未分類

やってはいけない別れ方は?大人の別れ方をしてもう一度彼とやり直す

やってはいけない別れ方は?大人の別れ方をしてもう一度彼とやり直す

 

「やってはいけない別れ方ってある?彼氏に別れを告げられそう…復縁しやすくする別れ方があれば知りたい!」

 

別れを切り出されることをなんとなく分かっているとき、なるべく復縁に繋げられる別れ方をしたいと思いますよね。

復縁を望むなら、振られるときには先を見据えて大人の対応をすることも大切です。

 

また、別れたあとの過ごし方にも気をつけなくてはいけません。

あなたがどんな対応をするかによって、今後の2人の未来は大きく変わっていきますよ。

 

今回は、復縁するためにやってはいけない別れ方、別れたあと復縁する方法について、以下の内容をお話ししていきます。

 

  • やってはいけない別れ方
  • 復縁しやすい大人の別れ方
  • 別れたあと彼と復縁するためにすべきこと
  • 別れたあと復縁を遠ざけるNG行動

 

振られそうと思ってネガティブに構えていると、そのまま完全に彼とお別れになってしまいます。

それよりも、別れる前からしっかり心構えをしておけば、復縁の可能性はアップするはずです。

不安になっている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

目次
  1. やってはいけない別れ方は?別れを切り出した男性がうんざりする対応
    1. 感情的になったり泣いたりする
    2. 彼のことを責める・彼に対して怒りをあらわにする
    3. 「あなたしかいない」など彼に依存した態度を見せる
    4. 別れを切り出されたあと、いきなりブロックする
    5. 別れを切り出されたくなくて自然消滅気味になる
    6. 「他に好きな人がいるからいい!」など嘘をつく
  2. やってはいけない別れ方をしない!復縁しやすい「いい女の別れ方」を紹介
    1. 彼が「別れたい」と言ったら素直に受け入れる
    2. 彼の話をしっかり聞き、彼の意見を尊重する
    3. 自分の至らなさを素直に詫びる
    4. 彼を責めず、「付き合っているときは楽しかった」と伝える
  3. 好印象を残す別れ方をしたあと、彼ともう一度やり直すための方法は?
    1. 3ヶ月から半年程度冷却期間を設ける
    2. 冷却期間中は自分から一切彼に連絡しない
    3. 冷却期間中は気持ちの整理と自分磨きに時間を使う
    4. 自分の欠点を直すことも忘れずに
    5. 彼が見ているSNSにはポジティブな書き込みをする
    6. 冷却期間のあと、彼に軽い調子で連絡し友だちからやり直す
  4. やってはいけない別れ方の後も注意!彼との復縁が遠ざかるNG行動は?
    1. 自分から彼に何度も連絡する
    2. SNSに病んだ書き込みをする
    3. 共通の友人に彼の悪口を言う
  5. まとめ

やってはいけない別れ方は?別れを切り出した男性がうんざりする対応

やってはいけない別れ方は?大人の別れ方をしてもう一度彼とやり直す

 

別れを切り出されたとき、あなたの対応次第では今後復縁できる可能性が減少してしまいます。

やってはいけない別れ方とは、主にこのような別れ方です。

 

  • 「別れたくない」と大泣きして感情的にすがる
  • 彼を責めたり、怒りをぶつける
  • 「私にはあなたしかいない」と彼に依存した態度を見せる
  • 別れ話もちゃんと聞かず、いきなりブロックする
  • 別れを切り出されたくなくて音信不通にする
  • 「私も他に好きな人がいるから」と彼を不快にする嘘をつく

 

これらは全て別れ際に彼にマイナスな印象を与えてしまうため、やってはいけない別れ方です。

いくら彼から別れを言われて傷ついたからといって、彼を不愉快にしてしまったら、復縁の可能性は遠のいてしまいます。

 

復縁のためには、どんなに悲しくても冷静な対応をすることが大切です。

ここでは、別れを切り出した彼氏がうんざりしてしまう「やってはいけない別れ方6つの行動」について、順に詳しくお話ししていきます。

 

感情的になったり泣いたりする

 

