取材班による現地レポート

第7回 ボランティア交流サミットひろしま 分科会「これでいいのか、若者ボランティア~ぶっちゃけます、若者の本音~」

2020.03.13

「防災 減災 いどばたかいぎ 第7回ボランティア交流サミットひろしま」が、2月2日、広島県社会福祉会館にて開催され、オープニング・セッションに続いて6つの分科会が行われた。

そのうちの一つ、分科会Fは「これでいいのか、若者ボランティア~ぶっちゃけます、若者の本音~」と題し、経験豊富な大人に混じってボランティア活動をする若者の声を聞いた。年齢や立場を超えて話し合い、どうすれば普段から若者が力を発揮し、他世代と支え合える関係になれるかを考える時間となった。

登壇者は、広島大学ボランティアサークルアイリスの東條太則さん、同大学生ボランティア団体 OPERATIONつながり代表の野上侑聖さん、東広島市社会福祉協議会 災害ボランティアセンター担当の景山利徳さんだ。

はじめに、ひろしまNPOセンター 岡本さんからガイダンスが話された。

「学生ボランティアからの『自分たちは本当に役に立っているのだろうか?』という声を聞き、大人と学生とが、お互いのことを知れたらいいなと思って企画しました。若者がどんなことを思っているのかを知り、共感できることを共有する場になればと願っています」

大学生にできる地域貢献

最初に、パネリストの2団体、アイリスとOPERATIONつながりがそれぞれの活動について説明した。

広島大学ボランティアサークルアイリスの東條太則さん

東條さん アイリスは、西日本豪雨を機に発足したボランティア団体です。主に、西日本豪雨の被災地である呉市安浦で地域食堂開催や心の支援、その後起こった台風19号などの緊急時の支援、大学の学園祭での災害対策ブース設置など、災害対策の啓発も行っています。ボランティアをすることについて「自分が参加する意味があるのか?」「自分たちは何かの役に立っているのか?」と思うこともありましたが、他のボランティアさんと話をする中で「大学生って、大人でもあるし子どもでもある。年寄りからすると孫のようだし、いろんな人と近い存在なんだよ」と言われ、ボランティアに参加するだけで役に立っているのだなと気付けました。

広島大学ボランティア団体 OPERATIONつながり代表の野上侑聖さん

野上さん OPERATIONつながりは、東日本大震災が起きた2011年3月11日に、「何かしたい」と発足した団体です。細く息の長い支援を行おうと始まった東北での活動や、2014年広島土砂災害、鳥取地震、ネパール、熊本などの支援もしてきました。「防災の第一歩は、地域とのつながりが大切」と発足したのが、地域での交流ボランティア活動を行うチーム「地域部」です。地域部は、地域の人たちと顔見知りになり、災害が起きた時、すぐ連携できるよう活動しています。普段から子どもたちに向き合うこともあり、ボランティア活動に参加するハードルが低めなのがいいと思っています。

世代を超えた防災コミュニティーを目指して

登壇者の話を聞いたあとは、学生と大人とがグループになって「若者の本音」について話し合った。グループごとに発表された内容を紹介する。

「(活動時の)移動手段」、「(団体内の)熱意の差」は、メンバー間や関係者と腹を割って話し合う必要があるのではないか。

「メンバー募集」のハードルが高いという問題点に対し、仲間づくりなどのきっかけをつくること、互いにボランティア活動に対する思いを共有することが肝要。用件だけではなく、思いも伝えてみるのがいいのでは。

「現場でボランティア活動をどこまでやればいいのか分からない」という声に、「道具の使い方などは事前に講習しておき、当日は被災者主体の支援に注力する。どこまでやるか、は地域の人とコミュニケーションをとりながら聞いてみる」というアドバイスも。

「移動にかかる交通費を出してもらえると、学生ボランティアは参加しやすい」、「西日本豪雨はもう終わったことと思われがちだが、終わっていないことと同時に、学生ボランティア活動がまだあることも知ってもらいたい」という本音もあった。

それに対し、「金銭面について、社会人と話をする機会が今までなかった。もう少し頼ってもいいのではないかと思えた」「アクションから、お金を支援してもらえるという道も生まれる」というアドバイスも話された。

発表を受け、岡本さんは「平時から関係性を作っておく、そのために今日のように話し合うのが大切ということですね」と伝えた。

東広島市社会福祉協議会の景山さんは「今回のサミットでは、打ち合わせ時から学生さんと話をさせてもらいました。運営側は、『今日ボランティアが何人来てくれました』と数字を出しますが、その一人一人の声も聞いていかないとな、と思いました。学生さんは今日、災害の専門家からいろんな話を聞き、技術を学んでくれたと思います。いつか全国へ出ていき、またそれぞれの地で経験を生かし活躍してくれるのかなと思うと、出来る限り一緒にやっていくのが大事かなと思いました。社協ネットワークと学生が一緒に活動できるよう、金銭的なことなど、悩みが解消できる関係になれたらと感じました」と話した。

「若者の本音」をさらけ出すことで、「声を聞いてもらう関係づくりが大切」と気付いた学生たち。「より充実した質の高い支援」を目指すヒントを得る貴重な時間となったようだ。学生時代に経験し学んだことは、長い人生の中で、災害時以外にもきっと生かされていくだろう。

 

いまできること取材班
取材・文 門田聖子(ぶるぼん企画室)
写真 堀行丈治(ぶるぼん企画室)

一覧へ戻る