運気・スピリチュアル

子供を授からない人の共通点は?子宝に恵まれるためにできること

子供を授からない人の共通点は?子宝に恵まれるためにできること

 

「子供を授からない人の共通点って何かあるの?子宝に恵まれるためにできることは何だろう?」

 

子供が欲しいのになかなか授からない、と悩む夫婦は少なくありません。

子供は天からの授かりものだという考え方がありますが、望んでもなかなか授からない場合は何か原因があるのではないかと悩んでしまいますよね。

 

  • なかなか子供ができないのはどうして?
  • 子供を授からない人にはどんな共通点があるの?
  • 前世の因縁や祟りなどが影響していることもある?

 

など、子供を授かることについていろいろと深く悩み、知りたいことがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、子供を授からない人のさまざまな共通点や考えられる原因について詳しくお話ししていきます。

 

また子供を授かるための「心と体にプラスに影響する原因別の対処法」もご紹介していきますので、妊活中の方はぜひ参考にしてみてください!

 

目次
  1. 子供を授からない人の共通点は?子宝に恵まれない人の体に関する特徴
    1. 不妊に関する細かい検査をしていないことが多い
    2. 体外受精へのステップアップのタイミングが遅い
    3. 不妊治療で有名な病院を利用していない
    4. 血行の悪さをそのままにしている
    5. 体温の低さをそのままにしている
    6. 普段から運動習慣がなく、総体的に運動不足
  2. 子供を授からない人の共通点は?子宝に恵まれない人の心に関する特徴
    1. 自分に自信が持てない!自己肯定感が低い
    2. パートナーとの関係が悪く常に不安に感じている
    3. 心の奥底で「子供はいらない」と思っている
    4. 子作りに対する執着心が強くいつもイライラしている
    5. 仕事やプライベートで忙しく心のバランスを崩している
  3. 子供を授からない人の共通点は?スピリチュアルな原因があるかも!
    1. 前世での行いが影響している可能性も
    2. ご先祖様の強い思いが影響している
    3. 風水的な運気が良くない・土地に何らかの悪い点がある
    4. 何かの霊や祟りの可能性もある
    5. まだ子供を授かるタイミングではない
  4. 子供を授からない人が子宝に恵まれるため、体と心にできることは?
    1. まず不妊治療で有名な病院で細かく検査を行う
    2. ストレスの原因を洗い出し、一つずつ取り除く
    3. 瞑想で心のバランスを整える
    4. ヒーリングミュージックでリラックスする
    5. ヨガやダンスなど軽い運動を習慣化する
    6. 栄養をしっかりとれるよう、食べるものに気を配る
    7. パートナーとのコミュニケーションをとる
  5. 子供を授からない人がスピリチュアル的にできることは?
    1. 子宝に恵まれる有名な神社に祈願に行く
    2. 子宝に恵まれやすくなる待ち受けを設定する
    3. 自分やパートナー、家の厄除けをする
    4. 風水に気をつけ部屋の模様替えをする
    5. 妊娠や子宝に強い占い師に相談する
    6. 占い師に前世について明らかにしてもらう
  6. まとめ

子供を授からない人の共通点は?子宝に恵まれない人の体に関する特徴

子供を授からない人の共通点は?子宝に恵まれるためにできること

 

ここではまず子宝に恵まれない人に共通する「体に関する特徴」について、主な原因として次の6つをお話ししていきます。

 

子宝に恵まれない人の体に関する特徴
  • 不妊に関する細かい検査をしていないことが多い
  • 体外受精へのステップアップのタイミングが遅い
  • 不妊治療で有名な病院を利用していない
  • 血行の悪さをそのままにしている
  • 体温の低さをそのままにしている
  • 普段から運動習慣がなく、総体的に運動不足

 

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

不妊に関する細かい検査をしていないことが多い

 

多くの夫婦は、意外にも不妊に関する細かい検査をしていないことが多いのが現状です。

子供を授からない人はそもそも子供ができにくい体質だったり、妊活のタイミングが合っていない可能性があるのです。

 

さらに若い頃は妊娠しやすかった人でも、年齢を重ねると体質は変化するケースも珍しくありません。

そのため年齢に関係なく、子供を授かりにくいと感じた場合は不妊に関する検査を早めに実施した方が良いと考えられています。

 

中には妊娠するのが女性であるため、妻だけが検査をして夫は検査をしていない場合もあります。

これが不妊の理由が分からない1つの要因になっているともいわれていますね。

 

当然ですが、不妊は女性だけでなく男性の体に原因があるケースも少なくありません。

不妊の検査をするときは、夫婦で一緒に細かい検査をすることが大切です。

 

夫婦2人でなるべく早く検査を行ったほうがいいでしょう。

もしもパートナーが行くのを渋る場合は、無理強いせずに「話を聞きに行こう」と説得してみてください。

 

その上で医師から検査の必要性を説明してもらうといいでしょう。

 

不妊に関する細かい検査を夫婦2人で早めに行いましょう!

