せいよ復興まちびらきシンポジウム&コンサート

「平成30年7月豪雨災害を教訓にー。」「復興への歩みを共にー。」
災害から2年となる令和2年7月、災害の教訓から学び、
そして復興への歩みを実感できる機会を創出するため
「せいよ復興まちびらきシンポジウム&コンサート」を開催します。

※詳しい応募方法などは、4月以降にホームページ等に掲載します。

03月25日

岡山県総社市 『平成30年7月豪雨 災害対応 記憶誌』

災害対応における「総社市流」のやり方や人と人との絆の大切さなどを記憶にとどめ、後世に語り継ぐため、総社市では『平成30年7月豪雨 災害対応 記憶誌』を発刊しました。

03月25日

認定NPO法人トゥギャザー 「被災地復興支援企画2020」

認定NPO法人トゥギャザーは、障がい者の自立と社会参加を支援する活動の一つとして
全国各地の障害者福祉事業所で作られた商品の販売支援を行っています。
その支援の一環として震災以降、多くの企業や市民のみなさまに被災地復興支援を続けていただき
風化させないことを目的とした被災地の障害者福祉事業所で作られた商品の販売支援を
重点課題として取り組んでいます。
毎年3月~5月を被災地復興支援期間として、たくさんの方のご協力を得て
商品カタログを作成し販売支援を行っております。
被災地の障害者福祉事業所で作られた商品をみなさまのお手元にお届けし
みなさまのご支援を被災地の障がい者のみなさんにお届けします。
みなさまのご支援・ご協力の程、どうぞよろしくお願い致します。

03月25日

コロナで中止させない!【愛媛プロレス5周年興行】無観客試合配信!

私たちは、約4年前に旗揚げした愛媛県のご当地プロレス団体です。
愛媛県をプロレスで元気に! このようなコンセプトで現在活動しています。

私たち愛媛プロレスは、商業施設や、地元のお祭りなど、イベント主催者様に試合を買って頂き、観客の皆様には無料で試合を見ていただくスタイルで運営しています。
そんな私たちが、年に数回だけ、「自主興行」という自分たちで会場を予約してチケットを売る興行があります。 通称“愛媛プロレスビックマッチ”です。

満を持して、4月12日に、5周年突入を記念して、1200名観客動員を予定して、会場を予約していました。2か月前で、すでにチケットも500枚近く売れている状態だったのですが、新型コロナウイルスの影響を考慮すると、観客の皆様への感染リスクを考慮すると、興行を中止にせざるを得ない、と考えております。
しかし、私たちは決断しました!単なる“中止”でこの興行をあきらめたくはありません。この興行を、無観客で行い、その興行をすべてライブ配信する。
そして、このプロジェクトを叶えるために、今回初めて私たち愛媛プロレスはクラウドファウンディングを活用することにしました。

私たち愛媛プロレスは、呼んでいただいたらどこへでも行きます。
愛媛県内の市町村、商店街、真冬の漁村、道後の旅館、カーディーラー店舗、遊技場…。
どんな場所でも自分たちの手でリングをたて、お客様をお迎えしています。
<被災時の支援活動>
2018年西日本豪雨災害の時にも、通算100回被災地域に通い、物資のお届やボランティア活動をつづけました。これからも、地域に必要とされる場所があれば、すぐに飛んでいこうと思っております。

03月25日

横溝正史疎開宅 「真備 雛めぐり」

横溝正史疎開宅で令和2月22日から始まった真備の雛めぐりは、
4月1日まで
火・水・土・日(10時~16時)開催。

日にちをよく確認して、新型コロナウイルスなどに負けないで
お雛さまを愛でにいらっしてください。
田園風景が素敵な、豪雨災害にも合わなかった、古民家です。
4月にはミステリアスな、黒いチューリップも咲くそうです。

▼倉敷市 横溝正史疎開宅
https://www.city.kurashiki.okayama.jp/9534.htm

03月25日

楽天ふるさと納税 西日本豪雨 寄付受付のお知らせ

楽天ふるさと納税では、この度被害を受けている以下の自治体に対し、寄付による支援をすることができます。
下記の「対象自治体一覧」より、ご支援先の自治体へ寄付のお申込みをお願いいたします。
寄付金は1,000円より受け付けております。総額の調整は口数でお願いいたします。

・お礼の品はございません。
・受領証明書の到着に通常よりお時間がかかる可能性がございます。

上記をご了承いただきました上で、皆さまからの温かいご支援をお待ちしております

03月18日

ふるさとチョイス 平成30年7月豪雨 災害支援・寄附

平成30年、6月28日から7月8日にかけて
西日本を中心に全国的に記録的大雨となった7月豪雨。

ふるさとチョイスはこの豪雨災害で
全国から約7万8000件、15億円を超える寄附が集まり
計112もの自治体へ届けることができました。

ご支援いただいた皆さま本当にありがとうございました。

あれから1年。
復興に向け立ち上がる被災地の今と
ふるさと納税で今できる支援の形をご紹介します。

03月18日

ふるさと納税サイト「さとふる」 平成30年7月豪雨 災害緊急支援募金

ふるさと納税を活用して、平成30年7月豪雨の被害を受けた自治体を支援することができます。返礼品をご希望されない寄付をお申込みの場合、お申し込み金額の全額が自治体に届けられます。ご寄付後、自治体から寄付金受領証明書が発行されます。

※皆様の善意をそのままにお届けいたします。返礼品をご希望されない寄付をお申し込みの場合、さとふるが同自治体から手数料を得ることはありません。
※1,000円より1円単位で指定した金額をご寄付頂けます。
※控除適用条件、上限額等はふるさと納税と同様です。 寄付金額が2,000円以下の場合は、寄付金控除の適用外となります。
※寄付先自治体の状況により、通常時よりも寄付金受領証明書の送付時期が遅くなる可能性があります。あらかじめご了承ください。

03月18日

HAVE A GOOD JOURNEY! 耐候性・耐水性 ラゲッジステッカー(岡山版)

【期間限定 「平成30年7月豪雨」岡山県災害復興支援チャリティー】
HAVE A GOOD JOURNEY! 耐候性・耐水性 ラゲッジステッカー(岡山版)
【サイズ】直径90mm

青森のお土産として展開しておりますtovoのHAVE A GOOD JOURNEYシリーズの「LUGGAGE STICKER(岡山版)」を、「平成30年7月豪雨」岡山県災害復興支援チャリティー商品として製作致しました。岡山と言えば、桃太郎!というデザインです。

この商品の収益は、は、2013年より岡山県内各地にて継続的に開催され、長期にわたってtovoへのご支援ご協力を頂いているクラフトイベント「てづくり市sorairo」を通し、「平成30年7月豪雨岡山県災害義援金」として「日本赤十字社岡山県支部」に送付され、「平成30年7月豪雨岡山県災害義援金」募金運動推進本部によって、岡山県内被災地の各市町村へ配分されます。

03月18日

DAGASHIで世界を笑顔にする会 「地震と豪雨の被災地を子どもたちがつなぐ笑顔のバトン」

岩手 宮城 福島、そして北海道・熊本地震や西日本豪雨の各被災地を繋ぐ「製菓トーチ」が集結。

▼被災地の復興願う“聖火台” 瀬戸内の駄菓子店、炎の装飾も(山陽新聞)
https://www.sanyonews.jp/article/993161

03月18日

2020そうじゃ吉備路マラソンTシャツ販売

令和2年2月23日(祝)に開催予定だった、2020そうじゃ吉備路マラソンの限定デザインTシャツの販売を行います。
数量限定・先着順での販売となりますので、購入を希望される方は下記を御確認の上、お早めにお買い求めください。

03月11日

エールマーケット「西日本豪雨、台風19-20号で被災した地域の商品を買って応援しよう」

西日本豪雨、台風19-20号で被災した地域の商品を買って応援しよう

03月11日

「被災農業者向け農の雇用事業」の募集を開始しました。

全国農業会議所では、平成28年熊本地震又は平成30年5月20日から7月10日までの間の豪雨および暴風雨(以下「平成30年7月豪雨等」という。)により被災した農業者等を新たに雇用して実施する研修に対して助成する「被災農業者向け農の雇用事業」の事業参加者を募集しています。

農業法人等が平成28年熊本地震又は平成30年7月豪雨等により被災した農業者等(以下「被災者研修生」という。)を新たに雇用し、農業生産技術や経営ノウハウ等を習得させるための実践的な研修等に対して助成します。

03月11日

ジョイセフ「東日本大震災、熊本地震、西日本豪雨災害 経験共有会報告冊子が完成しました」

ジョイセフとともに被災地で女性と母子に寄り添う支援を行ってきた保健師・助産師などの専門家とママグループの参加により開催した、経験共有会の報告冊子が完成しました。

以下よりPDF版冊子をダウンロードできますので、ぜひご覧ください。
また、ご関係の皆さまにも共有いただければ幸いです。

03月11日

西日本豪雨災害復興支援チャリティーイベント 『Fly Again』番外編

イベントが中止になり世の中も自粛ムードの中、何か少しでも元気を届ける事が出来ればと、チャリティーイベント『Fly Again』を番外編としてBACK BEATから【FAT TV広島】さんのご協力によりインターネットでライブ配信する事が決定致しました‼️
無観客にはなりますが、賛同して下さる出演者の皆さんと素敵な時間を届けられるよう頑張ります

3月13日(金)
西日本豪雨災害復興支援チャリティーイベント 『Fly Again』番外編
Supported by HIROSHIMA BACK BEAT
【場所】HIROSHIMA BACK BEAT
    広島市中区三川町9-16 2F(らーめん横丁七福神 2F)
【時間】配信Start/19:00
【配信URL】https://www.youtube.com/channel/UCsjXhBGR3LuTwOK24OIydjg
【出演】飴色りぼん。/ SACHI / アクセルバンド / Luv La Rosso / FreeFaceTOM
【お問合わせ】082-247-0074
【協力】FAT TV広島 / 株式会社新興 / 荒谷株式会社 / 浜井興業 / Hair Salon JUVIA

03月11日

株式会社ピーエスシー「西日本を中心とする豪雨災害クリック募金」

株式会社ピーエスシーでは、2018年7月に発生いたしました、豪雨災害に対して
被災地支援としてクリック募金をいたします。
1クリックあたり10円を皆様に代わって、株式会社ピーエスシーが日本赤十字社へ寄付いたします。
甚大な被害をもたらした今回の災害に対し、どうか皆様の温かいお気持ちを被災地の皆様へお送りいただきたいと存じます。

03月04日

倉敷市立図書館「真備図書館の図書購入のための寄附金を募集します」

倉敷市立真備図書館は、平成30年7月豪雨災害により、床上3.5メートルまで浸水する大きな被害を受けました。
建物が使用できなくなったことに加え、開館以来収集してきた約12万7千冊の蔵書も水没し、廃棄せざるを得ない状況になりました。

現在までに有志の方々から、被災後の読書活動を支援する移動図書館車や、図書購入費などの支援をいただいています。
この度、令和2年度の真備図書館再開に向けて、図書購入のための寄附を募集します。
頂いた寄附金は、真備図書館の図書購入目的に限定して活用します。
皆様の温かい御支援をお待ちしています。

■募集期間
 令和2年3月1日(日曜日)~令和3年2月28日(日曜日)

03月04日

ぶさいくちゃんのおすそわけプロジェクト

見た目じゃない。自分の「いいね!」を基準にしよう
自然でめいっぱい育ったから、
見た目は「ぶさいく」だけど、
「わけわけ袋」でおしゃれして、
おいしいモノをみんなで一緒にいただこう!

