大阪交響楽団「音楽による心の復興」事業コンサート

自然災害の被災者に向けて(公社)日本オーケストラ連盟が「音楽による心の復興事業」を開催。演奏者はチェロ、コントラバスの2人。

日時:8月2日(金)18:00-19:00
場所:宇和島市立吉田ふれあい国安の郷
事前申し込み:不要
料金:無料
お問い合わせ:宇和島市文化・スポーツ課
(TEL:0895-24-1111 内線2732)

06月26日

吉田町ふれあい運動公園ガーデンプールの利用再開

平成30年7月豪雨により利用を中止していたガーデンプールの利用を再開します。
  
日時:7月20日(土)~ 8月31日(土)10:00-18:00
場所:吉田町ふれあい運動公園
事前申し込み:不要
料金:一般・高校生430円、65歳以上・中学生以下210円
お問い合わせ:宇和島市吉田町ふれあい運動公園
(TEL:0895-52-4155)

06月26日

がんばろう!宇和島~西日本豪雨1年~復興をめざし共に前へ…。七夕チャリティーコンサート

平成30年7月豪雨から1年。被災された人たちに、寄り添い、前へ歩む「勇気のエール」を届けます。
  
日時:7月7日(日)14:00-16:00
場所:宇和島市立南予文化会館
事前申し込み:不要
料金:¥1,000(全席自由)
お問い合わせ:宇和島市立南予文化会館
(TEL:0895-24-6800)
    
【出演者】
ピアノ連弾/黒田映李・高雄有希
愛媛県立宇和島東高等学校吹奏楽部
愛媛県立宇和島南中等教育学校吹奏楽部

06月26日

坂町復興音楽フェスティバル2019

西日本豪雨災害からの復興をイベントで目指し、願い、ベイサイドビーチ坂への感謝の意を込めて無料音楽イベント『坂町復興音楽フェスティバル2019』を開催します!

日時:7/14(日) OPEN&START 10:30

場所:ベイサイドビーチ坂(アクセス JR呉線水尻駅下車 徒歩すぐ)

06月26日

スポーツの力で復興支援する会 「平成30年西日本豪雨災害復興スポーツイベント」

昨年の災害被災地域有志で、「一般社団法人 スポーツの力で復興支援する会」 を設立し、スポーツ団体、市町村、教育委員会、学生ボランティア、企業様等とともに復興を願うスポーツイベント開催いたします。被災以降、多くの子供たちが楽しみにしていた地域行事が中止延期となり、いまだ生活に大きな影響を及ぼしています。1年経過の節目となる7月に一日も早い復興復旧と地域に笑顔を取り戻せること楽しい思い出作りとなることを願い企画致しました。

(1) 趣旨 
子供たちの笑顔や地域に明るさを取り戻すスポーツ交流イベント

(2) イベント概要        
日 時:令和元年7月14日(日)10:00~16:30 (受付)9:00~

(小雨天決行)

場 所:坂町平成ヶ浜
中国電力坂グランド、広島翔洋高等学校

対 象:被災地域の小学生  
種 目:サッカー、ラグビー、バレー、バスケット、野球、武道等予定 (予定)

06月26日

7月6日(土)セレッソ大阪戦 『がんばろう広島』復興支援 J-OBふれあいサッカー開催

サンフレッチェ広島は、昨年発生した平成30年7月西日本豪雨災害から1年を迎える7月6日(土)セレッソ大阪戦にて「がんばろう広島」復興支援活動を行って参ります。
このたびは、被害に遭われた、または広島の未来を担う小学生を対象にJリーグ選手OB会(J-OB)にご協力いただき、「がんばろう広島」復興支援ふれあいサッカーを以下の通り開催させていただくことになりましたので参加募集含めご案内申し上げます。
サッカーを通じて子供たちに笑顔と元気を提供できるよう、当クラブは今後も復興支援を行って参ります。

また、当日は、開門を30分前倒しいたします(一般開門/16:30、シーズンパスをお持ちの方/16:00)。チケットをお持ちの方は、どなたでも「J-OBふれあいサッカー」をご覧いただけますので、ぜひ、ご来場ください。

06月26日

平成30年7月豪雨災害を乗り越え、子供神輿を復活開催したい!

平成30年7月豪雨災害で、岡山県倉敷市真備町の小田川堤防決壊により子供神輿の備品が水没し、子供神輿が開催できない状況です。被災した子供達の笑顔と地域の活力を取り戻す為に、備品等を購入し子供神輿を復活させたいと思います。ご賛同いだだける方からのお力添えを宜しくお願い致します。

実施スケジュール
令和 1年 10月 26日 (土)
倉敷市真備町有井地区内
10:00 ~ 15:00
※雨天時は10月27日(日)に順延

イベント内容
子供神輿の地域巡回
※午前と午後の2コースを設定し、有井地区内を巡回します。

駄菓子セット
※参加子供用プレゼント

会場内イベント
※綿菓子、ポップコーン、フランクフルト、ソフトドリンク、風船などを予定

06月26日

まびフェス@薗小学校

【日時】6月30日(日)11:00~
【場所】倉敷市立薗小学校
【内容】
飲食ブース、ライブステージ、WSあり
【主催】
imim 事務局岡山支部/まびフェス実行委員会

06月26日

倉敷市 「第13回真備・船穂総おどり」

昨年度は、豪雨災害の発生により中止となりましたが、今年度は、復興へ力強く歩みを進めていく機会となり、避難されている方など、たくさんの方にお集まりいただき、交流・繋がりの場となるように、との思いを込めて、次のとおり開催します。

【日時】7月13日(土) 15時〜21時
【場所】真備支所・真備保健福祉会館前駐車場、まきび通り

◆真備・船穂総おどりオリジナルTシャツ販売
真備・船穂総おどりオリジナルTシャツを7月初から販売します。

昨年の豪雨災害でおどりの衣装を失った団体に、法被等の代わりとして着ていただくため作製するものですが、一般の方にも販売させていただきます。数に限りがありますので、お早めにお買い求めください。
なお、Tシャツの図柄は、真備町箭田のデザイナーの方が、無償で作成を引き受けてくださいました。

価格 1枚600円

販売場所
倉敷市真備支所産業課(販売時間は、開庁日の午前8 時30分から午後5時15分)
電話 086-698-8112
当日の会場本部(7月13日(土曜日)午後3時から午後8時30分)

06月19日

2019年7月1日 Beauty force復興支援イベントin 岡山

この度、西日本豪雨災害で被災した現地の美容師さん、美容関係者の皆様の応援の思いで、2019年(令和元年)の7月1日 (月) にBeauty Force復興支援イベントin岡山を開催いたします。

時間:11:30開場 12:30開始 16:00終了

会場:岡山コンベンションセンター
TEL 086-214-1000
岡山県岡山市北区駅元町14番1号

入場料:3000円
本セミナーの収益金はBeauty Forceの趣旨に沿って、災害時の美容の支援に使わせていただきます。

06月19日

2019南予豪雨災害復興チャリティイベント 第15回西予市ふれあい歌謡祭

公演日:2019年6月30日(日)  開場11時00分/ 開演12時

場所:宇和文化会館  大ホール

チケット料金 \500円
※収益の一部を災害復興義援金として寄付

主催:2019西予市ふれあい歌謡祭実行委員会
    一般財団法人 宇和文化会館

06月19日

各地の自治体職員有志による「平成30年7月豪雨(西日本豪雨) チャリティコンサート2019」

2019年6月29日(土) 17:30開場、18:00開演

会場 広島復活教会 礼拝堂

指揮:田村 絵里
ピアノ:黒田 裕美
混声合唱のための唱歌メドレー
 「ふるさとの四季」

06月19日

「フラガール全国きずなキャラバン2019」スタート

東日本大震災での多大なるご声援をいただいた全国の皆さまへの感謝、そして近年相次ぐ災害の被災地へ、元気と勇気を届けたいとの思いを込め展開する、当社専属ダンシングチームによる「フラガール全国きずなキャラバン2019」がいよいよスタートします。

今回のキャラバンは、フラガールを養成する学校である常磐音楽舞踊学院が今年4月に創立55周年を迎えた節目に当たり8年ぶりに実施するもので、スタートとして、6月21日に熊本学園大学付属高等学校、翌22日に熊本県益城町の仮設団地集会所2ヶ所にてパフォーマンスを行います。
熊本地震にて被災された皆さまへの元気と勇気を届けるとともに、福島県の元気を発信します。
両日とも一般の方へは非公開となりますので、ご配慮並びにご理解をお願い申し上げます。

当キャラバンは6月の熊本県からスタートし、広島県、岡山県など11月までに全国20か所程度を訪問します。
https://www.facebook.com/SR.Hawaiians/app/202716833103273/

06月19日

100万人の線香花火ナイト(希望の光プロジェクト)

やさしい灯りをかこんで、やさしい想いつたえませんか?大切な人に大切な事を伝える事。大切な人に、あなたの事が大切なんだよと伝える事。少し優しい気持ちになる事。そんな企画が線香花火ナイトです。被災地の子供そして大人の方に笑顔になっていただきたいという思いでこのプロジェクトを立ち上げました。

いつも灯す線香花火の灯り、ひとつ分けてもらえませんか?

平成30年西日本豪雨災害で犠牲になられた方へ
犠牲者の方に届くように、追悼の線香花火ナイトを企画します。

100万人の線香花火ナイトの会場は、そこ、あなたのいる場所です。
どなたでも参加可能です!大切な人を想って、大切な人と一緒に、線香花火を囲んでください。7月7日19時30分 全国一斉点火 全国の線香花火で天の川を作ろう!

06月12日

愛媛FC 西日本豪雨災害復興祈念ユニフォーム

愛媛FCでは、2018年夏に発生した西日本豪雨災害からの復興を祈念し、7月27日(土)ツエーゲン金沢戦、8月4日(日)ファジアーノ岡山戦、8月25日(日)大宮アルディージャ戦のホームゲーム3試合限定で【西日本豪雨災害復興祈念ユニフォーム】を選手が着用し臨みます。また合わせてこのユニフォームの先行予約販売を開始いたしますのでお知らせします。

なお、この3試合では、西日本豪雨災害復興及び防災対策の周知等を目的に、さまざまなイベントを開催する予定です。イベントの詳細につきましては、随時ご案内いたします。

選手着用試合
7月27日(土)19:00KO 2019明治安田生命J2リーグ第24節 vsツエーゲン金沢
8月4日(日)19:00KO 2019明治安田生命J2リーグ第26節 vsファジアーノ岡山
8月25日(日)19:00KO 2019明治安田生命J2リーグ第29節 vs大宮アルディージャ

06月12日

復興に向けて音楽で元気をお届け!岡山発 コンテンツ複合型大型フェス『桃太郎フェス 』

2018年7月に発生した西日本豪雨による甚大な被害の爪痕が未だ残る岡山県内は、今も復興を目指して進んでいる地域です。復興に向けて音楽を通じて元気をお届けしたいという熱い思いから、立ち上がった桃太郎フェス。
県外の方には、現状を知るきっかけとして、また被災地の方々に少しでも元気を届けられる助けとなればという想いも込めイベントを開催いたします。

【名称】  桃太郎フェス~岡山から元気を~
【開催地】 倉敷スポーツ公園/マスカットスタジアム
【住所】  〒710-0016 岡山県倉敷市中庄3250−1
【日程】  2019年9月15日(日)
【時間】  開場10:00 開演11:00 終演20:00
【動員】  15,000人
【駐車場】 1,500台
【料金】  前売り アリーナSエリア7,500円、アリーナ後方/スタンド席6,500円
【主催】  Voice Of Music 実行委員会
【後援】  倉敷市/RSK山陽放送/FM802
【HP】  https://momotarofestival.com/

06月12日

西日本豪雨復興応援アート展 巡回展+新規作家 開催!

