未分類

別れたくない相手との成功例!恋人の引き留めに成功した人の共通点

別れたくない相手との成功例!恋人の引き留めに成功した人の共通点

 

「別れたくない相手との成功例ってあるのかな?恋人の引き留めに成功した人の共通点ってなんだろう」

 

別れたくない相手なのに、大好きな恋人なのに別れの予感がするとき、なんとか引き留めたいですよね。

恋人の引き留めに成功する人ってどうやっていたのかも知っておきたくなるのではないでしょうか。

 

  • 別れたくない相手と別れなかった成功例ってある?
  • 恋人の引き留めに成功した人の共通点ってなんだろう?
  • 恋人を引き留めるために絶対にしてはいけないNGな行動って何?

 

など、恋人と別れの危機にある人はいろいろと知りたいはずです。

今回はこのような別れたくない恋人がいる人に向けて、不仲な状態から恋人の引き留めに成功した人の共通点や体験談をご紹介します。

 

さらにこの記事では恋人の引き留めに失敗した人の共通点についても触れていきますので、絶対に別れたくない人はぜひそちらも参考にしてみてください!

 

別れたくない恋人の引き留めに成功した人に共通点はある?

別れたくない相手との成功例!恋人の引き留めに成功した人の共通点

 

恋人からの連絡が減っている、なんとなく上手くいっていなくて冷めた雰囲気になっている状況は、いつ別れを切り出されてしまってもおかしくありません。

しかし諦めるのはまだ早いのです。

 

実際にこのような冷めきった状態から別れを回避し、恋人の引き留めに成功した人はたくさんいますよ。

別れたくない恋人の引き留めに成功した人共通点には、次のようなものがあります。

 

別れたくない恋人の引き留めに成功した人の共通点
  • お互いに落ちつくため1週間~1ヶ月程度冷却期間を設けた
  • 冷却期間中に相手への思いを整理した
  • 冷却期間後、落ち着いて2人で話し合う場を設けた
  • 話し合いではまず相手の話をよく聞いた
  • 自分の悪い点は素直に認め、謝った
  • 相手が好きだという気持ちを素直な言葉で伝えた
  • 相手への感謝をしっかり伝えた
  • 自分が変わる部分を具体的に提示した
  • 言葉だけではなく行動を大切にしている

 

大切な相手を失わないためにも、ひとつずつ確認していきましょう!

 

お互いに落ちつくため1週間~1ヶ月程度冷却期間を設けた

 

恋人と今にも別れる寸前、またはすでに別れ話が出ている時は、まずお互いに落ちつくために冷却期間を設けることが大切です。

カップルが険悪なムードになるのはさまざまな理由がありますが、おそらく不仲になっている時はネガティブな感情が高ぶっている状態でしょう。

 

「冷却期間を置くと、このまま別れることになるのでは?」と心配するかもしれません。

しかし、冷却期間は2人の心を落ち着かせる効果があるのです。

 

「相手から連絡があっても返事をしたくない」「電話も出たくない」「顔を見るなんて絶対にイヤ」など嫌悪感を抱いているケースもあります。

そんな状態の時に話をしようとしても、さらに感情的になるばかりで良い解決策が出てくることはありません。

 

せっかくやり直せるチャンスがあるのに、逆に勢いに任せて「もういい!別れる!」と言ってしまうリスクもあります。

したがって気持ちを落ちつけるためにも、1週間~1ヶ月程度の冷却期間を設けるべきです。

 

実際に別れ話になったものの、一度中断して冷却期間を設けたことで関係を修復させたカップルはたくさんいます。

自分が別れを切り出された側の場合、冷却期間中は不安になってしまうかもしれません。

 

まずは相手に冷静になってもらうことを最優先させた方がいいでしょう。

 

冷却期間中に相手への思いを整理した

 

冷却期間は短くて1週間、長くて1ヶ月程度です。

別れる寸前で恋人の引き留めに成功した人は、この冷却期間中に自分も相手への思いを整理しています。

 

