未分類

別れて1ヶ月の振った側の気持ちは?元彼の心理と復縁の可能性とは?

別れて1ヶ月の振った側の気持ちは?元彼の心理と復縁の可能性とは?

 

「別れて1ヶ月たったけど振った側の元彼はどんな気持ちなの?別れたけどやっぱり元彼と復縁したい!」

 

元彼に振られて1ヶ月程度も経つと、「復縁したいけどどう頑張ればいいのかな」「元彼はどう思っているんだろう」と悩み始めるものですよね。

となると、色々と気になることがたくさんあるのではないでしょうか。

 

  • 別れて1ヶ月の振った側の気持ちは?
  • 自分を振った元彼と復縁できる可能性はあるの?
  • 元彼とやり直すために大切なことは?
  • 復縁にNGな行動は?

 

そこで今回は、別れて1ヶ月した後、振った側の元彼はどんな気持ちなのか、また、その元彼との復縁についてお話ししていきます。

 

自分を振った元彼との復縁の可能性、復縁に向けて大切にすべきこと、NGなこともご紹介していきますね。

本気で復縁をしたいと思っている人は、ぜひ最後までチェックしてみてください!

 

目次
  1. 別れて1ヶ月の振った側の気持ちは?元彼は何を考えているの?
    1. 1ヶ月は気持ちの切り替えがまだ上手くいっていない時期
    2. 元カノへの負の感情は薄まっている
    3. 元カノと上手くいかなかったことに落ち込んでいる
    4. 1人になったことを実感し、孤独を感じている
    5. 元カノのいいところを思い出している
    6. 自分の悪かったところを反省している
    7. 切り替えがはやく、次の彼女を作ろうと考えていることも
  2. 別れて1ヶ月!自分を振った元彼と復縁してやり直せる可能性はある?
    1. すれ違いや喧嘩別れの場合は十分やり直せる
    2. ただし、1ヶ月だと冷却期間が少ない可能性がある
  3. 自分を振った元彼と復縁する方法は?彼とやり直すために大切なこと
    1. 冷却期間中は自分から連絡しない
    2. 男性から連絡がない場合、3ヶ月~半年は待つ
    3. 彼と会っていない間に、自分磨きを頑張る
    4. 彼と会っていない間に、自分の欠点を振り返り直す
    5. 半年経っても連絡がない場合は彼の誕生日などに軽く連絡を入れる
    6. 会話が続くようなら、時間をかけてまた関係を作り直す
  4. 自分を振った元彼と復縁したい場合、するべきでないNG行動は?
    1. 冷却期間中に彼に何度も連絡する
    2. 彼が見ているSNSに病んだ書き込みをする
    3. 寂しいからといって他の男性の誘いに応じる
    4. 連絡がついたとき、彼を責める
  5. まとめ

別れて1ヶ月の振った側の気持ちは?元彼は何を考えているの?

別れて1ヶ月の振った側の気持ちは?元彼の心理と復縁の可能性とは?

 

別れて1ヶ月経ったあと、振った側の男性の気持ちは、このような状態であることが多いのです。

 

  1. 1ヶ月はまだ気持ちの切り替えが上手くできない
  2. 元カノへの負の感情は薄まっている
  3. 元カノと上手くいかなかったことに落ち込んでいる
  4. 1人になったことを実感し、孤独を感じている
  5. 元カノのいいところを思い出している
  6. 自分の悪かったところを反省している
  7. 次の彼女を作ろうと考えていることも

 

別れて1ヶ月くらい経つと、「そろそろ復縁に向けて動き出そうかな」と思い始める時期ですが、そこで気になるのは元彼の気持ちですよね。

ここではまず、別れて1ヶ月の振った側の男性の気持ちについて、それぞれ詳しくお話ししていきます。

 

復縁を成功させるためには、自分の気持ちだけを優先するのではなく、相手の気持ちやペースに合わせることがとても大切なポイントです。

今の元彼の気持ちを知るために、ぜひ参考にしてみてください!