大和ミュージアムで1月に行われた展示。その巡回展が呉市立美術館で3月、5月と行われ東風 孝広先生の作品が加わりました。今回の筆の里工房での巡回展には新にタケヤマ ノリヤ先生の作品が加わります。心温まる作品の数々をご覧ください。会期中は募金箱を設置し全額被災地に寄付させていただきます。

【開催期間】
6/29(土)~9/1(日) 入場料無料
10:00~17:00 (入館は16:30まで)
※他の展示は入場料が必要となります。
※同時開催7/12(金)~9/23(月)「アンパンマンの生みの親 やなせたかし展」(※要入場料)では、昨年7月に発生した西日本豪雨災害の復興から1年、やなせ先生が作品に込めた前向きな気持ちを「がんばろう熊野」として、町と人々を盛り上げるとともに、復興メッセージもあわせて紹介されます。

【場所】
筆の里工房(入場料無料)
〒731-4293 広島県安芸郡熊野町中溝5-17-1
http://fude.or.jp/

06月12日

西日本豪雨災害/東日本大震災支援チャリティコンサート

2019年6月16日(日)14時~ 兵庫県西宮市夙川公民館で西日本豪雨災害/東日本大震災支援 子どもと楽しめる! チャリティコンサートを開催いたします。会場は阪急神戸線夙川駅またはJR神戸線さくら夙川駅から徒歩5分程度。
今回は、歌とピアノによるコンサートで、お子様と一緒に楽しんで頂けるようなプログラムにしてあります。子ども料金はありませんが、未就学児は無料でご入場いただけます。入場料は1人につき1000円ですが、入場料は全額義援金として被災地に送りますので、多くの方にご来場頂ければ幸いです。

06月12日

「第13回 ROOTOTEチャリティーイベント」~トートバッグで、みんなに笑顔を~

ROOTOTEのアートを楽しむための無地のトートバッグ「トート・アズ・キャンバス」に、主旨に賛同した各界著名人がアートワークを施した全60作品が7/10(水)より代官山モンキーギャラリーに登場。同日より「ヤフオク!」にてチャリティーネットオークションを実施いたします。

オークションの全売上金は、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに寄付し、平成30年7月豪雨(西日本豪雨)で被災された子どもたちへの支援に役立てられます。

【作品展覧会】
日程 2019年7月10日(水)~7月16日(火)
時間 10:00~19:00
会場 MONKEY GALLERY
   東京都渋谷区猿楽町12-8
入場 無料

【チャリティーオークション】
日程 2019年7月10日(水)~7月16日(火)
サイト ヤフオク!

06月05日

絵本『ブラザーズドッグ』ができるまで (トークイベント)

2018年7月に起きた西日本豪雨災害。倉敷市真備町で被災したある女性が飼っていた2匹のロングコートチワワのお話をもとに、絵本『ブラザーズドッグ』は生まれました。被災した動物たちが、困難な状況にも負けずに前を向く姿を描く本書には、西日本豪雨災害を風化させず継承していきたいとの想い、そして次代を担う子どもたちへの想いが込められています。

『ブラザーズドッグ』の作者は、朗読グループ「おはなしのWA♪」のみなさん。クラウドファンディングで支援を募り、絵本作りに踏み出しました。はじめての絵本制作を支えた児童書出版社 瑞雲舎代表の井上みほ子さんは、メンバーのただならぬ熱意に驚いたと言います。災害からまもなく1年。トークイベントでは、本書制作の背景を伺うとともに、絵本づくりにおいて大切なこととは何かを教わる機会となればと思います。

– – – – – – – –
日 時:7月5日(金)19:00 – 20:00 (開場18:00~)
場 所:スロウな本屋 / 岡山市北区南方2-9-7
参加費:(A) 2620円 書籍代『ブラザーズドッグ』1620円込み (B) 1000円+お好きな絵本1冊 <クラウドファンディング支援者で既に同書をお持ちの方> (C) 2000円 参加費のみ
定 員:30名
<お申込み方法>
スロウな本屋まで、メールにてお申込みください。

06月05日

豪雨災害を乗り越える!幸せをつなぐ!まちをつなぐコラボグッズで笑顔をつくる!

株式会社KOTOYA・三原❤︎竹原なかよしコラボグッズプロジェクト担当のコマツと申します。この度は本プロジェクトにご興味を持っていただき誠にありがとうございます。わたしたちKOTOYAは、広島県三原市で地域の体験をギフトする事業に取り組んでおります。2018年7月事業開始のタイミングで突然起こった「西日本豪雨災害」。事業の開始を遅らせて災害発生直後の情報集約や発信をこのメンバーを中心に行った経験から、私たちのサービスは「観光体験」から、より地域に密着した「地域の体験」を販売するサイトへとシフトしました。

地域でサービスを提供するみなさまと交流を深める中で、災害を通してポジティブに感じたことの1つは、エリアで共有した様々な想いや境遇を通して生まれた「一体感・結束力」といったものでした。まだまだ災害の爪痕残るこのエリアで、そのポジティブな感覚を、まちのシンボルでもある「やっさだるマン」と「かぐやパンダ」との出会いと幸せを振りまくストーリーグッズで伝えていきたい、そしてクラウドファンディングで多くの人と一緒にこの想いを共有し、プロジェクトをスタートしたいと考えています。

今回のプロジェクトでは、私たちが暮らす広島県「三原市」の、ハッピーをもたらす「やっさだるマン」と隣市「竹原市」の、まわりの人を幸せにする「かぐやパンダ」のコラボグッズを製作します!

06月05日

トマト銀、豪雨復興応援の定期預金

トマト銀行は2018年7月の西日本豪雨災害からの復興支援に向けた定期預金「トマト復興応援定期預金」の取り扱いを始めた。1年物のスーパー定期とスーパー定期300を対象に、預入額の0.03%に相当する額をトマト銀が岡山県に寄付する。
預入額は10万円以上1億円以下で、募集総額は100億円。取扱期間は20年3月31日までで、期間中に総額に達した場合は募集を締め切る。金利は年0.03%と、通常のスーパー定期の年0.01%より高く設定した。インターネット専用の「ももたろう支店」を除く全60店舗で取り扱う。

▼トマト銀行 トマト復興応援定期預金の取り扱い開始について
https://www.tomatobank.co.jp/mt/pdf/news_20190516

06月05日

復興に励む被災地にエールを。寄付金付き「キットカット ミニ 瀬戸内塩&レモン」

ネスレ日本株式会社は、2018年の7月豪雨(西日本豪雨)で被災された方々に向けた支援金が商品価格に含まれた「キットカット ミニ 瀬戸内塩&レモン」を、6月24日(月)に全国発売します。

■商品概要
商品名:キットカット ミニ 瀬戸内塩&レモン
種類別名称:準チョコレート
内容量/希望小売価格(税抜):3枚/120円、11枚/500円
販売場所:全国のコンビニエンスストア(3枚)、全国のスーパーマーケット、ドラッグストアなど(11枚)
発売日:6月24日(月)
※瀬戸内産レモンパウダー0.18%(レモン果汁換算0.45%)使用。
※寄付金は、日本財団を通じて、被災地の支援に活用されます。

06月05日

吉田町プレーパーク

日時:6月22日(土)9:00-13:00 雨天中止
場所:吉田町伊達広場
事前申し込み:不要
料金:参加費無料 
お問い合わせ:宇和島市NPO団体If(イフ)
TEL:090-5141-7422

宇和島市街地では少なくなった、子どもたちが安全に、それでいてめいっぱい「外遊び」出来る環境を、吉田町伊達広場にご準備しました!
少し暑くなってきましたので、今回は水遊びも予定!
他にも段ボールで家や迷路を作ったり、コマまわしやお手玉等の昔遊び、しゃぼんだま、縄跳び、木工遊び、水遊び等、子どもたちが自ら考え、動くような遊び場を提供しています。
また、子どもを連れてきたお父様、お母様同士が話を出来るカフェスペースも準備していますので、ぜひお越しください!
※着替え、雨カッパなど必要な人は持参してください。

06月01日

吉田の海クリーンアップ大作戦!

日時:6月16日(日)10:00-14:00
集合場所:吉田町伊達広場(吉田公民館前)
事前申し込み:必要
料金:無料
お問い合わせ:特定非営利活動法人パルシック
TEL:080-6503-2544
メール:ehime_office@parcic.org

実施内容:海岸に流れ着いた災害ゴミなどの清掃活動。
小雨決行、荒天時中止。

【必要なもの】汚れてもいい動きやすい服装、長靴、タオル、飲み物
【スケジュール】
・10:00集合、受付
・10:307月豪雨災害後の漁協の状況説明、ごみ分別方法についての説明
・11:00清掃開始
・12:30片付け
・13:00交流会

06月01日

第3回復興寄席

日時:6月9日(日)10:30-12:30
場所:吉田公民館大ホール
事前申し込み:不要
料金:無料
お問い合わせ:癒しボランティアチームuwj

落語、かっぽれ、大喜利など
※赤い羽根「災害ボランティアNPO活動サポート募金」助成事業です。

06月01日

岡山ぎょうざ祭り​~恋する餃子に包まれて~

岡山県の各地に甚大な被害をもたらした昨年の豪雨災害からもうすぐ1年。
1年経った今も復興作業は続いており、災害が残した爪痕の深さを物語っています。
本イベントを企画するにあたって、7月初旬に開催していいものか迷いもありました。
しかしながら、被災された多くの方が前を向き活動しております。 私たちにできることは、下を見ることではなく、ひとりでも多くの人が楽しめる空間を提供し、 「岡山は元気だぞ!」と多くの人に感じていただける“きっかけ”となるイベントを作り上げることであると考え、 7月初旬の開催を決意いたしました。
本イベントには真備で被災された地ビールの真備竹林麦酒醸造所、岡山市北区で被災された 黄ニラ・岡山パクチーの生産者である植田さんも皆さんに元気を届けるため参加していただけます。

私たちは当たり前の日常の有難さを風化させることなく、災害復興の思いをのせて 岡山の皆様に元気を与えられるイベントを作っていきたいと考えております。

開催日 2019年7月5日(金), 7月6日(土), 7月7日(日)
5日(金)17時~21時
6日(土)11時~21時
7日(日)11時~17時
開催場所 下石井公園
岡山県岡山市北区幸町10-16

05月29日

西日本豪雨被災地、広島県呉市音戸町の八幡山神社復旧へお力を

八幡山神社は、西暦757年に、瀬戸内海を見渡すことのできる小高い丘に、鎮座しました。応神天皇、神功皇后、玉依姫命を祀り、古くから音戸町の総氏神として町民たちに親しまれています。
しかし、各所で甚大な被害を及ぼした、西日本豪雨災害。八幡山神社でも、土砂崩れが起こり、法面の一面が崩落し、あわや拝殿も巻き込まれる寸前という惨状でした、被害箇所は予想以上に大きく、未だに復旧活動が続いております。
今回のプロジェクトではその復旧にかかる工事費用の一部を、皆さまにご協力いただければと思っております。大規模な工事となるため、同じく西日本豪雨災害での被害を受けた、地域の氏子だけではその全てを賄うことができずにいます。
どうか皆さま、八幡山神社の復旧に力をお貸しください。

05月29日

日本酒「福興」で真備を元気に 倉敷の業者が高梁川水系の水使用

西日本豪雨で被災した倉敷市真備町地区の復興を祈念し、同市内の酒類販売店が、高梁川水系の水で仕込んだ日本酒「福興(ふっこう)」の販売を始めた。地域の水と米にこだわった良酒を広く発信し、復興を後押しする。被災した中小事業者向けに建てられた「復興商店街」(同町箭田)の店頭で取り扱っている。

福興は純米吟醸酒(精米歩合55%)と純米酒(同60%)の2種類。酒類販売の「みのりや」(同市中畝)が企画して熊屋酒造(同市林)が造った。高梁川水系の水と県産朝日米で仕込んでおり、特に純米吟醸酒は、新見市の源流近くでくんだ清水で醸造した。

