05日

養老酒造株式会社 「創業97年の歴史をほこる蔵が浸水。それでもまた地元大洲で酒造りを続けたい!」

私たちの酒蔵は、愛媛県大洲市肱川町を流れる肱川(ひじかわ)の上流で、大正10年(1921年)に創業しました。
創業当初より人の手による手造りのお酒にこだわり、県内産米を中心に少量ですが「和醸良酒」を信条とした〝心の通い合うお酒〟を目指して、ゆきとどいた製造・管理をたった2人で毎年仕込んできました。
そんな私たちにも、2018年7月7日に発生した西日本豪雨による被害は降りかかりました。長い歴史を共にしてきた酒造りをするための蔵・事務所・自宅が床上3mの被害にあい、まだまだ復旧の段階で、酒造りを再開することも難しい状態が続いています。
今回のクラウドファンディングで皆様にご支援いただいた資金は、被災時に流されてしまったり、使用することができなくなってしまった酒造りの道具の購入費用に当てたいと思っています。
再び地元大洲で酒造りを再開するためにも、どうかご支援のほど、よろしくお願いいたします。

12月05日

就労支援事業所夢たまごブランチ 「就労支援ベーカリーの挑戦。冷凍パン事業を立ち上げたい!」

私たちは、障がい者就労施設でありながら地域で愛される地元のパン屋を目指し、手作りにこだわった焼き立てパンと障がい者の働く場の提供をして参りました。スタッフ10名、利用者さん15名、計25名の福祉事業所です。
しかし、2018年西日本豪雨で大洲市内の商業施設オズメッセに出店していた主力店舗が水没。復興に向けて商業施設全体で早くから動き出してますが、再開予定の2019年春までの間、障害のある社員(利用者、以下社員)さんの慣れ親しんだ働く場と、収入を失うという厳しい状況です。
このことから、本当に働く場を守り続けるには、地元店舗での販売だけに頼らない事業展開の必要性を感じました。
そこで、大都市圏のホテル・レストラン等で好まれ流通している「焼きたて急速冷凍パン」を作り、各家庭や都市圏のホテル等に焼きたてパンを届ける通販事業を立ち上げたいと考えております。
焼き立てのパンのおいしさを長期間保持するための最新型の急速冷凍機は「モノづくり補助金」にて2018年度末には導入が決定しております。
今回クラウドファンディングで皆さまにご支援いただいた資金によって、急速冷凍機設置のための店舗改装を行います。
どうかあたたかいご支援のほど、よろしくお願いいたします。

12月05日

愛竹産業株式会社 「西日本豪雨で諦めかけた、新たな熊手製作に再挑戦したい!」

昭和20年12月から、マグロ漁の釣竿を製造を開始し、アメリカへ輸出していました。その後、昭和44年6月4日に現・愛竹産業株式会社を設立し、釣竿から地元原産の竹を使った熊手へ品を変え、現在に至ります。
しかし私たちは、2018年7月に起きた豪雨災害により、愛媛県大洲市内にある工場(大洲市西大洲・大洲市柚木)、倉庫やプレハブが水害の被害を受けました。
この被害によって、完成間近の熊手やその材料までもが泥まみれとなりました。
また、2019年のお正月に向けた新商品の準備を進めていましたが、出荷を間近に備えた既存商品を1からつくり直すことになったため、通年の倍製作費用がかかることになってしまいました。
新商品の制作材料は現在使用しているものとは違うため、新たに仕入をしなければならない。費用がかさんだ今、この発表は諦めなければならないのではないかと考えておりました。
しかし、「大洲から熊手の文化を発信していくために、今こそ新しい挑戦を諦めてはならない!」という思いから、クラウドファンディングに挑戦することにしました。
被災から立ち上がる今だからこそ、皆様のお力をお借りして、さらなる一歩踏み出したいと思っております。
どうかあたたかいご支援にご協力いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

12月05日

一枚のはがき”西日本豪雨災害を超える大切なもの展"

「大切なもの」応急処置の相談にお越しくださったその被災者様は、「残った大切なものはこれだけです。」といって、一枚のはがきを私たちに託していかれました。
今年7月、岡山に大きな被害をもたらした西日本豪雨災害。
被災者様の日常にあった「大切なもの」を、災害を超えてこれからの日常にも手元に残していただきたい。

《西日本豪雨災害『大切なもの』無償応急処置 出来る事を出来るだけチーム活動報告展》
12月8日 10:00~12月16日 15:00
🔶場所:岡山市北区表町1-3-22 岡南ギャラリー 2F「KSギャラリー」

12月05日

西日本豪雨災害 Christmas Charity Concert クリスマスチャリティーコンサート

2018 12月24日 月曜
加古川ウェルネスパーク アラベスクホール
開演14:00 開場13:30 入場無料
*当日入り口にて整理券配布
*チャリティーコンサートのため、募金活動を行なっています。ご協力をお願いいたします

