熊本・大分のためにいまできること

ONE KYUSHU 〜九州はひとつ〜

2016.08.30

福岡で音楽関連のプロデュースや、テレビ・ラジオなどのコメンテーターやナビゲーターなどをやっている深町健二郎と申します。

地方都市として、小さな業界(と言うべきものがあるとしたら)で四半世紀以上に渡って、フリーランスという立場でよくまあやって来られたな、と言うのが率直な感想です。長い間、九州ブロックネットのテレビ番組に関わったりする中で、やはり九州の皆さんには、常に励まされたり、元気を頂いたりという想いが、私の中でいくつかの層になって蓄積されていたんだと思います。

ですから、熊本と大分を襲った地震の際は、その直後から居ても立っても居られない気持ちになって、自分に今何が出来るだろう?と随分考させられました。不幸中の幸いで、福岡はほとんど被害も無かったので、福岡市民は急遽、救援 物資を持って、集積場所になった旧大名小学校にこぞって集まりました。体育館に入りきらない程の物資や、汗水流しながら物資を仕分けるボランティアスタッフを見ていると、後でまたご説明しますが、ある事が頭を過ぎりました。

高島市長の迅速な対応と行政からの情報拡散で、日々変化していく必要な物資の品目や、どのタイミングでボランティアが必要とされるかなど、ほぼ混乱なく支援体制が整いました。

いよいよ次の段階です。ニュースなどで、避難所にいらっしゃる方々が、なかなか満足な食事が摂れていないということを知り、知人たちとSNSなどで情報交換していたら、このコラムにも登場した、ももち浜クリニックの吉田信一先生が、有志を募って炊き出し班を編成したとのこと。私も早速合流させて頂くことに しました。

14114537_1177113492360919_1719733994_o

歌手の浜崎あゆみさんやGLAYのTERUさんもかなり早いタイミン グからこのチームを窓口に物資などを東京から送ってくださっていたので、ネットニュースでも良く話題に上ったりもしました。芸能人の方は、せっかくの善意でも、すぐ売名行為と叩かれたりしますが、少なくとも私が同行させて頂いた方々は、エゴや自己顕示欲は皆無で、寧ろ自分が来たことで喜んでくだ さるのであれば、いくらでも晒し者にして下さい、と言わんばかりの献身的な姿勢に只々感謝するのみでした。

14191516_1177113549027580_1431678506_o

私の方でも、SNSで繋がっている、辺見えみりさんや森口博子さんが、すぐに 反応して下さり、救援物資などを密かに届けてくださったり、ラジオ番組のスポンサー、知人のスイーツ会社などから炊き出しに是非使ってください!とケーキやお菓子、シャボン玉などを提供戴くなど、続々と支援の輪が広がっていったのです。

炊き出しやテレビのロケで、地震以来何度も訪れている被災地で、いつも思うことは、住む家を奪われ、避難所生活を余儀なくされている皆さんが、本当に 逞ましいということです。勿論、心中は決して穏やかではないはずです。

14151687_1177113535694248_1052063374_o

しかし話し掛けたりすると、皆さん笑顔で「私なんかよりもっと大変な方が いらっしゃいますから」とか、「こうやって寄り添って話す機会たくさんあるから結構楽しいですよ」と超ポジティブなお言葉に、こちらがパワーを頂くと いう有様です。行くときよりも晴れやかな気分で毎回帰路につくのですが、 視界に飛び込んでくるブルーシートや瓦礫の山に、ハッとさせられるのです。まだまだ復興には時間がかかると。

ようやく仮設住宅も整っては来ましたが、ここからが本当のところ正念場だと 思っています。日常に戻ってポッカリと空いた心の隙間をどう埋めるのか、また自分の生業から、役に立てることは何なのか?この事が、あの日以降、ずっと胸に去来しています。現地を訪れることでしか感じられないこともたくさんあります。九州の方には、ぜひ一度訪れて欲しいと思います。そしてようやくある形が出来ようとしています。

14191808_1177113599027575_1612285992_o

福岡から熊本や大分に「音楽の力」でパワーを届けようと、チャリティー イベント『ONE KYUSHU〜九州は一つ〜』を9/24,25の2日間、旧大名小学校にて開催します。熊本や大分産直のバザーを校庭で行い、体育館では著名人の協力によるチャリティーオークションやチャリティーライブなどを予定しており、売り上げのほぼ全額を福岡市を通して熊本県の義援金窓口へ寄付させて頂きます。これを一つのきっかけにして、今後はミュージシャンやタレントを熊本へ直接派遣する活動へ繋げたいとも考えています。福岡の方にはぜひ来ていただきたい。楽しみながら、被災地の応援ができる素敵な時間を創ります。

まだやれることは限定的だったりもしますが、九州の絆、人の絆、音楽の絆を 日々実感しています。我々人間というものは、支え合い、助け合い、分かち合いながら生きていく、この“合い”こそが“愛”であり豊かな生き方なんだと今回の震災から改めて学ばさせて頂きました。

【プロフィール】
1961年福岡市生まれ。同じ福岡出身の陣内孝則氏等 と 親交を深め、ロッカーズ解散後に同ギタリストの谷信雄氏と共に「ネルソープ」を結成。帰福後は、地元企業の西鉄旅行株式会社に就職。主にコンサートツアーの企画を手掛け、伝説のオールナイトイベント「ビートチャイルド」でツアー参加者5,000名を集客するなどさまざまなイベントをプロデュース。平成13年6月福岡コミュニティ放送株式会社取締役退任後、同8月、福岡市中央区大名に企画制作会社(有)フリースタイル設立、代表取締役社長に就任。

Back Number

05 04 profilepic profilepic 02