別れたくない場合は、「どうして別れたくないのか」「相手に何を求めているのか」「今後どうしていきたいのか」など、具体的に考えてみることも大切ですね。

別れたいと言う相手にただ漠然と「別れたくない」と言っても気持ちは通じません。

 

自分の気持ちをしっかり伝えるためには、自分自身がまず考えを整理してまとめておくべきです。

冷静に落ち着いて考えてみると、本当に相手を必要としているのか、ただの見栄やプライドで付き合っていたいだけなのか、自分の本心が見えてくるでしょう。

 

ある程度の考えがまとまってきたら、「これだけは相手に絶対に伝えたい」ということがでてくるはずです。

冷却期間中に、日記やメモなどに書いて見直してみるのもいいかもしれません。

 

紙に書き出すと、心の中が整理できるだけでなく客観的に自分を見つめられるようになるでしょう。

その上でやっぱり相手が必要だと思ったら、別れを回避するための話し合いの場を設けることになります。

 

冷却期間後、落ち着いて2人で話し合う場を設けた

 

冷却期間は、それぞれカップルの事情や関係性によって変わります。

一般的には1週間~1ヶ月と言われていますが、お互いにまだ心の整理ができていない場合はもう少し長くなる場合もあるでしょう。

 

相手が今すぐにでも別れ話をしたいと言ってきた時も、自分の考えがまとまっていない場合はすぐに応じてはいけません。

自分も相手も落ち着いて冷静に会える状態になったら、まずは第三者を交えずに2人で話し合うことを提案してみてください。

 

また話し合いは2人きりになれる部屋や車の中でも良いのですが、意外と他人の目があるカフェなどの方が冷静に話し合えるという意見もあります。

またなるべくアルコールを飲んでいないタイミングが理想的です。

 

お酒が入ると、興奮したり些細なことで泣いたりしたくなることもありますよね。

他人の目があることで感情的になる気持ちをグッと抑えることができますし、冷静に話すことができるはずです。

 

したがって適度に仕切りがあって他のお客さんの声が聞こえにくく、適度にスペースを確保できる昼間のカフェやレストランなどで話すのもいいでしょう。

しかし別れ話が絡む繊細な話を誰かに聞かれたくないという場合は、この限りではありません。

 

実際にいつ、どこで話し合いをするかは相手の意見も聞きながら慎重に決めてみてください。

 

話し合いではまず相手の話をよく聞いた

 

話し合いではまず、相手の話を聞くことがなにより大切です。

恋人に別れようと言われている場合は、相手は自分に対して何か不満を持っているということですね。

 

その不満の内容を改めて確認しなければいけません。

過去に別れを回避して恋人の引き留めに成功した人も、自分の意見はとりあえず後回しにして先に相手の気持ちを聞いたというケースが多いようです。

 

この冷却期間を置いた後の話し合いでは相手も自分の気持ちを整理しているため、これまでには言わなかった不平不満を伝えてくる可能性が高いです。

初めて言われる恋人の本音に驚くこともあるかもしれませんが、まずはすべて一旦受け止めることが大切になります。

 

途中で反論したり、相手の言い分を遮ったりするのは良くありません。

特に誤解を受けていると感じたときなどは、特にすぐに反論したくなるはずです。

 

しかし、あとでゆっくり話し合う方が、誤解も解きやすくなるもの。

相手が冷静に話をしている間は、自分も冷静に落ちついて向き合うようにしましょう。

 

自分の悪い点は素直に認め、謝った

 

相手が話し終えたら、その内容次第では自分の悪い点は素直に認めて謝った方がいいですね。

知らず知らずのうちに、相手に嫌な思いをさせてしまうことはよくあるもの。

 

素直に受け止めて、反省することは大切です。

相手が不満に感じていることを反省しないようでは、関係を続けていくことは出来ません。

 

ただしこの時に理不尽過ぎるような責められ方をした場合は、そこでもう一度相手に対する自分の気持ちを振り返ってみても良いかもしれません。

例えば「LINEを送ったのに5分以内に返事をくれないからあなたが悪い」と言われたら困りますよね。

 