声楽家/バリトン 時田直也
♪ホワイトクリスマス ♪雪の降る街を ♪世界で初めのクリスマス ♪オー・ホーリーナイト 他

賛助団体
青い鳥児童合唱団 / グローリ・コア / 混声合唱団ジョイフル高砂 / 公募合唱団リーベ・クワイア

主催 たけのこ音楽会 【お問合せ】080-3801-7234
後援 高砂市、高砂市教育委員会、加古川市、加古川市教育委員会、神戸新聞

11月28日

おもちゃ王国 クリスマスフェスティバル「平成30年7月豪雨のり災証明書をお持ちの皆さまご招待」

11月23日から開催する「クリスマスフェスティバル」期間中、り災証明書をご提示により入園をご招待いたします。
【期間】11月23日(金祝)~12月25日(火)
【ご招待の方法】
ご来園の際、チケット売場にて「り災証明書」をご提示ください。
当日有効の入園ご招待券をお渡しいたします。
【おもちゃ大抽選会の抽選券プレゼント】
期間中おもちゃ大抽選会を開催する日は、お子様に抽選券をプレゼント。
開催日/12月1日(土)、2日(日)、8日(土)、9日(日)、15日(土)、16日(日)、22日(土)、23日(日祝)、24日(月振休)、25日(火)
配布時間/開催日の14時まで。チケット売場にて

11月28日

岡山県「復興支援ボランティア参加を呼びかけるメッセージ動画」を公開

岡山県では、7月豪雨災害の被災地で、復興支援のボランティアを必要としていることから、ボランティア参加を呼び掛けるメッセージ動画を2018年11月26日(月)より公開いたしました。
動画では、被災された方やボランティアをしている高校生とともに、岡山県知事も出演し、今までのボランティア活動への感謝と復興支援のボランティア参加に向けたメッセージを送ります。
県内各地域の復興に向けて、息の長い、幅広いご協力を、引き続きお願いいたします。
*ボランティアの募集状況は、岡山県災害ボランティア情報 「Team Kibi-Dan-Go」(岡山県社会福祉協議会)のホームページをご覧ください。
▼公開サイト
http://www.pref.okayama.jp/page/584992.html

11月28日

日本棋院関西総本部棋士会 西日本豪雨 復興支援チャリティ 囲碁イベント

7月に発生した西日本豪雨の被災者支援に向け、復興支援囲碁イベントを開催し、その収益のすべてを囲碁に所縁のある倉敷市と尾道市に寄付させていただきます。

日時:平成30年12月2日(日)13時~17時(受付時間=12時30分~)
場所:日本棋院梅田囲碁サロン(TEL:06-6364-5841)
内容:指導碁2局とミニコーナー
参加料:5,000円(参加料は当日お支払いください)
定員:先着45名(事前申込制、先着順)
※ 定員になり次第、受付を締切とさせていただきます。
参加棋士:関西総本部所属棋士 15名
特典:囲碁用品・囲碁書籍の特別販売会
対象商品全品20%引き

11月28日

絆チャリティーリレーマラソン

この度の西日本を中心とした豪雨により、広島を含む西日本地域では甚大な被害が出ました。
災害支援は長期化が必至となり、継続的な支援が必要となっております。

私たち実行委員会では2016年より毎年12月に「クリスマスHAPPYリレーマラソン」を開催してまいりました。
このたびの豪雨災害を受け、2018年大会より「絆チャリティーリレーマラソン」としてリニューアル開催し、可能な限り、継続的な被災地支援を行いたいと思います。

今回部門を3つに分け、幅広い層の方が楽しめる内容としエントリー費もより多くの方に参加していただける設定にしました。
1周1.2kmのコースなので、普段走っていない人でも自分のペースで参加できます。
また会場をグルメブースや音楽ライブで1日中盛り上げようと企画中です。
みんなで楽しく走って、復興支援につなげていきましょう!

◎開催日:2018年12月23日(日・祝)
◎開催場所:大会会場 広島みなと公園(広島市南区宇品海岸1丁目)
※今大会の収益から必要経費を除いた全額を平成30年7月豪雨災害の被災地へ義援金として寄付します。

◎募集期間:平成30年9月1日(土)20時~平成30年11月30日(金)23時59分

11月28日

HASHIWATASHI プロジェクト

各地に甚大な被害をもたらした7月の豪雨災害。
多くの支援を受けたこともあり、それぞれの地域は元の姿を取り戻しつつあります。
観光に訪れる人も再び増え始めており、人や地域が「つながる」ことで、元気と笑顔が広がります。
「HASHIWATASHI プロジェクト」は、各地の魅力を日本国内はもちろん、国外にも広く発信し、旅行者と生活者を笑顔でつなぐ応援プロジェクトです。

このWebサイトでは、お祭りをはじめとした各種イベント、おすすめの観光スポットや旬の食材など、13府県の魅力あふれるとっておきの観光情報を発信していきます。

順次さまざまな情報をお届けしていきますので、ご期待ください!