<現在の販売品>
農音の訳あり「島いよかん」 M~3Lサイズ
愛媛県中島町産

柑橘の島「中島」を代表する「いよかん」。
キズがある事で正規品の1/10の価格になってしまい、人手もかけられないので、キズありの物は捨てられてしまいます。
見た目は悪くとも、その味は正規品と遜色ありません。
柑橘の島「中島」のいよかん、是非ご賞味ください。

03月04日

OPERATIONつながり「農地復旧を目指している方募集しています‼」

OPERATIONつながりでは西日本豪雨で被災された農地の復旧ボランティアを行っています。
2020年度も引き続き農地ボランティアを行います。
人手不足など、農地の復旧で困ったことがあればお気軽にご相談ください。

対象地域:東広島市
募集期間:~2020年4月30日

03月04日

被災の逆境ばねに新境地の新作 倉敷の陶芸家・原さん個展

西日本豪雨で倉敷市真備町地区に構える工房が被害を受けた陶芸家・原在加さんの個展が、岡山市南区浜野のカフェZで開かれている。

苦労の末、工房を再建し、昨秋には岡山市内で個展開催も実現した。ただ、やはり同カフェで個展を開きたい、との思いから今回の展覧会を計画。意欲作約200点を展示している。
展覧会に向け、昨秋から新たな挑戦を始めた。青やキャラメル色の釉薬(ゆうやく)を取り入れ、得意としてきた動物柄の作品にカモやウズラ、ヌートリアといった新たなデザインを加えた。
会場には落ち着いた色合いで彩色が施された皿やカップ、花器などが並ぶ。動物たちが描かれ、ほのぼのとした味わいを生み出している。

【原 在加 作陶展~ぼくらはみんないきている。いきているからすすむんだ。】
2020年2/26(水)~3/8(日)
AM11:00~PM7:00 最終日はPM6:00まで

▼cafeZ ( ときどき atelierZ ) スケッチブック 【原 在加 作陶展】よしよししたくなるヘンテコかわいい動物たちが待ってます
https://cafez.exblog.jp/240161923/

03月04日

西日本豪雨チャリティーイベント「RAINBOWフェス2020」

日程:2020.4.5(日)
場所:倉敷市芸文館
時間:OPEN-15:00/START-15:30
料金:5,500円
出演:
ET-KING/シクラメン/H!dE/OverTone

各プレイガイドにて一般チケット発売中!!

02月26日

かなしきデブ猫ちゃんinとべZOO~卒業おめでとう!マルとピースが祝福

2020年02月28日 イベント告知・報告
 令和2年3月8日(日)に予定の標記イベントについては、新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑み、開催を中止いたします。
 楽しみにされていた方には申し訳ありませんが、ご理解をお願いします。

【開催日】
 2020年3月8日(日)
【開催時間】
 13:00~
【開催場所】
 アニマルステージ他
【内容】
 ホワイトルピナスによる「かなしきデブ猫ちゃん」のおはなし会や、記念撮影会、マルとピースがこの春さまざまな卒業を迎える方をお祝いする卒業式を行います。
希望者にはマルとピースのオリジナル卒業証書をプレゼント♪(当日受付・限定100人)

★開催にあたりまして、次のとおり対応させていただきます。
・会場の各所に消毒液を設置いたします。
・運営スタッフは、マスクを着用させていただきます。
・ご来場の皆様方は、 【咳エチケット】・【マスクの着用】・【手洗い】 にご協力をお願いいたします。
・マスクはご持参いただきますようお願いいたします。
・咳等、風邪のような症状がある場合は、ご来場をお控えいただきますようお願いいたします。
※上記によらず新型コロナウイルス感染者の愛媛県内における発生状況により、本イベントは開催を見送る可能性があり、その場合はホームページ等で再度お知らせします。

02月26日

東日本大震災・西日本豪雨災害報道写真展

愛媛新聞社は26日から松山市大手町1丁目の本社1階ロビーで「東日本大震災・西日本豪雨災害報道写真展」を開きます。岩手県宮古市の震災遺構・たろう観光ホテル前での追悼の様子や西日本豪雨被災地で復興に向かう現地の写真、号外紙面など約100点を展示します。

【会期】26日~4月3日(土日曜・祝日休み)
【時間】午前9時~午後5時(入場無料。お越しの際は公共交通機関をご利用ください)

02月26日

香川・愛媛せとうち旬彩館 「まるごと“やわたはま”フェア」

みかんと魚のまち「八幡浜」の
「まるごと“やわたはま”フェア」を開催!

愛媛の絶品柑橘「甘平」「せとか」
八幡浜産の「焼き鱧(はも)ふりかけ」
谷本蒲鉾の「じゃこ天」などをご用意!

中でもオススメは昨年5月に八幡浜で開催した
「ダルメイン世界マーマレードアワード」で
金賞を受賞した「河内晩柑マーマレード」!
爽やかな香りとほのかな甘さが特徴です!

お買い得価格で販売していますので、
ぜひお越しください!

【日時】2月24日(月)~3月1日(日) 10時〜20時(最終日のみ16時まで)

▼香川・愛媛せとうち旬彩館
http://www.setouchi-shunsaikan.com/

02月26日

RISE LIVE -西日本豪雨charity event-

愛媛県にて西日本豪雨チャリティーライブを開催します!その際の運営費として支援をお願いできると助かります!YouTubeでライブ配信もするので、ぜひ地元のアーティストたちの頑張る姿を見て聴いてください。目標金額以上になった場合は売り上げの一部とともに義援金として募金させて頂きます!

2020.03.01(Sun) OPEN/14:30 START/15:00
\2000(予約制)ドリンク込
場所/サイボウス松山オフィス
 愛媛県松山市二番町3-7-12 QUALITA MATSUYAMA 3F

▼rise_live
https://twitter.com/_rise_live_

02月26日

神戸で出来る復興支援 写真洗浄会&プチ防災セミナーVol.07 ボランティア募集中!

【日 時】2020年3月15日(月・祝)
【場 所】神戸市青少年会館(JR三宮から徒歩3分)
【時 間】午前の回 10:00~12:00
     午後の回 13:00~16:00
【費 用】無料
【内 容】写真洗浄、プチ防災セミナー、現地スタッフによるスピーチ「写真洗浄/真備の現状や課題について」

02月19日

呉元気ワクわくフェスティバル

呉市内各地をリレー形式でつなぐイベント「元気ワクわくフェスティバル」の集大成が呉ポートピアパークで開催されます。
お笑いライブやカラオケ大会、ヒーローショーにトークショーが行われるステージイベント。呉市内の名産品・生鮮品の販売やグルメ屋台の出店など、賑わいを取り戻した呉をお楽しみください!

2020年 3月14日(土)11時~17時 / 15日(日)10時~15時
呉ポートピアパーク(呉市天応大浜3丁目2-3)

▼呉市 「呉元気ワクわくフェスティバル」と「呉かきフェスタ2020」が同時開催されます!
https://www.city.kure.lg.jp/soshiki/67/kurewaku-final.html

02月19日

まび大同窓会

真備の皆さんと、真備の復旧・復興に取り組んできた団体が一同に会して交流し、相互に労い、これからを語らう場。まびマルシェ(飲食出店)、地域交流ブース、地域活動紹介ブース、アートワークショップ、こどもブース、ステージなど。
日時:3月7日(土曜日)10時~15時
場所:真備支所、井原鉄道吉備真備駅前ロータリー 
参加費:入場無料
申込方法:申込不要

02月19日

ハッピーまび☆ハンドメイドワークショップ☆

複数のボランティア団体が協力し、新入学・入園支援を行っています。託児あり
コップ袋・シューズ袋・着替え袋など作り

日時
2月22日(土)・ 26日(水)、3月7日(土) 10 時15 分~
場所
まびシェア(真備町有井94)
対象
4月に新入学・入園予定の子どもの保護者

▼いのりんジャパン ハンドメイドワークショップ
https://www.facebook.com/inolinJapan/posts/477905289536907

02月19日

JR向原駅 サンフレッチェ広島装飾完成記念イベント開催

このたび、JR西日本広島支社様と連携し、吉田サッカー公園の最寄駅である芸備線向原駅(安芸高田市)が、サンフレッチェ色に駅装されることになりました。
つきましては、サンフレッチェ広島の2020シーズンの活躍へ向けた応援と芸備線の活性化を目的に「向原駅サンフレッチェ広島装飾完成記念イベント」を下記のとおり開催いたしますので、お知らせします。

■開催日時
2020年2月22日(土) 11時40分~12時13分
■開催場所
芸備線 向原駅

▼JR西日本 向原駅サンフレッチェ広島装飾完成記念イベントの開催について
https://www.westjr.co.jp/press/article/2020/02/page_15635.html

02月19日

新年度に入園・入学する子どものハンドメイド準備品を届ける!

