アクション

「#鉄路でつなぐ復興のみち」

2019.08.21

『#鉄路でつなぐ復興のみち』とは、2018年に発生した平成30年7月豪雨(通称、西日本豪雨)で被害を受けた鉄道路線を中心に、メッセージを自由に書き込める1冊のノートをバトン代わりにリレーをしようという企画である。
ノートには災害から復興する鉄路への想いを綴りながら、西日本各地域の被災路線をリレーする。

この企画は、九州編、中国・四国編、近畿・東海・北陸編の3部構成になっており、企画全体については文化庁の発信事業であるbeyond2020プログラムの認証を得られた他、中国・四国編については中国新聞社と公益社団法人岡山県文化連盟の2社より後援を受けることもできた。

こうした復興への想いを綴るノートリレーを通して、被災地域の皆様に少しでも前向きになれるようなきっかけになれば幸いだ。

▼鉄路でつなぐ復興のみち 公式
https://twitter.com/fukko_train

関連リンク

アクション一覧へ