NPO のみなさまへ

あなたの活動を「いまできること」で広く伝えていきませんか?
現在行っている支援活動の内容をお寄せください。

情報提供フォーム

  • 被災者と支援者が共に  参加者350人の「箭田クリーン作戦」

    約350人での清掃活動 2019年1月26日、井原鉄道「吉備真備(きびのまきび)駅」周辺高架下で「箭田(やた)クリーン作戦」が開催された。これまで泥かきや片付けなどの作業と放課後のキッズサポートをボランティアで行ってきた「いのりんジャパン」が箭田地区まちづくり推進協議会と共に主催した。今回初めて、井原鉄道の高架下に残された大量のガラス・陶器の破片などを清掃するため呼びかけたもの。県内外から約350 …

  • 嘉永3年・洪水絵図から学ぶ 後世に伝えるために

    「150年以上前のご先祖様が残してくれた絵図」 2019年1月19日、つくぼ片山家で「嘉永洪水絵図を読む」が開かれた。同エリアに住む人、真備町で被災した人、防災士の人など約25人が参加した。 「高梁川嘉永洪水絵図」は、1850(嘉永3)年に起きた洪水の様子を鳥瞰図として梅園が描いたとされている。現当主より5代前にあたる片山延寿(片山孝太郎)さんがこの洪水で起こったことを後世に残すために、描かせたも …

  • 災害ボランティアセンターに導入されたIT受付「Peatix」

    倉敷市災害ボランティアセンターでITを使ったボランティア受付を導入した。導入されたPeatix(ピーティックス)は、受付の効率化を図り、ボランティアの待ち時間を削減。効率的なボランティアセンターの運営を可能にした。導入に携わったフリーランス・システムエンジニアの戸井健吾さんにお話を聞いた。 ―Peatixとはどういったサービスなのでしょうか? オンライン上でチケット販売をするなどイベント管理をする …

NPO のみなさまへ

あなたの活動を「いまできること」で広く伝えていきませんか?
現在行っている支援活動の内容をお寄せください。

情報提供フォーム