2020年度に真備地区の保育園・幼稚園・小学校に入園・入学する子どもに、入園・入学準備品(ハンドメイド品)を届けます!各家庭の負担を減らしつつ、今回のプロジェクト自体を真備の人たちと実行することで、真備の人たちが立ち上がる活力になればと思っています。また、この活動を通じて、防災教育にもつなげていくことを目指します。

実施者の紹介
ハッピーまびプロジェクトは以下の体制で実施します。

ハンドメイド品の制作:ハッピー真備ハンドメイドチーム、アトリエe-ラビィージュの針クラブ
企画:いのりんジャパン
幼稚園/保育園との連絡調整:いのりんジャパン、サンサポートおかやま
ファンドレイジング支援:NPO法人だっぴ

02月12日

被災地復興支援チャリティーマーケット開催と出店者・物品提供募集のお知らせ

令和2年3月8日(日曜)に、美作大学ボランティアセンターが主催する毎年恒例のチャリティーマーケットを美作大学体育館にて開催いたします。また、フリーマーケットの出店者と物品提供の募集も行っておりますので、下記要領にてご参加ください。

東日本大震災から9年、西日本豪雨災害から約1年半の月日が流れました。私たちボランティアセンターは、東日本大震災が起きた9年前からチャリティーマーケットを通し、被災地へ継続した支援活動を行っています。
長い月日が経った今でも支援を必要とする人たちがいます。被災地から遠く離れた津山からでもできることがあります。
私たちと一緒にイベントを通して被災地支援を行いませんか?このイベントで得た寄付金は『H30年7月豪雨 岡山県災害義援金(赤い羽根共同募金)』『青い鯉のぼりプロジェクト・東北』へ寄付します。

タオル、おもちゃ、食器などの物品を提供してください。(提供は基本的に未使用品に限ります)
ご提供いただいた物品は、学生スタッフが責任をもって販売し、その売り上げは全額寄付いたします。
※使えない物、汚れている物など物品の状態によってはお断りすることもあります

物品は、下記の連絡先に連絡の上ご持参ください。(難しい場合はご相談ください)物品を提供することも復興支援に繋がります。
皆さんのご協力をお願いいたします。

出店応募・物品提供締めきり
令和2年2月28日(金曜)

申込み・お問い合わせ先
美作大学・美作大学短期大学部ボランティアセンター
電話:0868-22-7715 FAX:0868-23-6936
住所:津山市北園町50
(月曜日~金曜日 8時30分~17時30分まで)

津山市社会福祉協議会
電話:0868-23-5130 FAX:0868-24-2979
住所:津山市山北520
(月曜日~金曜日 8時30分~17時30分まで)

02月12日

音戸元気ワクわくフェスティバル

日本豪雨災害からの復興に向けて、呉市周辺エリアの情報発信および回遊性を図り、地域の賑わいを取り戻すために、蒲刈・安浦・川尻・音戸・倉橋・天応の6か所の呉市主幹施設を拠点とし、リレー形式イベントやスタンプラリー等のキャンペーンを実施しています。
その第5弾として、呉市音戸の「おんど観光文化会館うずしお」を会場に、「音戸元気ワクわくフェスティバル」を開催します。

令和2年2月29日(土)10時~15時(予定)
おんど観光文化会館うずしお
呉市音戸町鰯浜1丁目2−3

02月12日

坂町漁協水産まつりチャリティーバザール

坂町で水揚げされた、とれたての鮮魚や広島かきの直売、焼きがき、かきフライ、かきポンのチャリティー販売が行われます。
さかサンデーマーケットも同時開催されますので、ぜひご来場ください。

開催期間 2020年2月16日(日)
開催時間 9:00~ (売り切れ次第終了)
開催場所 パルティ・フジ坂駐車場
住所 〒731-4312 広島県安芸郡坂町平成ヶ浜3-2-11

02月12日

特別展「四国・愛媛の災害史と文化財レスキュー」

開催期間:2020年2月15日[土]~4月7日[火]
開館時間:9:00~17:30(入館は17:00まで)
場所:愛媛県歴史文化博物館 企画展示室

愛媛県をはじめ四国で今後、大きな被害が想定される南海トラフ巨大地震への備えとして、県内各地の津波、水害のハザードマップをパネル展示するとともに、過去に愛媛を襲った慶長伊予地震(文禄5(1596)年)、宝永南海地震(宝永4(1707)年)、安政南海地震(嘉永7(1854)年)、昭和南海地震(昭和21(1946)年)など、過去の地震・津波での被害に関する資料を展示します。
 また、愛媛県内で甚大な被害の出た平成30(2018)年7月豪雨をはじめ、松山など県内沿岸部を高潮が急襲して多くの犠牲者が出た明治17(1884)年水害、県内で900名以上の犠牲者の出た明治32(1899)年水害(別子大水害)、この100年で降水量が最も多かった昭和18(1943)年水害など、過去の水害・土砂災害の歴史についても取り上げます。
 本展示は、国立歴史民俗博物館共同研究「地域における歴史文化研究拠点の構築」の成果を四国において公表、還元するため、愛媛県歴史文化博物館と国立歴史民俗博物館研究ユニットの共催で開催します。国立歴史民俗博物館が平成23(2011)年の東日本大震災以降、宮城県気仙沼市で取り組んできた資料レスキューの活動とともに、平成30(2018)年7月豪雨によって被災した歴史資料等の有形の文化財について、愛媛県歴史文化博物館、愛媛資料ネットをはじめ多くの県内諸団体、個人が行った保全活動について取り上げ、また、祭り・郷土芸能等の地域の文化遺産(無形の文化財)が復興に果たしてきた役割についても紹介します。

02月12日

川辺復興祭@川辺小学校体育館・川辺分館

【日時】3月8日(日) 13:00-16:00
【場所】川辺小学校体育館、川辺分館
【内容】
13:00 園児児童おかえり会
15:00 川辺分館修復記念式
【主催】
川辺復興祭実行委員会

02月05日

安浦元気ワクわくフェスティバル

西日本豪雨災害からの復興に向けて、呉市周辺エリアの情報発信および回遊性を図り、地域の賑わいを取り戻すために、蒲刈・安浦・川尻・音戸・倉橋・天応の6か所の呉市主幹施設を拠点とし、リレー形式イベントやスタンプラリー等のキャンペーンを実施しています。
その一環として、呉市安浦町の「グリーンピアせとうち」を会場に、「安浦元気ワクわくフェスティバル」を、「安浦無添加かき祭り」との共催にて開催します。

呉復興リレーイベント~安浦元気ワクわくフェスティバル
共催:安浦無添加かき祭り
日時:令和2年2月23日(日)10時~15時(予定)
場所:グリーンピアせとうち 呉市安浦町大字三津口326−48

02月05日

楽天農業、愛媛県大洲市に冷凍野菜工場を新設し、オーガニック野菜の栽培から冷凍加工までを一貫して自社で実施

楽天農業株式会社(本社:愛媛県大洲市、代表取締役:遠藤 忍、以下「楽天農業」)は、愛媛県大洲市にオーガニック野菜の冷凍加工に特化した冷凍野菜工場を新設し、2020年2月中旬より稼働を開始します。

なお、本工場は2018年7月の西日本豪雨で甚大な被害を受けた地元大洲市の復興に貢献するため、被災により廃業となった株式会社シロモト食品の工場を修復・再活用し、同社の従業員を含む地域雇用を積極的に進めています。

02月05日

愛媛県観光PR動画!和牛が歌う「疲れたら、愛媛。」

愛媛には、美味しいものや美しい景色、人の優しさに触れて、はっとしたり、ほっとしたり、笑顔が生まれる…そんな疲れをいやす特効薬のような出来事が揃っています。
そこで、人気お笑いコンビ「和牛」のふたりがデュエットで愛媛の観光地やグルメを紹介する観光PR動画「疲れたら、愛媛。」を制作しました。
愛媛出身の水田信二さんが「オツカレ神」、相方の川西賢志郎さんが都会の仕事に疲れた「お疲れ女性」に扮し、「疲れたら、愛媛に行こう」をコンセプトにした歌謡曲を歌いながら、県内各地を旅していやされるカラオケ風の動画となっています。
疲れた人に取り憑く「オツカレ神」と離れる唯一の方法は、疲れをとること。でもそれは、栄養ドリンクやマッサージだけでは足りない。心と体を芯からいやすこと。そうつまり、愛媛を旅すること。
疲れたら、愛媛。

02月05日

丸亀城の石垣とみたてたチョコ積み選手権~石垣復興の願いを込めて~

2月の丸亀城おもてなしイベントは、「ボートレースまるがめ協賛 丸亀城バレンタイン大作戦」!
日時:2020年2月9日(日) 午前10時~午後2時半
場所:丸亀城大手門広場

今回は、丸亀城石垣復興イベントとして、「丸亀城の石垣とみたてたチョコ積み選手権~石垣復興の願いを込めて~」を開催します!この選手権は、1口サイズのチョコを丸亀城の石垣にみたて、崩すことなく、本当の石垣も早く積み上がるようにと願いをこめながら、どれだけ多く積み上げられるかを競うイベントです。

丸亀城天守入城半券、または参加料300円で出場権をGETでき、積み上げた分だけチョコをプレゼントします!(参加料の一部は丸亀城石垣復興に充てられます)さらに、1個でも多く積み上げた上位5人は決勝戦へとすすむことができ、上位入賞者には、豪華賞品をプレゼント!石垣復興のためにも、たくさんのご参加お待ちしています。

02月05日

西日本豪雨災害復興支援 第9回チャリティー神楽共演大会

【第9回】
チャリティー神楽共演大会
※東日本大震災以降9回目となります当大会
今回二回目の西日本を襲った豪雨災害の復興支援とさせていただきます。

第2回
西日本豪雨災害チャリティー神楽共演大会

【場所】安芸高田市文化施設 フォルテ
安芸高田市八千代町佐々井139ー1

【日時】2020年 3月8日(日)
会場 9時
開演9時30分

【出演】
○梶矢神楽団(安芸高田市)
○今田神楽団(北広島町)
○上石神楽団(北広島町)
○八幡神楽同好会(島根県川本町)
○石見神楽 上吉田保存会(島根県益田市)

○佐々木リョウlive

RCCラジオ 佐々木リョウのバリAじゃんラジオ
〜広島県内23市町制覇LIVE企画〜
佐々木リョウ
広島県内完全音(御)礼TOUR Live is Beautiful in 安芸高田市

【料金】*無料ですが被災地への支援金として❗
お一人様1000円程度の寄付をお願いします❗
⚠席順は1000円以上の募金をいただいた方から優先します❗

【支援】皆様からお預りした義援金は大会必要経費を除いた全額を日本赤十字社へ寄付いたします。

【バザー】八千代産直市場でバザーを行います。
キッチンカーや安芸高田市商工会の旨いもんあります❗

高校生災害復興支援ボランティア派遣隊による!お好み焼あります。

01月29日

蒋渕の魅力をその目で!~宇和海を巡るシーカヤックプロジェクト~

「企業組合こもねっと」代表理事の高木治です。
宇和海に囲まれた愛媛県宇和島市蒋渕地区は、小さな漁村に「釣り」「籠」「網」での漁や真鯛・カンパチなどの養殖、真珠養殖、そして、絶品岩牡蠣の養殖とこれでもかというくらいにぎっしり詰まっています。
その中で私たちは海を核とした地域活性化を目指して、2003年より活動しています。

これまで当地区を訪れてくれたたくさんの方々が、海の生業が世界とつながり、海や自然が世界環境に及ぼす影響など、私たち自身ではわからない蒋渕地区の良さを教えてくれました。私たちはこの気づきをきっかけに、2018年から、子どもたちにこの宇和海を教室、漁師を先生にした蒋渕ならではのシーカヤック体験を作りたいと考えるようになりました。

そんな中、2018年に西日本豪雨の被害に合い、蒋渕でも自宅や店舗、車などが被害を受け、通常の活動が行えなくなりました。一時はメンバー一同途方に暮れていましたが、たくさんの方々に支えられ、今ではこれまで通り活動することができるようになりました。

そこで、今回のクラウドファンディングでは、2年前から考えていたシーカヤック体験を実際に進めていくために、カヤックと艇庫の購入費用を募らせていただきます。どうか皆さま応援のほどよろしくお願いします!

