未分類

ラブラブだったのに急に振られた!別れを告げる男性心理と復縁方法

ラブラブだったのに急に振られた!別れを告げる男性心理と復縁方法

 

「ラブラブだったのに急に彼氏に振られたのはどうしてなの?急に振られても復縁できる?」

 

ラブラブで別れる雰囲気なんて全くなかったのにも関わらず、急に彼氏に別れを告げられると、頭の中が真っ白になってしまいますよね。

このように気になることがたくさん出てくるのではないでしょうか。

 

  • ラブラブだったのに急に振られるのはなぜ?
  • 急に振られた場合はどうする?
  • ラブラブだったのに急に振られても復縁できる?
  • 復縁するときにやってはいけないことってある?

 

そこで今回は、ラブラブだったのに急に振られた場合の対処法について、お話ししていきます。

また、急に振られたリアルな体験談や、別れを告げる男性心理、振られた理由別の対処法もご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください!

 

ラブラブだったのに急に振られた!みんなのリアルな体験談は?

ラブラブだったのに急に振られた!別れを告げる男性心理と復縁方法

 

ラブラブだったのに急に振られたとき、「どうして私だけこんな辛い目に遭わなきゃいけないの…」と思っている人が多いでしょう。

でも実は、同じような経験をしたことがある人はたくさんいるんです。

 

だから、まずは他の人の状況も知って、「自分だけではないんだ」「対処法はあるはず」と気持ちを落ち着けましょう。

ここでは、ラブラブだったのに急に振られたリアルな経験談をご紹介していきます!

 

急に振られた体験談①:合鍵を作ろうと言われた次の日に…

「その日の朝まで私のことを大好きだったはずなのに、前の日合鍵作ろっかまで言ってくれたのに、めっちゃラブラブだったのに。

 

次の日に突然、好きな子ができたと言われました。

彼曰く、私のことは変わらず好きだけど その子のことを私よりも好きになってしまったということでした」

 

彼女に合鍵を作ろうと言った次の日に、他の女性を本気で好きになるなんて、そんなこと本当にありえるのかどうしても疑ってしまいますよね。

ただ、付き合っていた期間にもよるでしょう。

 

もし付き合ったばかりだったのなら、その男性は、ただ単純にすぐ他の女性に目移りしてしまうような、軽めの男性だったのかもしれません。

だから、これ以上深入りする前にわかって良かった相手なのです。

 

急に振られた体験談②:2年以上付き合っていた彼に…

「2年以上付き合っていた彼がいました。

最後に会ったときは彼の誕生日でしたが特に違和感はなく、一緒にご飯を食べ、誕生日プレゼントを渡し、普通に楽しく過ごしました。

 

でもその5日後、「急にごめん。もう別れようと思う。今までありがとう」とのラインが。

あまりにも突然のことで理解も納得できなかったので、「どういうこと?本気?」と送りましたが、彼からは「本気」との返信がありました。

 

最後まで多くを語らない彼でしたが、私はこの宙に浮いたような気持ちを1人で処理していかなければならないのでしょうか」

 

2年も付き合った結果、たった1行のラインで終わらせるなんて、あまりにも彼女のことを考えていない自分勝手な行動ですよね。

しかも、誕生日をお祝いしてくれた彼女に対してひどすぎます。

 

もちろん、無理をして付き合うことは間違っていますが、相手が納得できるよう話し合う機会を設けるなど、相手への気配りも大切にするべきです。

 

急に振られた体験談②:振られる2日前にいつも通りデートしたのに…

「振られる2日前にいつも通りデートしていました。

その日も特に変わった様子はなく、朝まで一緒にいようと言われたりラブラブでした。

 

結局、翌日仕事だったので私は帰宅しました。

そして翌日、付き合って初めて丸1日連絡が来ず、その翌日はやっと連絡が来たのですが、夜に突然LINEで振られました。

 

どうやら彼は、私と出会う前に振られた元カノにヨリを戻してほしいと言われたそう。

私たちはまだ付き合って2ヶ月でしたが、2日前までラブラブでほぼ毎日一緒に会っていて、女の影なんてゼロでした。

 

それなのに突然振られるなんて訳もわからないし、彼は私と別れるためにそんな嘘をついているんじゃないのかと思ってしまいます。

 

これはあくまでも私の推測ですが、本当は最後に会った日、私に対して嫌な事があって急激に冷めてしまったんじゃないかと。

だから嘘の理由を言って私から離れたんじゃないかと思います」

 

この方の体験談も、聞いているだけで胸が痛みますよね。

あまりにも突然すぎますし、最後にデートした日の翌日、1日中連絡が来ない間に相手の男性に何があったのかとても気になります。

 

真相はわかりませんが、裏で元カノと繋がっていた可能性も否めないでしょう。

ラブラブだったのに急に振られるのはなぜ?別れを告げる男性心理は?