 

体外受精へのステップアップのタイミングが遅い

 

さまざまな検査の結果、体外受精を選択する夫婦もいます。

しかし体外受精をしたからといって、必ず子供を授かるとは限りません。

 

「体外受精までしたのに、どうして子供ができないの?」と悩んでいる夫婦も多いですよね。

体外受精をしても子供がなかなかできないのは、体外受精を始めるタイミングが遅すぎることがひとつの要因だと考えられています。

 

これは通常の妊娠の場合と同様ですね。

体外受精も、夫婦の年齢が若い方が妊娠する確率は高くなります。

 

もちろん体外受精は体のさまざまな症状が関係しているデリケートな内容なので、年齢だけですべてが決まってしまうわけではありません。

体外受精をどのタイミングで始めるかは夫婦でよく話し合い、産婦人科で早めに相談するのがおすすめです。

 

体外受精を行うなら、タイミングをしっかり夫婦で話し合って早めに産婦人科医に相談しましょう。

 

不妊治療で有名な病院を利用していない

 

不妊治療をするときは産婦人科などを夫婦で受診することになりますが、病院選びが適切ではないケースもあります。

基本的に不妊治療を始めるときは「不妊治療で有名な病院」を利用するのが理想的です。

 

しかし近所にそのような病院がない場合もあるでしょう。

不妊治療を専門的に行っている病院と普通の病院では、やはり妊娠できる可能性に差が出てしまう可能性は高くなります。

 

不妊の相談で病院を受診するときは、「近所だから」「通いやすいから」という理由で病院を選ぶのは避けがほうがいいでしょう。

「不妊治療でどのくらい実績があるか」なども調べておくことをおすすめします。

 

病院との相性もあるので、複数リストアップして選ぶといいですね。

 

不妊治療で有名な、実績のある病院を受診するといいでしょう。

 

血行の悪さをそのままにしている

 

子供を授かりにくい女性は、血行の悪さをそのままにしている人が多いのも特徴的です。

血行が悪いということは、体内を流れる血のめぐりが悪いことを意味します。

 

血行が悪い女性は体内で作られた大切な栄養素やホルモンなどの働きが悪くなりがちです。

その結果として子供を授かりにくい体になっている可能性もあるでしょう。

 

一般的には血行が悪くなると不妊以外にも肩や腰が凝りやすくなる、むくみが酷くなる、自律神経が乱れるなど、いろいろな症状が表れます。

そういえば、と思い当たる人もいるのではないでしょうか。

 

妊活中は血行が悪い状態をそのままにしておくのは良くありません。

血行を改善する方法はいろいろありますので、今すぐにでも始めてみてください。

 

血行改善に効果的な習慣
  • 水分補給をしっかり行う
  • 高いヒールばかり履き続けないようにする
  • 定期的に運動を行う
  • 入浴時は浴槽に浸かってゆっくり体を温める

 

水分補給は、次のお話しする冷え性とも関係ありますが、冷たい水やジュースではなく白湯などが適しています。

特に甘い飲み物は、太りやすくなるので避けてくださいね。

 

お風呂は、シャワーでサッと済ませるのではなくお湯につかることが大切です。

40度くらいのお湯に、好きな入浴剤を入れてゆったりした気持ちで入るとリラックスできて血行もよくなります。

 

運動は、ウォーキングやサイクリング、ヨガなどが取り組みやすいでしょう。

 

血行の悪さも不妊の原因になりやすいので結構改善の習慣を取り入れてみてください!

