未分類

復縁できるカップルの法則って?特徴や復縁までのステップを紹介!

復縁できるカップルの法則って?特徴や復縁までのステップを紹介!

 

「元彼と復縁したいけど、私たちは戻れる?『復縁できるカップルの法則』に当てはまってるのかな…」

 

大好きな元彼と復縁したいと望んでいる場合、復縁できる可能性があるかないかを気になるのは当然のことですよね。

実は、復縁できるカップルには様々な共通点や法則があります。

 

復縁を成功させるにはその法則を理解し、しっかりと段階を踏んで元彼との関係を再構築することも大切なのです。

今回は、『復縁できるカップルの法則』として、以下の内容を詳しくお話ししていきます。

 

  • 復縁できるカップルの8つの法則
  • 復縁できないカップルの4つの法則
  • 復縁までのステップと、別れた状況別の復縁までにすべきこと
  • 冷却期間中に復縁できるカップルがお互いやってること

 

それぞれを深掘りしていきますので、元彼と本気で復縁したい人はぜひチェックしてみてくださいね!

 

目次
  1. 復縁できるカップルの法則って?関係性に特徴や共通点はある?
    1. 法則①:環境的なすれ違いが原因で仕方なく別れた
    2. 法則②:依存したりされたりせず、対等な関係が築けていた
    3. 法則③:別れてもお互い会う機会が多い!共通の友人が多いなど
    4. 法則④:最後に大きな喧嘩をせず、前向きに別れた
    5. 法則⑤:別れた後、十分時間を置いている
    6. 法則⑥:別れた後、お互い成長して相手の欠点を笑って流せる
    7. 法則⑦:お互いの価値観に干渉しすぎず、相手の幸せを願っている
    8. 法則⑧:別れた後「友達」になった!恋人のような振る舞いをしない
  2. 復縁できないカップルの法則とは?どんな特徴や共通点があるの?
    1. どちらかが他の人を本気で好きになって別れた場合
    2. 付き合っているときに依存した関係だった
    3. お互いに「自分は悪くない」と今でも思っている
    4. 別れ際に取り返しのつかない大喧嘩など傷つけあった
    5. 別れたのに体の関係はある!ズルズルしたまま一緒にいる
  3. 復縁できるカップルの法則!状況別・復縁までのステップは?
    1. 冷却期間は1ヶ月~半年しっかり置く
    2. 冷却期間後は友人としての穏やかな関係からスタート
    3. 自分が振った場合は素直に謝って交際を申し入れる
    4. 自然消滅した場合はもう1度告白からはじめる
    5. 振られた場合は自分の欠点を直したところを見せる
  4. 冷却期間中に復縁できるカップルがお互いやっていることは?
    1. 外見・内面共に自分を磨く
    2. 自分の欠点を意識し、直すために努力する
    3. 交友関係を広げ、さまざまな価値観を理解する
  5. まとめ

復縁できるカップルの法則って?関係性に特徴や共通点はある?

復縁できるカップルの法則って?特徴や復縁までのステップを紹介!

 

復縁できるカップルの法則には、このような特徴や共通点があります。

 

  1. 環境的なすれ違いが原因で仕方なく別れた
  2. 依存したりされたりせず、対等な関係が築けていた
  3. 別れてもお互い会う機会が多く共通の友人が多い
  4. 最後に大きな喧嘩をせず、前向きに別れた
  5. 別れた後、十分に時間を置いている
  6. 別れた後、お互い成長して相手の欠点を笑って流せる
  7. お互いの価値観に干渉しすぎず、相手の幸せを願っている
  8. 別れた後「友達」になり、恋人のような振る舞いをしない

 

このように、復縁できるカップルには、付き合っていた時や別れた後の関係性・別れた時の状況など、様々な共通点があるんです。

もしあなたと元彼の関係にも当てはまるのなら、復縁の可能性は高くなりますよ。

 

ここでは、『復縁できるカップルの法則』として8つの法則を詳しくご紹介していきますね!