ラブラブだったのに急に振られた!別れを告げる男性心理と復縁方法

 

ラブラブだったのに急に振られるなんて納得がいきませんよね。

実際、彼女と上手くいっていたのに突然別れを告げる男性心理には、このようなものがあります。

 

  • どうしても許せないことがあった
  • 日頃の小さなモヤモヤが積み重なって爆発した
  • 新しく好きな人ができた
  • 元カノがどうしても忘れられないことに気づいた
  • 1人の時間を大切にしたくなった
  • 他に打ち込みたいことができた
  • 恋愛に疲れてしまった

 

ラブラブだったのに急に彼氏に振られたとき、最初に思うのは「どうして振られたの?」という、とてもシンプルな疑問です。

倦怠期だったり、別れる雰囲気があったのならまだしも、ラブラブなときに振られるのは本当に「?」で頭がいっぱいになりますよね。

 

ここでは、上手くいっていたのに急に別れを告げる男性心理について、詳しくご紹介していきます。

「ラブラブだったのになぜ?」という疑問を少しでも解決するために、そして今後のためにも、ぜひ参考にしてみてください!

 

どうしても許せないことがあった

 

元彼はあなたに対して、どうしても許せないことがあったのかもしれません。

これは珍しいケースですが、「付き合う上でどうしても許せない」と思うことがあると、急に別れる原因になってしまうことも。

 

男性が彼女を許せないと思うのは、以下のようなことが原因の場合があります。

  • 口癖が苦手
  • 言葉遣いが悪い
  • 金遣いが荒すぎる
  • 食べ方が汚い
  • 短気で怒りっぽい
  • 束縛や駆け引きをしてくる
  • 人の悪口を言う

 

正直、「確かに自分が男だったら嫌かも…」「別れたくなる気持ちもわかるかも…」と納得してしまうことばかりですよね。

ラブラブ期だと我慢もできますが、気持ちが少し落ちつくと「やっぱりどうしても無理!」となって別れに繋がってしまうこともあります。

 

日頃の小さなモヤモヤが積み重なって爆発した

 

日頃の小さなモヤモヤが積み重なって爆発するのは、ラブラブだったのに別れを告げる男性に1番多いケースです。

そもそも男性は、嫌なことを「イヤ」と言わず、とりあえずその場を取り繕う性質があります。

 

なぜなら、好きな女性や大切にしている彼女から「器の小さい男」「心に余裕のない男」なんていう風には、絶対に思われたくないからです。

これは男性ならではのプライドですよね。

 

ただ、男性だって女性と同じように人間なので、当然嫌なこともたくさんあり、モヤモヤが積み重なって大きなストレスを感じることも。

そして、我慢の限界を迎えるときが来るんです。

 

そんな男性によくあるのは、「本当はあのとき嫌だったんだ…」と過去を蒸し返すような言い方をされてしまうこと。

「いつか爆発してしまうくらいなら、そうなる前に嫌なことを言ってくれればいいのに…」と女性からすると思ってしまいますよね。

 

でも、どうしてもそう言えないのが男性なのでしょう。

 

新しく好きな人ができた

 

急に別れを告げる男性の中には、「新しく好きな人ができた」という人も珍しくありません。

ただ、この理由で別れを告げる男性はとてもマメなタイプなので、振られた女性からすると、「女の影なんてなかったのに…」とビックリするでしょう。

 

自分だけがラブラブだと思っていたなんて、本当に悲しすぎます。

こういう男性は彼女とも良い関係を築きながら、同時に他の女性にもアプローチを仕掛けられる、いわば「やり手の男性」。

 