11月21日

「スポーツのチカラプロジェクト」元プロ野球選手 谷繁氏・相川氏トークショー&チャリティーオークション

2018年12月15日(土)アスリート街.com主催 【スポーツのチカラプロジェクト】谷繁氏・相川氏トークショー&チャリティーオークションを行います。先着200名限定

今年7月、西日本を中心の豪雨により被害をうけられた地域並びに被災者の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
私共アスリート街.com(http://www.athletegai.com/)では、この度甚大な被害を受けられた地域の方々に、何か少しでもお役に立てることはないかと考えておりました。スポーツで日本を元気にしたい、その中でも私が長年お世話になった野球を通じて何か出来ないかと思い、今回のイベント開催を決定致しました。
開催にあたり、昔共に戦った谷繁さんと相川さんに相談したところ、心よく承諾を頂けました。このチャリティーイベントを通じ、皆様からのお気持ちと共に、被災された方々(特に子供達)と野球に関連した企画ができればと考えております。
まだまだ復旧には時間がかかるとは思いますが、このイベントを通して一人でも多くの方に笑顔を取り戻して頂けたらと思っております。

一人でも多くの方にご賛同頂けますよう、宜しくお願い致します。
アスリート街.com
代表 中根 仁

11月21日

チャリティー企画写真展「The secret2018」

2018年11月21日(水)~12月16日(日)
11:00~19:00(最終日16:00まで)※入館は閉館時間30分前まで
展示期間中作品を販売いたします
リコーイメージングスクエア銀座 ギャラリー A.W.P

本企画は収益の一部を平成30年7月豪雨災害・9月に上陸した台風21号災害・北海道胆振東部地震災害の復興支援に役立てていただくためのチャリティー企画写真展で、販売額の10%を中央共同募金会へ寄付いたします。主旨にご賛同いただいた写真家の方々から、各1作品を出品いただき、合計32点の作品を展示、販売いたします。
タイトルにある「The secret」の名のとおり、会場ではどの作品がどなたの作品かは明記いたしません。会期終了後にリコーイメージングスクエア銀座のホームページ(http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/community/squareginza/)にて作家名と作品を公開いたします。
先入観にとらわれず、好き・嫌いを超えて作品と対峙していただき、1点1点に込められた想いを感じながら鑑賞いただきたいと考えています。

11月21日

絵画販売で西日本豪雨被災地支援 みやき町出身画家・田代さん

佐賀県三養基郡みやき町出身の画家・田代敏朗さんが7月に起きた西日本豪雨の義援金を募るため、描き下ろした絵画37点を自身の公式サイト(https://www.toshiakitashiro.com/)で販売している。1点6000円で、利益の4割を被災地の支援に充てる。
販売する作品群のタイトルは「because i believe(ビコース・アイ・ビリーブ)」。意味は「信じているから」。絵画は半分ほど売約済みだが、すべて売り切れるまで販売を続ける。鮮やかな色彩が混じり合ったろうそくや木々を描き、「何かが生まれ変わるイメージで描いた。一貫したテーマを押しつけるのではなく、見る人が入りこむ隙をつくった」と話す。

11月21日

画家 ウエノ イチロー『チャリティー展』

今回の展覧会は、「富士と龍」の絵画に限らず、人気のマグカップ(8,000円税別)や100年使えるカレンダー(15,000円税別)、LEDタイプの絵画(40,000円税別)等を含め、新作を多数揃えております。
尚、売上の一部は西日本豪雨で浸水被害を受けた、岡山県倉敷市の小規模多機能ホーム「ぶどうの家」様へ寄付させていただきます。
今現在も仮設の施設内にて20名ほどのお年寄りが暮らしています。
一日も早く、心穏やかな暮らしが訪れますように微力ならがら、お手伝いができますと幸いです。

【日 時】
11月15日(木)~11月25日(日)
開催期間中 10:00-16:00

【場 所】
仙台市青葉区立町23-11高速ビル 2階
クオリティーアップアローズ株式会社
※駐車場はございません。近隣の駐車場をご利用くださいませ。

【申し込み/お問合せ】
入場は自由(無料)です。

11月21日

買って応援!食べて応援!がんばろう広島復興応援フェアを開催

ひろしまブランドショップTAUでは、7月の広島県豪雨災害の復興応援として、「買って応援!食べて応援!がんばろう広島復興応援フェア」を開催します。
フェアでは、災害の影響があった事業者で広島県産応援登録制度に登録された野菜や果物などを中心にお取り寄せし、期間限定で販売します。
TAU飲食店舗では、1階で販売する食材を使用し、期間限定の特別メニューを提供します。さらに、果物や特別メニューの試食も行います。
【食べて応援!】
■日時
2018年11月5日(月)~11月28日(水)
■内容
期間限定の特別メニューの提供

11月14日

西日本豪雨災害を後世に伝えるため、兄弟犬の実話を絵本にしたい

倉敷市真備町で暮らしていた仲良しのロングコートチワワの兄弟犬 チョコ&ミルク。
2018年7月7日未明に襲った大水害で、下のゲージにいた弟ミルクが浸水。上にいて異変を察知した兄チョコは必死に鳴いて飼い主に助けを求めました。
そのときミルクの鼻先まで水位が迫っていたそうです。
助けられた2匹は、家にいたおじいちゃん、おばあちゃん、小学5年生の男の子とともに屋根の上で救助を待つこと7時間。
その後、避難所から親戚の避難先に移るも、兄チョコが極度のストレスのため永眠。 兄に命を救ってもらったミルクは、今でも朝晩兄を求め泣いている…