 

法則①:環境的なすれ違いが原因で仕方なく別れた

 

「お互いに好きな気持ちはあったけど、環境の変化が原因ですれ違いが生じ別れてしまった」というカップルは少なくありません。

遠距離や仕事の多忙さですれ違った、また家族関係が複雑など、気持ち以外の理由で別れを選ぶこともありますよね。

 

そのような場合、お互いが好きなまま別れたことになります。

こういった環境的なすれ違いが原因で仕方なく別れたカップルは、復縁できる可能性がとても高いのです。

 

その理由として、以下の2つのことが考えられます。

 

  • 別れた後もお互いへの愛情が消えにくい
  • 環境の変化に慣れると相手のことを思い出し、恋しくなる

 

別れた直後は新しい生活のことで頭がいっぱいでも、時間が経つごとに元恋人への思いが再燃するのです。

 

法則②:依存したりされたりせず、対等な関係が築けていた

 

復縁できるカップルの法則として、付き合っていた時にお互い対等な関係が築けていたというものも挙げられます。

つまり、どちらかが相手に依存をしていない健全な状態です。

 

ですが、これが当たり前だとその貴重な関係に気づけず、別れた後に気づくこともあります。

実際、精神的にも経済的にも自立し合った関係の恋人同士というのは、意外と少ないですからね。

 

そのため、別れた後に他の異性に目を向けた時、このような元恋人との良い関係がわかるのです。

 

  • 元恋人がいかに自分を尊重してくれていたか
  • 自然にリスペクトし合える関係を築けていた

 

これらのことに気がつき、「やっぱり自分には彼(彼女)が必要」と思えるのでしょう。

また、お互いを尊重できる対等な関係性のカップルは、別れる時も揉めにくいのが特徴的です。

 

そのため、再会しても気まずい気持ちには一切ならず、すんなり恋人関係に戻ることができるのでしょう。

 

法則③:別れてもお互い会う機会が多い!共通の友人が多いなど

 

別れても会う機会が多いカップルも、スムーズに復縁できる可能性が高いですよ。

このような状況だと、別れたとしても顔を合わす機会が自然とやってきますよね。

 

  • 共通の友人が多い
  • 職場が同じ
  • 趣味などで共通のコミュニティに属している

 

また、望んでいなくても元恋人についての情報を、第三者から聞くこともあるでしょう。

距離感が近いため、いつまでもお互いが「気になる存在」として心に残り続けて、きっかけさえあれば簡単に復縁に至るケースが多いのです。

 

中には「早く忘れたい」と思っていたとしても、会う機会が多すぎてなかなか忘れられない、なんてことも。

 

そうなると苦しい思いをする人もいるでしょう。

でも、辛くても思い続けた結果、元彼と復縁できることで報われる可能性は高いのです。

 

法則④:最後に大きな喧嘩をせず、前向きに別れた

 

復縁できる・できないは、別れ方でも決まります。

別れ際に大喧嘩することなく綺麗な形で終わったカップルは、復縁できる確率がとても高いのです。

 

たとえば、このように前向きな気持ちで別れた場合。

 

  • 話し合って「別れることがお互いのため」と納得して破局した
  • お互いに対する不満がない状態で、最後まで笑顔で会話ができた

 

お互いが相手に対してずっとプラスのイメージを持ち続けます。

そのため、どちらかが復縁を切り出せば、迷うことなくOKするケースが多いのです。

 

「この人となら復縁しても絶対に上手くやっていける」

よりを戻すことへの不安よりも、このようなポジティブな気持ちの方が上回るのでしょう。

 

法則⑤:別れた後、十分時間を置いている

 

別れた後にダラダラと連絡を取り合ったりせず、十分時間を置いたカップルも復縁することが多いです。

別れた後にしっかりと距離を置くことによって、このような心境になることも。

 

  • 相手の近況が気になってくる(恋人の有無や、仕事の状況など)
  • お互いの存在の大きさに気づきやすい
  • 付き合っていた頃の楽しい思い出が徐々によみがえる

 

自然と「会いたい」「よりを戻したい」という思いに駆り立てられるのでしょう。

別れた直後は「やっと解放された」「別れて清々した」と思いがちですが、しっかりと離れることで寂しさが込み上げてくるのです。

 

特に、長く付き合って別れたカップルの場合、破局後互いの重要性をしみじみと感じ、結局復縁するパターンは多いでしょう。

 

法則⑥:別れた後、お互い成長して相手の欠点を笑って流せる

 