大好きな彼氏から「別れたい」と言われたとき、悲しすぎて思わずパニックを起こしそうになってしまいますよね。

だからといって、感情的になったり泣いたりするのは絶対にやめておきましょう。

 

別れを告げたとき彼女に泣かれたら、男性はこのような気持ちになり、マイナスな印象を持ちます。

  • 罪悪感に苛まれる
  • 「めんどくさい」「うざい」と彼女を拒絶したくなる
  • 別れて正解だったと自分の行動に納得する

 

振られて辛い気持ちになるのは当然ですが、感情をあらわにしても彼の気持ちを取り戻すことはできません。

男性は感情的になった女性が苦手なため、「これ以上は話しても意味がない」と投げ出してしまい、話し合いをすることを嫌がる人もいます。

 

そうなると別れ際の印象が悪いままとなってしまい、復縁できる可能性も低くなってしまうのです。

 

彼のことを責める・彼に対して怒りをあらわにする

 

彼氏から振られたときに、ショックを通り越して彼に対して怒りを感じてしまうこともあるでしょう。

でも怒りを彼にぶつけても、何も良いことはありませんよね。

 

たとえば、このようにあなたが怒りをあらわにしたら、結果的に喧嘩に発展して関係が悪化したまま終わってしまいます。

  • 「ずっと一緒にいるって言ったくせに、嘘つき」と言って彼を責め立てる
  • 別れの原因があなたにあると言われた時に、カッとなって言い返す

 

そうなると彼があなたと「復縁したい」と思う可能性は低くなってしまうのです。

「最悪の元カノだった」と思われ続けないためには、振られた時にはカッとなって彼を責めないようにしましょう。

 

「あなたしかいない」など彼に依存した態度を見せる

 

「どうにかして彼の気持ちを繋ぎとめたい」そう思うのは当然ですが、だからと言って彼にすがりつくのは、完全に逆効果となります。

女性がついやってしまうのは、このような依存したすがり方です。

 

「私にはあなたしかいない…」

「あなたと別れたらもう生きていけない…」

 

彼に執着している姿や依存した態度を見せることによって、彼の中であなたの存在が一気に重荷に感じられるでしょう。

なぜなら、男性は依存心の強い女性に魅力を感じないからです。

 

もちろん、女性から愛されることは男性にとって嬉しいことですが、愛ではなく重たい依存や執着を感じると、全く別物になってしまいます。

男性にとって女性にべったりと依存されることは、精神的負担になってしまうだけなのです。

 

あなたがしつこくすがりつくことで彼は完全に心を閉ざし、その後は二度と関わりを持つ気にならない危険性もあるので注意しましょう。

 

別れを切り出されたあと、いきなりブロックする

 

彼氏から別れを切り出されたあとに、勢いでLINEをブロックしてしまうのも絶対にやめておきましょう。

振られたことに対するあてつけですし、別れたからといっていきなりLINEブロックや着信拒否されたら、誰だって不愉快になりますよね。

 

それは復縁を遠ざける悪い行為です。

また、当然ですが、ブロックすることで彼からの連絡を受けることができなくなります。

 

となると、ふと元彼があなたに連絡してみようと思ったときにブロックされてると知ったら、そこで完全に彼の中で関係が終わるでしょう。

また、もし別れたことを元彼が後悔しても、「ブロックされてるからもう元には戻れない…」と諦めてしまうことになります。

 

このように本来なら復縁できたはずなのに、あなたの行動が原因で望みが断たれてしまうこともあるのです。

それに、ブロックしていることを知った彼からブロックされる可能性もあり、そうなったら取り返しがつかなくなってしまいます。

 

別れを切り出されたくなくて自然消滅気味になる

 

彼氏から面と向かって別れを切り出されることを、「怖い」「逃げだしたい」と思ってしまう女性もいるでしょう。

でも、悲しい現実と向き合うのを恐れて、音信不通にしたり、自然消滅に持ち込もうとするのはやめましょう。

 