 

1ヶ月は気持ちの切り替えがまだ上手くいっていない時期

 

別れて1ヶ月程度だと、気持ちの切り替えがまだ上手くいっていない時期です。

新しい恋愛に少しずつ前向きになっている人や、彼女がいない生活を謳歌している人もいますが、孤独を感じて寂しがっている人もいます。

 

つまり、1ヶ月程度だと、まだ気持ちが不安定な時期ということ。

特に、長い期間付き合っていた場合、そう簡単に「さぁ次だ!」とはなりづらく、男性は気持ちの切り替えに時間がかかってしまうことがあります。

 

なので、1ヶ月経ったからといって、すぐに元彼へアプローチするのはやめておきましょう。

まずは、相手の気持ちを理解して、彼の様子を見ながら行動に移す方が、復縁に繋がりやすくなりますよ。

 

元カノへの負の感情は薄まっている

 

別れて1ヶ月程度経つと、元カノへの負の感情は薄まってくるはずです。

別れた当初は元カノのことを考えてイライラしたり、モヤモヤしていた男性も、時間の経過とともに負の感情を手放していきます。

 

誰だって別れたあとは。感情的になりやすいものですよね。

ただ、元カノの浮気が原因で別れたなど、明らかに女性側に原因がある場合は、負の感情が薄まるまでもう少し時間がかかってしまうでしょう。

 

その場合は、3ヶ月以上はこちらから連絡をしない方がいいかもしれません。

復縁をしたい人からすると「3ヶ月もあけたら忘れられてしまう」と焦りますよね。

 

でも、早く復縁したいからと焦って行動すると、失敗しやすくなってしまいます。

時間が経つほどに、少しずつ悪いイメージが消えていくことは確かなので、良い別れ方ができなかった人は、できるだけ3ヶ月以上は置いてから連絡することをオススメします。

 

元カノと上手くいかなかったことに落ち込んでいる

 

元カノと上手くいかなかったことに落ち込み始めるのも、1ヶ月ぐらいの時期です。

男性は、たとえ自分が振った側の場合でも、元カノと上手くいかなかったことにショックを受け、「どうすればよかったんだろう」なんて考えることも。

 

本来であれば、振った側はひょうひょうとしているはずですよね。

でも、「大切な彼女を傷つけてしまった」という罪悪感にも襲われ、心の中がザワザワして居心地の悪さを感じてしまうのでしょう。

 

この場合、元カノと離れることで、何か気づかされたことがあったのかもしれません。

実際、「もう飽きたから」なんていう理由で彼女を振った男性が、1ヶ月程度で未練を持ち始め、復縁したくなるのは珍しい話ではありません。

 

1人になったことを実感し、孤独を感じている

 

振った男性が1人になったことを実感するのは、別れて1ヶ月ほど経った頃でしょう。

別れた直後は、「ようやく彼女から解放された!」「これで自分の好きなように生活できる」とこの上ない解放感に浸りまくるのが男性です。

 

この時期の男性は、時間を気にせずに友だちと遊んだり、とことん趣味に没頭したり、新しい女性との出会いを楽しんだりします。

でも、こんな生活にも飽きるときが来るんです。

 

それが、まさに別れて1ヶ月経った頃で、「何だか寂しいな…」「元カノがいてくれたらな…」と孤独を感じて元カノが恋しくなり始めます。

女性からしたら、自分が振ったのに身勝手なような気もしますよね。

 

ただ、別れたあとの解放感を思う存分満喫し終わってから、「別れるんじゃなかったかも」と考えるのは、振った側の男性にはよくあることです。

 

元カノのいいところを思い出している

 

別れて1ヶ月くらい経った頃の男性は、2人が付き合っていた頃のことや、元カノのいいところを思い出す時期に入っていきます。

元彼が振った側でも、別れた直後は「別れて正解だった」なんて思っていても、少し時間が経つと、なぜか元カノのことを考えてしまうんです。

 