真備町特産のタケノコから採取した酵母を使った、日本酒「げんきのんきこんき」も企画、販売している。まろやかな味わいで、板野酒造本店(岡山市北区大井)が醸造した。

いずれの酒も復興商店街にオープンした「お酒本舗」、倉敷市中畝の「良酒倉庫」で購入できる。

▼お酒本舗ヤフー店
https://store.shopping.yahoo.co.jp/osakehonpo/

05月29日

岡山県久米南町の地方創生プロジェクト 『TANADA YOGA in 岡山県上籾棚田』

久米南町は、岡山県内1位の高齢化率44.3%(2018年10月時点、「岡山県の高齢者(65歳以上)の市町村別状況」より)を記録し、高齢化や人口減少が大きな課題となっています。また近年は、上籾地区の棚田で耕作放棄地が目立つなど、地域の共有資産である里山の維持が困難になりつつあります。
そこでパソナグループは久米南町の地方創生を目指し、子会社の株式会社パソナ岡山を通じて2016年に「道の駅くめなん」をリニューアルオープンしたほか、独立就農や地域活性化に取り組む人材の育成などを行ってまいりました。
また2017年より上籾みろく農業協議会と共に上籾棚田の復元プロジェクトを推進し、昨年は復元した11,000㎡の棚田から2,500㎏の「復元棚田米」を収穫し、その一部を平成30年7月豪雨(西日本豪雨)の被災者の方々に配布する等、地域と密着した様々な活動を行っています。

そしてこの度、パソナグループは、悠久の歴史が育ててきた上籾棚田の魅力の発信と、地域の交流人口の拡大を目指して、ヨガイベント『TANADA YOGA in岡山県上籾棚田』を開催いたします。
イベントでは整備した上籾棚田のあぜ道を活用して、美しい棚田の風景をバックに里山の自然を感じながら、瞑想・ヨガプログラムを体験いただきます。昼食終了後の第2部は兵庫県淡路島を拠点に活動する太鼓集団「鼓淡」の演奏をはじめ、太鼓体験会、米粒アート作家 岡部玲可氏による「米粒アート体験」や、復元棚田米のポン菓子などを販売する「上籾マルシェ」を開催いたします。また、復元棚田米や甘酒のほか、道の駅くめなんの商品や食事券が当たる「大抽選会」も実施します。

日時 2019年6月9日(日)9:00~15:00 ※雨天中止
場所 久米南町上籾棚田百選地区(岡山県久米南町上籾1300)

05月29日

「GI児島キングカップ開設67周年記念競走」 倉敷市豪雨災害支援チャリティオークション

倉敷市の児島ボートレース場で5月30日~6月4日まで開催される「GI児島キングカップ開設67周年記念競走」
期間中は西日本豪雨の復興支援を目的としたチャリティーオークション(30、31日)が行われ、収益は倉敷市に義援金として寄付する。このほか騎士竜戦隊「リュウソウジャー」のショー(6月1日)や歌手の早見優さんのステージ(同2日)などのイベントもある。

▼GI児島キングカップ開設67周年記念競走 イベント・ファンサービス
http://www.kojimaboat.jp/king67/info/event.html

05月29日

シーサイドBBQリレーマラソン in 呉ポートピアパーク

昨年の豪雨災害から1年。この地から新たな一歩を踏み出し元気を発信するイベントを目指します!
今年も呉ポートピアパーク特設コース(1周1.2km)を走るリレーマラソン開催!
コース途中にはシャワーや水鉄砲などのクールダウンゾーンもあります。
ゴールした後は、みんなでワイワイBBQで打ち上げ!(道具、食材は全て大会で用意)
先着100チーム。仮想賞もあります。友達同士、職場仲間、ファミリーでエントリーお待ちしています。

開催日時:2019年7月7日(日) START10:30~

05月22日

クリック募金 Heartin 西日本豪雨の被災地支援「NPO法人シルミルのむら」

クリックするだけでスポンサーが募金 クリックするあなたには1円の負担もかかりません。

「NPO法人シルミルのむら」は、愛媛県西予市野村町の被災と支援の当事者として、支援の受け皿となり復旧に努め、クラウドファンディングでは、野村の”マツリ”を支えました。今後も仮設住宅への支援や復興イベントを行い、息の長い地域に根指した活動を続けていきます。

05月22日

西日本豪雨復興イベント『大将フェス』

このイベントは、2018年7月6日に発生した西日本豪雨災害で被災地の一つとなった井原市東江原町にて、地元の有志が集まり「忘れられないこの日に、この街で最高に楽しい時間を過ぎしたい。そして、災害であだ不自由の生活をしている方々の力になりたい」「ポジティブに今の自分たちの現状を伝えたい」との想いで開催される。
出演は、大平伸正、土屋雄太、Ryo-hey、みをあわつばさ、THE 大将(O.A.)。

開催日時:2019年7月6日(土) OPEN 13:00/ START 13:30(予定)
開催場所:焼肉「大将」 岡山県井原市東江原町671-1
料金:入場無料(要1DRINK)

05月22日

丸亀城石垣修復応援募金のお手伝いをしていただける方を募集します!

1.募金方法
 丸亀城の石垣修復を応援してくれる協力店・事業者を募集します。下記の2通りの方法がありますので、ご希望の方法でご協力をお願いいたします。
a)募金箱設置
 募金箱(縦22cm×横20cm×幅10cm)を設置し、集まった募金を定期的に市役所へ納付してください。
b)募金付商品の販売
 「がんばれ!丸亀城応援募金付」と書かれた、じゅうじゅう石垣修復バージョンのシール(縦横3.5 cm)を無料配布しますので、対象商品にシールを貼付して販売、定期的に募金(上乗せ分で消費税を除いた額)を市役所へ納付してください。
2.対象事業者
 市内外、企業・個人の別を問いません。どなたでも結構です。

05月22日

エコライフ・フェア2019 「復興支援マルシェ」

エコライフ・フェア2019
テーマ 「気づき」から「行動」へ ~地球の未来のために~
会場 代々木公園 ケヤキ並木(NHKホール前/イベント広場)
日時 2019年6月1日(土) 10:30〜17:00、6月2日(日)10:00〜16:30
主催 環境省
入場料 無料

<復興支援マルシェ>※西日本豪雨関連のブース
・有限会社 愛媛サポーターズ
昨年7月の西日本豪雨災害では愛媛県内各地域が被災しました。特に南予と呼ばれる農水産業が盛んな地域は大きな被害を受けました。本イベントでは復興支援のため、愛媛県物産の知名度アップを図りたいと思いますのでぜひお越しください。

・岡山県
岡山県のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」が、岡山名産きびだんごなどを販売します。フルーツイベントなど、岡山の旬な情報も紹介。ぜひお立ち寄りください。

05月22日

西日本豪雨災害復興支援チャリティーイベント『Fly Again』vol.1

2019年6月21日金曜日 19:00~22:00

【場所】HIROSHIMA BACK BEAT     
    広島市中区三川町9-16 2F(らーめん横丁七福神 2F)
【時間】Open/18:30 Start/19:00
【料金】チケット¥1,000+1ドリンク
【出演】シグレ / 泉田文佳 / アクセルバンド / Luv La Rosso / FreeFaceTOM
【お問合わせ】082-247-0074
【協賛】HIROSHIMA BACK BEAT / 浜井興業 / 味処鈴蘭 / ファニーメール / おかず倶楽部 / 岡本自動車 / Hair Salon JUVIA

※チケットの料金は義援金として全額被災地に送らせて頂きます。

05月15日

丸亀城石垣修復に向けて ニッカリ青江公開プレミアムウィーク

丸亀藩京極家の家宝であったニッカリ青江脇指と、平成17年の丸亀お城まつりで、
市民と中四国の刀匠たちが、玉はがねを鍛えて作った復元刀ニッカリ青江を展示します。

 ♦会 期  2019年6月1日(土)~6月9日(日)      
 ♦開館時間  午前9時30分~午後4時30分
       ※会期中無休
 ♦会 場  丸亀市立資料館(丸亀城内) 2階常設展示室
 ♦観覧料   一般500円(460円)
        応援募金付がんばれ!丸亀城カンバッジ付
       (とり奉行骨付じゅうじゅうニッカリ青江バージョンデザイン)

       ※ニッカリ青江バージョンのバッジは数に限りがあるので、他のデザインに
        なることがあります。
       ※(  )内は当日の天守の入場券をお持ちの方、20名以上の団体料金
       ※18歳以下、65歳以上及び各種障がい者手帳をお持ちの方は無料に
        なりますので、内容の確認できるものをご提示ください。
 《関連行事》
       2階ギャラリーでは、丸亀城の石垣パネル展―崩落から修復へ―を同時開催

05月15日

おたがいさまプロジェクト 「神戸で出来る復興支援! ​写真洗浄会、ボランティア募集中!」

神戸で出来る復興支援として、真備で今も活動している「あらいぐま岡山」の福井さんにお越しいただき、写真洗浄会と現地のお話しをして頂く事になりました!

【日付】6月1日(土)

【時間】午前の回10:00~12:00/午後の回13:00~17:00

【場所】神戸青少年会館

【費用】無料  ☆ボランティア保険に未加入者は当日500円

【定員】 各回15名 学生・初心者優先

【内容】写真洗浄とプチ防災セミナー

【注意事項】動きやすい格好でお越しください。

05月15日

第3回 愛媛防災シンポジウム

愛媛新聞社とNHK松山放送局では、“愛媛県での災害の備えをどう進めていくか”を考えるシンポジウムを今年も開催します。3回目を迎えた今年は、初めて南予で開催。西日本豪雨の経験から見えてきた防災上の課題や、それを解決するために始まった取り組みを紹介し、本格的な梅雨の時期を迎えるのを前に地域の具体的な対策につなげられるよう関係者が意見を交わします。

【日時】 令和元年5月18日(土曜日) 午後2時00分~(開場:午後1時00分)

【会場】 宇和島市立南予文化会館(宇和島市中央区二丁目5-1)

【主催】 愛媛新聞社、NHK松山放送局 【共催】 愛媛県CATV協議会

【出演者】 愛媛大学防災情報研究センター森脇教授、地域防災活動の代表者 ほか

05月15日

ダルメイン世界マーマレードアワード&フェスティバル日本大会

英国湖水地方ダルメインで2006年から開催され、現在では約40カ国から3,000個以上のマーマレードが集まる、マーマレード関連では世界最大のイベント「世界マーマレードアワード英国大会」に準じた日本大会を八幡浜市で開催します。
5月12日(日)~5月19日(日)までをマーマレードウィークとして様々なイベントを企画しています。5月18日(土)、19日(日)は、全国のマーマレードやイギリス関連のブースが道の駅八幡浜みなっとに勢揃いするほか、書道パフォーマンスやJAZZライブなどの多彩なステージイベントをご用意しています。

英国大会でも審査を務める審査員らによって、プロ、アマチュアそれぞれの部門で優秀作品を選考。アマチュア部門の出品料は全額が、西日本豪雨の被災者の支援に充てられます。

05月15日

東広島チャリティフェス2019 豪雨災害・知的障害者施設 支援プロジェクト

出演:U字工事・ピエール・内田貴光・SORA・高重翔・メリィ他
司会:横山雄二・清老寛子

公演日時:2019年5月25日(土)
開場・開演時間:開場15:30/開演16:00/終演19:10
会場:東広島芸術文化ホールくらら 大ホール 座席指定
入場料:入場券2,000円

05月08日

真備・船穂総おどり2年ぶり復活 7月13日、衣装購入へ寄付募る

倉敷市真備町地区の夏祭り「真備・船穂総おどり」(官民でつくる実行委主催)が7月13日、2年ぶりに復活する。昨年は西日本豪雨で中止を余儀なくされており、復興への祈りを込めて再開する。被災で衣装や小道具を失った出演者は多く、新たに用意するため寄付を募っている。

▼倉敷市真備支所 第13回真備・船穂総おどりのお知らせ
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/mabi/

05月08日

西日本豪雨災害復興チャリティートークショー「髙橋大輔選手×田中刑事選手」

山陽新聞社では、西日本豪雨災害復興チャリティートークショー「髙橋大輔選手×田中刑事選手」を以下の通り開催します。

開催概要
・開催日時
2019年6月14日(金)18:00~20:00
・開催会場
倉敷市芸文館(倉敷市中央1-18-1)
・開催内容
倉敷市出身の髙橋大輔選手と田中刑事選手のチャリティートークショーとチャリティーオークション。
・チケット発売日
5月13日(月)9時30分より
〇ローソンチケット(Lコード63097)
〇山陽新聞社サービスセンター(岡山市北区柳町2-1-1)
営業時間/
平日9:30~17:30
土曜9:30~17:30
・入場料
全席指定 2,000円
※3歳以下入場不可。チケットはお一人様1枚必要(ひざ上は不可)
※チケットの購入はお一人様2枚まで
※チャリティーの観点から多くの方にご参加いただきたいという趣旨をご理解願います
※チケット販売とオークションの収益は、西日本豪雨で被災された皆様への義援金として役立たせていただきます。

05月08日

緊急告知!今だからこそ【復興応援 呉ご当地キャラ祭】

昨年、呉市は7月豪雨災害による甚大な被害を受けました。
未だ復興にむけ道半ばでありますが、市内の観光施設などは通常どおり営業を行っており、市外県外から皆さんがお越しになることを心待ちにしています。

呉の復興をPRし元気なまち呉を発信していくため、呉市公式キャラクター呉氏が、復興を応援してクレたキャラ・仲良しキャラと一緒になって【復興応援 呉ご当地キャラ祭】を開催することとなりました!