 

体温の低さをそのままにしている

 

子供を授かりにくい人は、体温が低い「冷え性」も共通していることが多いのです。

冷え性は不妊になりやすいという話は有名ですね。

 

通常であれば平熱は36度台になりますが、冷え性の女性は平熱が35度台である人がほとんどです。

いつも手足の末端が冷たく、体がひんやりしている人は冷え性の可能性があります。

 

また昔から「冷えは万病の元」と言う言葉があるのをご存知でしょうか。

体温が1度下がると体の免疫機能は大幅に低下するといわれてます。

 

日頃から風邪を引きやすいと悩んではいませんか>

さらに低血圧や倦怠感、生理不順や食欲不振など他にもさまざまな症状を引き起こすと考えられているのです。

 

いつも元気がない、活力がわかない場合は冷え性になっているかもしれません。

さらに冷え性は先ほどお話した「血流の悪化」も招いてしまうため、妊活中の人は必ず改善しておくべきでしょう。

 

冷え性の主な原因と改善方法は次の通りです。

もしご自分が冷え性だと感じている方は、すぐに取り組んでみてください。

 

冷え性の主な原因
  • キンキンに冷えた飲み物を飲みすぎている
  • 薄着で体が冷えている
  • 運動不足で筋肉が低下している
  • 食生活の乱れ
  • ストレス過多 など

 

さまざまな原因が重なって、冷え性になってしまうケースが多いようです。

今一度、ライフスタイルや食生活を見直してみてみましょう。

 

ここにボックスタイトルを入力
  • 入浴時は浴槽に浸かってゆっくり体を温める
  • 室内でも靴下やスリッパを履いて足を冷やさない
  • 腹巻きなどで腹部を温める
  • 外出時は真夏でも上着やひざ掛けを持ち歩く
  • 冷やした飲み物を控えて、常温か熱いものにする
  • 健康的な睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動を習慣化する
  • ストレスをためない

 

他にも、喫煙は血行を悪くして冷え性の元になるので注意が必要です。

妊活中の喫煙はデメリットしかないため、絶対に控えた方がいいですね。

 

家族に喫煙者がいる場合も副流煙が悪影響になりますので、別室で吸ってもらうなどの協力が必要になります。

職場で冷房の風が直撃するような席に座っている方は、上に一枚羽織るかひざ掛けなどで体を守ることが大切です。

 

食事も高たんぱく低カロリーを心がけ、ジャンクフードなどはなるべく避けるようにしましょう。

冷たいビールをがぶ飲みするなどの飲酒もあまりおすすめできません。

 

さらに体の冷えの症状がひどい場合は、産婦人科を受診して相談するのも1つの方法です。

妊活中であることを伝えながら、冷え症もしっかり改善していきたいですね。

 

冷え性は放置せず、自分で温めるようにしつつ産婦人科で相談して改善していくようにしましょう。

 

普段から運動習慣がなく、総体的に運動不足

 

子供を授からない人の共通点には「血流が悪い」「冷え性」などが共通していますが、これらは運動不足が大きく関係しています。

普段あまり運動しない人や、車移動で歩く習慣がない人などはどうしてもに運動量が足りません。

 

忙しい人や、運動がキライだという人もいるかもしれませんね。

しかし妊娠しやすい体に変えていくためには、少しでも意識して体を動かすことが大切です。

 

あまり時間が取れない人は、日常生活の中で少し工夫することで運動量を増やすこともできますよ。

 

日常生活の中で運動量を増やす方法
  • エスカレーターやエレベーターではなく、なるべく階段を使う
  • 歩くときは歩幅を大きくして早歩きで歩く
  • 立っているときはつま先立ちをする
  • 買い物ではカートを使わずカゴを手に持つ
  • 家事をしながらのストレッチ運動

 

ひとつずつは大した運動量ではありませんが、毎日続けるとこれだけでも運動量はかなり増えるでしょう。

電車など公共交通機関で通勤している方は、結構体を動かす場面が多いものです。

 

専業主婦の方は、掃除などの家事や日々の買い物などが体を動かすチャンスですよ。

キッチンに立つときは、つま先で立ってみるなども効果的です。

 

運動不足かな?と思う人は少しずつでも日常生活で身体を動かすことを意識しながらぜひ試してみてください。

 

運動不足も不妊につながりやすいので、こまめに体を動かして運動不足を解消していくと血行がよくなり冷え性も改善されていくでしょう。

 

子供を授からない人の共通点は?子宝に恵まれない人の心に関する特徴

子供を授からない人の共通点は?子宝に恵まれるためにできること

 

ここからは子宝に恵まれない人の「心に関する特徴」について5つご紹介していきます!