男性の中には、この時期に復縁を意識し始める人もいます。

彼女のいいところを思い出すたびに後悔と反省を繰り返し、「やっぱり俺には元カノしかいないのかも」という気持ちが湧くのでしょう。

 

これは、完全に離れてから彼女の大切さに気づいたケースです。

特に、長く付き合うほど一緒に過ごすことや、お互いの存在が当たり前になってしまうので、つい大切なことを見落としてしまいがちですよね。

 

自分の悪かったところを反省している

 

自分の悪かったところを反省し始めるのも、別れて1ヶ月ぐらい経った頃のことですね。

そもそも、男性は自分の非を認めるのがとても苦手なので、別れたことも「元カノの○○なところが悪かったから」と相手のせいにしがちです。

 

それは、自分に悪い所があったと気が付いたら、振った彼女に対して、どう思えばいいのかわからなくなってしまうから。

自分のしたことを肯定するために、楽な方へ逃げているということでしょう。

 

でも、時間の経過とともに冷静になり、今までのやり取りなどを思い出し、自分の悪かったところにようやく気付くことができます。

そうなると、「もっとこうしてあげれば…」と自然に反省して後悔することも。

 

ここでの後悔の気持ちが大きければ大きいほど、元彼のほうから復縁に向けて、何らかのアクションを起こしてくる可能性が高いです。

 

切り替えがはやく、次の彼女を作ろうと考えていることも

 

男性の中には、別れて1ヶ月ですでに気持ちを切り替え、次の彼女を作ろうと考える人もいます。

これを早いと思うか遅いと思うかは人それぞれですが、元彼が別れて1ヶ月で他の女性と付き合い始めると、ショックですよね。

 

別れてしまったあとはダメとは言えない関係だからこそ、余計にしんどいものです。

例えば、以下のような付き合い方や別れ方だと、このケースに当てはまりやすいでしょう。

 

  • 付き合っていた期間が短かった
  • 元彼の負担になるほど束縛をしていた
  • 別れ際にしつこくすがってしまった
  • 元彼の気持ちが完全に冷めるようなことをしてしまった

 

このような場合は、元彼の中のあなたのイメージが悪く、残念ながら1ヶ月経ってもあまり未練を感じていない可能性が高いです。

別れて1ヶ月!自分を振った元彼と復縁してやり直せる可能性はある?

別れて1ヶ月の振った側の気持ちは?元彼の心理と復縁の可能性とは?

 

別れて1ヶ月もたてば、自分を振った元彼と復縁してやり直せる可能性はあるのでしょうか。

結論を言いますと、復縁できる可能性はあります。

 

ここではそれを踏まえ、以下の内容についてお話ししていきますね。

 

  • すれ違いや喧嘩別れの場合は、十分やり直せる
  • ただし、1ヶ月だと冷却期間が少ない可能性がある

 

別れて1ヶ月の男性心理がわかった今、次に気になるのは「振った元彼と復縁してやり直せる可能性はあるのか?」ということですよね。

ここからは、自分を振った元彼との復縁の可能性について、詳しくお伝えしていきます。

 

「私は別れ方が悪かったから無理かも…」と思っている人も、復縁できる可能性があるかもしれないので、諦めずにぜひ参考にしてみてください!