別れ話が怖いからといって、このような行動は避けるべきです。

  • 彼の気持ちが冷めていると感じたとき、わざと既読無視や未読無視をする
  • 別れを切り出される空気を察して、話をそらしたりその場から逃げ出す

 

このような行動をとることで、2人の距離感は自然と離れていき、結果的にそのまま何も言わず終わってしまいます。

そうなるとお互いに大きな傷は残りませんが、気まずくなってもう二度と連絡を取れない状況に陥ってしまうでしょう。

 

復縁に繋げたいなら、別れが怖くても逃げ出さないことが大切です。

 

「他に好きな人がいるからいい!」など嘘をつく

 

彼氏から振られたという現実が受け入れられず、強がって嘘をついてしまうのもよくありません。

少しでも自分自身の心の傷を浅くしようと思い、突発的に以下のような発言をしてしまう場合もあるでしょう。

 

「他に好きな人がいるから、別れてあげてもいいよ」

「実は私も別れたいと思ってたから、ちょうどよかった」

 

「他に好きな人がいる」というのは、彼氏にとっては「浮気してたのかよ…」と思える衝撃的な発言ですよね。

また、「別れたいと思ってた」と言ってしまうと、彼の中で円満な別れとなりあなたの存在が心に残りにくくなるでしょう。

 

どちらにしても、自分の気持ちに嘘をつくことはよくありません。

復縁に繋がりにくくなるので、強がるのは絶対にやめておいてくださいね。

 

やってはいけない別れ方をしない!復縁しやすい「いい女の別れ方」を紹介

やってはいけない別れ方は?大人の別れ方をしてもう一度彼とやり直す

 

やってはいけない別れ方をしないためには、復縁しやすい「いい女の別れ方」をすることが大切です。

彼氏から別れを告げられたときは、感情的になってすがりついたりせず、冷静に大人な対応をすることで復縁に繋がります。

 

だから、取り乱してしまいそうな気持ちをグッと堪えることを心掛けましょう。

ここでは、やってはいけない別れ方をしないために、「いい女の別れ方」の以下の4つのポイントをご紹介していきますね!

 

  • 彼が「別れたい」と言ったら素直に受け入れる
  • 彼の話をしっかり聞き、彼の意見を尊重する
  • 自分の至らなさを素直に詫びる
  • 彼を責めず、「付き合っている時は楽しかった」と伝える

 

彼が「別れたい」と言ったら素直に受け入れる

 

別れを切り出されたときは、辛くてもまず素直に受け入れることが大切です。

とはいえ、「あっさり別れを受け入れたら納得したと思われて、もう戻れないのでは…?」と、不安に思ってしまいますよね。

 

実はそれは大きな間違いで、逆に復縁に繋がりやすいのです。

素直に受け入れることで、彼にこのような印象を残すことができます。

 

  • 「いい元カノだった」「良き理解者」と思い、彼の中で良い印象が残り続ける
  • 思いがけず別れをあっさり受け入れられると、「別れるべきじゃなかったかも」と後悔することがある

 

このように、好印象を残すこと・後悔させられること、2つの効果が期待でき、じわじわと彼の気持ちを揺さぶることができるのです。

 

彼の話をしっかり聞き、彼の意見を尊重する

 

別れ話を切り出されると思わず耳を塞ぎたくなってしまうし、その場から逃げ出したい気持ちにもなりますよね。

でも、彼の話をしっかりと最後まで聞き大人の余裕を見せることが、復縁に繋げるポイントなのです。

 

また、彼の意見をしっかりと尊重してあげることも重要ですよ。

なので、このようなことは避けましょう。

 

  • 彼が話しているのに、「でも」「だって」と口を挟もうとする
  • 彼の考えに対して「それは違う」と全否定する

 

このようなことをしてしまうと、別れ話が長引く上にまるで喧嘩のような状態になって、関係は確実に悪化します。

別れ際のあなたの対応が今後の関係を左右するということをしっかり意識し、冷静に対応してくださいね。

 

自分の至らなさを素直に詫びる

 

彼の話を聞く中で、別れを決断した原因が少しでも自分にあると感じたら、その点についてはしっかりと謝罪しましょう。

 