 

子宝に恵まれない人の心に関する特徴5つ
  • 自分に自信が持てない!自己肯定感が低い
  • パートナーとの関係が悪く常に不安に感じている
  • 心の奥底で「子供はいらない」と思っている
  • 子作りに対する執着心が強くいつもイライラしている
  • 仕事やプライベートで忙しく心のバランスを崩している

 

子供をなかなか授からない人は、心に問題を抱えているケースも多いのです。

それぞれ、詳しくお話ししていきます。

 

自分に自信が持てない!自己肯定感が低い

 

子供を授からない人は、自己肯定感が低い人が多いといわれています。

自分に自信が持てなくて、いつも人の顔色ばかり窺っているタイプの人は情緒が安定していない人です。

 

このような心の状態では、やはり生活が安定しないため妊娠は難しいかもしれません。

自己肯定感を高めるためには、趣味や資格の勉強を始めるのもおすすめですよ。

 

もし自分が当てはまるという場合は、何かにチャレンジしてみてください。

妊活中の人は、まず自分に自信を持てるように変わっていく努力をすることが大切ですね。

 

自分で自己肯定感が低くても、実際は十分魅力を持った人が多いのです。

ちょっとしたきっかけで自分に自信が持てるので、安心してくださいね。

 

パートナーとの関係が悪く常に不安に感じている

 

子供を授からない人は、パートナーとの関係が悪いという点もよくあります。

パートナーとの関係が悪く、喧嘩が絶えない夫婦は妊娠しにくいのも当然ですね。

 

このようなケースでは妊活も完全に義務になってしまい、お互いに気持ちが寄り添うことが無いため協力し合うことも難しくなります。

また奇跡的に妊娠できたとしても、今度は子育てでさまざまな不安を感じることになるでしょう。

 

子供を授かりたいと本気で願う場合は、パートナーとの関係を見直してみるべきでしょう。

不安がある場合は、じっくり話し合うことが大切ですよ。

 

パートナーと顔を合わせると喧嘩になってしまう状況の場合は、手紙を書いてみるのも効果的です。

手紙を綴っていると、自分の気持ちも整理することができるでしょう。

 

心の奥底で「子供はいらない」と思っている

 

子供を授からない人の中には、意外と心の奥底では子供を望んでいない人も多いようです。

たとえば「パートナーや両親が子供を望むから仕方ない」など消極的な気持ちで妊活をしていると、子宝に恵まれる可能性は低いでしょう。

 

「周囲が子どもを持っているから私も」という思いだけだ、という場合もあるかもしれません。

なかなか妊娠しない人は、自分が本当に子供を授かりたいと思っているのか冷静になってよく考えてみてください。

 

自分の気持ちに正直になったときに、ふと新しい命を授かることもありますよ。

 

子作りに対する執着心が強くいつもイライラしている

 

また上記の妊娠を望まない人とは逆で、子作りに対する執着心が強すぎる人も子供を授かりにくいという共通点が見られます。

妊活中は、不安やストレスでイライラしてしまう人もいますね。

 

「子供はまだ?」など些細な人の言動に、心が揺さぶられてしまうときもあるかもしれません。

周りの友人たちがどんどん妊娠している、または両親から子供を催促されるなど、焦りを感じるのもイライラの原因になるでしょう。

 

意外と執着心が無くなると、身も心もリラックスできて妊娠しやすくなる場合もあります。

周囲に惑わされず、自分の好きなことに打ち込むなどすると心が落ち着きます。

 

するとパートナーとの関係もさらに良くなることが多いので、妊娠に結び付きやすくなるでしょう。

 

仕事やプライベートで忙しく心のバランスを崩している

 

他にも、心の原因で子供を授からないケースはいろいろあります。

たとえば、仕事やプライベートで忙しくて心のバランスを崩している人も多いのです。

 

仕事で責任あるポストにいる人や激務が続く人は、ストレスも大きくなってしまいますよね。

家族などに何かと用事を頼まれるなども、意外とストレスになりやすいものです。

 

生活が穏やかな状態で安定しなければ、はっきり言って妊活どころではありません。

毎日ストレスを抱えているとイライラも溜まりますし、パートナーとのスキンシップをとる余裕もないでしょう。

 

心のバランスが崩れているときは、生活が落ち着くまでは妊活をストップするのも良いかもしれません。

または仕事も妊活も一回休んで、パートナーと2人で旅行にゆっくり行くなどもおすすめです。

 

子供を授かるためには、自分の心と体を健康的な状態に戻すことを最優先させたいですね。

ストレスになるものは、できる限り遠ざけるように心がけていきましょう。

 

子供を授からない人の共通点は?スピリチュアルな原因があるかも!

子供を授からない人の共通点は?子宝に恵まれるためにできること

 

子供を授からない人には、体や心の原因以外にスピリチュアルな原因が絡んでいることも珍しくありません。

子供を授からないと悩んでいる人は、以下の原因に思い当たることがないかチェックしてみてください!

