アクション

真備の復興願う巨大垂れ幕披露 ミヤザキケンスケさん図案、児童ら描く

2019.08.07

国内外で活動する壁画アーティスト・ミヤザキケンスケさんが、岡山県倉敷市真備町地区の小学校から寄せられたイラストをモチーフにデザインを考案。東京の小学生らと制作した1枚を持参し、残る2枚は、呉妹小で開いたワークショップで約50人の児童と一緒に色を塗った。3枚1組で、テーマは「スーパーハッピー」。カラフルな背景に特産のタケノコやゆかりの学者・吉備真備が描かれているほか、空高く伸びる竹、3枚を横断する大きな天の川がダイナミックに表現されている。垂れ幕は同町地区の小学校で巡回展示する予定。
▼ミヤザキケンスケのOver the Wallな世界 真備町へ届ける絵画制作 1
https://ameblo.jp/miyazakingdom/entry-12502431953.html

関連リンク

アクション一覧へ