出演キャラクターのPRブースや、呉の美味しいものを集めた飲食・お土産ブースも並びます。
これを機に呉のまちを巡り、美味しいものを食べて楽しみませんか。全国各地の皆さまのお越しをお待ちしています!

<イベント内容>
名称:復興応援 呉ご当地キャラ祭                        
日時:5月11日(土)10時~15時・5月12日(日)10時~15時
場所:大和波止場(大和ミュージアムとなり)(広島県呉市宝町5-20周辺)

05月08日

岡山・広島豪雨復興チャリティーイベント『誰かのために』子供のいじめ撲滅・元気ハツラツ~本当に強い人はイジメなんかしないし、何度でも立ち上がる~

日時:2019年05月11日 (土)  イベント開始13時00分~16時00分終了
会場:児島市民交流センター
ビンゴ大会やキッズダンスのステージなどを開催。たこ飯やカレー、焼きそばなどを販売する屋台が並ぶとともに、先着200人にちゃんこを振る舞う。子ども対象のプロレスのトレーニング体験も予定している。

▼山陽新聞 「豪雨復興へプロレスで元気を 11日 倉敷・児島で慈善イベント」
https://www.sanyonews.jp/article/896242

05月08日

岡山県井原市青野町 葡萄浪漫館にて開催される野外フェスティバル hoshioto’19

hoshiotoとは地元密着型、完全インディペンデントのローカル野外フェスティバルです。
2012年より岡山県井原市にて「最高の星空の下で最高の音楽を」をコンセプトに開催されております。
6回目から現在の開催場所である井原市青野町 葡萄浪漫館に移動して開催しております。
2019年の開催で7回目の開催!今回も手作りで作り上げます!
最高の星空をみんなで見上げましょう!そして、岡山から元気を発信しましょう!

2019.06.01 (sat)
岡山県井原市青野町 葡萄浪漫館
開場 9:30 / 開演 10:00 (21:00終演)(時間は予定)
キャンプサイトは翌日12:00まで

04月24日

大洲の魅力を伝える!ゲストハウス「はたご屋 霧中」OPEN!

はじめまして、宮岡真吾と申します。愛媛県大洲市で生まれ大洲で育ちました。大学は、香川県丸亀に4年住み、愛媛県中山町の会社に就職を機に実家に戻りました。その会社には9年間勤めていました。
大洲は鵜飼(うかい)が有名な地域です。鵜飼とは鵜(ウ)を使ってアユなどを獲る漁法のことです。大洲の鵜飼は日本の三大鵜飼に数えられており、唯一の合わせ鵜飼となっています。他の地域では味わえないほど鵜船に接近するのが特徴です。
祖父は鵜飼の船頭をしており、私も去年から鵜飼の船頭デビューを果たしました。
デビューの1カ月後に西日本豪雨災害が発生し、鵜飼ができる状態ではなくなりました。肱川(ひじかわ)の氾濫により果樹園を営む実家のイチジク畑も大打撃を被りました。
現在は氾濫した川というイメージが強く残っていますが、普段は穏やかで澄んだ川です。そのイメージを払拭し、鵜飼や漁業、その他の大洲の魅力を味わっていただけるように宿泊施設を開業することを決めました。

ゲストハウス開業後は、農業体験の充実も図っていきます!実家の果樹園だけでは、体験を提供できる季節に限りがあるので、地域のいろいろな農家さんに協力してもらい、1年中何かしらの農業体験ができるようにしていきます。
今回のプロジェクトを通して、多くの方に大洲の魅力を知ってもらい夢中になっていただきたいと思います。皆さまのご支援、応援をよろしくお願いいたします。

04月24日

広島県呉市 「(通年募集)復興支援のためのネーミングライツを導入します」

呉市では、次の3つの目的を達成するため、市が所有する施設等にネーミングライツを導入します。
・平成30年7月豪雨災害からの着実な復興を図るための財源
・安定的な財源確保による持続可能な施設運営と市民サービスの向上
・地域づくりへの参加・貢献機会の提供

対象施設
受付中 呉市民ホール(くれ絆ホール) 170万円以上
受付中 呉市二河公園多目的グラウンド 50万円以上

応募資格
1.ネーミングライツパートナーとしてふさわしい資力及び信用を備えた団体であること。
2.指定管理者制度導入施設については,ネーミングライツ導入時の指定管理者の事業目的と競合関係にないこと
3.その他(募集要項に記載)

04月24日

倉敷「マビ昭和館」5月に再開 豪雨からの復旧に高校生ら協力

西日本豪雨で被災し休館している、昭和期の車や生活用品などが並ぶ「マビ昭和館」(倉敷市真備町辻田)が5月3日、約10カ月ぶりに再開する。3~5日には「復活祭」と銘打ち記念イベントを行う。

「復活祭」は3~5日の午前10時~午後4時に開催。館内を開放するほか、バンドやオカリナ、パンフルートの演奏、歌謡ショーなどがある。喫茶コーナーも用意する。
6月以降は被災前と同様、毎月第1日曜に開ける。入館無料。

04月24日

『がんばろう広島』東急東横店にTAUが出店して広島の美味しい産品を販売します。

東急東横店にTAUが初出店!
もみじ饅頭、生もみじ、瀬戸田のレモンケーキ、因島のはっさくゼリーなどなど、広島の美味しい産品をお持ちして販売します。
お近くにお越しの際は、是非、お立ち寄りください。
期間
2019年4月25日(木)~5月1日(水) 10時から21時まで
場所
東急東横店 (東京都渋谷区渋谷2-24-1)
地下1階 イベントスペース ジスウィーク4

04月24日

ふっくら布ぞうりの会 「チャリティ布ぞうり for 西日本豪雨災害支援」

今回、全国から「使い道のない新品Tシャツ」を募集。イベントのTシャツや、バンドのツアーTシャツなど、販売期間や使用期間が終了して使い道がなくなってしまい、廃棄するしかないTシャツをご提供いただき、チャリティ布ぞうりの材料に使わせていただきました。集まったTシャツを東北の編み手のもとへ送り、布ぞうりに編み込ました。白いTシャツは、ピンクや水色、薄紫などの布としましまにして、可愛く仕上げています。

1足につき350円を「災害支援ネットワークおかやま」に寄付し、現地で活動するNPOのみなさんの活動資金として使っていただきます。
*チャリティ布ぞうりは通常のふっくら布ぞうりより販売価格が100円高くなっています。その100円は岡山への寄付金とさせていただいております。ご理解いただけたら幸いです。

西日本豪雨の被災地支援になると同時に
衣類廃棄になるTシャツをアップサイクルでき
東北の被災地の編み手の応援にもなる
「チャリティ布ぞうり for 西日本豪雨災害支援」。
ぜひ多くのみなさまにお買い上げいただき、被災地支援につながればと思います。

04月17日

米山寺 「小早川家墓所を完全復旧するためには、あなたのお力が必要です!」

広島県三原市で、米山寺の住職をしております 垣井賢祥と申します。
昨年の西日本豪雨災害により、米山寺が所有する小早川家墓所にある重要文化財 宝篋印塔(ほうきょういんとう)が、被害を受けました。

復旧には、約6000万円の膨大な費用がかかるため、国、県、市からの補助を受けても所有者であるお寺の負担金をどうやって捻出するかなど、悩みはつきませんでした。何とかしなければと思いながらも時間ばかりが過ぎ、今年の2月、やっと復旧作業着手に至りました。
しかし、山寺ですので、檀信徒も少なくお寺の負担金に関わり、檀信徒の皆さまばかりに、お世話をいただくわけにもいきません。そこで、歴史に造詣が深く、復旧への願いにご賛同していただける有縁・無縁の方々にも、広くご支援を賜りたいと存じまして、クラウドファンディングを利用させていただきました。
何百年もの長きに渡り、建立当時の様子をとどめてきましたこの貴重な小早川家墓所を以前と同様に完全復旧させたいと強く願っております。何卒、皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。

04月17日

西日本豪雨で使われたブルーシートを再利用 「BRIDGE OKAYAMA」

西日本豪雨災害の復興支援に向けて、「BRIDGE OKAYAMA」を発足しました。災害で使用されたブルーシートを再利用しバッグやバッチ・コサージュを作り、その売り上げを被災地に寄附します。

熊本地震で同様の活動をされている「一般社団法人BRIDGE KUMAMOTO」様に運営のサポートを受けながら、倉敷帆布で有名な「株式会社バイストン」様にバッグの作成を依頼、ブルーシートの提供をブルーシートのトップメーカー「萩原工業株式会社」様にお願いします。その他にも販売や広報など多数の企業団体様のご協力を頂きます。運営や広報は社会福祉法人雪舟福祉会が担います。

今後こちらのfacebookページを始め下記SNSにて情報を発信して参ります。どうぞよろしくお願い致します!!
・instagram
https://www.instagram.com/bridgeokayama/?hl=ja
・twitter
https://twitter.com/bridgeokayama

04月17日

岡山県内における平成30年7月豪雨災害に対する支援寄付基金 「ももたろう基金」

平成30年7月豪雨により被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
​公益財団法人みんなでつくる財団、通称「みんつく」では、この度の岡山県内で発生した「平成30年7月豪雨」に対する救援・復興活動を対象に「被災地支援」の分野において助成をする基金を設立しました。
県内各機関と連携し、状況変化していく被災支援のニーズをとらえ随時、活動団体への助成を通じて被災地支援をしていきます。​

04月17日

第13回倉敷おさがり交換会&にじいろマルシェin真備

ベビー&こども服 第13回倉敷おさがり交換会は、2019年4月20日(土)10:00~14:00(受付:9:30~)に開催します。
今回は西日本豪雨復興支援と地域の町おこしイベントの一環として倉敷市真備町で開催します。
この機会に洗濯済みで誰かに譲っても問題のない、赤ちゃん&こども服(新古品や数回着用程度が望ましい)など1点でも多くのおさがりのご提供ください。
皆さまからの善意を必要な方にバトンを繋ぎますのでご協力をお願いします。
また、当日は大人も子どもも楽しめるイベントとして「にじいろマルシェ」も同時開催します。
皆さまのお越しをお待ちしております。