 

子供を授からない人のスピリチュアルな原因
  • 前世での行いが影響している可能性も
  • ご先祖様の強い思いが影響している
  • 風水的な運気が良くない・土地に何らかの悪い点がある
  • 何かの霊や祟りの可能性もある
  • まだ子供を授かるタイミングではない

 

信じるかどうかは人それぞれですが、そもそも妊娠自体が奇跡のような出来事だと考えると可能性は十分にあるのです。

それぞれ詳しくお話ししていきます。

 

前世での行いが影響している可能性も

 

子供を授からない人は、もしかすると前世での行いが影響している可能性もあります。

スピリチュアルな考えでは、前世で人の生死に関わることで行いが悪かった人は、今生で望む通りに子宝に恵まれないという考え方があるのです。

 

もちろん、前世での行いが影響しているかどうかは自分で判断できません。

もし気になる場合は、前世占いができる占い師に見てもらうと良いかもしれませんね。

 

信じられない、という方も一度相談してみるといいでしょう。

 

ご先祖様の強い思いが影響している

 

また子供を授かることができないのは、ご先祖様の強い思いが影響しているケースもあるようです。

妊娠しやすくなる言い伝えの中にはご先祖様に関するジンクスがあるのをご存知でしょうか?

 

例えば「お墓参りをする」「お墓の掃除を行う」というなどが代表的です。

これは裏を返すと「お墓参りもしないでご先祖様を大切にしない人は子宝に恵まれにくい」ということになります。

 

そのため心から子供が欲しい人は、お墓参りをしてご先祖様を大切した方が良いかもしれません。

お墓参りに行って、心からご先祖様への感謝の気持ちを伝えてみてください。

 

もしもお墓が遠くてなかなか行けない方は、お線香をあげて手を合わせるだけでも大丈夫ですよ。

 

風水的な運気が良くない・土地に何らかの悪い点がある

 

スピリチュアル的な考えには、家や土地の風水も深く関係しています。

家が建っている土地に何らかの悪い点がある場合などは、子供を授かりにくいマイナスの力が働いている可能性が高いです。

 

このような場合は大掛かりな対策としては家のリフォームを行ったりすると良いと言われていますが、簡単にはできませんね。

簡易的な対策では夫婦の寝室を北側に変更したり、インテリアの色をピンクや赤に変えるのも効果的です。

 

家の間取りや風水、土地に関する因縁などを調べたいときも、占い師に相談して見てもらうのが一般的でしょう。

 

何かの霊や祟りの可能性もある

 

さらにオカルト要素を考えるなら、何かの霊や祟りの可能性もゼロではありません。

子宝に恵まれなかった女性の怨念や、水子の霊などが原因で子宝に恵まれないという話もよく聞きます。

 

また誰かの恨みや妬みを買っている場合は、妊娠できないように呪いをかけられているケースも考えられますね。

形のない霊や祟り、呪いなどは信じない人も多いですが、実際にこのようなケースはたくさんあるといわれています。

 

あまり気にしすぎるのもよくないので、心当たりがある人はお寺や神社でお祓いをしてもらうといいでしょう。

さらに、浄化アイテムやパワーストーンを身に着けたりするのも良いかもしれません。

 

まだ子供を授かるタイミングではない

 

スピリチュアルなことが原因でも、悪い意味ばかりで子供ができにくいとは限りません。

生活や体の状況がまだ子供を授かるタイミングではない場合は、神様が「もう少し待ちなさい」と教えてくれているのかもしれませんね。

 

もし神様によってタイミングではないと判断されているときは、頑張っても妊娠するのは難しいのです。

他にも生活がバタバタしている、仕事が忙しいなど思い当たることがある方は、焦らずに気長にタイミングを待ってみましょう。

 

子供を授からない人が子宝に恵まれるため、体と心にできることは?

子供を授からない人の共通点は?子宝に恵まれるためにできること

 

ここまで見てくると、子供を授かりにくい原因はいろいろあるとわかりますね。

自分がどのケースに当てはまるのか何となく分かってきた人は、その原因ごとにひとつずつ対処法を試してみましょう。

 

子宝に恵まれるために心と体にできること
  • まず不妊治療で有名な病院で細かく検査を行う
  • ストレスの原因を洗い出し、一つずつ取り除く
  • 瞑想で心のバランスを整える
  • ヒーリングミュージックでリラックスする
  • ヨガやダンスなど軽い運動を習慣化する
  • 栄養をしっかりとれるよう、食べるものに気を配る
  • パートナーとのコミュニケーションをとる

 

まずは子宝に恵まれるために、体と心にできる対処法をくわしくご紹介していきます!