そんなことを言う相手とは付き合っていくのは不安でしょう。

ただし納得できる自分の悪い点を指摘され、それでも恋人を引き留めたいと思うなら、自分の至らなかったところを真摯な態度で謝るべきです。

 

相手がまだ別れることを迷っている段階なら、その態度を見れば考えを改めてくれる可能性は十分あります。

人は自分の意見をしっかり受け入れてくれる相手に対しては強い親近感を覚えますね。

 

恋人なら尚更その気持ちは大きいはずです。

最初は冷たい態度だった相手も、次第に優しい表情や態度に変わってくるでしょう。

 

相手が好きだという気持ちを素直な言葉で伝えた

 

相手の固い表情や厳しい態度が少し柔らかくなったら、「相手が好きだ」という自分の気持ちを素直な言葉で伝えてみましょう。

好きだという気持ちを伝えるのは一番重要なポイントです。

 

相手が別れようと考えた原因には、きっと2人の間で愛情が無くなったからだと考えているでしょう。

愛されていることが分かればきっと考えを改めてくれるはずです。

 

また恋人の心を引き留めるのに成功した人は、好きだという気持ちをとにかく分かりやすくストレートな言葉で表現しています。

最後かもしれない話し合いで見栄を張ったり格好をつけたりしても意味がありません。

 

成功者の多くは、普段の自分ではとても言えないような真っすぐな愛情表現が必要だったと語る人もたくさんいます。

相手が好きだと伝わる分かりやすい言葉はいろいろありますね。

 

「言わなくても分かる」という人もいますが、言わないと伝わりません。

好き、愛してる、誰よりも大切、ずっとそばにいてほしい、など素直な気持ちをそのまま伝えてみてください。

 

普段は寡黙でほとんど好きだと言わない人ほど、愛情を伝える言葉は効果的です。

恥ずかしいという気持ちは捨て、本音でぶつかることが相手を引き留められるかどうかのポイントになります。

 

相手への感謝をしっかり伝えた

 

想いが通じて相手が好きだと言う気持ちをもう一度受け入れてくれた時は、感謝の気持ちも伝えた方がいいでしょう。

一度は別れを決心していた相手なら、その気持ちを改めるのは非常に悩んだはずですよね。

 

それなのに真摯に向かい合って話し合いにも応じてくれたことには、素直に「ありがとう」と伝えることも大切です。

仲良しカップルが長続きするための秘訣は、「ありがとう」と「ごめんなさい」の2つを絶対に忘れないことだと言います。

 

いつも一緒にいると、ついつい当たり前のようになってしまって感謝の気持ちを忘れがちです。

しかし、相手を失う危機に陥った時初めて存在の大きさに気付くでしょう。

 

また感謝の言葉は何度伝えてもいいので、これまでの付き合いの中で嬉しかったことがあるならその感謝も一緒に伝えてみてもいいかもしれませんね。

 

自分が変わる部分を具体的に提示した

 

さらに恋人の引き留めに成功した人は、自分が変わる部分を具体的に相手に提示しています。

つまり自分の悪かった点をどのように直していくかという今後の話ですね。

 

もし恋人が寂しい思いをしていたなら週末のデートの時間を増やそう、毎日LINEや電話をしよう、などの解決策の提示が必要です。

具体的なアイデアが浮かばない時は、相手にも一緒に考えてもらうのも良いかもしれません。

 

2人で「これならやっていける」という解決策を出すことで、今までよりも深い絆を結べるようになるでしょう。

 

言葉だけではなく行動を大切にしている

 

2人の話し合いが済んだ後も、それで終わりではありません。

恋人の引き留めに成功した人は、実際に言葉だけでなくその後の行動も大切にしています。

 

口先だけだと思われないためにも、変わると言った言葉が本当であることを証明しなくてはいけません。

恋人がもう一度前向きに2人の関係を考えるようになってくれても、しばらくはまだ繊細な時期が続きます。

 

しっかり信用してもらうためにも、変わると言った言葉が嘘ではない様子を見せた方がいいでしょう。

誠実に行動する様子を見せれば相手も安心してくれるに違いありません。

 

行動で誠意を見せることも恋人の心を取り戻すのには非常に重要なことですね。

 

逆に、別れたくない恋人の引き留めに失敗した人の共通点はある?