01月29日

愛媛県とコラボレーションしたヒット商品「パクチー醤油」にパクチーだけを300%増量した新商品『Yummy the Phakchi Soy Sauce 300 (ヤミー・ザ・パクチー・ソイソース 300)』

本商品は、愛媛県の南予地方にある宇和島市吉田町で大正時代から醤油醸造を手掛ける老舗蔵元の旭合名会社(以下、旭醤油)の四代目・中川賢治さんがつくり出した職人ならではの味わい深い“醤油”と、瀬戸内海に面する四国山地からの伏流水や温暖な気候とおいしい水に恵まれて育ったクセのある“パクチー”を組み合わせた従来のパクチー醤油に、300%パクチーを増量したパクチニスト待望の万能調味料となります。

2018年7月に西日本を中心とした集中豪雨により、旭醤油の醸造所は浸水による甚大な被害を受けました。その後約一年間、全ての商品の販売を休売とし、クラウドファンディングなどのサポートで再建。2019年5月からは商品の販売を徐々に再開することができ、現在では全商品の販売を開始すると共に、パクチー醤油も販売を再開しました。

パクチー醤油は、2017年の販売から2020年現在に至るまで約55,000本を販売し、数あるパクチー関連の商品の中でも話題のヒット商品となりました。更に販売再開後は、アジア各国のSNSに取り上げられたこともあり、香港・台湾でも人気の商品となっております。

【コメント】
<愛媛県営業本部長>
2018年7月に愛媛を襲った豪雨災害から復興に取り組む老舗「旭合名会社」が愛媛県産パクチーを使ってパワーアップした新商品を生み出しました。ぜひとも冬のパクチーの香りで自分流のエスニック料理を御堪能下さい。

01月29日

造花で彩る帽子、斬新 笠岡で個展 フラワーアーティスト萬木さん

笠岡市在住のフラワーアーティスト萬木善之さんが、自身が営む同市五番町の生花店「フローリスト萬」で個展を開いている。帽子メーカー「石田製帽」(同市小平井)とタイアップし、麦わら帽子に花々を飾り付けた斬新な作品が会場を彩っている。3月20日まで。

西日本豪雨で大きな被害を受けた倉敷市真備町地区などの被災地の復興を支援するチャリティー企画も実施。展示されている帽子はいずれも有料で身に付けての写真撮影ができ、集まったお金は各地の被災地に贈る。
入場料500円。毎日開場し、午前10時~午後6時(日曜日は同5時まで)。

▼フローリスト萬
https://www.facebook.com/florist.man1992/

01月29日

西予市「のむらまちテラス」

開催場所・会場 西予市野村町野村 乙亥の里
開催日・期間 毎年1月中旬~3月中旬
のむらまちテラスのイルミネーション

約3万球のイルミネーションが乙亥の里を灯します
地域住民で飾るイルミネーションは、様々な思いが込められ個性豊かなものになっています。平成30年7月豪雨災害により地域は甚大な被害を受けましたが、年ごとに規模を拡大していく計画です。
点灯式・バレンタインイベントが行われます
1月に点灯式を行い、バレンタインシーズンにもイベントを開催します。子どもから大人まで楽しめるイルミネーションです。

▼ノムライク
https://www.facebook.com/NomuLike/

01月29日

「kure防災かいぎ2020」ボランティア大募集!

3月28日(土)10~15時開催「KURE防災かいぎ2020」のボランティアを募集しています!
ぜひこの機会に一緒に防災企画を運営して、自分が住んでいる地域でも実践してみませんか?
 
【ボランティア募集内容】
● 防災企画の当日スタッフ
 例)カードゲーム、紙食器づくり、避難所運営プログラムの進行 など
 ※ 事前にプログラムの内容についての研修にご参加いただきます。3月中を予定。
   日程が合わない場合は個別対応致します。
● 搬入、誘導、搬出作業 ※前日、当日
 
【概要】
KURE防災かいぎ2020 逃減災(にげんさい)!
~早めの避難が減災につながる~
■日時
2020年3月28日(土)10~15時
■場所
呉市役所1階(くれ協働センター、ホール、広場)・中央公園
■内容
・ミニ講座「呉の防災の歴史(仮)」呉市危機管理課
&パネルディスカッション「西日本豪雨災害 その時とこれから(仮)」
 進行:松原裕樹さん(ひろしまNPOセンター)
 パネラー:森勝利さん(バリアフリー研究会)/伊藤美智代さん(ひまわり21)/割方遥花さん(安浦こどもひろば たけちまる)
・楽しく学べる防災訓練「イザ!カエルキャラバン!」
・防災グッズ、防災食の紹介
・防災関連プロジェクト 展示紹介と体験ブース など
 
ボランティア募集は随時受け付けしております!
参加希望の方、また、イベントについてのご意見やご提案がある方はくれ協働センターにご連絡ください。

01月22日

東日本大震災・西日本豪雨災害復興支援 「3.11 朗読と音楽と伝えたいこと Vol.8」

2020年3月7日(土)午後2時~ 於:るねすほーる

2018年7月に起きた西日本豪雨を後世に伝えようと私たちおはなしのWA♪は、大勢の方々のご支援の元、絵本「ブラザーズドッグ」の発刊を記念しての朗読会を開催します。おはなしのWA♪を支えてくださる5人の演奏家の皆様との共演をお楽しみください。

01月22日

沢知恵ピアノ弾き語りコンサート@真備公民館

2月15日(土) 岡山/真備公民館 大ホール「沢 知恵 ピアノ弾き語りコンサート~まびにひびけ やさしいうた~Vol.2」

賛助出演:まきび少年少女合唱団

14:00開演(15:30終演予定)
観覧無料 予約不要
広場で簡単な飲食物などを販売予定

主催:コモエスタ「ともえ基金」
協力:NPO法人 岡山マインド「こころ」 真備地区関係機関・事業所等連絡会(真備連絡会) お互いさまセンターまび 箭田まちづくり推進協議会
お問い合わせ:コモエスタ メール info@comoesta.co.jp
       岡山マインド「こころ」 メール mindkokoro@mbr.nifty.com

※このコンサートは「ともえ基金」によって経費を支えていただきます。今回は、協力団体からも一部助けていただきます。みなさまのお志をいただければさいわいです。ありがとうございます。
ゆうちょ銀行 00140-3-496892 ともえ基金
他の金融機関からの場合は、
ゆうちょ銀行 019(ゼロイチキュウ)支店 当座 496892 ともえ基金

▼沢知恵
http://www.comoesta.co.jp/schedule/index.cgi#d202002

01月22日

西日本豪雨災害復興応援 「三世代交流 福幸祭 in 真備」

西日本豪雨災害復興応援イベントとして「三世代交流 福幸祭 in 真備」を令和2年1月26日(日)に吉備真備駅前ロータリーにて開催いたします。
岡山県老連による「工作コーナー」や「グラウンド・ゴルフ体験」のほかパフォーマンスや各種飲食のブースもご用意しております。
ぜひ、お誘いあわせの上、ご来場ください。

01月22日

おたがいさまプロジェクト 「まびで遊ぼうこどもまつり」

【#復興支援 #真備町 Vol.18|仮設住宅】
1月25日は午前中に二万仮設、午後はみその、岡田仮設に伺います!
仮設じゃない方も大歓迎!足湯に子ども支援。お待ちしております!!

01月22日

愛媛でしか体験できなかった宇和島のパールエステをご自宅で!

はじめまして、「企業組合花真」代表理事の土居一徳です。当組合では、愛媛県宇和島市で取れた良質なパールパウダーを原料とする化粧品の企画販売、それらの化粧品を使った「パールエステ」の普及活動を行っています。

今回は、私たちの提供しているサービスの中で中心となっている「パールエステ」を、おうちでも体験できるセット「真珠のまち宇和島のパールエステセット」としてつくることにいたしました。通常愛媛県まで来ていただけないと、体験していただけないものですが、このセットを作ることができれば、全国の方にパールエステを体験していただくことが可能になります。
商品開発には、全体で200万円かかります。とても自分たちで負担することは難しく、以前も見積もりをとりましたが、高額で諦めました。しかし、昨年の西日本豪雨災害を経験し、被災したメンバーもいる中、宇和島を元気にしたいとの思いで頑張ってきました。
ここからもう一段、宇和島も盛り上がっているぞ!というところを見せるため、私たちのできることにチャレンジしていくことを決意しました。どうかあたたかいご支援のほど、よろしくお願いいたします。

01月15日

試練を背負うこどもたちへ絵本と真珠のお守りを届けよう!

西日本豪雨で被災した日本の真珠産業における真珠の主要産地”愛媛県宇和島市”では2019年夏に真珠を育むあこや貝の大量死が発生しました。被害総額は3億円を超えるとされています。
立て続けに訪れる試練に高齢化が進む真珠母貝業界では縮小を避けられない状況です。
向かい風が吹き荒れる真珠の産地に明るい話題を届けたい。
ジュエリーコーディネーターとして真珠の新しい価値を示したい。.
Uwajima Pearlの頭文字は『UP』
「宇和島産真珠は上を向くための宝石」を合言葉に。

<活動内容>
オリジナル絵本『サルトのお守りとトンネルのむこう』を出版し、真珠のお守りとともに大規模災害の被災地(福島県・宮城県・熊本県・岡山県・愛媛県・千葉県など)の児童福祉施設・教育施設など計20か所へ届けます。

01月15日

真備に千の光を ~想・願・祈~

【医王山千光寺での祈りと鎮魂のライトアップ】
まだ真備町に戻れていない方もおられる中で、真備町を見渡せる位置にある医王山千光寺で、水害で亡くなった方々への鎮魂の祈りと、真備町の皆さんの心に光が灯るよう願いを込めて、毎年7月6~7日にお寺のライトアップを行います。犠牲になられた方々を偲ぶこと、この経験からの教訓を忘れないこと、そういう想いを共有できる場があることを伝え続けていくことを目的としています。

【働き盛り、子育て世代が集えるイベントの企画&心とからだの為のワークの実施】
また、大きな柱の一つとして、心やからだに不調が出る仕組みや症状の意味を理解したり、ストレスに対処する力を皆さんに身に着けていただく為のワークを、親子で参加できるようなイベント(映画の上映会・音楽会など)と合わせて、年数回、開催していきたいと思います。
大人が元気でなければ、子どもは安心して自分を出せません。
私たちと同世代の働き盛りのお父さん、お母さん方にも元気になってもらいたいと考えています。

【個別の相談にも対応します】
現在は、千光寺の坐禅堂をお借りして、月に一回週末に、台湾茶を飲みながら、ゆったりとした気分でお話しを聴かせてもらう場を設け、個別に話を聴いてほしいという方にも対応しております。