このことを「自分も犬と一緒に東京で暮らしているので、故郷岡山のために何か被災したペットのための支援がしたい!」と申し出てくれた友人から聞き、私はペットたちの命の儚さと繊細さを初めて知りました。

そこで2018年9月初旬、真備の水害を伝えペットの支援につなげる絵本製作「Brothers Dog Project」が立ち上がりました。
この本の売り上げ金や、クラウドファンディングでご協力いただき目標金額以上のご支援金が集まった場合は、被災ペットや災害救助犬を支援する基金・団体へお渡しいたします。
また、西日本豪雨災害から1年後、2019年7月7日前後には絵本の完成朗読会を開催したいと考えています。

11月14日

西日本豪雨で浸水した「神楽」の衣装を新調し、伝統を後世に。

大草神楽子ども研究クラブは、神楽どころの広島の中でも備後地方で古くから「師匠から弟子へ」と受け継がれた「備後神楽・豊田流」の神楽を受け継ぐ神楽団です。1978年に大和町(現三原市大和町)の大草小学校(現在、大和小学校に統合)の児童によって結成され、2019年には結成40周年を迎えます。

今年12月には、40周年記念行事を控えているという状況ですが、7月の西日本豪雨の影響により、演目に使用する衣装と道具が浸水しカビ、臭い、傷みで使用できなくなってしまいました。これらを全て新調しようとすると約1000万円もの資金が必要となります。現在12月のイベントに向けて、必要最低限のものを準備していただき、それらの支払いも待っていただいている状態です。災害後から、募金活動も行なっていますがそれだけでは限界があります。

そこで今回、その費用の一部をなんとかご支援いただけないかと思い、クラウドファンディングを利用させていただきます。広島県の伝統を絶やすことなく受け継いでいく者として、ご支援を無駄にしないよう、感謝の気持ちを持ち、必ず40周年記念行事を成功させますので、何卒よろしくお願いいたします。

11月14日

ふるさとチョイス 災害からの復興をふるさと納税で応援!

ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』(https://www.furusato-tax.jp/)を企画・運営する、株式会社トラストバンクは11月13日(火)に、継続的な災害復興を目指すため、複数自治体が共通する課題に対して連携して課題解決を行う「広域連携ガバメントクラウドファンディング(広域連携GCF)」において、新たなプロジェクトを開始します。本プロジェクトに参画する自治体は、広島県神石高原町、岡山県矢掛町、茨城県境町、宮城県七ヶ浜町です。

災害の復興には、長い年月がかかります。
ふるさと納税の寄附金「使い道」をより具体的にプロジェクト化し、共感寄附を募る「ガバメントクラウドファンディング」を活用し、産業や住まい・コミュニティづくりなど、復興に向けて立ち上がる被災地を、継続的に応援する仕組みを提供します。

11月14日

ぐるなび・ぐるたび×広島県・岡山県・愛媛県 瀬戸内3県を食べて遊んで応援!「広島・岡山・愛媛 応援キャンペーン」

瀬戸内3県は、西日本を中心に発生した「平成30年7月豪雨」の影響により、特に大きな被害を受けました。そこで、風評被害の払拭と落ち込んだ観光需要の回復を目的に、ぐるなびの加盟飲食店のネットワークと、全国の観光情報・体験予約サイト「ぐるたび」の情報を活用し、“食べて遊んで瀬戸内を元気に!”をテーマに、瀬戸内3県の応援キャンペーンを実施します。
本キャンペーンでは、特設サイトで瀬戸内3県の観光の魅力である地域のグルメが食べられる飲食店や体験施設の情報を発信するとともに、株式会社日本旅行による「お得な旅行プラン」を紹介します。また、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県(以下、1都3県)の飲食店162店舗と、瀬戸内3県内の飲食店96店舗にPRツールを設置します。これらにより、1都3県から瀬戸内3県への旅行者の誘客と地域内の周遊を促進し、地域経済の活性化につなげてまいります。

11月14日

西日本豪雨 復興応援動画 第3弾広島編「カモンベイビー ヒロシマ!!」

瀬戸内サニー株式会社は、DA PUMPの楽曲「U.S.A.」のアレンジ曲を用いた西日本豪雨 復興応援動画プロジェクト「カモンベイビー西日本!!」を今夏スタート。第1弾の岡山編、第2弾の愛媛編に続き、第3弾となる広島編(最終編)をYouTubeにてオンエアいたしました。

第3弾となる「カモンベイビー ヒロシマ!!」では、県民約200人が県内8カ所で踊り、湯崎英彦知事も特別出演としてコメントを寄せていただきました。また、大きな被害を受け避難所としても利用されていた熊野町民体育館で10月21日に開催された復興イベントでも撮影を敢行、地元の子どもたちやダンススクールの皆さん約70人に出演いただきました。また、冒頭ではプロ野球広島カープのセ・リーグ三連覇の瞬間に沸く人々の様子を紹介。広島の元気な姿を全国に発信いたしました。