「これまでずっと悩ませてたんだね…ごめんね」

「こういう結果になったのは私の至らなさが原因だと思う、本当にごめんなさい」

 

このように自分の至らなさを素直な気持ちで詫びることによって、別れたあと彼が後悔する可能性は高まります。

振られて辛いはずなのに素直に謝罪できる健気さに、男心が揺さぶられるのです。

 

最後の最後までいい女であり続けることを心掛けましょう。

 

彼を責めず、「付き合っているときは楽しかった」と伝える

 

もし彼が別れを決断した理由に納得がいかなくても、責めるのではなく感謝の気持ちを伝えてくださいね。

別れ際に相手を責めることは、お互いにとって何のメリットもありません。

 

「付き合っているときは本当に楽しかった」

「これまで一緒に居てくれてありがとう」

 

このような感謝の言葉を笑顔で伝えることで、2人の思い出が彼の中でどんどん美化されていきます。

特に、彼氏に原因があって別れることになった場合には、あなたから感謝を伝えられるなんて思ってもいないでしょう。

 

「自分のことを一番愛してくれた人」と後々気づいて、連絡してくる可能性は高いです。

好印象を残す別れ方をしたあと、彼ともう一度やり直すための方法は?

やってはいけない別れ方は?大人の別れ方をしてもう一度彼とやり直す

 

やってはいけない別れ方ではなく、彼に好印象を残す別れ方ができたら、あとは復縁するための行動を始めていきましょう。

彼ともう一度やり直すための方法として、こちらをオススメします。

 

  1. 3ヶ月から半年程度冷却期間を設ける
  2. 冷却期間中は自分から一切彼に連絡しない
  3. 冷却期間中は気持ちの整理と自分磨きに時間を使う
  4. 自分の欠点を直すことも忘れずに
  5. 彼が見ているSNSにはポジティブな書き込みをする
  6. 冷却期間のあと、彼に軽い調子で連絡し友だちからやり直す

 

もちろん、大人の余裕を見せて綺麗に別れたからといって、すぐに復縁できるわけではありません。

復縁に焦りは絶対に禁物です。

 

彼と本気でよりを戻したいのであれば、しっかりと段階を踏んでゆっくり彼と距離を縮めていってくださいね。

では、綺麗に別れたあとに彼ともう一度やり直すために、あなたがすべきことをご紹介していきます!

 

3ヶ月から半年程度冷却期間を設ける

 

彼氏に振られて別れたあと、すぐに連絡してしまうと復縁できる可能性は激減してしまいます。

「寂しい」「会いたい」その気持ちをグッと堪えて、3ヶ月から半年程度は冷却期間を設けましょう。

 

男性は別れてしばらくの間、元カノに対して未練をあまり感じません。

以下のように、自分から振って別れた男性の心理は時間が経つ毎に変化していきます。

 

  • 彼女を振った直後は自由になれた喜びを感じている
  • 数か月の間は自分の時間を楽しんでいる
  • 徐々に元カノの存在が気になり始める

 

つまり、別れてあまり時間が経たないうちに連絡しても、全く見向きもしてくれない場合があるということです。

それどころか「うっとしい」とさえ思わせてしまう危険性もあるでしょう。

 

でも、3ヶ月から半年程度しっかりと距離を置けば、元彼の方から連絡してくることも期待できますよ。

 

冷却期間中は自分から一切彼に連絡しない

 

冷却期間中は、どれだけ彼のことが気になっても自分からは一切連絡しないことが大切です。

このように、徹底的にあなたからはコンタクトをとらないようにしましょう。

 

  • LINEや電話は絶対にしない
  • 元彼のSNSはこっそり見るようにして、絶対に形跡を残さない

 

男性は追いかけられると逃げたくなり、逃げられると追いかけたくなる生き物です。

なので、元彼にとってミステリアスな存在になることで、逆に彼の中であなたの存在が大きくなっていきます。

 

結果的にスムーズに復縁に繋がる可能性も上がりますよ。

冷却期間中は、とにかく彼と関わりを一切断つことを心掛け、お互いの日常生活から存在を消しましょう。

 