自分の故郷である真備町をより明るい希望の光に満ちた街にできるようにという
team千の光の願いでもあります。

私たちがこの活動を維持していくためには、皆さまからの心からの応援・ご支援が必要です。
どうぞ、私たちteam千の光にお力を貸してください。

01月15日

ローカル線で行こう!鉄旅ガイド「芸備線写真展」

●鉄旅ガイド出版記念「芸備線写真展」
【会期】2020年1月25日(土)~2月2日(日)
【会場】古書店カフェ 本と自由(広島県広島市西区横川町3丁目4-14)

入場無料

写真愛好家、山岡亮治・陶山透2氏による芸備線を撮影した作品展示
鉄道研究家による西日本豪雨からの芸備線復旧までの記録展示
やまもとのりこ『ローカル線で行こう!鉄旅ガイド』展示即売

●1月25日(土)14:00~17:00 @ 本と自由
 写真展オープニングイベント「芸備線トーク&サイン会」
 入場無料(要1ドリンクオーダー)※お飲み物を1杯ご注文ください。

やまもとのりこ『ローカル線で行こう!鉄旅ガイド』制作秘話
山岡亮治&陶山透 両氏による「芸備線の魅力」対談
スライド紹介「芸備線復旧のはなし」

01月15日

広島市 「思い出の品展示返却会」の実施について

平成30年7月豪雨災害で発生した土砂やがれきなどの中から見つかった「思い出の品」(写真、ぬいぐるみなど)を、現在広島市役所本庁舎4階の「思い出の品預かり所」に保管し、お申し出のあった方に返却しています。
この度、より多くの被災者等に現物を直接見ていただけるよう、以下の日程で「思い出の品」を展示します。

安芸区
 令和2年1月10日(金)~12日(日) 9:00~12:00、13:00~17:00
 安芸区民文化センター4階 会議室A (安芸区船越南三丁目2-16)

南区
 令和2年1月24日(金)~26日(日) 9:00~12:00、13:00~17:00
 楠那公民館3階 大集会室 (南区楠那町7-10)

東区
 令和2年1月31日(金)~2月2日(日) 9:00~12:00、13:00~17:00
 馬木公民館2階 研修室 (東区馬木二丁目565-4)

安佐北区
 令和2年2月8日(土)~10日(月) 9:00~12:00、13:00~17:00
 高陽公民館1階 研修室1 (安佐北区深川五丁目13-12)

※ 返却の際は、本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、年金手帳など)が必要となります。
※ 持ち主ご本人様以外の方からの返却希望があった場合、当課からご本人様へ確認の上、後日お返しする場合があります。

01月15日

淀川寛平マラソン2020

『淀川寛平マラソン』は、吉本興業所属のタレントである間寛平さんが発起人となり、「東日本大震災被災地支援」をメインテーマとするチャリティーマラソン大会として誕生しました。
今回も大阪の母なる川・淀川でのランニングは、笑いあり、歌あり、楽しさ満点の、参加する全ての人が笑顔になれる大会を目指します。舞台となる淀川河川公園は、大阪という都会にありながら豊かな自然と水の恵みにあふれるエリアとなっており、その魅力を最大限に感じていただけるよう、淀川左岸に特設コースを設定しました。

男女10キロ、ファミリー3キロはもちろんのこと、今大会では男女ハーフマラソンを新たに行ないます。
そして駅伝では参加チームに芸人が参戦、また、前日にプレイベントとして「寛平ウォーキング」「キッズラン」を開催と盛りだくさんの内容となっております。

上位入賞者への表彰は、豪華賞品の当たる「抽選ナンバー発表」の他、飲食などをはじめさまざまなブースの出展も用意してランナーの皆さんを歓迎します。

<開催概要>
2020年2月29日(土)
ウォーク 雨天決行 大阪・淀川河川公園特設コース (太子橋地区スタート、枚方地区フィニッシュ)
2020年3月1日(日)
マラソン 雨天決行 大阪・淀川河川公園特設コース (枚方地区スタート、フィニッシュ)

※参加料のうち1人100円をチャリティー基金として東日本大震災・熊本地震・西日本豪雨被災地支援および淀川河川公園環境保全に役立てます。

01月08日

南予舞台芸術振興事業 ミュージカル「ジパング青春記」

西日本豪雨災害からの復興に向けて歩み続ける南予に勇気と希望を与えるミュージカル「ジパング青春記」が上演されます。1611年に東北・三陸地方を襲った慶長の大地震・津波から立ち直るために、藩主伊達政宗が描いた復興プロジェクトとは。それを担った人々の葛藤と行動を通して描きます。

 【とき】2020年2月1日(土)午後2時半~▽2日(日)午後2時~

 【ところ】南予文化会館大ホール(宇和島市中央町)

 【入場料】両日とも前売り=1階指定席一般4000円、高校生以下2500円。2階自由席一般2500円、高校生以下1500円。当日券は各500円増

 【チケット販売所】南予文化会館ほか

▼宇和島市立南予文化会館 ミュージカル「ジパング青春記」南予公演
http://nanbun.uwajimahall.com/2019/10/17/ミュージカル「ジパング青春記」南予公演%e3%80%80決定/

01月08日

とびしま元気ワクわくフェスティバル

開催日時:2020年1月26日(日) 10時~15時
会場:県民の浜(広島県呉市蒲刈町大浦7605)

焼き牡蠣やとびしま名産グルメなどのマルシェから、今回は『とびしま映画祭』も同時開催。
1000円以上のご利用で安芸灘大橋の回数券1枚も進呈いたします。

ぜひご家族で遊びに来てください。

01月08日

「かなしきデブ猫ちゃん マルとともに」おはなし会

愛媛新聞社は、西日本豪雨災害復興支援キャンペーンの一環として、宇和島市吉田町で「かなしきデブ猫ちゃん おはなしとピアノでたどる冒険物語」を開催します。
おはなし会では、連載中の創作童話「かなしきデブ猫ちゃん」(作・早見和真、絵・かのうかりん)の名場面をピックアップし、古里・愛媛を駆け巡るマルの旅を、絵と音楽にのせてお送りします。豪雨災害にふれる内容も含め、被災地に心を寄せるひとときになればと考えます。
朗読とピアノは、県内で活動する「ホワイトルピナス」の3人。会場にはマルも登場します。入場無料。

 【とき・ところ】1月26日(日)午後1時半~、宇和島市立簡野道明記念吉田町図書館

01月08日

愛媛県立吉田高等学校 「次代のために 練習場整備 寄付募る」

2018年7月の西日本豪雨で練習拠点が被災した吉田高校の野球部とサッカー部。後輩たちのために充実した練習環境を整えようと、同窓会や両部の保護者らが1月末まで、グラウンド整備に向けた募金活動を行っている。
同市吉田町鶴間新にある同校の第2グラウンドは、豪雨で近くの川から大量の土砂や汚泥が流入。部室が浸水し流木が堆積するなど大きな被害を受けた。
土砂撤去や部室の復旧は19年3月までに完了。両部は同4月から第2グラウンドでの練習を再開したが、新たな問題が生じた。同校によると豪雨以前より土が固くなり、滑りやすくなった影響で部員のけがが増加。十分な高さの防球フェンスが備わっておらず、野球部の打撃練習などに支障が出ているという。
そんな状況を改善し、のびのびとプレーしてもらおうと同窓会やPTA、両部保護者会などは19年6月ごろに「第2グラウンド復旧整備事業期成会」を結成。8月からグラウンド整備に必要な資金確保を目指し、募金活動を始めている。
集まった寄付金はバックネットや照明、まさ土の購入費用などに充てる。期成会代表を務める板倉定夫同窓会長は「吉田高校のためにできることをこれからも続けていくつもり。少しでも構わないので寄付への協力をお願いしたい」と呼び掛けている。
▼吉田高校第2グラウンド復旧整備事業期成会について
https://ehm-yoshida-h.esnet.ed.jp/page_20190813053721

01月08日

生活再建無料相談会

平成30年7月豪雨により被害を受けられた皆様の、災害に関する様々なご相談にお応えします。
お気軽にご参加ください。

日時・場所:
① 1月19日(日) 宇和島市立吉田公民館 第1回は終了しました
② 3月22日(日) 宇和島市総合福祉センター
③ 5月17日(日) 宇和島市立吉田公民館
 
いずれも10:00-15:00
 
事前申し込み:当日の受付も可能ですが、お待たせする場合がありますので事前にご予約ください。
料金:無料
お問い合わせ:宇和島市地域支え合いセンター(社会福祉協議会吉田支所内)
TEL:0895-52-3115

生活再建無料相談会|愛媛県宇和島市|広報うわじま||いまできること - 平成30年7月 豪雨

01月01日

呉ふっこうスタンプラリー

呉市では2019年11月1日から2020年3月15日までの期間、呉ふっこうキャンペーンの一環として市内の対象施設を巡るスタンプラリーを開催します。
施設を巡ってスタンプを集める「周遊コース」、各施設のキャンペーンを利用するとスタンプが押せる「キャンペーンコース」、そしてイベントに参加することでスタンプが集まる「イベントコース」の3つのコースをご用意。
それぞれのコースで特色を活かした、呉ならではの賞品をプレゼントします。
全てのスタンプを集めたオールコンプリートな猛者(もさ)には、さらに豪華で特別なコンプリート賞を進呈!
ぜひ呉市内の各所を巡り、味わい、楽しみながらワクわくなスタンプを集めてみませんか?