11月07日

岡山広告業協会「みんなでつくろう#もっと晴れの国プロジェクト」

岡山広告業協会では、西日本豪雨災害の復興支援を目的に、「#もっと晴れの国プロジェクト」をスタートしました。
当プロジェクトでは、岡山県内に向けて、岡山で暮らす私たちから復興につながる行動を始めようと呼びかけることを趣旨に、テレビCM、ラジオCM、新聞広告を制作しました。

テレビCMでは、県内のさまざまな場所で、それぞれ復興に向けて尽力する方々の姿と想いを伝える内容となっています。ナレーションには、倉敷市出身の女優・タレントのMEGUMIさんにご協力いただきました。今後、賛助会員各社の協力により、県内のメディアにて発信していきます。

「#もっと晴れの国プロジェクト」ではこれからも、岡山にもっと笑顔を広げ、もっと元気にしていくための活動を行ってまいります。

11月07日

日本棋院「西日本豪雨チャリティー囲碁会」

日本棋院中部総本部では11月11日、西日本豪雨被災地支援のチャリティー囲碁会を開催する。参加費1000円。公開対局や指導対局など。広島出身の今村善彰九段や中野寛也九段らが公開対局の解説をする。

協力:名古屋棋士会
とき:2018年11月11日(日)
時間:12時30分~17時
場所:日本棋院中部総本部 7階

11月07日

音楽のチカラで、街をもっと元気に!子ども参画型のコンサートを実現したい!「おかえりコンサート2」

被災した子どもも、被災していない子どもも、ひとつになって、故郷に元気を与えたい。
宇和島出身アーティストらが参加する「おかえりプロジェクト」実行委員会は、宇和島市内6校の中学生ら(愛顔お届け実行委員会)と共に、音楽やアートの力で故郷・宇和島を元気にする取り組みとして、2019年1月20日(日)に愛媛県の宇和島市立南予文化会館にて、中学生ジョブ・チャレンジ参加型「おかえりコンサート2」を開催します。

~企画実現のため、クラウドファンディング実施中~
期間:12月26日(水)23時59分まで

11月07日

サッポロ生ビール黒ラベル「世界文化遺産を有する島・宮島の冬缶」

サッポロホールディングス(株)のグループ企業であるサッポロビール(株)は、サッポロ生ビール黒ラベル「世界文化遺産を有する島・宮島の冬缶」を11月27日から数量限定で中国・四国エリアで販売します。
この商品は、本年7月に発売してご好評をいただいたサッポロ生ビール黒ラベル「世界文化遺産を有する島・宮島の夏缶」に続く、四季折々の宮島をモチーフにした季節シリーズ缶の第2弾です。
太陽に照らされ金色に反射した雪が、日本三景の一つで世界文化遺産の「厳島神社」の真っ赤な鳥居に優しく降り積もるデザインとなっています。
また、7月に発生した西日本豪雨災害の復興にお役立ていただくため、被災地へ本商品の売上1本につき1円を寄付します。

11月07日

2018 クリスマスチャリティープログラム – “Sparkle with Joy”

六本木のホテル、グランド ハイアット 東京は、継続的な被災地支援の一環として行っている、子供地球基金とコラボレーションするチャリティープログラムを11/9(金)~ 12/25(火)に実施いたします。今年のテーマは、「Sparkle with Joy」。まばゆいほどのキラキラした喜びを子どもたちに届けたい――そんなメッセージを込めてプログラムを展開いたします。
ロビーには、グランド ハイアット 東京が開業して15年間の軌跡を輝きに見立てて装飾を施した15本のクリスマスツリーを設置し、募金箱も設置するほか、インスタグラムへの画像投稿によるチャリティープログラムを実施いたします。
お客様には、クリスマスオーナメントやクリスマスタイルを購入いただくことにより、売上金の全てを寄付する形でチャリティーにご参加いただけます。このクリスマスチャリティープログラムを通じて集められた収益は、子供地球基金を通じて災害で被災した子供たちへと届けられます。

10月31日

日本旅行と一緒に「ハローキティ」が広島を応援! 復興応援イベント『ハローキティとハグ&記念撮影』

株式会社日本旅行は、「平成30年西日本豪雨」により落ち込んだ広島県の観光需要の早期回復に向けた取り組みの一環として、株式会社サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」とハグや記念撮影ができる復興応援イベントを、11月17日(土)に日本旅行TiS広島支店にて開催いたします。

■イベントについて
1.イベント名:『ハローキティとハグ&記念撮影』
2.日程:2018年11月17日(土)
第1部:11:00~11:30
第2部:14:30~15:00
第3部:16:00~16:30
3.場所:日本旅行 TiS広島支店(JR広島駅構内1階南口)
4.募集人員:各回、先着30組様(1組3名様まで)
5.募集期間:11月13日(火)までの事前予約制
6.ご予約方法:日本旅行のホームページより専用旅行商品をお申し込みください。下記、「旅行商品について」のご予約方法をご覧ください。
*広島県にお住まいの方にもご参加いただけるよう、当イベントのみのお申し込みもいただけます。下記のURLよりお申し込みください。(ご参加費無料、10月26日から受付開始)
日本旅行TiS広島支店ホームページ:http://www.nta.co.jp/shop/shoplist/6809/