 

すれ違いや喧嘩別れの場合は十分やり直せる

 

すれ違いや喧嘩別れの場合は、十分に元彼とやり直せる可能性が高いですよ。

この場合は、浮気や暴力などが原因ではなく、お互いを心から嫌いになったわけでもないので、冷静になった頃に復縁できるでしょう。

 

とはいえ、誰でも別れた直後は感情的になりやすいものです。

「自分は悪くない!」「全部相手が悪い!」と思い込んでしまい、自分の反省点が見えなくなっていることもありますよね。

 

でも、1ヶ月も経過すると冷静さを取り戻し、相手を許して復縁を考えられるようになります。

また、好きな気持ちがあるまま別れた場合、相手のことを想ったまま別れを選択しているので、自然とお互いに未練が残りやすいのです。

 

一度別れて離れた分、より2人の愛が深まることも珍しくありません。

 

ただし、1ヶ月だと冷却期間が少ない可能性がある

 

1ヶ月も経つと復縁できる可能性があることは確かですが、冷却期間が足りておらず、まだ復縁できる段階になれていない可能性もあります。

この場合は、もう少し冷却期間を設ければ大丈夫です!

 

別れた原因や元彼の性格によって、設けるべき冷却期間は1ヶ月~半年程度と異なるので、臨機応変に対応していきましょう。

 

特に、元彼を深く傷つけるようなことを言ってしまった場合などは慎重に。

「元カノにあんなこと言われちゃったし…」と、あなたに言われたことが引っかかってしまい、なかなか復縁に前向きになれないこともあるからです。

 

別れて1ヶ月は相手の気持ちがまだ不安定なので、復縁を成功させたいなら焦らないようにしましょう!

自分を振った元彼と復縁する方法は?彼とやり直すために大切なこと

別れて1ヶ月の振った側の気持ちは?元彼の心理と復縁の可能性とは?

 

自分を振った元彼と復縁する方法については、このようなことを大切にしてみてください。

 

  1. 冷却期間中は自分から連絡しない
  2. 彼から連絡がない場合、3ヶ月~半年は待つ
  3. 彼と会っていない間に、自分磨きを頑張る
  4. 彼と会っていない間に、自分の欠点を振り返り直す
  5. 半年経っても連絡がない場合は、彼の誕生日などに軽く連絡を入れる
  6. 会話が続くようなら、時間をかけてまた新たな関係を築く

 

復縁したいと思ったとき、とりあえず元彼に自分の気持ちを伝えようとする人がいますが、実は、それは正しい復縁方法とは言えないのです。

では一体どのように復縁に向かっていけばいいのでしょうか。

 

ここからは、自分を振った元彼と復縁する方法をご紹介していきます。

元彼とやり直すために大切なこともお話ししていきますので、復縁を成功させるためにも、ぜひ参考にしてみてください!

 

冷却期間中は自分から連絡しない

 

冷却期間中は、自分から元彼に連絡するのは控えましょう。

元彼のことが気になるのも、早く復縁したい気持ちもわかりますが、冷却期間は、お互いがお互いの生活から離れて過ごす期間だからです。

 

なので、あなたから連絡してしまったら、冷却期間の効果がなくなってしまいます。

それに、冷却期間が短すぎると、元彼の気持ちがまだ落ち着いていないことや、まだあなたを許せない気持ちでいる可能性も。

 

元彼から連絡がないということは、まだ彼は復縁する気がない証拠です。

男性心理としては、3ヶ月ほど経ってからようやく復縁を考えるようになることも多いので、冷却期間は長めに設けましょう。

 

男性から連絡がない場合、3ヶ月~半年は待つ

 

元彼から連絡がない場合、3ヶ月~半年は待つことも覚悟しましょう。

とても長いように感じますが、連絡がないうちは復縁する気がないということになるので、ここで追いかけても逆効果になるだけだからです。

 

とはいえ、復縁したい側がこのように考えて、焦る気持ちもわかります。

 

  • 「好きだからこそ早く復縁したい」
  • 「新しい彼女ができたらどうしよう」
  • 「忘れられないうちに何とかしたい」

 

でも、万が一元彼に新しい彼女ができてしまったとしても、あなたと元彼が本当に運命の2人なら、また巡り合える可能性もあります。

また、彼女ができたとしても、あなたが前よりも魅力的になっていれば、元彼の気持ちを取り戻すことはできますよ。

 

復縁のためには、まずはあなたへのマイナスな印象をなくすことを優先に考えましょう。

 