12月25日

神戸で出来る復興支援 写真洗浄会&プチ防災セミナーVol.05

1/13(月・祝)神戸で出来る復興支援 写真洗浄会&プチ防災セミナーVol.05 ボランティア大募集!
【日 時】2020年1月13日(月・祝)
【場 所】神戸市青少年会館(JR三宮から徒歩3分)
【時 間】午前の回 10:00~12:00
     午後の回 13:00~16:00
【費 用】無料
【内 容】写真洗浄、プチ防災セミナー、現地スタッフによるスピーチ「写真洗浄/真備の現状や課題について」

12月25日

西日本豪雨災害 映画『風さそふ』上映会

2020年1月12日(日)15時~

安芸区民文化センター2Fスタジオ
広島市安芸区船越南三丁目2-16
TEL 082-824-1330

入場料 1000円 上映時間 84分
※毎回キャスト・監督による舞台挨拶あり

平成30年7月、西日本は未曾有の豪雨災害にみまわれました。
広島も各所で土砂崩れや浸水による被害が相次ぎました。映画は広島市矢野地区や小屋浦地区で実際に被災したキャストも参加して、自然の抗い難い猛威に翻弄される家族たちの物語を描いています。

12月25日

西日本豪雨復興応援プロジェクト MUSIC BOX ~音楽の力~

日程
日時 2020年1月8日(水)
開場16:30 開演17:30
会場
Zepp DiverCity TOKYO

出演
Natural Lag
lol ~エルオーエル~
ReVision of Sence
Novelbright
Alpha999
D_29
藤田真平

12月25日

音楽の力で笑顔と希望を!西日本豪雨復興チャリティーコンサート

初めまして、西日本豪雨復興チャリティーコンサート実行委員長の岡田教人と申します。
出身は南愛媛にある宇和島市の出身で、宇和島みかんや遊子水浦の段畑などが有名な、自然に囲まれた歴史ある場所です。

被災から1年以上が経った今、道路などのインフラは復旧しつつありますが、大切な人やものを失った人々の「心の復興」は未だ道半ばにあります。
今回、甚大な被害を受けた南愛媛に笑顔と希望を届けるための西日本豪雨復興チャリティコンサートの開催費、また水害により大事な楽器を流されてしまい悲しい思いをしている子どもたちへ楽器を送る費用を募るために、クラウドファンディングに挑戦することにしました。
皆さまからのあたたかいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

12月25日

石垣修復プロジェクト支援 「ゴトプラ丸亀城」

ご当地プラモデル、略して「ゴトプラ」。
 富士山・東京タワー・大阪城に続く第4弾で「丸亀城」が登場。
 組み立てると、高さ45㎜×幅90㎜×奥行き68㎜の丸亀城に大変身!
 種類は、「緑」と「蓄光」の2タイプです。
 
 ◇発売日 :12月11日(水)(予定)
 ◇販売場所:丸亀城内観光案内所
 ◇販売価格:1個1100円(税込み)
  ※丸亀市のふるさと納税(ふるさとチョイス)の返礼品でも取り扱っています。
ふるさとチョイス
 問い合わせ:広聴広報課(0877)35-8891

12月18日

クリスマスをお祝いするのが難しい子ども達へ「絵本を届ける活動」へ賛同者募集

ブックサンタは、皆さまに絵本を購入し寄付していただくことで「クリスマスに、厳しい環境に置かれている全国の子どもたちに絵本を届けよう」という、クリスマスの新しい社会貢献です。
2017年からスタートし、昨年は合計2,180冊が集まり、西日本豪雨で被災した岡山・広島・愛媛や全国の貧困家庭、児童養護施設など、多くの子どもたちに特別なクリスマスの思い出を届けることができました。

▼このプロジェクトで実現したいこと
2019年は、11-12月にかけて「2,500冊の絵本を集めたい」と考えています。
台風や豪雨などで被災したエリアの子どもたちや、日本全国の経済的に厳しい家庭、闘病中の子どもたち、クリスマス時期にお祝いする余裕がない家庭へ届けます!

3年目の今年は、新たにいくつかのパートナー書店さんが加わり、全国34の都道府県で282の書店(店舗一覧はこちら)が協力してくださることになりました!
しかし、書店が近隣になく、参加できない方もいると考え、クラウドファンディングでもこの企画に参加できるようにしています。

今年の目標の2,500冊の内、500冊の絵本をクラウドファンディングで集めたいと思います。

このプロジェクトは、来年以降もさらに多くの書店などを巻き込んで、より多くの子どもたちに届けることを目指しています。

活動開始して3年目。まだまだ認知度も低く、活動を継続して発展していくためにも、多くの方に知っていただく必要があります。そのための広報費用などもクラウドファンディングから活用させていただければと考えています。(共感していただける方は、SNSでのシェアなど大歓迎です!)

12月18日

豪雨からの復興願う巨大ツリー クラレ倉敷事業所

師走の玉島の夜を華やかに照らす恒例の「クリスマスファンタジー」が、クラレ倉敷事業所(倉敷市玉島乙島)の正門前で開かれている。巨大ツリーを彩るイルミネーションが色とりどりの光を放ち、近隣住民らの目を楽しませている。25日まで。

高さ約15メートルと8メートルの2本のヒマラヤスギを赤や青、緑など10色のLEDや点滅電球約2万個で装飾。サンタクロースやトナカイ、雪の結晶を模した飾りもあしらわれ、季節感を演出している。
西日本豪雨からの早期復興への願いと日頃の感謝を込め、「がんばろうくらしき みんなありがとう」の文字も掲げられている。

同事業所が地域貢献活動の一環で企画し、今年で28回目。点灯時間は午後5時~10時。

▼株式会社クラレ倉敷事業所
http://www.mizu-com.jp/data/138/page_com/

12月18日

ゴミ拾いサンタプロジェクト@うどんかわはらの裏

西日本豪雨で被災した倉敷市真備町地区の子どもたちにクリスマスを楽しく過ごしてもらおうと、地元有志が22日、同町地区で菓子やおもちゃをプレゼントするイベントを開く。事前に自宅周辺で清掃活動を行い、集めたごみと交換するユニークな取り組み。生活再建を急ぐ被災家庭の経済的負担を軽減し、地域の美化にもつながればと今年も企画した。

主催するのは、真備中の卒業生らで昨夏結成した復興支援団体「スマイリング」。不要な家財を岡山県内外から募って被災者に譲渡する活動を進める中で、「子どものクリスマスプレゼントを用意する経済的な余裕がない」という声を多く聞き、支援の必要性を感じた。

22日は午後1時~3時、まび記念病院西側(倉敷市真備町有井)で事前に集めたごみと交換する。現在、文房具や縫いぐるみなどのプレゼントの寄付も受け付けている。

▼山陽新聞 真備の子どもにXマスプレゼント 22日 清掃活動で出たごみと交換
https://www.sanyonews.jp/article/967040

12月18日

「竹あかり」によるイルミネーション~まび復興竹あかり2019

真備町特産の竹を用いたイルミネーションを、真備の復興のシンボルとして設置します。竹と光が織りなす幻想的な空間をぜひ体験してください。

≪まび復興竹あかり2019≫
■点灯期間 12月13日(金)~1月12日(日)17時~22時
    (12月13日(金)17時~点灯式) 
■場所 マービーふれあいセンター入口(真備町箭田40‐1)
   ※駐車場が利用できます
■問い合わせ 真備船穂商工会 電話086‐698‐0265

12月18日

日本災害救援ボランティアネットワーク 「第24回チャリティーカレンダー市」

第24回チャリティーカレンダー市の開催が決定しました。
日時は以下の通りです。

■日時:2020年1月10日(金) 10時~18時
         11日(土) 10時~18時
         12日(日) 10時~14時

■場所:西宮市役所東館8階大ホール
ボランティアの募集を開始いたしました!

収益金は東日本大震災や、西日本豪雨災害などの支援のために大切に使わせていただきます。

12月11日

クリスマスチャリティーコンサート2019

▼開催期間
2019年12月21日
午後6時

フルートの大元幸恵さん、ソプラノ歌手の古武順子さん、ピアノの佐藤恵美子さんが「ストレンジャー・イン・パラダイス(ダッタン人の踊り)」、プッチーニの「私のお父さん」、「あら野の果てに まきびと羊を(讃美歌より)」などを披露する。会場には西日本豪雨で被災した倉敷市真備町地区の支援のための募金箱を設置する。

場所 セブンスデ―アドベンチスト岡山キリスト教会
住所 岡山市中区高島新屋敷
問い合わせ セブンスデ―アドベンチスト岡山キリスト教会
TEL 086-275-4523
料金 入場無料

12月11日

ハレウッド映画祭2019新作ムービー 「ぽつり、岡山」

12月4日、東京・港区新橋にて、岡山県の魅力をPRする動画(=ハレウッドムービー)をお披露目する「ハレウッド映画祭2019新作ムービー完成発表会」が行われ、主演の岡山天音(25)さんと過去最多の応募数735名のオーディションでヒロインの座を勝ち取った北澤響さん(20)、助演俳優の大室由香利さん(35)、監督の前野朋哉さん(33)、伊原木隆太岡山県知事(53)が出席した。

前作に引き続き、前野朋哉さんが監督を務め、今回お披露目されたハレウッドムービーは、「ぽつり、岡山」。

前野さんは「これぞ岡山というものはないんだけど、岡山県だからこそ流れている“時間”と“人”を撮りたかった。豪雨災害もあったので、今回のテーマを「笑顔」として制作した。岡山の人にはこれを見て元気に、そして県外の方には興味を持ってもらえたらうれしい」と今回の制作にあたっての想いを語った。

 岡山県PR動画 ハレウッドムービー「ぽつり、岡山」は、
 晴れの国おかやま特設サイト(https://8092-okayama.jp/)で公開。

12月11日

呉市蒲刈町復興イベント2019 おさかなカーニバルin蒲刈(第9回)

呉市蒲刈町では、2019年4月より安芸灘とびしま海道地域の復興支援イベントとして、魚が主役の朝市を開催しています。第9回目は 『おさかな大感謝祭!!』ぜひお越しください。

 ●日時/2019年12月15日(日) 8:00~12:00 
  ※以後、毎月第3日曜日

 ●場所/潮騒の館(蒲刈水産物直売所・おさかなセンター)
  呉市蒲刈町宮盛1320-15

 ●お問合せ/おさかなカーニバル実行委員会 
  TEL 090-2866-7834(沖本国男)

 ※1000円以上のお買い上げで、安芸灘大橋通行券の半券プレゼント。

(今後の開催予定)※毎月第3日曜
 1月19日(日)
 2月16日(日)
 3月15日(日)

※このイベントは、2018年7月豪雨災害前の、元気で明るい地域の賑わいを取り戻そうと、地域事業所の協力によって定期的に開催を予定しています。地域資源である「魚介類」や「潮騒の館」を活用し、地域経済振興の活性化を目指しています。

12月11日

被災支援ボランティア おたがいさまプロジェクト 「復興支援をしたい学生募集中!」

神戸の被災支援ボランティア団体です。
現在は倉敷市真備町で子ども支援や足湯・お茶会をしています。
~おたがいさまです~
今回は僕たちの番だっただけ。 ほんと、それだけです。

真備町において、子ども支援や足湯会等のボラバスツアーをサポートをしてくれる学生を募っています!
2019年度残りを誰かの為に活動してみませんか?興味ある方は是非!!