つまり、女性の扱いがとても上手なんです。

もし元彼があなたと別れた後、すぐ他の女性と付き合い始めたのなら、あなたと付き合っていた頃から他の女性と繋がっていた可能性もあります。

 

元カノがどうしても忘れられないことに気づいた

 

これまでの3つよりはレアなケースですが、「元カノがどうしても忘れられないから」という理由で、今の彼女に別れを告げる男性もいます。

この場合、「元カノと比べられた結果、振られた」ということです。

 

付き合っていた期間によって受けるショックの大きさは違いますが、もし長く付き合っていたのなら、言葉では表せないほどのショックですよね。

 

それに、すでに元彼の気持ちは元カノへ向いてしまっているので、残念ながら、ここから復縁するのもとても難しくなってしまいます。

ただ、だからと言って復縁は絶対に無理ではありません。

 

ゆっくりと時間をかけながら攻め方を考え、慎重に少しずつ距離を縮めていけば、またあなたの元に戻ってくる可能性は十分あるでしょう。

 

1人の時間を大切にしたくなった

 

「1人の時間を大切にしたくなった」という理由で、彼女に別れを告げる男性も。

そもそも男性は、自分の時間を大切にしたい気持ちが女性より強く、1人で過ごす時間が減ってしまうと、彼女の存在が負担になっていきます。

 

ただ、「だからと言って何も別れなくても…」と思う人もいるはず。

でも、男性の中にはこのように物事を極端に考える人が多いので、「自由になれるならもう別れちゃおう」と決断してしまうことも多いんです。

 

男性と一緒に過ごす時間も、離れて過ごす時間も大切にするためには、お互いの考え方を尊重しながら寄り添い合うのがベストでしょう。

 

他に打ち込みたいことができた

 

彼女に急に別れを告げる男性の中には、「恋愛以外に打ち込みたいことができた」というケースもあります。

これは振られる女性にとっては、「私が邪魔だってこと…?」「私のことはどうでもいいの…?」と大きなショックを受けますよね。

 

確かに、自分勝手な男性心理なので、理解に苦しみます。

同じ気持ちで付き合い始めたからこそ、「他のことがしたくなったから別れたい」なんて言われても、すぐに納得できなくて当たり前でしょう。

 

でも、物事の両立が苦手な男性が多いのは事実です。

「別れる必要はないよね?」と女性が思うことでも、男性は「もう恋愛をしている余裕はない」と最初から決めつけてしまうのかもしれません。

 

恋愛に疲れてしまった

 

恋愛に疲れて別れを告げる男性も珍しくありません。

この場合、あなたとの交際期間中に「恋愛なんてもう懲り懲りだ…」とつい彼が思ってしまうような、何らかの出来事があった可能性があります。

 

以下の中に思い当たることはないでしょうか?

  • 自分の都合ばかりを彼に押し付けていた
  • 気に入らないことがあると不機嫌になっていた
  • 彼の優しさに甘えてわがままばかり言っていた
  • 束縛して彼の行動を制限していた

 

もしこのような出来事が日常的にあったのなら、元彼はあなたとの恋愛に疲れていたのかもしれません。

不満があることを隠し、でもじわじわと積み重なってあなたとの別れを決意した可能性があります。

ラブラブだったのに急に振られた場合はどうする?

ラブラブだったのに急に振られた!別れを告げる男性心理と復縁方法

 

ラブラブだったのに急に振られた場合、まずは以下の2つを大事にしてみてください。

  • まず元彼に落ち着いて理由を聞く
  • 適度な冷却期間を設けることも大切

 

ラブラブだったのに急に振られた場合、状況が理解できず頭の中が真っ白になり、「これからどうすればいいの…」と路頭に迷ってしまいますよね。

 

ここからは、ラブラブだったのに急に振られた場合の対処法をご紹介していきます。

大好きな彼氏に急に別れを告げられて悩んでいる人は、ぜひ参考にしていただき、自分なりに行動してみてください!

 

まず元彼に落ち着いて理由を聞く

 

まずは一旦冷静になり、元彼に別れる理由を聞きましょう。

別れを告げられたばかりだと感情的になりやすいですが、こんな時だからこそ落ち着いて、「別れる理由を教えてほしい」と素直に言うのです。

 

なぜなら、理由がわからないままだと、この先の復縁もしづらいからです。

状況を整理するためにはもちろん、今後どのように関係を改善していくべきか考えるためにも、落ち着いて別れた理由を聞いてみてください!

