アクション

広島県竹原市 地藏院 「土砂崩れで流されたお墓の仏様を供養したい」

2019.02.06

地藏院は瀬戸内海を望んだ山の中腹に位置し、西暦1303年開創の禅寺で、奥の院には行基作と伝わる十一面観音菩薩様が安置されています。

2018年7月初旬にこの地を襲った集中豪雨による土砂崩れの影響で、当寺の本堂は倒壊し、墓石の半数近くが流失してしまいました。

現在、この土砂崩れにあっても奇跡的に無事だった御本尊を安置するための「本堂の再建」と、流失してしまったお骨を供養するための「供養塔の建立」を目指して東奔西走しております。
今回のプロジェクトで取り掛かりたい部分は、供養塔になります。本堂も倒壊しており、できる限り早く再建をしたいところではありますが、まずは流失したお骨の供養を最優先にしたいと考えております。

少しでも早く仏様を安置し、遺族の方々がお参りできるようにしたいと考えております。どうか皆様、ご協力お願い致します。

関連リンク

アクション一覧へ