10月31日

チャリティ島根ハピネスコンサート in 島根県江津市

平成30年7月記録的な豪雨で被災した西日本。
甚大な被害による県内各地の復旧作業は地元や県外の方々の強い想いと努力により進められています。
このコンサートを通して、皆さまの未来のステップを踏み出す勇気と復興を応援します。
コンサートの売上の一部は西日本被害の寄付金として寄付させていただきます。

【コンサート内容】
MINEHAHA様の魂に響く圧巻の歌声をお届けし、
中野裕弓様の人生を好転させる愉しむ生き方
「愛のコーヒーカップ」理論を分かりやすく講演いただきます。

そして城嶋杏香によるなぜ化粧品会社が地球環境について提唱するのか、
人と地球に愛を注ぐためにはどうしたら良いのか、
しあわせになるための生き方・考え方について講演を行う予定です。

開催日】: 2018年11月11日(日)
【場所】  : 島根県江津市 パレットごうつ
〒695-0011 島根県 江津市 江津町 1518-1
【時間】  : 開場 13:30 開演 14:00 終演 17:00
【参加費】: 前売 1,500円  当日 2,000円 小学生500円 中・高校生1,000円
※未就学生来場不可

10月31日

JAえひめ南が「宇和島がんばるみかん」 早生と中生販売

JAえひめ南が10月26日、「がんばるけん えひめけん 宇和島がんばるみかん」の販売を始めた。
光センサーで選果し味は基準を満たしているが傷など外観で正品にならなかったミカンを主に県内で販売。早生、中生(南柑20号)合わせて20トンを出荷する。
県が経済団体などを通じて購入を呼び掛けるほか、個人の注文を受け付ける。注文は早生は11月15日締め切り、中生は11月下旬ごろから受け付け。5キロ箱2000円(四国内送料650円、全国900円)、10キロ箱3000円(同700円、900円)など。個人の申し込み、問い合わせはJAえひめ南直販センター=電話0895(52)1272(平日8時半~午後5時、土曜は正午まで)。
▼JAえひめ南 広報紙「みなみかぜ11月号」
http://www.ja-eminami.or.jp/digital_catalog/wp-content/uploads/2018/10/e9566007cc08b2917afd6d2fadd47924.pdf

10月31日

デザインで被災者支援 ~岡山・真備町「いまから手帳」

多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻の大橋由三子教授と学生有志が編集とデザインを担当した「いまから手帳」が発行された。今年7月の西日本豪雨で大規模な土砂災害の被害を受けた岡山県倉敷市真備町の人々の生活再建をサポートするべく、高知県立大学減災ケアラボの企画監修のもと、国際NGOのCWS Japanの発行により制作されたもの。8月中旬より現地にて配布した。
「いまから手帳」は、西日本豪雨の被災者支援ツール、生活再建支援ツール、健康管理ツールをまとめた記入式の冊子。医療従事者や支援者に説明する際に便利な家族の基本情報、診療記録が簡単に記入できるよう工夫されており、3ヶ月分のカレンダーにはその時期に起こりやすい健康問題や復旧復興制度が記載されている他、弁護士会と連携して作成した生活再建制度一覧チェック表など、発災後に必要なニーズが1冊に集約されている。
大橋教授と学生有志は現在、真備町住民からのさらなる要望を受け、続編として来年6月までの使用が可能な「ここから手帳」を制作する準備にとりかかっている。

10月31日

サイクリングで観光復興支援!「えひめオレンジサイクリング」

国内トップのかんきつ品種を誇る、かんきつ王国愛媛県で、しまなみ海道などを含む人気のサイクリングコースとかんきつを楽しむラリーを開催!自由にコースを選んで参加できます。
スタンプラリーでポイントを集めると、総額30万円相当の愛媛が誇る特産品プレゼントも!
2018年7月、西日本豪雨災害を受けた愛媛県。サイクリングとかんきつを楽しむことで愛媛県を訪れて復興支援をしよう! !
開催日程:

シーズン1 2018年10月20日(土)〜2018年11月25日(日)
シーズン2 2019年2月23日(土)〜2019年3月24日(日)
応募条件:専用のアプリかハガキで施設をめぐってスタンプをゲット。 取得したスタンプの数に応じて応募できる賞品が異なります。

10月24日

京都府北部地域の観光復興を目指し「海の京都 ふっこう周遊パス」

京都丹後鉄道を運行するWILLER TRAINS株式会社は、平成30年7月豪雨の影響を受けた京都府北部地域の観光復興を目指し、海の京都エリアをお得に周遊できるフリーパス「海の京都 ふっこう周遊パス」を10/5(金)より発売開始します。
「海の京都 ふっこう周遊パス」は、「海の京都」のエリアを鉄道やバスでお得に周遊できるフリーパスで、購入特典として天橋立傘松公園のケーブル・リフトや阿蘇海の観光船、伊根湾めぐり遊覧船の割引特典や、宮津駅構内にある「114KmCafe」や丹鉄の観光列車内にて、丹鉄珈琲1杯無料提供をも受けることができます。
・利用範囲:
京都丹後鉄道 全区間の普通列車、快速列車、特急列車自由席
丹後海陸交通 路線バス乗り放題(高速バス、登山バス、コミュニティバス除く)
京都交通   路線バス乗り放題(高速バス除く)