12月11日

愛媛宇和島紅白歌合戦~西日本豪雨被害復興支援チャリティコンサート~

愛媛県宇和島市の魅力を全国に発信するべく、FMがいや他全国3局ネット(エフエムいわぬま、おおさきエフエム)で放送中の“メロンチックのおらぶラジオ”。
2019年10月で、番組開始から放送100回を迎えたということで、愛媛県宇和島市に縁のあるアーティストを多数お迎えして、東京都中野区の野方区民ホールにて、ライブコンサートを行います。その模様は“メロンチックのおらぶラジオ特別番組”としてラジオで放送いたします。イベントの最後には、お客様全員参加の宇和島特産品みやげの大抽選会を実施して、来場者に宇和島の魅力を伝えます。
そして、イベントチケットの売上金を全額、2018年の西日本豪雨災害で被害にあわれた方々への義援金として、愛媛県と宇和島市と西予市に寄付いたします。
お誘い合わせの上、ぜひ、ご来場くださいませ。

会場
中野区野方区民ホール(西武新宿線野方駅から徒歩3分)

開催日2019年12月27日(金)
チケット情報
開場: 18:00/開演: 19:00

予約全席自由席
料金1,000円 (あわせて復興みかん1ネット500円のご購入をお願いします。)

12月04日

「岡山の全部いいところがはいったカクテル」一杯1000円のうち200円が募金

募金活動が行われているのは岡山市北区磨屋町の「bar comptoir」です。募金月間にちなんで気軽に募金をしてもらおうとオーナーの園田浩也さん(42)や「みんなでつくる財団おかやま」のメンバーが企画しました。
募金付きカクテルは普段お店では提供されていない、期間限定のオリジナルカクテルです。

カクテルの名前は岡山弁と寄付をかけた「DONATION OKAYAMA(ドネーション オカヤマ)」。一杯1000円でそのうち200円が西日本豪雨の被災地に寄付されます。

▼公益財団法人みんなでつくる財団おかやま Facebookページ
https://www.facebook.com/mintuku.okayama

12月04日

2019たかはまシーフェス~ありがとう~

昨年の豪雨災害からの復興を記念して12月8日(日)松山観光港周辺にて『たかはまシーフェス』を開催します。
今回、感謝の気持ちを込めて、先着500名様への苗木ポットの配布、2000個のもちまき&たくさんのお菓子まき、60名様に当たるお楽しみ大抽選会!そして味自慢のフードコート、各種イベントを準備して地域住民、スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております!
また、バラエティあふれるフリーマーケットも同時開催しておりますのでお楽しみください!
かわいいゆるきゃらもやってきますのでちびっこも集まれ~♪
活気ある高浜にみなさんぜひ遊びに来てください!

▼松山経済新聞 松山市で豪雨災害復興記念イベント「たかはまシーフェス」 「ありがとう伝えたい」
https://matsuyama.keizai.biz/headline/2325/

12月04日

年末大忘年会ライブ2019 西日本豪雨災害チャリティーライブ

地元、福山人として、西日本豪雨災害で被災した方に何かできないかと考え、イベントを立ち上げました。
被災した人は、これから何年もかけて元の生活に戻るように努力しなければなりません。
今年だけチャリティーしても到底追いつかないのが現状です。

「KJ.F.R MAXXXEST」というイベントを知っていますか?
毎年恒例のイベントとして、飲んで、騒いで、楽しんでチャリティーしている素晴らしいイベントです。
しかも、その売り上げをちゃんと、自らの手で現地に持って行っています。
本当に頭が上がらない素晴らしい気持ちをもったイベントです。

私はそれを真似して毎年の恒例イベントとしてしたいと考えています。 e-level 代表 井上晃

チケット1500円内 500円/ドリンク2杯目以降 50%を『豪雨被害者への義援金』

2019年12月7日 【e-level pre】
『年末大忘年会チャリティー2019』
【開場】:18:00 / 【開演】:18:30
【前売り】:1500円+1dr / 【当日】:2000円 +1dr
【詳細】EMI/MAC/THE DIRTY DOLLS/孝志(我龍)&井上晃 &若菜まさみ

2019年12月8日 【e-level pre】
『年末大忘年会チャリティー2019』
【開場】:17:30 / 【開演】:18:00
【前売り】:1500円+1dr / 【当日】:2000円+1dr
【詳細】カナイマサル/GARL(大阪)/BOOSTERS/NOWAy!/here comes the sun

12月04日

冬眠ピアノ お目覚めコンサート in 真備

12月7日(土)12時より河野康弘氏による「ジャズコンサート」(冬眠ピアノお目覚めコンサート)を開きます。

場所:まびくら(倉敷市真備町有井)
入場:無料
対象:どなたでも

▼山陽新聞 ジャズ奏者河野さんがピアノ寄贈 真備の施設 7日にお披露目演奏会
https://www.sanyonews.jp/article/964187

12月04日

土石流の被害を防ぐ。広島ががら山実証実験プロジェクト、始動。

今年も日本各地でこれまでに経験したことのない大雨で大きな被害を受け、「今まで大きな災害がなかったから」は、安心の理由にならなくなっています。

そうした中、「被害が大きかった土石流の発生を予測したい」という思いから、広島大学防災・減災研究センターに所属する6人の研究者が結集し、「ががら山実証実験プロジェクト」に取り組むこととしました。

広島大学東広島キャンパスの広さは、東京ドームおよそ53個分。その敷地の中に標高331メートルのががら山があります。ががら山は縄文時代の住居跡が点在しているなど、古くから人が生活の場となっているところですが、1999年と、昨年の7月豪雨災害の2度にわたり土石流が発生しています。

そこで、地下水の日々の水温や水圧の推移や、雨が降った時の地形のわずかな変化など、土石流のメカニズム解明に向けた基礎データを蓄積していきたいと思います。

今回のクラウドファンディングの資金300万円では、まず、ががら山の山頂1ヶ所に、ボーリングをして観測井を設けます。

また、地下水のデータを集めるための機器や、地形の観測を行うためのGPS/GNSS衛星測位システムを設置し「ががら山実証実験フィールド」を整備します。令和2年3月に観測準備を行い、実際の観測は、令和2年4月から令和3年3月までの1年間実施する予定としています。

11月27日

えひめ自助・共助推進フェア

愛媛県では、災害時における自助・共助の大切さについて理解を深めていただくため、「えひめ自助・共助推進フェア」を開催します。

ステージでは、西日本豪雨を教訓とした事例発表やパネルディスカッションのほか、東日本大震災をはじめ、全国の被災地でボランティア活動を行っている、漫才師の宮川大助さんと娘のさゆみさんによる講演会を行います。
また、フロアには、防災展示ブースや地震体験車コーナーなどもあり、日頃の防災意識を高めるほか、防災グッズが当たる抽選会も行います。
ぜひ、会場にお越しください。

開催日時
2019年12月18日 (水曜日) 10時00分~17時00分 (ステージは12時00分開場)

開催場所
松山市総合コミュニティセンター キャメリアホールほか

11月27日

おたがいさまプロジェクト「神戸で出来る復興支援 写真洗浄会&プチ防災セミナーVol.04」

【日 時】2019年12月8日(日)
【場 所】神戸市青少年会館(JR三宮から徒歩3分)
【時 間】午前の回 10:00~12:00
     午後の回 13:00~16:00
【費 用】無料
【内 容】写真洗浄、プチ防災セミナー、現地スタッフによるスピーチ「写真洗浄/真備の現状や課題について」

11月27日

愛らぶ高梁 ウィンターフェスタ2019

☆と き 令和元年11月30日(土) 17:00~20:00 (少雨決行、荒天中止)
☆ところ 紺屋川美観地区周辺 ※【駐車場】高梁幼稚園、大杉病院第2駐車場、戸田病院跡地
☆タイムスケジュール
  17:00 ~ イルミネーション点灯式
  18:00 ~ クリスマスコンサート(入場無料)
        会場:高梁基督教会堂
        出演:21世紀オーケストラ
           高梁城南高校吹奏楽部
  19:40 ~ 花火打ち上げ
  17:00~20:00 チャリティー夜市 
          場所:高梁鍛冶町郵便局周辺(武家宿・花屋跡)
          チャリティー夜市の収益金は災害義援金に全額充てられます

11月27日

豪雨被害にあわない場所に、イノシシ食肉処理場を建設したい!

昨年の西日本豪雨で、私達のイノシシ処理場が大きな被害を受けました。皆様からのご支援で営業再開しましたが、現施設は多発する豪雨でいつ被害を受けるかわからない川沿いの場所。断腸の想いで高台に施設を建設することにしました。イノシシと共生する当地で安心して事業を行うため、ご支援の程宜しくお願いします。

株式会社クイージ 兼 株式会社おおち山くじらの森田です。
島根県の山奥で野生イノシシの食肉処理場を経営しています。

『イノシシと共生する町 美郷町』そんなキャッチフレーズで、イノシシをきっかけとした地域活性の取組みをしているのが、島根県邑智郡美郷町です。

私達は、この地域で安心して事業を継続していくために、
水害の危険がない場所に食肉処理場を新たに建設することを決めました。

理由はただ一つ。
-イノシシと共生する町ー この取組みを今後も続けていくために。

総工費は約4000万円。
会社設立からまだ2年、超零細企業の私達にとってはものすごくチャレンジングな決断です。

資金の使い道
皆様からご支援いただいたお金は、処理場建設工事費の一部にあてさせていただいます。

11月27日

被災地支援に取り組む人と組織の交流セミナー 「被災からの避難所や在宅での暮らし支援の経験を学ぶ。」

平成30年7月豪雨災害では、岡山県内NPO、企業、住民組織、各種団体などが情報の共有や連携を行い、復旧・復興に向けて活動が展開されてきました。お互いに連携して活動が展開できたのは「平時からの活動」や連携できる「関係性」のおかげでした。
今、被災地は緊急支援からコミュニティ再生に取り組むフェーズへと変わり、支援活動もそれにあわせて変化しながら続いています。その現在進行形で進む倉敷市真備で実際に支援をされた方々の事例を学び、今後発生する災害に備えるために、お互いの顔が見える関係づくりと災害に関する認識共有を図ると共に、災害支援のためのネットワーク「災害支援ネットワークおかやま」への参画やネットワークとの連携を高めることを目的とした交流セミナーを開催します。

◆日 時:  2019年12月1日(日)13:30~16:30
◆会 場:  美作市消防本部研修ホール(岡山県美作市楢原下1100)
◆対 象:  今後の災害支援について関心のある行政、NPO、企業、専門家、各種組織、一般市民など
◆参加費:  無料
◆定 員: 50名
◆参加方法: コチラのフォームよりお申込下さい。
◆主催/共催: 岡山県・特定非営利活動法人岡山NPOセンター/災害支援ネットワークおかやま
◆後援: 美作市(申請中)、社会福祉法人美作市社会福祉協議会(申請中)

11月20日

防災展~自然災害から生き続けるために~

三井アウトレットパーク 倉敷1階イベントスペースにてUSAID、epoおかやま笑顔プロジェクト、peace windsJAPANによる、『防災展~自然災害から生き続けるために~』を開催いたします。

いつなんどき起こるかわからない、自然災害。
身を守るための知識をはじめ、普段見かけない救助犬とも触れ合えます。
ぜひ皆さま、この機会にお越しくださいませ。

開催日時 12/1(日) 10:00~18:00
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【展示ブース】
・被災地写真展と西日本豪雨災害での活動写真展示
・ダンボールベット・トイレ展示、避難ルームの展示
・活動資機材展示
・非常食など災害備蓄品の展示

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【体験ブース】
・災害用伝言ダイヤル171の体験
・岡山地方気象台による気象現象体験
・心肺蘇生法とAED体験コーナー
・災害救助犬によるデモンストレーション
・災害救助犬と触れ合うコーナー
・マイ・タイムラインの作成と小田川付替え工事の説明
・新聞紙と利用したお皿づくり

▼epo おかやま笑顔プロジェクト
https://www.facebook.com/okayama.egao.project

11月20日

再発見。高梁川流域フェスタ

高梁川の周辺で生まれた おいしい恵みとクラフト、暮らしの品々をご紹介!
ぜひご来場ください!