 

まず不妊治療で有名な病院で細かく検査を行う

 

子供を授からない原因が体にあると思うときは、まず不妊治療で有名な病院で細かく検査を行うことが大切です。

まだ若くても「自分は大丈夫」と自己判断せず、専門医に診てもらうのが一番ですね。

 

今現在かかっている病院があるなら、紹介状を書いてもらうのもいいでしょう。

そして不妊になる原因が見つかった場合は、なるべく早く治療を開始した方が良いでしょう。

 

先ほどもお話ししましたが、妊娠はパートナーと2人の問題です。

病院を受診するときは、できるだけ夫婦で一緒に相談に行き、2人で検査を受けるのがおすすめです。

 

自分一人で抱え込まないようにしましょう。

検査の内容や詳しい方法については、受診する病院に問い合わせて確認してみてください。

 

ストレスの原因を洗い出し、一つずつ取り除く

 

不妊の原因には、ストレスの要因も大きいと言われています。

楽しく前向きに妊活をしたいなら、ストレスを取り除くことも重要です。

 

ただしストレスの原因は仕事や人間関係、恋愛の悩み、お金の悩みなど、非常にたくさんの原因がありますよね。

一度にすべてを解決するのは難しいかもしれませんが、信頼できる家族や友人を頼って一つずつ解決していくのがベストです。

 

場合によっては妊活そのものがストレスになっている場合もあるでしょう。

子供を授からないことを悩みすぎるのもストレスの原因になりますので、上手に気分転換して息抜きすることも大切ですよ。

 

散歩やヨガなどでリラックスする、きれいな景色を見るなど心の赴くままにやってみてくださいね。

 

瞑想で心のバランスを整える

 

悩みやストレスが大きいときは、まず瞑想などで心のバランスを整えることも試してみてください。

瞑想は特別な道具も必要なく、お金もかからないのが魅力です。

 

静かな部屋で両目を閉じ、深層心理を探っていくイメージでゆっくり深呼吸を繰り返します。

また瞑想中は余計なことを考えずに、頭を空っぽにした状態で始めましょう。

 

通常は足を組んだポーズで床に座って行いますが、ソファに座ったりベッドで横になった状態で行うのもOKです。

このような瞑想を習慣化すると、自分で心のバランスを上手に取れるようになるためストレス解消にも役立ちます。

 

ヒーリングミュージックでリラックスする

 

気分転換の方法には、ヒーリングミュージックなどでリラックスする方法もおすすめです。

ヒーリングミュージックは人が癒しを感じる特別な波長で作っている音楽です。

 

眠りにつくときに小さく流しておくと快眠効果もあるといわれています。

ストレスなどで、自分では気づかないうちにぐっすり眠れていない可能性もあるでしょう。

 

小鳥のさえずり、海の波の音、川のせせらぎの音、森林の木々のざわめく音など種類も豊富です。

雨の音なども、心がしっとりと落ち着いてくるでしょう。

 

ぜひお気に入りの音楽を探してみてはいかがでしょうか。

 

ヨガやダンスなど軽い運動を習慣化する

 

運動不足が気になる人は、ヨガやダンスなどの軽い運動を習慣化するのも良いですね。

いきなり激しい運動をするのは、ケガのリスクもありますし体の負担になるため向いていません。

 

ヨガやダンスなら、初心者向けから徐々に難易度を上げていくことができて楽しみも実感できます。

さきほどもお伝えしましたが、他にもウォーキング、軽めのジョギングなどはおすすめです。

 

また室内でできる体を動かすタイプのテレビゲームやロードランナー、ロードバイクなどもおすすめですよ。

軽い運動はストレス解消にもなるので、おすすめです。

 

栄養をしっかりとれるよう、食べるものに気を配る

 

妊娠しやすい体になるためには、栄養をしっかり取れるように食べるものに気を配ることも非常に大切なポイントになります。

やっぱり体作りの基本は食事ですね。

 

偏った食事にならないようにお肉、魚、野菜、豆製品、乳製品などをバランス良く食べることも妊活中は特に意識した方がいいでしょう。

外食になりがちな人は、いろいろなものが食べられる定食スタイルがおすすめです。

 

さらに高カロリーのオヤツ類や油もの、しょっぱいものを控え、深夜に暴飲暴食をしないことも重要です。

お酒の飲み過ぎにも注意してくださいね。

 