・発売期間:
平成30年10月5日(金)から平成31年3月31日(日)

・利用期間:
平成30年10月5日(金)から平成31年3月31日(日)
※売り切れ次第、販売終了

10月24日

長原幸太・佐久間聡一ほか読響有志による「西日本豪雨災害復興支援」チャリティーコンサート

長原幸太、佐久間聡一両氏と読売交響楽団有志による「西日本豪雨災害復興支援」チャリティーコンサートが10/30(火)、東京都文京区のトッパンホールで行われる。広島県呉市出身の長原氏は読売日本交響楽団で、佐久間氏は西日本を代表するプロオーケストラ・広島交響楽団で、ともにコンサートマスターを務める。
料金は全席自由で一般3500円、学生2500円(税込み)。入場料収入、会場での募金は全額、被災地に寄付する。

10月24日

「平成30年7月豪雨」災害の復興支援 クリエイター制作スタンプ第2弾追加!

ワウテックでは、クラウドソーシング “ランサーズ” を活用して「平成30年7月豪雨」災害の被災地域在住のクリエイターの方を対象に、ビジネスチャット「WowTalk(ワウトーク)」内で使用するチャットスタンプのデザイン制作を発注する復興支援プロジェクトを実施しました。
今回のプロジェクトでは、計16名のクリエイターの方々にご参加いただき制作に取り組んでいただいております。ご参加いただいたクリエイターの皆様、誠にありがとうございました。

先日リリースした第1弾のスタンプに引き続き、第2弾のスタンプが完成しましたのでお知らせいたします。
こちらのスタンプに関しまして、WowTalkのスタンプ機能にて公開しております。既にWowTalkをご利用いただいているお客様であれば、すぐにご利用いただくことが可能です。

10月24日

あなたの水が、被災地に届く!『被災地・復興 支援水』

商品の購入者により選択された「支援したい被災地」に、購入者の購入商品と同数の商品を、販売者の費用負担により支援を行う「被災地支援システム」の発案者と、水の販売に関するライセンス契約を行った「五友エコワークス株式会社」は、このたび「霧島連山の天然シリカ水 被災地・復興支援水」を販売することにいたしました。
被災地こそ安全で安心で健康的な水が必要です。責任を持って皆さんの善意を、心を、想いを、被災地に送り届けます。

10月24日

【ONE SHIPS PROJECT】堂珍嘉邦(CHEMISTRY)デザインチャリティーTシャツ

7月の豪雨から早3ヶ月、被災地では未だ普段の生活を取り戻せていない方々が数多くいらっしゃる現状、少しでも早く被災者の方々に「日常」を取り戻してほしい、このONE SHIPS PROJECTの想いと故郷広島を含む平成30年7月豪雨で被災された方々に「one heart ,one mind」とメッセージを送る広島県安芸高田市(旧八千代町)出身の堂珍嘉邦(CHEMISTRY)さんの気持ちが一つになりこのチャリティーTシャツプロジェクトが実現しました。

<堂珍嘉邦(CHEMISTRY)さんメッセージ>
『一人ひとりの想いを一つに』という意味を込めた『one heart ,one mind 』という言葉を描かせて頂きました。「人との関わり・温かみ・助け合い」をイメージした色が集まって完成しました。このような機会を頂けた事に感謝しております。被災された方々へ、これからも寄り添っていける活動を行いたいと思います。被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

チャリティTシャツの販売価格は3,000円(+TAX)で、ご購入による収益金の全額を、株式会社シップスから日本赤十字社に寄付いたします。この寄付金は義援金として被災者の方々に送られます。

10月17日

四国シキシマパン みきゃん貼付のぱんパッケージで豪雨復興を支援

四国シキシマパンが、四国4県で11月1日に発売する新商品「パクッとちぎりぱん」のパッケージに、愛媛県のイメージアップキャラクター「みきゃん」を使った県復興支援シンボルマークを貼付する。マークは11月限定で、売り上げの一部を義援金として愛媛県に贈る。
シンボルマークはみきゃんが拳を突き上げ「がんばるけんえひめけん」と呼び掛けており、売り上げの一部を寄付する文言を入れる。参考小売価格は120円(税別)。

10月17日

ひろしまブランドショップTAU 「広島県内で製造した木のおもちゃ」などを期間限定で販売

林野庁が推進する平成30年度『木づかい推進月間』(10月)に合わせて、広島県内で作られたおもちゃなどを期間限定で販売します。
使用する木材は、育った環境により木目や節が異なるため、ふたつとして同じものがありません。
世界に一つだけの特別なおもちゃを探してみてはいかがでしょうか。
期間中は、2017年ひろしまグッドデザイン賞奨励賞を受賞した『せんろすごろく』の販売もあります。
また、おもちゃ以外にも、経済産業大臣指定伝統的工芸品の宮島細工(宮島ロクロ細工のお皿)も販売します。
是非、この機会にTAUへお越しください。