日時:2019年11月30日(土曜日)~12月1日(日曜日) 
10時00分~18時00分(最終日は17時00分)

場所:イオンモール倉敷 1Fセントラルコート

入場無料

※お楽しみ!抽選会を開催します。(会場で1,000円につき抽選券を1枚配布)
※来場者アンケートに回答いただいた先着300名さまには、マスキングテープをプレゼント!

11月20日

平成30年7月豪雨岡山県災害義援金の受付期限の再延長について

岡山県では、平成30年7月豪雨災害により被害を受けられた被災者を支援するため、平成30年7月10日から義援金を募集しております。
義援金の受付期限については、令和元年6月28日(金)までとしておりましたが、令和2年6月30日(火)まで再延長します。
今後も岡山県への温かいご支援をよろしくお願いします

寄せられた義援金の取扱い
 寄付を頂いた義援金については「平成30年7月豪雨岡山県災害義援金」募金運動推進本部で取りまとめ、被災地の各市町村へ配分いたします。

11月20日

愛媛県「子どもの愛顔応援ファンドへの寄附を募集しています」

<子どもの愛顔応援ファンドとは>
広く企業や県民の参加・協力を得て、官民共同による本県独自の子育て支援策を展開するため、令和元年8月に経済団体・福祉団体等で構成する「子どもの愛顔応援県民会議」において創設することが決まりました。

<寄附はどのようなことに活用されるのか>
ファンドに寄せられた寄附金等は、子育て世帯や西日本豪雨で被災された子どもへの支援、貧困や不登校など様々な問題に直面している子どもの居場所づくりなど、子どもを支える地域の活動を応援する事業に活用してまいります。

<御寄附について>
寄附いただいた企業・人名等は、承諾を得た場合は公表させていただきます。
県も原則、毎年度、皆様からの寄附金と同額をファンドに積み立てることとしております。
個人の場合は住民税や所得税の寄附金控除が、法人の場合は寄附金相当額が損金算入できます。(確定申告の際には、振込用紙の本人控えと寄附募集チラシを御活用ください。)

11月20日

第61回海洋教育フォーラム 「海から見た西日本豪雨-災害からの復興」

「海洋教育フォーラム」とは一般の方へ海洋への関心を持っていただくために、日本各地で毎年行われているイベントです。今回の広島開催のフォーラムでは、 「海から見た西日本豪雨-災害からの復興―」と題して、昨年
7月初旬、広島県を中心として瀬戸内海沿岸地域において甚大な被害を与えた西日本豪雨から1年経過した今日、専門家の研究成果や学生の皆さんに当時の体験談などをわかりやすく語っていただきます。今まであまり語られなかった海から見た視点で、今後の復興と瀬戸内海の自然についてみなさんと考えてみたいと思います。

日時: 2019年12月7日(土)13:00~15:35
受付12:30開始
場所:JMSアステールプラザ 7F 研修室
(〒730-0812 広島市中区加古町4番17号)
http://h-culture.jp/access/
バス停:加古町下車徒歩5分
対象:一般(定員80名)
参加費:無料(参加者には講演要旨集を配布)

11月13日

平成30年7月豪雨災害 令和元年台風第19号災害 復興応援企画 「絆 チャリティーリレーマラソン」

<大会概要>
開催日:2019年12月22日(日) 広島みなと公園

種目:4時間リレー

部門:
①小学生の部(全員が小学生で構成)
②ファミリーの部(全員が血縁者で構成)
③一般の部(年齢性別問わず)
④職場の部(職場の同僚、取引先等で構成)

参加料:1人 2,800円 (中学生以下1,600円)
他1チームにつき応援ブース料金一律 1,000円

募集期間 2019年8月24日(土)20:00~2019年11月30日(土)23:59

11月13日

秋も冬も南予へ出かけよう!「いやしの南予ぐるっと旬グルメ&まるごとクーポン」

南予周遊の拠点となる道の駅、産直施設のおすすめのグルメを紹介し、また、南予地域の飲食店や観光施設でお得な割引などが受けられるクーポンが一体となった「いやしの南予ぐるっと旬グルメ&まるごとクーポン」を県内各所及び特設ホームページで配布しています。

配布期間:令和元年10月25日(金曜日)~令和2年3月31日(火曜日)

クーポン有効期限:令和2年3月31日(火曜日)まで

配布場所等:県内の観光施設・道の駅・JR各駅・港・宿泊施設等で配布するほか、「いやしの南予ぐるっと旬グルメ&まるごとクーポン」特設ページからダウンロード可能(ただし、クーポンの使用にはプリントアウトが必須。また、冊子はなくなり次第配布終了) 

対象施設:南予9市町の道の駅、産直施設等19施設 及び 飲食店、観光施設等53施設

ぜひ、クーポンをゲットして南予でお得に癒されちゃいましょう!

対象施設や冊子の配布場所については、次のリンクの特設ページからご確認ください。

▼いやしの南予ぐるっと旬グルメ&まるごとクーポン特設ページ
https://www.pref.ehime.jp/nan53105/syungurume_coupon_tokusetsu.html

11月13日

倉敷市 「真備地区復興就職フェア」

真備地区に事業所を有する企業が集まり、企業の説明やその場で面接もできるイベントを開催します。

日程: 令和元年11月22日 (金曜日)
時間: 13時30分~15時30分
会場: 倉敷市真備支所1階 101会議室(倉敷市真備町箭田1141-1)
対象者:真備で働きたい方は、どなたでもご参加できます。

参加ご希望の方は、倉敷市労働政策課(086-426-3415)までご連絡ください。

11月13日

復興祈願第28回広島ベイマラソン大会

ひろしまベイブリッジなどが見える爽快な景色の中で開催。
高低差のない海沿いを往復するコースなので、応援もしやすい。
潮風とともに駆け抜けるランナーたちに声援を送ろう。

開催日:11月17日(日曜日)雨天決行
会場:中国電力坂スポーツ施設(安芸郡坂町平成ヶ浜四丁目1番)

11月13日

空飛ぶランタンフェスティバル広島2019

空飛ぶランタンフェスティバル広島2019は、2018年7月に起きた西日本豪雨災害で被害に遭われ亡くなられた方々を想い、鎮魂と復興の願いを込めたチャリティイベントです。

【日程】12月7日(土)
【時間】12:00~20:00
(スカイランタン打ち上げは18:00頃)
【場所】呉ポートピアパーク
入場無料
※雨天中止

当イベントの収益の一部を、日本赤十字社を通じて平成30年豪雨災害義援金として寄付いたします。また、当イベントの趣旨に賛同いただきご協賛いただける方(企業、団体、個人問わず)も募集しています。

11月06日

1400年の歴史を後世に。浄土寺完全修復に向けて<第1弾>

国宝浄土寺は、本堂とともにその土地もまた国宝に指定されている全国的にも珍しい国宝・重要文化財の寺院です。
瀬戸内海の要津として発展した尾道の里人が心寄せる寺として、港の繁栄と共にそれぞれの時代の町の衆に支えられ、鎌倉時代末よりおよそ700年の時代を重ねてきました。
しかし、昨今の風雪、ゲリラ豪雨や台風、大雨などで、浄土寺の鎮守社である丹生高野両大明神社が倒壊の危機に瀕しています。
そこでクラウドファンディングに挑戦させていただき、みなさまに修復費用をご支援いただきたく思います。どうぞご支援・ご協力の程よろしくお願い致します。

11月06日

被災地に灯をともしていきたい。真備町で“復幸祭”を開催。

はじめまして、「岡山県建設労働組合青年部」副部長の三澤竜也と申します。私は岡山県の真備町で、建設業の会社を経営する傍ら、地域のボランティア活動に従事してきました。
昨年の西日本豪雨で、真備町は大きな被害を受けました。被災後、以前の明るさを失った町を少しでも元気にしたいという想いから、倉敷青年会議所で実行委員会を結成し、昨年12月に『阿吽祭』という祭りを企画、実施しました。

そして今年。昨年の『阿吽祭』は夜の部として倉敷青年会議所で継続していただきつつ、昼の部として、岡山県建設労働組合青年部が『復幸祭』という場もつくり、昨年以上にパワーアップさせて、復興に向け、地域住民みんなの心を一つにしていける場を設けていきたいと思っています。
復幸祭では、地域の子どもたちと地元・真備の竹で、灯篭や昔ながらのおもちゃをつくり、そこで作った灯篭で街に灯りをともし、地域の人たちを笑顔にしたいと思っています。ただ、実行委員会で潤沢な資金があるわけではなく、その費用にあてる85万円を必要としています。
そこで、私たちの想いに共感してくださった皆さまと一緒に、『復幸祭』当日までの準備を進めていきたいと思い、プロジェクトを立ち上げました。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

11月06日

天応地区復興イベント「がんばろう天応 歩みだそう未来へ」

西日本豪雨から一年以上経過しました。甚大な被害に見舞われた呉市天応地区では、いまもなお町の至るところに災害の爪痕が残っており、復興にむけての歩みを進めているものの、すべての人が災害前の生活を取り戻すにはまだまだ時間がかかるのも事実です。

そこで、復興への足並みを揃えるべく、11月23日(土・祝)に呉ポートピアパークで、天応復興イベント「がんばろう天応 歩みだそう未来へ」を開催する運びとなりました。災害後、数々のイベントを開催してまいりましたが、今回はその集大成となります。

今後復興の礎となる天応地区の子どもたちが作成した「天応未来図(油絵)」の披露のほか、NHK広島放送局気象キャスターとしてテレビ出演中の気象予報士・勝丸恭子さんの講演、二胡演奏、和太鼓演奏、地元の中学生によるダンス、大道芸、カラオケ大会などのステージイベント、参加型アトラクションの宝探しゲームなど、たくさんの方々に楽しんでいただけるようなプログラムもご用意しております。

焼きとり、ケバブ、担々麺、クレープ、イカ焼きなどのキッチンカーも大集結するほか、呉の名物「呉海自カレー」の屋台も出店を予定しているので、グルメも満足できること間違いありません。

2019年11月23日(土) 10:00~16:00
会場:呉ポートピアパーク 野外ステージ
    広島県呉市天応大浜3-2-3 呉ポートピアパーク
事務局:株式会社プロデュース広島

11月06日