運動の習慣をつけるとお腹が空きやすくなりますので、食べ過ぎにも注意しましょう。

どんな食事がいいか迷う場合は、病院の管理栄養士などに相談するのもいいですね。

 

パートナーとのコミュニケーションをとる

 

妊娠するためには、パートナーとのコミュニケーションは絶対に必要です。

妊活のための義務的な触れ合いだけではなく、普段から愛情を確認しあえる良好なコミュニケーションをとることも重要です。

 

夫婦仲の良い温かな家庭は子宝に恵まれやすいという話もあります。

夫婦水入らずの時間も充実させてみてくださいね。

 

触れ合ってお互いの温もりを感じていると「オキシトシン」という、別名「幸せホルモンが分泌されるといわれています。

オキシトシンは絆を深めるホルモンとして注目されているのです。

 

そのため、お出かけの時に手をつなぐ、こまめにハグをするなどは2人の絆を深めるでしょう。

 

子供を授からない人がスピリチュアル的にできることは?

子供を授からない人の共通点は?子宝に恵まれるためにできること

 

次に、子宝に恵まれるためのスピリチュアル的な対処法も5つご紹介します。

 

子供を授からない人がスピリチュアル的にできること
  • 子宝に恵まれる有名な神社に祈願に行く
  • 自分やパートナー、家の厄除けをする
  • 風水に気をつけ部屋の模様替えをする
  • 妊娠や子宝に強い占い師に相談する
  • 占い師に前世について明らかにしてもらう

 

スピリチュアルな対処法は信じて行うことが一番大切なので、ぜひ「絶対妊娠できる」と強い気持ちで試してみてください!

 

子宝に恵まれる有名な神社に祈願に行く

 

子供を授かりたいときは、最初に子宝で有名な神社に祈願しに行くのがおすすめですね。

全国には子宝祈願の神社はたくさんあります。

 

神社では子宝を願って個別に祈祷してもらい、願掛けの絵馬など奉納することも可能です。

さらに子宝のお守りやお札なども授けてもらい、肌身離さずに持ち歩くのも良いでしょう。

 

できればパートナーと一緒に行ってみてください。

もし子宝に恵まれたときは、お礼のお詣りも忘れないようにしましょう。

 

子宝に恵まれやすくなる待ち受けを設定する

 

他にも子宝に恵まれやすくなる待ち受けに願掛けをして、設定する方法もあります。

たとえば子宝に恵まれるといわれている待ち受けには、次のようなものが有名です。

 

子宝に恵まれやすくなる待ち受け
  • 木村さん(※有料販売)
  • 四つ葉のクローバー
  • 赤富士
  • ひょうたん
  • ザクロの実
  • みかん
  • コウノトリ
  • 赤ちゃん

 

どれも妊活中の人なら一度は「子宝に関して縁起が良い」と聞いたことがあるのではないでしょうか?

この中では子宝で縁起が良いことで有名な「木村さん」の神様の待ち受けは有料になりますが、その他はフリー画像でも入手できます。

 

興味のある人はぜひ試してみてください。

自分がピンときた画像や好きだと思う画像を選んで、待ち受けにするのがコツですよ。

 

自分やパートナー、家の厄除けをする

 

さらに祟りや前世からの因縁などが気になる場合は、自分やパートナー・家の厄除けをするのも1つの方法です。

悪いものを祓ってお清めや浄化をすることで、子宝に恵まれやすい環境や体質になる可能性は十分あります。

 

厄除け・開運で有名な占い師に依頼する、神社で祈祷を受けることも検討してみるのもおすすめです。

信じがたいと思っても、「自分もパートナーも家も厄除けした」という安心感から、ホッとして子宝に恵まれることもありますよ。

 

風水に気をつけ部屋の模様替えをする

 

風水を意識して部屋の模様替えをするときは、方角・色・干支・パワーストーンなどにこだわるのも良いでしょう。

例えば、家の場所が悪いと言われてもすぐに引っ越せるものではありませんよね。

 

その点風水なら手軽に取り入れられるので、おすすめです。

風水の考え方はいろいろありますが、一般的には次のようなことを心掛けると子宝を授かりやすいと言われています。

 

子宝を授かりやすい風水
  • 妊娠しやすく子宝を授かる方角は「北」
  • 部屋の家具やマットなどを暖色カラーにする
  • 干支の置物を飾る
  • 花を飾るなら新鮮な生きた花がおすすめ
  • 子宝草などの観葉植物を飾る
  • パワーストーンを飾る

 