04月17日

災害支援ネットワークおかやま「160を超える民間組織のネットワークで誰ひとり取り残さない支援を」

災害支援ネットワークおかやまは、平成30年7月豪雨の支援をきっかけに立ち上がった岡山県内の災害支援に官民連携で取り組む任意団体です。

災害支援ネットワークおかやまは「誰ひとり取り残さない支援」を掲げ、県内のNPO/ NGO、企業、士業、組合、学校、宗教団体など、さまざまな組織が立場を超えて「被災者のために」という同じ目的のために情報の共有や連携、支援情報の提供や支援組織の支援の仕組みづくりなどに7月7日の発災以降、取り組んできました。

「同時多発的に起きる災害に対応する」ために、災害支援ネットワークおかやまは平成30年7月豪雨災害の被災者支援を継続していくと共に、今後も起こりうる災害への対策を行うために活動を続けています。
被災地での連携の場確保や災害時に避難所等の支援ができる人と組織の育成、今回、岡山で形成したネットワークの仕組みやノウハウを他地域へ移転するための活動などへご支援をいただけませんでしょうか。

04月10日

兵庫県 平成30年7月豪雨(岡山県)復興サポート事業(平成31年度)

兵庫県では、阪神・淡路大震災その他の自然災害で支援活動の経験がある団体が、その経験を活かして、平成30年7月豪雨災害による岡山県内の被災地の復興をサポートするために取り組む事業に対して支援を行うことで、阪神・淡路大震災等の経験や教訓を伝え、被災地の早期復興を支援します。

1)支援対象団体
支援対象者は、次のすべての要件を満たす団体とします。
・兵庫県内に主な活動拠点を有する団体であること
※個人での申請は、専門的な支援活動を行うための資格を有する方やそれに準じる専門知識・経験を有すると認められる方に限ります
・阪神・淡路大震災その他の自然災害において支援活動の経験がある団体であること、または、実際の災害での支援活動の経験がない場合は、平素から支援活動に向けた学習・訓練を続け、実際の支援活動の経験がある団体と同等の支援活動を行うことができると認められる団体であること
・宗教活動、政治活動、営利活動を主たる目的とする団体でないこと
・反社会的活動を行う団体でないこと
・会計、経理、監査に関する事務や意思決定を適切に行える体制が整備されていること
・申請日時点において、代表者の年齢が満20歳以上であること。

(2)支援対象事業
支援対象事業は、平成30年7月豪雨災害による岡山県内の被災地において2019(平成31)度内に実施する事業で、次のすべての要件を満たすものとします。
・阪神・淡路大震災その他自然災害における支援活動の経験を活かして行う事業であること。実際の災害での支援活動の経験がない場合は、継続した学習・訓練の成果を活かして行う事業であること。
・住民主体のまちづくり、恒久住宅移行後のコミュニティの再生、高齢者の見守り、商店街の振興、就労支援、被災児童等のこころのケアなど、被災地の復興を支援するために取り組む事業であること。
・支援対象とする被災地の団体、施設の同意を得ており、円滑な事業実施が可能であること。

04月10日

きびだんごプロジェクト 「西日本豪雨災害にあった桃太郎のまち!岡山を応援する芸術ライブイベントを開催したい」

平成30年7月 西日本豪雨災害が起こりました。この日のことを心に “水没被害” にあった方々を笑顔にする! “祈りを寄せ合うことで桃太郎伝説の生まれたまち(岡山)を元気にする” そんな思いを込めて『芸術の力で心豊かな1日を楽しむイベント』を入場無料で開催したい!一緒に創るお手伝いをして頂けませんか?

▼実施スケジュール
2019年5月18日(土) 入場無料
場所 吉備津神社境内 
13時から 神楽奉納 備中神楽 総社社中
14時30分から 神田さおり+Ayer(鳥居史子、鳥居強志)ライブ
15時30分から 朝崎郁恵ライブ 

▼資金の使い道
出演者交通費宿泊経費 100万円
舞台設置ライブ作成費用 140万円
神社玉串奉納、経費45万円
目標金額を超えた場合は、現在活動されているボランティア団体に寄付させていただきます。

04月10日

セブンスデー・アドベンチスト 入間川キリスト教会 「西日本豪雨災害復興支援チャリティ・コンサート」

この度、防災のプロから学ぶ「防災セミナー」と、昨年西日本を襲った西日本豪雨災害の「復興支援チャリティ・コンサート」を企画いたしました!

防災セミナーは、
4/13(土)pm2:00~
「自然災害の10の備え」
講師:ADRA Japan事務部長 橋本笙子

復興支援チャリティ・コンサートは、
翌日の4/14(日)pm2:00~
ヴァイオリン:澤田智恵
ピアノ:ミハイル・カンディンスキー

04月10日

愛媛マンダリンパイレーツ 『がんばってます!南予』 宇和島ホーム開幕戦で盛り上がろう!

愛媛マンダリンパイレーツは、4月12日午後6時から宇和島丸山球場で行う徳島とのホーム開幕戦で、西日本豪雨災害の復興激励を兼ねてイベントを実施する。

<開 催 日> 2019年4月12日(金)
<球   場> 宇和島市営丸山球場 ( 宇和島市和霊町555-1 )
<時   間> 18:00試合開始 ( 17:00開場予定 )
<対戦チーム> 徳島インディゴソックス

●宇和島市・松野町・鬼北町の小中学生は無料ご招待いたします!
●みかんの皮むき大会(先着50名様)を行います!
 みかんの皮をどれだけ長くむけるかを競い合うゲーム。優勝者にはステキな商品をご用意しています。

04月10日

災害人道医療支援会(HuMA) 「被災した地域のコミュニティー再生に向けて憩いの場を」

特定認定非営利活動法人災害人道医療支援会(HuMA)は日本アロマセラピー学会と協働し、アロママッサージやハーブティーなどのアロマセラピーの力を活用して、疲弊した被災者や支援者を癒やし、健康上の不安のある方には、健康相談を行うという活動を行っています。

現在、ボランティアセンターの管理が、自身も被災された地元住民の方々によってされています。
ボランティアセンターの運営を通して地元の人が集まって徐々にコミュニティーが再生されてきています。
ただ、現在はボランティアセンターに関わる地元の方が少なく、負担が大きく疲弊しているため、彼らの支援をしようと活動しています。
お茶を飲む、アロママッサージをしてもらえる、そういったちょっとしたきっかけでさらに地元の人たちが集まる、憩いの場になれば、さらなるコミュニティーの再生につながると考えています。自宅の片づけで疲れて出かける気にもならない、そんな余裕もない、そういった方たちにも、ふらっと寄ってもらって、コミュニケーションの場になることを期待しています。

災害急性期をすぎ、HuMAは被災者に寄り添う支援を行っています。HuMAは2002年に設立され、災害で困窮している人々に医療支援を行っています。HuMAは会員費に加え皆様の寄付によるご支援をもとに活動しております。災害で苦しむ人々のために支援をお願いします。

04月03日

倉敷市 被災地発支え合い活動事例集『豪雨ニモマケズ』

平成30年7月豪雨災害により、多くの方が被災し、今もなお、住み慣れた自宅や地域を離れて生活を送る方も多く、被災地復興はこれからが本番です。
被災地やその周辺の地域に目を向けてみると、復興に向けた支え合いの萌芽は至る所にみられ、これまで地域が大切に育ててきた絆や文化を生かし、被災者・被災地を支えながら、復興に向かっている「支え合い活動」が数多く見られています。
この「被災地発支え合い活動事例集『豪雨ニモマケズ』」は、そのような支え合い活動の取り組みや地域で活躍する支援者「支えびと(ささえびと)」を紹介する情報等をまとめたものです。

04月03日

JAえひめ南 みかんボランティアセンター 「”柑橘応援隊” みかんアルバイター」の募集

柑橘応援隊として農家のお仕事にチャレンジしてみませんか?宿泊施設の提供もあります。まずは応募内容を確認してみてください。
アルバイト募集期間:2019年4月以降~
※期間は短期・長期など要相談

アルバイト場所:愛媛県​宇和島市全域
アルバイト内容:
みかん・かんきつ収穫、運搬、作業
みかん・かんきつ選果、選別(袋除去)作業
その他お手伝い作業(摘果、除草、加工作業など)
みかん・ポンカン・デコポン・ブラッドオレンジ他、たくさんの種類の柑橘を扱っています
応募資格:
18~60歳まで(左記対象以外の方は要相談!)
​愛媛みかん・宇和島に興味のある人!
​​みかん、ブラッドオレンジ、じゃこ天、牛鬼など
​​まず、やってみよう!体験したい!などの気持ちがある元気人
給与:800~1000円/1時間
時間外勤務あり
労働災害保険加入(農家負担)
​通勤費用助成あり
作業時間:7:30~16:00(7.5時間)
​※季節によって変更あり
休日:週1回
参加者負担:
愛媛県宇和島市までの往復交通費
​滞在期間中の飲食費
宿泊施設:
共同専用宿舎とJA指定宿泊施設があります。
宿泊費(水道光熱費込み)は完全無料!
​バス・トイレ(男女別)、キッチンが共同のシェアハウスです。
​洗濯機・乾燥機あり!
個室あり!各部屋エアコン・ベッド設置
※農家泊の紹介も可能です。
食事:
食事は自己負担となります(自炊可能です)
​近くにスーパー、コンビニ、お弁当屋さんもあります。

04月03日

JAえひめ南 みかんボランティアセンター 「みかんボランティア」の募集

宿泊可のみかんボランティア を募集しています!!
2018年7月の西日本豪雨災害に置いて、2000ヶ所以上で土砂災害が発生しました。
みかん園地に於いて、未だに瓦礫撤去や園内清掃、その他の災害関連の作業のニーズがあります。

募集期間:2019年4月以降 ※週末のみの参加もOK
作業​時間:8:30~16:00
活動場所:愛媛県​宇和島市全域
作業内容:
1. みかん・かんきつ園内清掃、瓦礫撤去作業
2. ​その他(災害関係作業)
宿泊施設:
共同専用宿舎とJA指定宿泊施設があります。
宿泊費(水道光熱費込み)は完全無料!
​バス・トイレ(男女別)、キッチンが共同のシェアハウスです。
​洗濯機・乾燥機あり!
個室あり!各部屋エアコン・ベッド設置

食費:
食事は自己負担となります(自炊可能です)
​近くにスーパー、コンビニ、お弁当屋さんもあります。

04月03日

ひろしまブランドショップTAU 『がんばろう広島』大阪・梅田に期間限定で初出店!

大阪では買えない「はっさく大福」(数量限定)や「生もみじ」をはじめ、隠れた名産品の因島の八朔ゼリーや、生産量日本一の瀬戸内 広島レモン、うまいでがんす、もみじ饅頭、桐葉菓、瀬戸田のレモンケーキ、レモスコ、鳥皮れもん、洋酒ケーキ、カキ大将、はちみつレモン、汁なし担担麺の商品から日本酒、ワインまで、TAUで人気の商品約220アイテムを販売します。
また期間中は川中醤油さんによる「芳醇天然かけ醤油」の試食販売も開催!
是非、この機会に、大阪・梅田で広島を体感してください。
お近くにお越しの際は、お立ち寄りください。

開催日時:2019年3月21日(木・祝)~4月8日(月) 11時~22時
※初日は13時から、最終日は20時まで
場所:阪急 梅田駅 2階 中央改札内

▼「ひろしまブランドショップTAU阪急梅田店」が阪急梅田2階中央改札内に期間限定初出店!
http://ers.hankyu-hanshin.co.jp/shop003/shop/news/200799

04月03日

香川・愛媛せとうち旬彩館「えひめ春の感謝祭」

1階特産品ショップでは、豪雨災害被災企業の商品を生産者の感謝メッセージを添えてご紹介します。2階の郷土・せとうち料理「かおりひめ」では、ランチ時に「みかん鯛と瀬戸内シラスのさつま汁丼」が3月から5月まで期間限定で登場します。また、ディナーでも、春の食材を使ったこの期間にしか味わえないメニューを提供しますので、ぜひ、ご来店ください。

開催日:2019年3月1日(金)~5月31日(金)

香川・愛媛せとうち旬彩館 えひめ観光物産プラザ
 東京都港区新橋2-19-10新橋マリオンビル1・2階

03月27日

フォトジェニックな呉を投稿しよう!「フォトジェニックレ」!!