別れたくない相手との成功例!恋人の引き留めに成功した人の共通点

 

続いてここからは、別れたくないのに恋人の引き留めに失敗した人の共通点も見ていきましょう。

 

恋人の引き留めに失敗した人の共通点
  • 別れ話が出たとき、泣いたり取り乱したりした
  • 別れ話を切り出した相手を責めた
  • 頻繁に相手に連絡し、依存した態度を見せた
  • 自分の悪い点を反省しない・言い訳した
  • 「相手が悪い」という態度をとり続けた
  • いきなり連絡をすべて絶つなど、子どもっぽい行動をとった
  • 相手の話を聞かなかった
  • これ見よがしに他の異性と遊びに行った

 

愛が冷めつつあるカップルはとても微妙な関係なので、些細なことがきっかけで別れ話はどんどん進んでしまいます。

後になって「対応を間違えた……」と後悔しないためにも、しっかりチェックしておいてくださいね。

 

別れ話が出たとき、泣いたり取り乱したりした

 

恋人を引き留められなかった人は、別れ話が出た時に泣いたり取り乱したりしてしまった人が多いのです。

相手の気持ちが冷めているのに、自分の気持ちを同情だけで引き留めようとしてもなかなか難しいでしょう。

 

本来は慎重に、冷静に行動しなければいけない状況なのに、取り乱す様子を見ると愛情はどんどん冷めてしまうこともあります。

泣きわめいて物を投げる、物に当たるなどは、冷めるどころか引かれてしまうでしょう。

 

また相手が話をしようとしているのに、それを聞こうとしない態度も良くありませんね。

相手を拒絶する態度に見えるため、別れ話はさらに加速してしまうでしょう。

 

「どんな言葉もまずは受け止める」という気持ちで、相手との話し合いに臨んでくださいね。

取り乱しそうになったら、一旦席を立つなど冷静になるように心がけましょう。

 

別れ話を切り出した相手を責めた

 

別れ話をする時に泣いたり取り乱したりするだけでなく、そのことで相手を責めた場合も同様です。

2人の関係が悪化したことで別れ話になっているのに、それを相手の責任のように責めるのは絶対にNGです。

 

もし別れ話で泣きながら相手を責められてしまったら、それで気持ちが変わってやり直そうという気持ちになれるはずがありませんね。

おそらくこのような行動をした時点で話し合いも破綻し、その場で決定的な別れが訪れるでしょう。

 

別れの件で相手を責めることはやめておくべきです。

どんなに責めたくなっても、冷静になることを心がけてください。

 

頻繁に相手に連絡し、依存した態度を見せた

 

また最初に冷却期間を設けようとした時に、しっかり距離を置かずに頻繁に相手に連絡をしていた場合もそのまま別れに繋がるケースが多いようです。

相手が冷静になる時間を与えず、依存した態度を見せてしまうとやり直すのは難しくなります。

 

返事が無いのに何度もLINEや電話をしたり、いきなり家や会社に行って待ち伏せしたりするのは絶対にやめるべきです。

また共通の知人などに2人の仲を取り持ってもらおうと必死になるのも相手が冷める原因になってしまうでしょう。

 

気持ちが離れてから依存した態度を見せるのは、逆効果だということをしっかり理解しておく必要があります。

やればやるほど、相手の気持ちは離れていってしまうので気を付けてくださいね。

 

自分の悪い点を反省しない・言い訳した

 

恋人の引き留めに失敗した人は、後で思い返した時に自分の悪い点を反省しなかったのも原因だったと考えています。

相手が別れようと思った理由を話してくれたのに、それを真摯に受け止めずに言い訳するのは最悪です。

 

「私にそうさせたのはあなたでしょ!」「私が悪いんじゃない」など逆切れなどももっての外ですね。

もし仮に相手にまだ情が残っていたとしても、その段階で完全に見切りをつけられてしまうでしょう。

 

「相手が悪い」という態度をとり続けた

 