冷却期間中は気持ちの整理と自分磨きに時間を使う

 

冷却期間を、ただじっと元彼からの連絡を待ち続ける時間にしないようにしましょう。

あなたがすべきことは、自分の気持ちを整理することと、自分磨きを行って魅力を高めることです。

 

「私は本当に元彼と復縁したいの?」「本当にまだ彼を好きなの?」と自分と向き合い自問自答してみましょう。

なぜなら、やみくもに元彼を求めていると、自分自身の気持ちを見失ってしまうことがあるからです。

 

途中で元彼への気持ちが冷めるのは不思議なことではないので、気持ちの整理は定期的に行ってみてくださいね。

それと同時に、外見的にも内面的にもこれまで以上に素敵な女性になれるよう、自分磨きを行って成長していきましょう。

 

たとえばこのような自分磨きをオススメします。

  • 自分に似合うファッションやメイクを本気で研究してみる
  • 美しい体型を手に入れるために運動やダイエットをする
  • 仕事や趣味に一生懸命に取り組んで、自分をアップデートする
  • 様々な人と交流を持ち心に余裕をもつなど、毎日を充実させる

 

大切なのはあなた自身が楽しむことです。

元彼を惚れ直させることを目指して、前向きな気持ちで何にでも取り組んでくださいね。

 

自分の欠点を直すことも忘れずに

 

自分磨きも大切ですが、自分の欠点を直すことも忘れずに行っていきましょう。

  • 振られる原因となった欠点
  • 付き合っていたときに彼から指摘されていた欠点
  • 自分でも「改善した方がいい」と思っている悪習慣

 

これらのことをしっかりと見直して改善していかなければ、元彼の気持ちを取り戻すのは難しいかもしれません。

もしあなたが振られたことに対して「自分は何も悪くない」と思っているのであれば、その考えは早めに手放しましょう。

 

もちろん、自分の欠点と向き合うのは決して楽しいことではありません。

でも、悪い部分をクリアにしていく作業は、自分でも成長を感じられて喜びを得ることができますよ。

 

成長して変わったあなたの姿を彼に見せることが、復縁への第一歩です。

 

彼が見ているSNSにはポジティブな書き込みをする

 

復縁を果たすためには、SNSの使い方にも気をつけなくてはいけません。

彼が見ているSNSには決してネガティブで病んだ投稿をせず、ポジティブで充実感が感じられる書き込みをしましょう。

 

  • 友達と笑顔で映っている写真を投稿する
  • 「仕事や趣味で毎日が充実していて楽しい」ということが伝わる書き込みをする

 

自分と別れたあと元カノが充実した毎日を過ごしていると、男性は「惜しいことをした」と思う傾向があります。

手の届かない存在になってしまったような気がして、寂しさも感じるでしょう。

 

そういった思いが、徐々に未練へと変わっていくのです。

 

冷却期間のあと、彼に軽い調子で連絡し友だちからやり直す

 

「冷却期間中に元彼からの連絡がなかった…」その場合、そこで諦めてしまう必要はありません。

自分で決めた冷却期間が終わったら、あなたの方から彼に連絡を入れてみましょう。

 

「久しぶり、元気してた?」と軽い調子で連絡すれば、返信がくる可能性は高まりますよ。

以下のようなメッセージを送るのは、絶対にやめておきましょう。

 

  • 「復縁したい」という気持ちを匂わせる文面
  • 他愛のない内容を綴った長文メッセージ

 

久しぶりの連絡が上記のようなものだと、彼は「何て返信すればいいんだろう…」と困ってしまうでしょう。

彼からの返信がきたら、まずは友達からやり直すつもりで楽しいやりとりを続けてくださいね。

 

焦って復縁をお願いするのではなく、ゆっくり関係を再構築していきましょう。

やってはいけない別れ方の後も注意!彼との復縁が遠ざかるNG行動は?