彼と会っていない間に、自分磨きを頑張る

 

元彼と会っていない間は、自分磨きに力を入れましょう。

自分磨きと聞くと外見をイメージされる人が多いかもしれませんが、外見だけではなく、内面も磨くことが復縁するための大切なポイントです。

 

おすすめの自分磨きの方法は以下の通り。

 

  • ダイエットや筋トレで体を引き締める
  • スキンケアに力を入れて肌を整える
  • 自分に似合うメイクを研究する
  • 服の系統や髪型を変えてイメチェンする
  • 本を読んで新しい価値観を取り入れる
  • 新しいことにチャレンジする

 

ここにあげたのは一般的なものですが、あなたなりの方法を探してみるのもオススメです。

でも、どんなことをやるにしても、「どうせこんな私が頑張ったって…」と考えず、まずはとことん自分磨きに集中してみてくださいね。

 

素敵な女性へと成長できれば自信を持てるようになり、自然と元彼への執着心を手放すことができます。

そうやって自分軸で自分の生活を楽しめるようになれば、あなたの魅力もどんどんアップしていきますよ。

 

彼と会っていない間に、自分の欠点を振り返り直す

 

彼と会っていない間は、自分磨きの他にもう1つやるべきことがあります。

それは、自分の欠点を振り返って改善すること。

 

「元彼が好きだからもう一度やり直したい」と思っても、別れた原因や自分の欠点を直さなければ、また同じ結果を迎えることになるだけです。

 

とはいえ、自分の欠点を直すのはなかなか難しいですよね。

でも、これを良い機会だと思って自分の欠点としっかり向き合い、復縁のためにも、自分自身のためにも変わっていく努力をしましょう。

 

まずは自分の欠点を紙に書き出すのがおすすめです。

もちろん、すぐに完璧になる必要なんてありません。

 

固く考えるとストレスになるだけなので、少しずつ改善することを意識しながら、あなたのペースで努力してみてください!

 

半年経っても連絡がない場合は彼の誕生日などに軽く連絡を入れる

 

半年経っても元彼から連絡がない場合は、自分から連絡をしてOKです。

その時、以下のような口実で連絡してみると、あなたの気持ちも楽になりますよ。

 

  • 元彼の誕生日に「おめでとう」と送る
  • 仕事や元彼の得意なことに関する相談をする
  • 貸し借りしていたものを口実に連絡する

 

このように違和感のない口実で連絡をし、あなたが復縁したいことを元彼に察せられないよう、意識してみてください。

もし彼の反応が悪かったり返信が来なければ、また少し距離を置くことが大切です。

 

無理に距離を縮めようとしても逆効果なので、すぐに元彼との関係を何とかしようと焦らず、冷静になって一旦引くようにしましょう。

 

会話が続くようなら、時間をかけてまた関係を作り直す

 

もしあなたから連絡して会話が続くようなら、冷却期間を設けたことで、元彼の中のあなたに対するイメージが改善されているのかもしれません。

ただ、だからと言ってすぐに復縁の話をするのはやめましょう。

 

また新しい関係を作るような気持ちで、元彼のペースに合わせながら少しずつ距離を縮め、友だちとして仲良くすることを優先しましょう。

何より大事なのは、失った信頼関係をもう一度築くことだからです。

 

なので、どんなときでも焦らないことを大切にしてくださいね。

自分を振った元彼と復縁したい場合、するべきでないNG行動は?

別れて1ヶ月の振った側の気持ちは?元彼の心理と復縁の可能性とは?

