まちづくりNPOげんき宮城研究所

0

平成28年熊本地震発災以降は、各地の連携団体及び現地の支援団体・個人から情報収集し各団体の特性を活かした支援体制を構築した。兵庫県在住の
高砂春美氏が4月15日南阿蘇村に入り南阿蘇復興支援センターよろず相談室を設置、岡山県新見市の災害支援ネットワークNPOかけはしがすでに第2次
支援部隊を派遣、8月6日~9日第3次派遣を予定している。げんき宮城研究所は、東日本大震災以降主に高齢者や障がい者、子育て世代等を対象に復旧復興活動を展開してきた。熊本地震においても社会的に弱い立場の人々の支援に特化した支援を行う。

NPO のみなさまへ

あなたの活動を「いまできること」で広く伝えていきませんか?
現在行っている支援活動の内容をお寄せください。

情報提供フォーム