別れたくないと言いながらも、中には「自分は悪くない」「あなたが全部悪い」という態度を取り続ける人もいます。

当然ですが、このような場合も恋人を引き留めることはできません。

 

プライドが高い人や自分本位な人は、話し合いでつい強気な態度を取ってしまう人もいますが、そんな態度で恋人の愛情を取り戻すことは絶対にできません。

しかも、完全に逆効果です。

 

相手を失いたくないなら、いつもより下手に出て誠実な態度を見せなくてはいけませんね。

もちろん相手にこびへつらう必要はありませんが、相手を責めるのはやめましょう。

 

いきなり連絡をすべて絶つなど、子どもっぽい行動をとった

 

恋人に別れたいと言われると、いきなり連絡をすべて絶つ人もいます。

別れ話をするのがいやだからとLINEをブロックしたり、電話に出なかったりはNGです。

 

これは決定的な言葉を言われたくない、話し合いに応じたくないという子どもっぽい行動ですね。

しかしきちんと話し合いに応じようとしないのは、大人の恋愛ではマナー違反です。

 

嫌なことから逃げても恋人との仲は決して改善しませんし、曖昧な関係のまま中途半端に長引かせることはお互いにとってデメリットでしかありません。

その間にも、相手の気持ちはどんどん離れていってしまうでしょう。

 

恋人を引き留めたいならLINEを拒否する、電話に出ない、SNSをブロックするなどの子どもっぽい行動は取るべきではないでしょう。

 

相手の話を聞かなかった

 

冷却期間を置いて話し合いの場を設けても、いざ向かい合った時に相手の話を聞かなければ意味がありません。

別れようと思っている相手は、最初は態度や言葉がキツイかもしれませんが、そこで相手を拒否すれば関係はそこまでです。

 

そこで大泣きしてしまう、席を立ってしまうなどでは話し合いもできません。

まずは相手の態度が柔らかくなるまで、辛抱強く話を聞くことが大切ですね。

 

恋人の引き留めに失敗してしまった人は、相手がせっかく話し合いの場に来てくれたのに、そのチャンスを台無しにしてしまったことを後悔している人が多いようです。

冷却期間を置いた後で話し合える機会はそう何度もありません。

 

貴重なチャンスをムダにしないためにも、相手の話はきちんと聞くようにすべきです。

 

これ見よがしに他の異性と遊びに行った

 

別れを切り出されると、自暴自棄になって他の異性と遊びに行ってしまう人もいますよね。

しかしこのような浅はかな行動も、相手を嫉妬させるどころか完全に愛情を失うことになります。

 

最後の最後に恋人を引き留められなかった人は、相手が浮気をしたから自分も同じことをして失敗した、相手に腹が立って浮気をして失敗したという人もたくさんいるのです。

実際に他の異性と関係を持たなかったとしても、恋人と別れ話が出ている微妙な時期に2人きりで遊びに行く時点でアウトでしょう。

 

失敗しやすいのは、冷却期間中が最も多くなります。

不安で寂しくなる時期についフラッと遊びに行ってしまってそれがバレると、もう話し合いも出来なくなる可能性が高いのです。

 

大して好きではない異性と出かけたばかりに、本当に好きな相手、大切な相手を失うのがけは避けたいもの。

冷却期間中に誰かに話を聞いてもらいたくなった時は、同性の友人などにしておくべきですね。

 

別れたくない恋人を引き留められたリアルな成功例を紹介!

別れたくない相手との成功例!恋人の引き留めに成功した人の共通点

 

最後に別れたくない恋人を引き留めるのに成功したリアルな体験談を3つご紹介します。

彼から別れを切り出されたものの、ベストな対応をして見事に関係を修復させた女性達のエピソードをご覧ください!