Instagramを活用した呉市観光PR企画「フォトジェニックレ」が始まりました!
呉市内で撮影した観光スポットや絶景,フォトジェニックなスポットなどを撮影してハッシュタグ「#フォトジェニックレ」をつけてInstagramに投稿してください!
平成30年7月豪雨災害から復興し,元気になった呉市を広くPRすることで風評被害を払拭し,多くの観光客にお越しいただくことを目的として,「復興PR」を重点テーマに設定しています。
▼「フォトジェニックレ」Instagramアカウント
https://www.instagram.com/photogeni_kure/

▼「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」詩歩のブログ 広島県呉市の旅「フォトジェニックレ」SNSまとめ
http://shiho.me/7602

03月27日

西日本豪雨災害「大切なもの」応急処置 作業ボランティア募集

期間:2019年2月1日(金)~4月30日(火)

岡山県天神山文化プラザでは、西日本豪雨災害で被災された方々の「大切なもの」を残すための応急処置作業をお手伝いいただけるボランティアを募集します。

『西日本豪雨災害「大切なもの」無償応急処置できることを出来るだけチーム』は、西日本豪雨災害で被災された方々の日常にあった「大切なもの」を残すための応急処置(泥・カビ等の洗浄、紙の破れ補強、製本など)をボランティア活動として行っています。「大切なもの」とは、子供さんの描いた絵や写真、お位牌、日記帳、母子手帳、賞状など、美術的・歴史的価値にとらわれず被災者様が「大切・残したい」と考えたものです。絵画修復士、表具師、画家など有志メンバー8名が中心となり活動してきました。これからの活動としては、引き続きお預かりしている「大切なもの」応急処置の、主に仕上げの作業を進めます。天神山文化プラザはこの活動を支援し、更に多くの皆様に本活動を知っていただき、共に作業を進めるために、作業ボランティアを募集します。
皆様のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

【報告展開催のお知らせ】
西日本豪雨災害「大切なもの」無償応急処置 活動終了報告展
「一枚のはがき-『大切なもの』応急処置の8カ月-」
会期:2019年3月26日(火)~3月31日(日)入場無料

03月27日

豪雨被災店が30日 復興感謝催し 総社・まるみ麹本店、販売や見学

西日本豪雨で被災した岡山県総社市の「まるみ麹本店」が30日午前10時~午後3時、復旧支援への「復興感謝イベント」を開く。みそ関連食品の販売、工場見学に加え、同市や倉敷、高梁市の飲食店なども応援出店する。
同社からJR美袋駅前が会場。たる酒の鏡開きで開幕し、高梁のラーメン店とコラボしたみそラーメン、収益金を寄付するおにぎりを限定販売。みそ蔵や工場の見学会を行う。

JR西日本岡山支社のラッピング列車「SETOUCHI TRAIN」が美袋駅に午後1時4分から9分間特別停車し盛り上げ。倉敷市真備町地区で被災した喫茶・ごじとまやスイーツ、パン、雑貨の協賛出店もある。

▼まるみ麹本店
https://www.facebook.com/marumiso/

03月27日

松坂屋名古屋店 「 日々の暮らし展 ~美術館のあるまち、倉敷美観地区~」

3月27日(水)から名古屋市の松坂屋名古屋店で開催される「日々の暮らし展~美術館のあるまち、倉敷美観地区~」に、江戸時代から幕府直轄の天領として栄えた文化の街 倉敷を代表するデニム製品やガラス作品、食品など倉敷の「良いモノ」が集結。人々の暮らしに寄り添いながら時代に合わせて新化しつづける倉敷の真骨頂を五感で楽しんでいただけます。

131年の歴史持つ倉敷帆布の老舗タケヤリも出展し、27日~29日の期間中はオンライン限定商品の購入やクラウドファンディング限定商品のサンプルを手にとってご覧いただくことが可能です。
江戸時代には商人の町、明治時代には繊維産業の町、近年は工業都市、そして文化観光都市として発展してきた、歴史と文化と芸術が融合する倉敷。
民藝からモダンファッションなど、倉敷で生まれたものにはたくさんのこだわりが溢れています。
是非この機会に、倉敷の歴史を目で見て触って堪能してください。

※このイベントでの売上の一部は倉敷市西日本豪雨災害義援金として寄付されます。

03月27日

『ゴルフツーリズムによるインバウンド促進プロジェクト』~ツアー通じて、地元の観光資源をPR~

「HASHIWATASHIプロジェクト」事務局(株式会社 NTTアド)は、支援事業のひとつである『ゴルフツーリズムによるインバウンド促進プロジェクト』として、兵庫県・岡山県の5つのゴルフ場や各エリアの観光地、体験施設や宿泊先などを視察。 豪州市場に向けたゴルフツーリズム商品の造成を行い、2020年5月14日(木)~23日(土)に オーストラリアを拠点に富裕層向けのゴルフツーリズムツアーを取り扱っている GOLF TOURSにて販売を開始いたします。 (HP:https://www.aymgolf.com/kobe-okayama)

兵庫県・岡山県は、もともとゴルフ場が多い地域ですが、昨年の豪雨により入場者数の減少などの影響を受けています。この状況を改善すべく、今回「プロデュース支援」事業の一環として、ゴルフツーリズムの実践的分野で活躍する札幌国際大学教授・北海道大学観光学高等研究センター客員教授の 遠藤正 氏をプロデューサーとして招聘。海外ゴルファーの動向に詳しい遠藤プロデューサーのもと、今後増加するインバウンド向けにゴルフツーリズム商品造成や販売に向けた磨き上げを実施し、豪雨による利用者減のダメージを軽減する「ゴルフツーリズムによるインバウンド促進プロジェクト」を実施いたしました。
 
2019年1月14日から21日にかけ、遠藤プロデューサーによる事前視察を経て豪州のゴルフツアー会社をプロジェクトへ招聘。岡山県や兵庫県の7つのゴルフ場や各エリアでの観光地、体験施設や宿泊先などを1週間かけて入念に視察し、豪州市場に向けた旅行商品の造成を行いました。造成されたゴルフツーリズム商品は、 2020年5月14日(木)~23日(土)に AYM GOLF TOURSにて販売を開始いたします。

03月20日

日月ボール生誕100周年実行委員会 けん玉の日2019 in呉

けん玉のルーツ、日月ボールの生誕100周年を記念し、考案者の出身地・呉市で5月12日、ギネス世界記録に挑戦するイベントが開かれる。昨夏の西日本豪雨からの復興イベントも兼ねて、地元有志らが企画し、全国から参加者を募っている。

日 時:2019年5月12日(日)10~16時
場 所:海上自衛隊呉地方総監部城山グラウンド
参加料:小中学生無料・高校生以上\1000[記念品付]
    ※参加料から諸経費を除き、呉市へ復興支援金として寄付いたします。
    ※けん玉をご持参ください!
参加はコチラからお申込できます!
http://kendama100th2019.l2w.jp/moushikomi/

■メインイベント■
がんばろう呉!目標1000人で世界記録挑戦!元気な呉を発信!
~ギネス世界R記録町おこしニッポン2019公式チャレンジ~
「同時にけん玉を皿でキャッチした最多人数」(361人以上)

03月20日

物部川流域の観光資源をPRするパンフレット「とりせつ」を編集し、積極アピール!『物部川流域における訪日ファミリー層誘客プロジェクト』

「HASHIWATASHIプロジェクト」事務局(株式会社 NTTアド)は、支援事業のひとつである『物部川流域における訪日ファミリー層誘客プロジェクト』として、物部川流域の観光資源をファミリー層対象にPRするパンフレット「とりせつ」の繁体字(はんたいじ)版を制作。 2019年3月より順次、高知県内各所および台湾での旅行博等にて、今回編集したパンフレット「とりせつ」を配布開始いたします。

被災した高知県・物部川流域は降水量が最も多かった地域の一つで、川の氾濫による浸水被害も多く、7~8月にかけては主要観光客でもあるファミリー層を呼び込める最も大切な時期だったため、この期間の観光客の大幅減はエリアに大きな打撃をもたらしました。

今回、「プロデュース支援」事業の一環として、『物部川流域における訪日ファミリー層誘客プロジェクト』を発足。同プロジェクトのプロデューサーとして、台湾人のファミリーブロガーの王晶盈(オウショウエイ)氏を招聘し、豪雨被害にあった物部川流域の落ち込んだ観光客数の回復だけでなく、年中を通して平準化して訪れてもらいやすい訪日外国人にも来訪対象を広げるために、高知県を訪問する外国人の比率で最も高い台湾をターゲットに、物部川流域の観光資源をPRするパンフレット「とりせつ」の繁体字版を制作いたしました。

03月20日

クリニカルアートまびの会 「西日本豪雨被災地の倉敷市真備町にクリニカルアートで笑顔を」

昨年12月から真備町でクリニカルアート(臨床美術)のボランティア活動をしています。

今回、私たちが実践するクリニカルアートは、臨床美術学会が認めるアートプログラムで、真備町の方々の心の回復を目指しています。東日本大震災の後の被災地でも、クリニカルアートが届けられていました。
真備町でも単発ではなく継続した活動が必要とされています。その中で、真備の皆さんが制作するときに使うオイルパステル、絵具、紙類、額などのたくさんの画材の準備費用、クリニカルアーティスト達が遠方から被災地に通う交通費が不足しています。

1年間の活動を予定していくために必要な資金が満たされるよう、皆さまのご協力をいただきたくプロジェクトを立ち上げました。皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

03月20日

広島県と島根県を結ぶ新たな広域観光産業を創出する『江の川流域アドベンチャーツーリズム プロジェクト』

「HASHIWATASHIプロジェクト」事務局(株式会社 NTTアド)は、支援事業のひとつである『江の川流域アドベンチャーツーリズムプロジェクト』として、広島県の三次市から島根県の江津市を流れる江の川流域エリアを世界有数のアドベンチャー・ツーリズムの聖地とすべく、商品造成や販売に向けた磨き上げを行い、旅行商品の販売を2019年3月8日(金)より、Heartland JAPANにて販売開始いたしました。(取り扱いサイト:https://heartlandjapan.com/)

石見銀山や石見神楽といった観光スポットが代表される江の川流域エリアでは、7月の豪雨により戦後2番目の水位を記録するなど床上床下浸水被害や堤防被害を受けました。この災害により、石見銀山への2018年の観光客数は前年比24.2%減と、世界遺産登録後最低の数字を記録。また、近隣のJR芸備線の鉄橋が落ちたことで、広島からの交通手段が断たれてしまい、観光客数が大きく落ち込むなどダメージを与えています。

この状況を改善すべく、自然と観光資源をて島根県を中心とした地域の企画・プロデュースの専門家である肥後淳平 氏を招聘。江の川流域エリアの自然と観光資源を活かして、インバウンド客を誘致するための商品を造成し、広島県と島根県を結ぶ新たな広域観光産業を創出する『江の川流域アドベンチャー・ツーリズムプロジェクト』を立ち上げます。江の川流域エリアを世界有数のアドベンチャー・ツーリズムの聖地とすべく、商品造成や販売に向けた磨き上げを実施。同プロジェクトによってプロデュースされた『江の川ウォーキングツアー』を、“地域と世界を結びつける地域商社“として観光と物産の振興を支援しているHeartland JAPANにて販売開始いたしました。

03月20日

絵本「かなしきデブ猫ちゃん」を被災した愛媛の学校に届けるゼ!