 

適度な冷却期間を設けることも大切

 

別れを告げられると、「イヤだ、別れたくない!」と、ついすがりたくなることもあります。

でも、別れを決意したばかりの元彼を必死に追いかけたところで、残念ながら、元彼の気持ちを変えられる可能性は極めて低いでしょう。

 

そこで大切なのは、「冷却期間」を設けることです。

冷却期間は、別れたあとのカップルが一切連絡をとらず、離れて過ごす期間のことで、冷静になって気持ちを整理するための期間でもあります。

 

とはいえ、今離れてしまうのは不安かもしれません。

ただ、長い目で見てみると、冷却期間をしっかり設けることで、元彼が抱いているあなたへのイメージをリセットすることもできます。

 

つまり、それによって復縁の可能性を高くできるんです。

冷却期間の長さは別れた原因や別れ方などによって異なりますが、最低でも1ヶ月~半年程度設けることをおすすめします。

 

ラブラブだったのに急に振られたときの理由別の対応方法は?

ラブラブだったのに急に振られた!別れを告げる男性心理と復縁方法

 

ラブラブだったのに急に振られたときの対応方法は、以下の理由別によって変わってきます。

  • 彼女側に欠点がある場合
  • 元彼が別な人を思っている場合
  • 1人の時間がほしい・恋愛に疲れている場合
  • 他に何かしたいことがある場合

 

ここからは、ラブラブだったのに急に振られたときの対応方法について、4つの理由に分けて具体的にご紹介していきます。

ぜひ一人で悩まずに参考にしてみてください!

 

彼女側に欠点がある場合

 

もし彼女であるあなた側に欠点がある場合、まずは素直に謝ることが大切です。

「嫌な気持ちにさせるつもりはなかった」と言いたくなる気持ちもわかりますが、彼が少なからず嫌な思いをしてしまったのは事実と受け止めましょう。

 

「彼がどう思うか」が、ここでは大切なポイントです。

なので、とにかく素直に謝って「これからはもうしない」「同じことで傷つけない」と約束すれば、意外とすんなり許してくれる可能性もありますよ。

 

たとえ今すぐ許してもらえなくても、最後にちゃんと謝ってくれたことで、あなたに対するイメージが良くなることは間違いありません。

 

元彼が別な人を思っている場合

 

元彼が他の女性を好きになって別れた場合、ここは一旦冷却期間をしっかりと設け、時間が経った後再度アプローチするのが賢明でしょう。

残念ながら今の元彼は、他の女性を魅力的に感じている状態。

 

そんなときに「いいから私を見てよ!」とアプローチしても、「重たい女」「しつこい女」だと思われ、余計に気持ちが離れてしまうだけです。

でも、一旦距離をとることで、あなたへのマイナスなイメージを持たなくなります。

 

とはいえ、悔しくて居ても立っても居られない気持ちになりますよね。

その気持ちはとてもよくわかりますが、自分の気持ちや勢いだけで動いてしまわないように注意です!

 

1人の時間がほしい・恋愛に疲れている場合

 

元彼が1人の時間がほしかったり、恋愛に疲れている場合、具体的にどのようなことが嫌だったのかを聞いてみることが大切です。

もしあなたの束縛が原因なら、謝って改善すれば大丈夫!

 

ただ、一度嫌になってしまうと、「謝られてももう無理だから」と拒絶されてしまう可能性もありますが、その場合は冷却期間を設けましょう。

 

他に何かしたいことがある場合

 

元彼に他に何かしたいことがある場合、応援する姿勢をしっかりと見せ、「付き合い方を変えるように頑張る」と伝えてみましょう。

男性は不器用な生き物なので、一時的に恋愛が負担になることもあるからです。

 

でも、どんな時でもそばで支えてくれるあなたがいることで、「やっぱり俺にはこの子しかいない」と考え直してくれるかもしれません。

 

大切なのは、今の彼の気持ちに寄り添ってベストな距離感を保つこと。

ただ、ベストな距離感は人それぞれ異なるので、そこは彼の話を聞いて、彼に合わせられるようにすると良いでしょう。

 

ラブラブだったのに急に振られたとき、やってはいけないNG対応は?