やってはいけない別れ方は?大人の別れ方をしてもう一度彼とやり直す

 

やってはいけない別れ方をしたとしても、その後の行動で復縁が遠ざかってしまうこともあります。

彼との復縁が遠ざかるNG行動として、このようなものに注意しましょう。

 

  • 自分から彼に何度も連絡する
  • SNSに病んだ書き込みをする
  • 共通の友人に彼の悪口を言う

 

あなたの行動次第では、元彼との復縁が絶対に叶わなくなってしまう場合があります。

では、どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか?

ここでは、やってはいけない別れ方をしたあと、彼との復縁が遠ざかるNG行動についてお話ししていきますね!

 

自分から彼に何度も連絡する

 

冷却期間中・冷却期間終了後どちらであっても、自分から彼に何度も連絡するのは絶対にNGです。

先にもお話ししましたが、冷却期間中は一切あなたから彼に連絡しないことが大事ですよ。

 

冷却期間後の彼とのやりとりにおいては、以下の注意点を抑えておきましょう。

  • 一通送ったら返信が来るまで待つ
  • 返信を急かすようなメッセージは絶対送らない

 

何度も連絡したり、返信を要求するなど、しつこさが感じられる行動をとることで彼の気持ちはどんどん離れていきます。

「友だちから始める」という心構えを絶対に忘れず、適切な距離感でやりとりを楽しみましょう。

 

SNSに病んだ書き込みをする

 

元彼が見ているSNSには、ポジティブな内容だけを投稿しましょう。

以下のような病んだ書き込みをしてしまうのは、あなたにとって何のメリットにもなりません。

 

  • 「別れてから辛い」「彼と会えないことが寂しい」などの未練を匂わせるような内容
  • 日常生活の中で落ち込んだ出来事について書き綴る

 

「病んだ書き込みをすれば彼の気を引けるかもしれない…」とあなたが思っているなら、その考えはすぐ手放しましょう。

男性はネガティブな女性に対して、全くと言っていいほど魅力を感じません。

 

「重い女」「めんどくさいヤツ」と、マイナスな印象しか持たないでしょう。

元カノが過去を振り返ることなく毎日を充実させていると知ると、また追いかけたい気持ちが湧いてくるものなのです。

 

共通の友人に彼の悪口を言う

 

振られて別れたあとは、時に元彼に対する怒りや不満などのマイナスな感情が湧いてしまうこともあるでしょう。

でも共通の友人には、彼の悪口を言わないようにした方が良いですよ。

 

その場の勢いや、「この人になら言っても大丈夫」と信じて悪口を言ってしまうと、あっという間に本人の耳に入ってしまう危険性があります。

そうなると、彼は完全にあなたを拒絶するようになってしまうでしょう。

 

共通の友人には、以下のような元彼についてのポジティブな話題だけを語るようにすべきです。

  • 彼との良い思い出を話す
  • 彼の好きな部分や尊敬できるところについて話す

 

これなら本人の耳に入っても嫌な気はしないし、むしろあなたの印象はかなり良くなるでしょう。

まとめ

やってはいけない別れ方は?大人の別れ方をしてもう一度彼とやり直す

 

やってはいけない別れ方をして復縁を遠ざけないためには、このようなことをしないことが大事です。

  1. 感情的になって大泣きしない
  2. 彼を責めたり怒らない
  3. 「私にはあなただけなの」と彼に依存しない
  4. 別れたあとすぐにブロックしない
  5. 別れ話をされたくないからと連絡を避けない
  6. 「私にも他に好きな人がいる」と彼を不快にさせる嘘をつかない

 

彼氏に振られることが何となく予測できているのであれば、そのときに備えて気持ちを落ち着けておきましょう。

冷静で大人な対応ができれば、復縁の可能性はグッと上がります。

 

また、別れたあとも慎重に彼との距離感を近づけていくことが大切です。

冷却期間は長いように感じられますが、自己成長に努めていれば毎日が充実してあっという間です。

 

彼のことばかり考えるのではなく、自分自身を向上させるために時間を使いましょう。

ネガティブになって弱音ばかり吐いていると、復縁は遠ざかってしまいます。

 

振られたからと言ってそこで終わりではないので、前向きな気持ちで行動を起こしてくださいね!