【日程】
2018年10月1日(月)~10月31日(水)
【場所】
2階 工芸品コーナー

10月17日

西日本豪雨 復興応援動画プロジェクト「カモンベイビー西日本!!」

瀬戸内サニー株式会社は、DA PUMPの楽曲「U.S.A.」のアレンジ曲を用いた西日本豪雨 復興応援動画プロジェクト「カモンベイビー西日本!!」を今夏スタートさせました。第1弾の岡山編「カモンベイビーオカヤマ!!」は公開後25万Viewを達成。そして、第2弾となる愛媛編「カモンベイビー エヒメ!!」を10月9日にYouTubeにてオンエアいたしました。

■「カモンベイビー 西日本!!」プロジェクトとは?
7月上旬の西日本豪雨で被害を受けた地域の復興を後押しすること、さらには西日本地域への観光やボランティアでの「人の行き来」を増やすことを目的として、DA PUMPの楽曲「U.S.A.」のアレンジ曲を用いて、県民が参加する動画を撮影し配信する「西日本豪雨 応援動画プロジェクト」。

第2弾の愛媛編「カモンベイビー エヒメ!!」では、県民約250人が県内8ヶ所で踊り、中村時広知事も特別出演。ナレーションには、元RNB南海放送アナウンサーで現松山市長の野志克仁氏。さらに、全国的に人気を誇るゆるキャラのみきゃん、バリィさんも撮影箇所にてUSAダンスを披露。また、サプライズゲストとして、サイボウズ株式会社の青野慶久 代表取締役(今治市出身)や、建築家の伊東豊雄氏、サッカー日本代表専属シェフの西芳照氏、サッカー日本代表の名物サポーター・ちょんまげ隊長ツンさんも出演しております。

10月17日

トリップアドバイザー 旅して応援!「西日本豪雨」被災地の観光支援情報まとめ

トリップアドバイザー日本オフィスでは、被災地域の復興支援に関して何かお手伝いできることはないかと考え、被災地域にある観光地の正しい情報を発信する特設ページを開設することといたしました。この特設ページは、西日本豪雨の被害を受けた地域の観光地が、安全に営業中であることを周知するためのものです。掲載エリアは順次拡大してく予定です。

 

10月17日

でかけよう西日本 by ANA

ANAグループは、地元支援・西日本各地の活性化に貢献するため、西日本応援プロジェクト「でかけよう西日本」を実施いたします。西日本の元気につながるような取り組みをご紹介いたします。
東京/大阪/名古屋からの路線において、「旅割」運賃の値下げを行うほか、「ANA SUPER VALUE」運賃の新規設定を行います。また、「旅割」の他に、大学生の就職活動や帰省をサポートする「スマートU25」の値下げや、ボランティア活動参加などシニア層の移動を後押しするべく「スマートシニア空割」の値下げを行います。ぜひ、この機会にお出かけください。

10月10日

訪問看護のプロ集団、壊滅した町の復興を目指す!

特定非営利活動法人アジアパシフィックアライアンス・ジャパン(A-PADジャパン)が、中長期的な復興支援として、岡山県真備町の看護師集団、NPO「そーる訪問看護ステーション」にトレーラーハウスを貸し出し、活動を応援するためにプロジェクトを立ち上げ、資金をクラウドファンディングにて募集している。その資金により、トレーラーハウスの輸送費やメンテナンス費用、そーるの活動のバックアップなどをカバーする。

10月10日

雨あがれPROJECT

雨あがれ PROJECTは、ボランティアが不足する西日本豪雨の被災地を支援するために、災害ボランティア、広島県、岡山県出身者など有志によって立ち上げたPROJECTです。
ボランティア募集したい地域や場所の名前を #雨あがれ○○ とSNSで投稿してください。

10月10日

あらいぐま作戦in山口周南

災害によって土砂にまみれたり、雨や雨漏りで傷んでしまったアルバムや写真を可能な限りきれいに洗浄するプロジェクト。

<現在の募集>
倉敷市真備町の被災写真について、あらいぐま部隊(写真作業)を募集中です!

<平成30年10月の活動>
10月13日(土) 9:30~17:00 周南会場…10名受付中
10月27日(土) 9:30~17:00 周南会場…10名受付中

【あらいぐま応援部隊の募集】
「あらいぐま部隊に参加したい、でも日程が合わない…」「写真作業はできないけど何か協力したい」そんな皆様には、応援部隊としてのご協力をお願いしています。

10月10日

13府県ふっこう周遊割

国が交付する「平成30年7月豪雨観光支援事業費補助金」の対象となる地域「岐阜県、京都府(京都市を除く)、兵庫県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県」への旅行やボランティアの方の宿泊がお得になる観光支援事業。

旅行者が対象となる2府県以上をまたぐ、もしくは同一府県における合計2泊以上の連続した宿泊に対して支援金を交付されるものと、ボランティア活動に参加する方が対象府県において行った2泊以上の連続した宿泊に対して支援金を交付されるものがある。

10月05日