2018年4月から毎週土曜日、愛媛新聞で童話「かなしきデブ猫ちゃん」が連載されてたんだ。
なんと、主役はオレ、「マル」!松山・道後にすむ飼い猫が家を飛び出して、県内各地を旅する冒険物語なんだ。連載してきた物語が絵本になって今年3月25日刊行される予定なんだゼ!いつでもオレに会えるようになるゾ!絵本はA4判、上製本80ページだ!
オレを生み出してくれたのは小説「イノセント・デイズ」の作者で2016年に愛媛県松山市に移住した早見和真さんと愛媛県今治市出身の絵本作家かのうかりんさん。
物語の中では、美しい愛媛の景色や情に厚い人々、ミカンなどの特産品…だけじゃなくって、原発問題や連載中に西日本を襲った豪雨災害にも向き合ってるんだ。
書きやすいことも、書きにくいことも、逃げずに向き合うことをテーマの一つにして生み出してくれたんだってよ。

吉田小学校だけでなく、もっとたくさんの子どもたちを元気付けたい!!そこで、愛媛県内の小学校に、絵本を無料で配ることに決めたんだゾ!
クラウドファンディングへのみんなの応援、よろしくだゼ!!

03月13日

「まびダイアル」で復興情報配信 被災者向けイベントや支援案内

西日本豪雨の被災地、倉敷市真備町地区の復興イベント情報などを、自動音声で知らせるテレホンサービス「まびダイアル(通称)」が運用されている。自宅を離れて仮設住宅などで暮らす被災者に役立ててもらおうと、同地区出身の神原咲子・高知県立大大学院教授(公衆衛生)が考案。24時間電話を受け付け、地域の最新情報を配信している。
同ダイアルは、イベント情報(050―3196―1900)と市からの支援情報(050―3196―8300)を扱う2種類。前者は同地区で近く開かれる行事の日時や内容、後者は災害義援金の振込日などを読み上げる。音声案内に従って所定の操作を行えば、何度でも聞き直すことができる。
▼市民による豪雨災害から前に進む情報サイト うったて 「まびダイアル」でイベント情報・市からの支援情報を提供中
http://uttate.jp/?p=1441

03月13日

ラフェスタプレゼンツ 「OZアカデミー女子プロレス 倉敷チャリティ大会」

OZアカデミー初上陸となる岡山県は倉敷市!しかも今回はOZアカデミー公式パートナー・ラフェスタプレゼンツの観戦無料・チャリティ大会となっております!昨年西日本を襲った未曾有の豪雨災害。その被害が特に大きく未だに爪痕が残る岡山県真備町の皆さまには無料の送迎バスもご用意いたします!選手スタッフ一同皆さまに元気をお届けできるよう全力で頑張りますので、楽しいひとときをお過ごしください!

 なおこの大会、無料イベントではございますが入場券のご入手が必要となっております。観戦希望のお客様はOZアカデミー公式Webショップ「ツクツク」のアカウント登録(無料)をお願いいたします。

■チケットご購入ページ
https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=10120317908534
チケットを100円でご購入いただきますと、お客様にこちらのサイトから100円分のポイントが付与されます。このチケット売り上げ1枚につき50円を被災地の皆さまに寄付させていただきます。

■興行・試合日程:2019年3月21日(木・祝) 12:00開場/13:00試合開始
■開催地:岡山県 ■試合会場:倉敷体育館

03月13日

お店をめぐって復興支援!「第2回 高梁川流域周遊ラリー」

ピープルソフトウェア株式会社は、西日本豪雨復興支援イベント「第2回高梁川流域周遊ラリー」を開催します。
今回のイベントでは、昨年7月の豪雨で深刻な被害を受けながらも復興に向けて取り組んでいる【真備・矢掛・総社】の3地区のお店をめぐります。
被災の爪痕が残る中にも、現地では復興に向けて力強い取り組みが立ち上がっています。より多くの方々に実際にこの場所に足を運んでいただくこと、お店をめぐっていただくことの一助にと、このイベントを企画いたしました。
特に被害の大きかった真備町では、営業再開を果たし、多くの集客を目指す【がんばるお店】がたくさんあります。弊社も前回以上に取り組みを強化、今回は3か月に期間延長しております。ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください!

このイベントは、スマホアプリ「ポークン」の電子スタンプ機能を利用したスタンプラリーイベントです。スタンプを集めて応募すると地域の特産品等が抽選で当たります。アプリのダウンロードはもちろん無料!スタンプラリーへの参加から応募まで、アプリで手軽に完了します。さあ、スマホを持って出かけよう♪

◆イベント概要◆
1.開催期間 2019年3月15日(金)~6月16日(日)
2.開催地域 真備、矢掛、総社
3.参加店舗 全21店舗

03月13日

いのりんジャパン 箭田クリーン作戦

箭田クリーン作戦の第2回目です。
前回取り切れなかったゴミや土砂を取り除いていきましょう。
9時~11時まで清掃作業
11時~12時交流会(筍入り豚汁サービス予定)

参加資格
・小学校上級生以上(保護者同伴の場合はこの限りではありません)

持ってくる物
・交流会で自分が食べるおにぎり
・使用する掃除道具(マスク、手袋、火ばさみ・潮干狩りに使うような小さいクワなど)

3/16までにメール・メッセンジャー・FAXにて参加登録お願い致します。団体での登録は代表者のお名前と団体での参加人数で大丈夫です。個人での参加の方も参加登録お願い致します。(お名前・人数でOK)
・事前登録時に希望される方には当日ボランティア証明書を発行致します。

主催:箭田まちづくり推進協議会・いのりんジャパン
お問い合わせ
E-mail inolinjapan@gmail.com
FAX 086-368-3822
TEL 090-9660-8769(石原)※3月6-15日は不通となります。
  090-2867-7130(守屋)3月6-15日間のお電話でのお問い合わせはこちらにお願いします。

03月13日

東北復興支援/西日本豪雨災害チャリティーイベント@宇部市文化会館

これまで山口県宇部市で二度のライヴを行ったKAO=Sが、今年は「東北復興を支援する会」と共に、東北復興と昨年の西日本豪雨災害の復興を支援するチャリティイベントを開催します。

同会イベントでメッセージを届け続けてこられたアナウンサー/朗読家の渡辺祥子さんによる講演会と、癒しの528Hz尺八・篠笛奏者の山口整萌さんをゲストに迎えたKAO=Sのコンサートを軸にした今回のイベントは、同会が開催に携わる最後のイベントとなります。
是非、多くの方々にご参加頂きたいです。
日時: 2019年4月13日(土)
会場:宇部市文化会館
開場:16時 / 開演:16時半   全席自由席

料金:一般 3,000円(※高校生以下1,500円)

03月06日

「顔出しんさい!広島県」新作品設置 広島県出身等の“漫画家”作品とのコラボパネルを制作

広島県では、昨年7月に発生した西日本豪雨の復興PR施策として「顔出しんさい!広島県 - あなたが顔を出すと、広島が元気になる -」の実施を平成30年10月に発表し、同年11月からオリジナル作品の設置を開始しております。
この度、広島県出身漫画家等の協力により制作した作品の設置を次のとおり予定しております。

■設置作品(※パネルデザインは2月27日現在のものであり、一部変更の可能性があります。)
・こうの史代(ふみよ)さん原作 ​映画「この世界の片隅に」とのコラボ
 呉の風景をモチーフ (絵:アニメ映画 「この世界の片隅に(監督: 片渕須直)」 より)
・設置場所:JR呉駅構内[3月11日(月)頃設置予定](広島県呉市宝町)

・かわぐちかいじさん作品「ジパング」とのコラボ
 戦艦「大和」をモチーフ(※デザインはイメージです)
・設置場所:大和ミュージアム[3月11日(月)頃設置予定](広島県呉市宝町5-20)

・宮下(みやした)あきらさん作品「魁!!男塾」とのコラボ
 江田島市の特産品「牡蠣」をモチーフ
・設置場所:小用港[2月28日(木)設置](広島県江田島市江田島町小用2丁目1番1号)

・永井(ながい)豪(ごう)さん作品「マジンガーZ」とのコラボ
 大竹市の工場夜景をモチーフ
・設置場所:晴海臨海公園[2月28日(木)設置](広島県大竹市晴海2丁目)

▼顔出しんさい!広島県
https://hiroshima-welcome.jp/kaodashi/

03月06日

Yahoo! JAPAN 「- 3.11企画 – いま、わたしができること。」

本特集は、3月11日に改めて被災地へ想いを寄せ、震災の記憶の風化防止と継続的な復興支援につなげることを目的に2014年から毎年実施しています。今回で6回目となる「Search for 3.11 検索は応援になる。」をはじめ、「Yahoo!ネット募金」を通じた「寄付は応援になる。」、多数の著名人・団体によるチャリティーオークションなどを開催する「買うは応援になる。」、東日本大震災、熊本地震、北海道胆振東部地震の復興状況をデータや写真で読み解くコンテンツなどの「知るは応援になる。」という、4つのチャリティーアクションを紹介しています。

アクション2:【寄付は応援になる。】
URL:https://fukko.yahoo.co.jp/donation/
「Yahoo!ネット募金」では、東北の復興支援団体ほか、北海道や西日本、熊本の復興支援団体へのネット募金を紹介します。

アクション3:【買うは応援になる。】
■「チャリティーオークション」
URL:https://fukko.yahoo.co.jp/auctions/
実施期間:2019年3月5日(火)~ 3月11日(月)
“復興への想いを込めた「モノ」を繋いでいくことで被災地を応援したい”というテーマに賛同した著名人や企業から提供されたアイテムによるチャリティーオークションを開催します。落札金は全額、東北をはじめとする被災各地の支援に活用します。

■「エールマーケット」
URL:https://yellmarket.yahoo.co.jp/speciallist/feature0311/2019/
東北の商品ほか、北海道や西日本豪雨で被害のあった地域の商品などを掲載、販売します。災害で傷がついた商品を販売する「ぶさいくちゃんプロジェクト」も実施します。

03月06日

楽天イーグルス 西日本豪雨被害支援事業 プロ野球オープン戦in倉敷

株式会社楽天野球団は、3月9日(土)・10(日)に岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで開催するオープン戦、埼玉西武ライオンズ戦において、倉敷市真備町内の幼稚園、保育園、小学校、中学校の児童、生徒および保護者の皆様をご招待させていただくこととなりましたので、お知らせ致します。
■内容
マスカットスタジアムで開催するオープン戦にご招待
・対象
 倉敷市真備町内の幼稚園、保育園、小学校、中学校の児童、生徒および保護者の皆様
・招待人数
 両日ともに定員1000名

▼山陽新聞社 2019プロ野球オープン戦 東北楽天ゴールデンイーグルス
https://c.sanyonews.jp/release/2019/01/20190118000000.html

03月06日

ケア・フレンズ岡山講演会「東儀秀樹 演奏とトークの会」

3月9日(土) 岡山国際ホテルでチャリティーバザーと雅楽師の東儀秀樹さんを招いた講演会を開催。バザーは午前10時~午後1時、会員や協賛企業が提供した日用品や食品、アクセサリーを販売。講演会は午後1時~3時、東儀さんが楽器を演奏しながらトークする。
講演会は入場料3000円。売り上げの一部は西日本豪雨や東日本大震災の被災者支援、東ティモールの経済支援などに充てる。

03月06日

足ながおにいちゃんプロジェクト 復興支援イベント2019

2011年に発生した東日本大震災で被災した全ての子供達のために立ち上げたプロジェクトが開催するチャリティーイベント。
昨年の西日本豪雨災害など、異常気象による全国各地での災害が増えたことにより、今後の活動方針の発表などを行う予定です。
「被害の記憶を風化させない。そして防災について考え、自分たちにできることは何か」を、一緒に考える時間にできたらと思います。
募金活動はもちろん、被災地のいまを報告するトークショー、ライブ、パネル展などを行う予定ですので、ぜひご参加ください。

●日程
2019年3月14日(木)