ラブラブだったのに急に振られた!別れを告げる男性心理と復縁方法

 

ラブラブだった彼に急に振られた時にやってはいけないこと、以下のNG対応をご紹介していきます。

  • 感情的になったり泣いたりする
  • 「あなたしかいない」と相手に依存した態度を見せる
  • SNSなどで病んだ発言をする
  • 周囲に元彼の悪口を言う

 

予想外なことが起こると、焦ってしまうのが人間ですよね。

でも、NG対応は今後の2人の関係を悪化させてしまう可能性があるので、本気で復縁を考えている人は、できるだけ避けてください。

 

ここでは、そんなNG対応について詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

感情的になったり泣いたりする

 

急に振られるとつい感情的になり、彼の前で泣いたりする女性もいますよね。

泣いてしまうほど辛くなる気持ちはわかりますが、今後の復縁を成功させるためには、感情的になって泣くのは何としても避けたいものです。

 

男性は、感情的に責めてくる女性が苦手ですし、「これ以上なにを話しても無駄」と思われてしまいます。

彼の前ではグッと堪え、落ち着いてちゃんと話し合いができることをアピールしましょう。

 

「あなたしかいない」と相手に依存した態度を見せる

 

「私にはあなたしかいない」とすがるのは、別れ際の女性がやってしまいがちなことです。

でも、これは「私はあなたがいないと何もできないの」と言っているのと同じで、相手に依存した態度を自分から見せていることになります。

 

男性は自分に依存してくる女性には魅力を感じません。

むしろ、別れを告げて「そっか、わかった」とあっさり自分の元を去っていくような女性ほど、「え、待って…」と追いかけたくなるものなんです。

 

追いかける恋愛を好む男性心理を理解し、上手に使うことが大切です!

 

SNSなどで病んだ発言をする

 

SNSなどで病んだ発言をするのはやめましょう。

元彼が見ている見ていないに関わらず、誰が見ているかもわからない場で「寂しい」なんて発言をする女性に、別れた彼が魅力を感じるわけありません。

 

たとえ裏垢だとしても、どこから元彼の耳に入るかもわかりませんよね。

誰かにどうにかしてもらおうと思わず、自分自身の生活を自分で充実させ、ポジティブに過ごしていけるように意識してみてください!

 

周囲に元彼の悪口を言う

 

周囲に元彼の悪口を言ってしまう女性もいますよね。

でも、そこにどのような意図があったとしても、元彼の悪口を言うのは決して良い事ではなく、残念ながら何のメリットもありません。

 

それにどこからか元彼の耳に入る可能性もあります。

別れたあとに自分の悪口を言っているような元カノに対し、「やっぱり復縁したい!」と思う男性はいないはずです。

 

急に振られた側として思うことは色々あるかと思いますが、それは自分の中だけに留め、他の方法でストレスを発散していきましょう!

まとめ

ラブラブだったのに急に振られた!別れを告げる男性心理と復縁方法

 

ラブラブだったのに急に振られた時の男性心理には、このようなものがあります。

  • どうしても許せないことがあった
  • 日頃の小さなモヤモヤが積み重なって爆発した
  • 新しく好きな人ができた
  • 元カノがどうしても忘れられないことに気づいた
  • 1人の時間を大切にしたくなった
  • 他に打ち込みたいことができた
  • 恋愛に疲れてしまった

 

ラブラブだったのに急に振るなんて、「どうしてそんなことができるの?」と、つい元彼の人格すら疑ってしまいそうになりますよね。

もちろん、そうなるのも当然のことです。いたんのに突然別れを

 

でも、今さら何を言っても仕方がないので、まずは一旦落ち着いて、元彼に別れる原因を聞いてみることから始めていきましょう。

別れる原因がすぐに改善できることなら、素直に謝って改善すれば大丈夫!

 

ただ、元彼の気持ち次第で「今は何を言われても無理だから」という状態になっている可能性もあるので、すがらないように注意してください。

どんな状況からでも復縁できる可能性はあります。

 

すぐに関係を修復するのが難しいときは、しっかりと冷却期間を設け、元彼のペースに合わせながら少しずつ距離を縮めていきましょう!