まず風水では「北」の方角が妊娠しやすい、子宝を授かりやすいという考え方があります。

そのため夫婦の寝室を北側にしたり、ベッドを北側に寄せてみたりするのも良いでしょう。

 

また、部屋の家具やマットを暖色カラーにするのも効果的です。

色はピンクが最も良く、赤色も妊娠しやすくなるというジンクスがあります。

 

ピンクの家具は選びにくいかもしれませんが、ソファやクッションならあまり抵抗もないでしょう。

さらに干支の置物を飾るのも縁起が良いのでおすすめですよ。

 

特に「子(ね・ねずみ)」と「亥(い・いのしし)」は子宝の幸運を運んでくれるラッキーアイテムです。

また、リビングや寝室に花を飾る場合は、生命力あふれるフレッシュな花を選びましょう。

 

ただし「死んだ花」になるドライフラワーは風水的にNGとなりますので注意してください。

他にも観葉植物の「子宝草」はおすすめですよ。

 

夫婦仲を良くして女性の健康を高めるパワーストーン「コーラル」「ローズクォーツ」「ムーンストーン」などを飾るのもいいでしょう。

ローズクォーツなどは、ブレスレットやネックレスで身に着けておくのもいいですね。

 

妊娠や子宝に強い占い師に相談する

 

スピリチュアルなパワーと言えば、やっぱり頼りになるのは占い師ですね。

妊娠や子宝に関する能力が高い占い師に、妊活のタイミングや不妊の原因を相談してみるのも良いでしょう。

 

占いはお店で占う対面占いもありますが、最近は自宅で気軽にできる電話占いも大人気です。

電話占いは初回無料などの特典がある所が多く、直接会わないためプライバシーの面でも安心感があります。

 

特に子宝に関する内容は、デリケートなので直接話すのはためらわれる方も多いでしょう。

その点、電話占いなら顔を見ないので気楽に話せるのがメリットです。

 

特に大手が運営する電話占いなら、プライバシーについてはしっかり対策しているので安心ですね。

占い師を選ぶ際は、実績があり占い歴が長い人がいいでしょう。

 

子宝や妊活の占いに関する口コミがたくさんあって、しかも評判がいい人を選ぶようにしてください。

自分のHPを持っていて、経歴などがしっかり書かれている人も安心ですね。

 

電話占いなら、忙しい人も好きなタイミングで占いができるのもおすすめポイントですよ。

24時間受け付けているところも多いので、仕事で忙しい人でもすぐに占ってもらえます。

 

スピリチュアルな力を信じる人は、ぜひ占いも上手に活用してはいかがでしょうか。

話を聞いてもらうだけでも気持ちが晴れますし、的確な占い結果はもちろんアドバイスももらえますよ。

 

占い師に前世について明らかにしてもらう

 

また、占いでは前世について明らかにしてもらうのもおすすめです。

電話占いでも、もちろん前世について占うことができますし非常にたくさんの占い師の中から選ぶことができます。

 

そのため前世を知りたい場合は、得意な占術に「前世占い」と書いている人を選ぶと良いでしょう。

前世からの因縁を断ち切る方法なども相談できますので、不妊の原因が1つ解消できるかもしれません。

 

先ほどもお伝えしたように、大手占いサイトでランキング上位に選ばれている占い師の中から選ぶのがポイントです。

さらに、口コミなども参考にして良い占い師を選んでみてください。

 

まとめ

子供を授からない人の共通点は?子宝に恵まれるためにできること

 

今回は子供を授かりにくい人の共通点や原因、対処法などについてご紹介しました。

それぞれの項目はたくさんありましたが、重要なポイントをもう一度おさらいしておきましょう。

 

子供が授かりにくい人の原因と対処
  • 不妊の原因が体にあるときは、不妊治療で有名な病院を早期に受診することが重要
  • 血行の悪さや冷え性はできるだけ改善しておいた方が良い
  • 健康的な体を維持するためには運動を習慣化するのがおすすめ
  • 子宝に恵まれるためにはパートナーと良好な関係を築くことも重要
  • ストレスを解消し、子作りに執着しすぎずに心と体のバランスも大切にする
  • 不妊の原因が分からないときは風水やスピリチュアルな要因も検討してみるべき
  • 不妊に悩んだときは占い師に相談するのもおすすめ

 

妊活中は心と体、スピリチュアルな要素をいろいろ考えてひとつずつ原因を取り除いて対処していくことが大切です。

なかなか子供を授からないときも決して焦らず、心にゆとりを持って赤ちゃんの訪れを心待ちにしましょう!