●場所
広島駅南口地下広場 特設ステージ

02月27日

EXILE橘ケンチ、日本酒で西日本を復興支援「僕にしかできないプロデュースを」

「未来の日本酒プロジェクト」は、日本各地の魅力を国内はもちろん国外にも広く発信し、旅行者と生活者をつなぐ経済産業省の「HASHIWATASHI プロジェクト」が主催する新プロジェクト。
国内外の消費者に中国地方などの日本酒の魅力を発信することでその需要を喚起すべく、公私を問わず各エリアの酒蔵を訪れ、蔵元との交流を続けている橘を「未来の日本酒プロジェクト」のプロデューサーに任命。このプロジェクトの一環として橘は岡山と広島にある2蔵のプロデュース支援を行う運びとなった。
橘は2月21日に東京・hotel koe tokyoにて開催された「未来の日本酒プロジェクト事業発表会」に、賀茂泉酒造・代表取締役副社長の前垣壽男氏、丸本酒造・六代目当主の丸本仁一郎氏、株式会社ディスカバー・ジャパン統括編集長の高橋俊宏氏と共に登壇。プロジェクトの今後の展望などについて語った。
▼『未来の日本酒プロジェクト』事業発表会開催レポート
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000038759.html

02月27日

愛媛新聞社 「東日本大震災・西日本豪雨災害 報道写真展」

愛媛新聞社は25日から松山市大手町1丁目の本社1階ロビーで「東日本大震災・西日本豪雨災害報道写真展」を開きます。津波で被災し解体か保存か意見が割れる中で解体された岩手県大槌町の旧役場庁舎などのほか、2018年に発生した西日本豪雨による愛媛の被災状況の大型写真など約100点を展示します。

「第9回えひめこども新聞グランプリ」の応募作のうち西日本豪雨をテーマにした作品など約120点も展示しています。

 復興への継続的な支援と愛媛の防災対策強化の一助になればと願っての企画です。ぜひご覧ください。

 【会期】2月25日~4月5日(土日曜・祝日休み)

 【時間】午前9時~午後5時(入場無料。お越しの際は公共交通機関をご利用ください)

▼大震災、西日本豪雨災害の報道写真展
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201902250076

02月27日

復興ボランティアの宿泊“半額” 3月末まで倉敷アイビースクエア

倉敷アイビースクエア(倉敷市本町)は、西日本豪雨で被災した同市真備町地区で活動する復興ボランティア向けに、割安な特別宿泊プランを始めた。
1人使用でもツインルーム(15平方メートル、全52室)を案内し、通常は朝食付きで1人9180~1万260円からの1泊料金を、ほぼ半額の一律5千円に設定した。空室がない場合はグレードが上の部屋を同額で用意する。駐車場も無料。
プランは当面、施設の次期改修工事を控えた3月末まで。電話(086―422―0012)で予約し、チェックイン時に市災害ボランティアセンター(同町川辺)が発行した「ボランティア活動証明書」を提示する。
▼倉敷アイビースクエア
https://www.ivysquare.co.jp/

02月27日

HASHIWATASHIプロジェクト」プロデュース支援事業『中四国名産品セレクトブース』開催

「HASHIWATASHIプロジェクト」事務局は、支援事業のひとつである『中四国名産品セレクトプロジェクト』として、2019年2月26日(火)~28日(木)まで、羽田空港第2旅客ターミナル 2階イベントスペースにて、広島県の瀬戸内レモンを使用した「瀬戸田ビターレモンケーキ」(株式会社島ごころ・広島県)と、愛媛県 宇和島産の柑橘類を使用した「ゆずすだちポン酢」と「ブラッドオレンジジュース」(旭合名会社・愛媛県)の中四国の名産品が特別出展する「中四国名産品セレクトブース」を開催いたします。

■日時:2019年2月26日(火)~28日(木)  各日9:00~18:00を予定
(最終日のみ17:00 終了予定)※提供数・時間帯には限りがあります。
■場所:羽田空港第2旅客ターミナル 2階イベントスペース

02月27日

Yahoo!ネット募金 ひろしまNPOセンター 広島まだまだがんばっとるけぇ!

ひろしまNPOセンターは、広島県の中間支援組織として、発災直後から復旧支援活動に取り組んできました。県内NPOの安否確認や情報伝達、各市町の災害ボランティアセンターや避難所の運営、支援金の募集や支援団体への分配、関係機関の連携や情報共有を促すための会議の開催など、できることは全てやってきました。

しかし、自主財源による支援活動の継続の難しさや人手不足の課題を抱えているのも現実です。これまで積み上げてきた情報やノウハウ、ネットワークを、今後の中長期的な支援活動につなげていくために、皆さまの応援やご寄付をお願いできれば幸いです。

02月20日

Yahoo!ネット募金 一般社団法人RCF 被害額350億円を超えた宇和島の復興のため、いま、もう一度支援を届けたい

いま、もう一度、宇和島に支援を届けたい
道に山積みだった土砂が片付きつつあるなど生活も落ち着きだし、被害を受けた産業も一歩一歩前進しています。

しかし、復興を成し遂げるにはまだまだ長い年月がかかります。
家が被害を受けてしまった方は2020年度まで仮設住宅暮らしが続きます。
大きな被害を受けた柑橘農業ですが、みかんの木は植えてから元通りに実が成りだすまで約10年間の時間が必要です。

災害の年だった平成30年。その平成も間もなく終わりますが、平成が終わっても宇和島で復興に向けて進んでいる人たちが止まることはありません。

発災から時間がたつにつれてどうしても世の中からの注目は弱まってしまいがちですが、 近年では、日本中が災害について考えることが多くなって来ました。平成30年7月豪雨の災害から7カ月たつ今だからこそ再び思いを届けたいです。どうか皆さんのお力をお貸しください。

02月20日

ピースボート災害ボランティアセンター 春休み学生ボランティア募集

やっと春休み!
学生の皆さん、試験やレポートお疲れさまでした。
春休みに、旅行やバイトなどそれぞれ計画を立てているのではないかと思います。長期休みの機会に、被災地のボランティアに来ませんか?
西日本豪雨の災害があってから、半年以上経ちますが、まだ皆さんの力を必要としている方がいます。

PBVスタッフが活動前にオリエンテーションを行い被災地の現状や活動内容、気を付けて欲しいなどを伝えます。ボランティア活動も、チームで一緒に作業を行うので、一人参加でも安心です。活動は2日間からでもOKで、宿泊場所や寝具、装備品が準備されています。
※定員になり次第、ボランティア募集は締め切ります。土・日・祝は定員に達しやすく、平日のご参加も募集しています。

02月20日

西日本豪雨災害で被災したRoy’sを完全復活させたい!

愛媛県大洲市の「Bar&Cafe ROY’S」オーナーの廣見元司です。
僕の大好きなアンティーク、昭和雑貨、クラッシックカー&バイク、そして誰かが奏でるステキな音楽に包まれたCafeを創りたい。そこでは気の合う仲間や家族が笑顔で楽しいひと時を過ごしてもらえたら…
2011年,そんな想いをつめ込んで「Bar&Cafe ROY’S」を開業しました。

Roy’sを再開することで、ふたたびアーティストの皆さんに表現するスペースを提供し、ビンテージカー&バイクイベントを開催したり、またお客様には日常とは少し離れて、特別な時間、空間を楽しんで頂ける場を提供したいと考えております。
また微力ながら大洲市の復興にも寄与したいと思います。

クラウドファンディングを通じて必要な費用を集められましたら、Roy’sを再開できるのではと考え、ご支援をお願いしようと決断しました。

今回支援頂くにあたり、リターンは下記の通りと考えました。
甚大な被害を被った宇和島市吉田町みかん農家の「玉津はまだ農園」の協力を頂き「ストレートジュース」をリターンに入れさせて頂きました。

グランドオープンは平成31年3月10日を予定しております。「Bar&Cafe ROY’S」の再オープンを持ってこのプロジェクトの終了といたします。

02月20日

岡山県 “移住PR動画「Happy Smile 晴れの国」”の公開

岡山県は、「日本創生のための将来世代応援知事同盟」の一員として、このたび「第4回いいね!地方の暮らしフェア」へ出展いたしますが、本フェアにて、各県のプロモーション動画を制作し、フェア会場で発表いたしました。

動画の冒頭で、伊原木知事が、今回の豪雨災害に際して全国から寄せられた支援について感謝の意を表明します。その後、「晴れの国おかやま観光キャラバン隊」と撮影のため募集したエキストラの皆さんが出演し、キャラバン隊が作詩作曲した「HappySmile晴れの国」の曲にあわせて踊りながら、県内各地の様子や、仕事がイメージできるような場所を紹介していきます。

▼岡山県移住PR動画「HAPPY SMILE 晴れの国」
https://www.youtube.com/watch?v=Vt1zxDoxqNo

02月20日

呉美術協会 西日本豪雨災害 応援チャリティー

このたびの西日本豪雨により、被災された皆さんに謹んでお見舞いを申し上げます。

一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げますと共に、呉美術協会有志一同で、復興支援のためのチャリティー展を開催します。
作品の売上げは、西日本豪雨災害の見舞金として寄付いたします。
呉美術協会会員の作品を、通常の3分の1程度の価格にて出展しますので、皆さんの御協力をお願いいたします。

開催日時
3月15日(金曜日) 13時00分~17時00分
3月16日(土曜日)  9時00分~17時00分
3月17日(日曜日)  9時00分~12時00分

開催場所
呉市役所1階 多目的室

02月13日

代々木公園で全国の郷土料理が楽しめるイベント 「ふるさとの食 にっぽんの食」開催

「ふるさとの食 にっぽんの食」(以下「ふる食」)全国実行委員会と「ふるさとの食 にっぽんの食」各都道府県実行委員会は、日本全国の“食”を楽しみながら学べるイベント「ふるさとの食 にっぽんの食」全国フェスティバルを2019年3月9日(土)10日(日)の2日間、代々木公園とNHKホール前広場、NHKみんなの広場ふれあいホールで開催します。

▼「ふるさとの食 にっぽんの食」全国フェスティバル
https://www.nhk.or.jp/event/furushoku/

「ふる食」は、日本各地のふるさとの食を味わいながら、各地の農水産物や食材を知り、地産地消や食育の大切さを学ぶことができるイベントで、17回目を迎えました。今年は、西日本豪雨や北海道地震など全国各地で起きた災害で被災した地域を“食”を切り口に応援する企画や、様々なワークショップやステージを通じて、日本の食の未来について考える「みんなで考える『食の未来』」ゾーンも展開予定です。

02月13日

西日本豪雨災害チャリティー 愛媛県柑橘応援プロジェクト

平成30年7月に西日本を中心とした集中豪雨による大規模な災害が発生し、現在も浸水、断水や土砂崩れによる甚大な被害が続いています。

被害に遭われた皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

株式会社CUISINE KINGDOM(料理王国)では、愛媛県の食材のPRを長年担当しているご縁もあり、今回被害に遭われた柑橘農家さん達を応援したいと、柑橘応援プロジェクトを立ち上げました。

災害により、浸水し土砂などで汚れてしまった柑橘ジュースを6本セットにして販売します。
柑橘王国愛媛らしい、甘み・香り・酸味豊かなストレートジュースをぜひご活用ください。

02月13日

岡山弁缶バッジ売って被災地支援 ハンドメード作家の橋本さん製作

ハンドメード作家橋本好未さんが、岡山弁の缶バッジを製作・販売し、人気を集めている。「しわい」「ぼっけぇ」といったコテコテの岡山弁が大きく書かれたシンプルなデザインで、客の心をわしづかみにしている。売り上げの一部は岡山県内の西日本豪雨被災地の支援に充てている。

東日本大震災をきっかけに13年に埼玉県から総社市へ移住。意味が分からない岡山弁に面白さを感じ、缶バッジに仕立てて昨年2月に自身のホームページなどで発売した。
「たいぎぃ(めんどくさい)」「なんしょん(なにしてるの)」「わやじゃ(むちゃくちゃだ)」など約40種類を作製。1個250円で、7月からは被災地支援として、そのうち100円を日本赤十字社県支部に寄付している。

▼たいくつ堂 【義援金つき 岡山方言缶バッチ】
https://taikutsudo.thebase.in/

02月13日