取材班による現地レポート

「スーパーボランティア」尾畠春夫さん、被災地で語る

2018.09.02

山口県周防大島町で行方不明の2歳児を発見し、日本中の注目を集めた尾畠春夫さん。8月19日から、呉市天応で災害復旧ボランティアとして活動しています。 天応でのボランティア活動は、災害発生直後に続いて2度目です。「尾畠フィーバー」とも言えるほど加熱する報道の中、尾畠さん本人はいたって冷静。「絆」「一歩前へ」「朝は必ず来る」と書き込まれたヘルメットを着用し、黙々と土砂かきに汗を流していました。被災地へのエールや広島との縁について、時に熱く、時にユーモアを交えて語る尾畠さん。その様子を動画でお届けします。

 

一覧へ戻る