 

①しっかり話し合う時間を作った

 

交際期間が長くなり、次第に会話が減って会う時間も少なくなっていた2人。

ある日、彼から「もう終わりにしよう」と別れ話を切り出されました。

 

まだ彼が好きだった彼女はその日に彼の家に会いに行き、直接話を聞くことに。

するとそれまでは聞いたことが無かった様々不満を彼が抱えていることを告白したのです。

 

2人でゆっくり話し合いをした結果やはりお互いに離れたくないと考え、「これからは何か不満があったら素直に相手に相談しよう」とさらに絆が深まりました。

 

②冷却期間を置いて相手の大切さを再確認した

 

オフの日は彼女とのデートよりも友達と遊ぶことが多かった彼氏。

そして彼から突然「自分の時間がもっと欲しいから別れて」と言われました。

 

思わず驚いて「ちょっと待って。時間が欲しい」と言い冷却期間を設けることになったそうです。

そして、自分も彼にワガママばかり言っていたことなどを反省していました。

 

その後1ヶ月ほど経った頃、彼氏から彼女に連絡があったのです。

そして彼からは「完全に離れてみてやっぱり彼女の存在の大切さに気付いた。元通り付き合っていきたい」と言われたのだとか。

 

彼氏曰く、「友達と遊ぶのが楽しかったのも彼女がいた安心感があってこそだった」ということでした。

勢いに任せて別れをOKせず、冷却期間を設けたことで別れを回避することができたようです。

 

③お互いに自由な時間を尊重するようにした

 

平日も会える日は常にデート、オフの日は朝から夜までずっと一緒。

ラブラブだと思っていた彼女ですが、彼氏から「ずっと一緒は疲れる。自分の時間が欲しい」と言われたのです。

 

このままなら別れたいと告げられたため彼氏の気持ちを尊重し、少し寂しかったものの自分も趣味を充実させてお互いに1人の時間を作るようにしました。

すると彼の態度が目に見えて変わり、以前よりもずっと優しく接してくれるようになったのです。

 

デートの時間も単調では無くなり、たまに会うからこそ楽しく過ごせるように。

大好きでも常に一緒にいると疲れてしまうこともあるので、2人にとって一番心地良い距離感を見つけることも大切だと感じたのでした。

 

それぞれが自分の時間を大切にしているからこそ、2人で会う時間が充実するのでしょう。

これは、相手の時間を大切にしていることにもつながります。

 

いつも一緒にいることが、愛情の深さの証にはならないのですね。

いかがでしたか?

 

別れの瀬戸際から彼の気持ちを取り戻し、見事に関係を修復させたカップルは実際に存在しています。

上記3つのケースは「話し合い」「冷却期間を設ける」「お互いの時間を尊重する」という解決策が2人の関係を改善させました。

 

いずれも見事に上手くいったケースですが、世間のカップルごとに関係を修復させるポイントはそれぞれ違うはずです。

自分達は何をすべきか、どうすればお互いの信頼を取り戻すことができるのか、ぜひしっかり考えて大切な恋人の引き留めを成功させてみてください!

 

まとめ

別れたくない相手との成功例!恋人の引き留めに成功した人の共通点

 

今回は別れたくない相手を引き留めるために大切なことや、実際に引き留めることに成功したカップルの体験談についてご紹介しました。

重要なポイントについて要点をまとめましたので、最後にもう一度チェックしておきましょう!

 

  • 恋人を引き留めるためには1週間~1ヶ月程度の冷却期間が必要
  • 話し合いの場を設け、自分の悪い点は謝って相手への好意や感謝を伝えることが大切
  • これからの2人の関係について具体的に提示して話し合い、実際に変わる様子を行動で示すことも重要
  • 別れ話が出た時に感情的になり、相手を責めたり依存し過ぎたりするのはやめるべき
  • 自分の非を認めずに相手の話を聞かなければ、恋人を引き留めるのは難しい
  • これ見よがしに他の異性と出かけたり浮気したりするのは絶対にNG
  • 恋人の引き留めに成功した人は、自分の悪いところをしっかり改めて相手との関係性を見直している
  • 自分本位な考えや行動を反省せず相手の気持ちを考えずに行動していた人は失敗しがち

 

一度離れてしまった恋人の心を引き留められるかは、自分が誠意ある行動ができるかがポイントになります。

大切な恋人と再び信頼し合える関係に戻るために、間違った対処法を取らないように十分注意して行動しましょう!