 

自分を振った元彼と復縁したい場合、するべきでないNG行動というものがあります。

 

  • 冷却期間中に彼に何度も連絡する
  • 彼が見ているSNSに病んだ書き込みをする
  • 寂しいからといって他の男性の誘いに応じる
  • 連絡がついたとき、彼を責める

 

本気で元彼と復縁をしたいのなら、NG行動だけはしないように注意しましょう。

最後は、自分を振った元彼と復縁したい場合、するべきではないNG行動を4つご紹介していきます。

 

間違った行動は、復縁を遠ざけてしまうだけです。

なので、自分の気持ちだけで突っ走らず、慎重に彼の気持ちに寄り添い、少しずつでも確実に元彼と距離を縮めていきましょう。

 

冷却期間中に彼に何度も連絡する

 

冷却期間中に彼に何度も連絡するのは、絶対にダメです。

冷却期間はお互いから離れて生活する期間であり、離れることで、お互いへのイメージをリセットする良い機会にもなります。

 

そんなときに連絡してしまうと、あなたのイメージを悪化させるだけ。

連絡したくなる気持ちはよくわかりますが、今だけに目を向けず、この先のことも考えていきましょう。

 

そのためにも一旦しっかりと冷却期間を設け、彼の気持ちを落ち着け、なおかつ自分を見つめる期間を作ってください。

 

彼が見ているSNSに病んだ書き込みをする

 

元彼が見ているSNSに、暗く重たい内容や、病んだ書き込みをするのはやめましょう。

あなたが病んでいることをSNSで知った元彼が、「俺がそばにいて守ってあげなきゃ!」と思うことは残念ながらありません。

 

むしろ、病んだ書き込みをすることで、彼に引かれる可能性が大きくなります。

それに男性は、自分と別れても平気にしている元カノに未練を持つものなので、落ち込んだ姿や病んだ書き込みを見せるのはNGです。

 

寂しいからといって他の男性の誘いに応じる

 

元彼と別れて寂しかったり、誰かに一緒にいてほしい気持ちはとてもよくわかりますが、他の男性で埋めようとするのはやめておきましょう。

たとえ一時的には満たされても、また寂しくなるだけだからです。

 

それに、もし元彼に他の男性と一緒にいるところを見られたら、「もう新しい彼氏がいるんだ」と誤解されてしまう可能性もありますよね。

 

そう思われてからあなたの気持ちを伝えても、元彼は真剣に受け止めてくれないかもしれません。

本気で復縁をしたいのなら、軽はずみな行動は避けるべきです。

 

連絡がついたとき、彼を責める

 

冷却期間を終えて元彼と連絡がついたとき、「どうして連絡してくれなかったの?」「何で私の気持ちわかってくれないの?」と責めるのはNG。

元彼を責めたら、振り出しに戻ってしまうだけです。

 

本気で元彼とやり直したいと思うのなら、久しぶりの連絡でも何も気にしていなかったかのように、今まで通り明るく接してあげましょう。

元彼の気持ちが暗くなったり、負担になるような発言は避けるべきです。

 

それよりも、あなたとLINEをしたり会っていると元気になるような、明るい雰囲気を心掛けてみてくださいね。

まとめ

別れて1ヶ月の振った側の気持ちは?元彼の心理と復縁の可能性とは?

 

別れて1ヶ月たつと、振った側の男性の気持ちにはこのような変化があります。

 

  • 1ヶ月は気持ちの切り替えがまだ上手くいっていない時期
  • 元カノへの負の感情は薄まっている
  • 元カノと上手くいかなかったことに落ち込んでいる
  • 1人になったことを実感し、孤独を感じている
  • 元カノのいいところを思い出している
  • 自分の悪かったところを反省している
  • 切り替えがはやく、次の彼女を作ろうと考えていることも

 

別れ方や男性の性格によっては、1ヶ月よりも長めの冷却期間が必要な場合もあるので、焦らずに長めの冷却期間を設けましょう。

元彼に会わない間は、この2つに力を入れることをオススメします。

 

  • 自分磨き
  • 自分の欠点の改善

 

復縁はもちろん、ぜひ今後のあなた自身のためにも、少しずつ生まれ変わる努力をしてみてくださいね。

どんなときでも焦らず、前向きに頑張っていきましょう!