別れた後、いつまでもお互いの欠点を「許せない」と思い続けていたら、当然復縁はできません。

復縁できるカップルは、別れた後には相手の欠点を受け入れられるほどお互いに成長しているものです。

 

別れてからお互いに様々な試練を乗り越えると、人としての器が一回りも二回りも大きくなります。

そうやって成長することによって、このように思えるようになることも。

 

  • 元恋人の欠点が「たいしたものではなかった」と気づく
  • 相手の欠点を受け入れられなかったのは「自分の心の狭さが原因」と気づく

 

お互いの欠点を受け入れられるようになると、復縁した後の関係は前よりも自然と良い関係になりますよ。

 

法則⑦:お互いの価値観に干渉しすぎず、相手の幸せを願っている

 

復縁できるカップルは、お互いの幸せを心から願っていることも特徴の1つです。

相手の幸せを願えるようになるためには、このように相手を尊重できることが大切です。

 

  • 価値観は人それぞれ違って当然であることを理解していた
  • 付き合っていた頃も自分の意見を押し付け合うことがなかった

 

これらができていたカップルは、別れた後も相手の幸せを純粋な気持ちで願うことができるでしょう。

 

破局後も穏やかな気持ちを向けられることは、復縁するにはとても大切なことです。

また、心から自分の幸せを願ってくれる他人には、なかなか出会えるものではありませんよね。

 

「自分の幸せにはあの人が必要」そう別れてからそう感じるようになり、復縁を決断するケースは多いでしょう。

 

法則⑧:別れた後「友達」になった!恋人のような振る舞いをしない

 

意外ですが、復縁できるカップルの法則には、別れた後に友達になったというものも挙げられます。

ただ、どちらかが「復縁したい」「まだ好き」という気持ちを隠し持っている場合は、復縁しにくいでしょう。

 

どちらかが未練タラタラだと、友達になってもつい恋人のような振る舞いをしてしまうからです。

 

  • 何でも相談し合える良い関係
  • 他愛のない話や冗談で笑い合える

 

このように、ごく普通の男女の友人同士になったカップルが、その後に自然な形で復縁するケースが多いですよ。

 

復縁をするには、付き合っていた頃のようにベタベタした関係性ではなく、程よい距離で心地良い関係をまず作ることをオススメします。

友人としてのその気持ちが、結局は再び愛し合うきっかけとなるのです。

 

復縁できないカップルの法則とは?どんな特徴や共通点があるの?

復縁できるカップルの法則って?特徴や復縁までのステップを紹介!

 

『復縁できないカップルの法則』には、このような特徴や共通点があります。

 

  1. どちらかが他の人を本気で好きになって別れた場合
  2. 付き合っているときに依存した関係だった
  3. お互いに「自分は悪くない」と今でも思っている
  4. 別れ際に取り返しのつかない大喧嘩など傷つけあった
  5. 別れたのに体の関係はある!ズルズルしたまま一緒にいる

 

復縁できるカップルと同様に、復縁できないカップルにもいくつかの法則があります。

別れ方や関係性に問題があるパターンはもちろん、「戻れるかも?」と一方が期待してしまうけど実は復縁は遠い…というケースもあるのです。

 

では、復縁できないカップルの特徴・共通点を4つご紹介していきますね!

 

どちらかが他の人を本気で好きになって別れた場合

 

別れの理由として「他に好きな人」ができたというのは珍しくありませんよね。

そして、そのようにどちらかが他の人を本気で好きになって別れに至ったら、復縁できないことがほとんどでしょう。

 

なぜなら、このように別れた後お互いに向き合う気持ちを全く持っていないから。

 

  • 別れを切り出した側は、破局後すぐ他の人と付き合い始めている
  • 振られた側は「元恋人」と「元恋人が好きになった相手」を憎んでいる

 

この場合、「復縁したい」という気分にすらなりにくいでしょう。

ただ、破局から時間が経って振った側が新しい恋人と破局し、元恋人に「よりを戻したい」と言い出すパターンはよくあります。

 

でも、当然振られた側は「今さら何?」「信用できない」と相手を突き放してしまうかもしれません。

その場合は時間をしっかり置いて、相手の気持ちが落ち着くまで待つことが大切です。

 

付き合っているときに依存した関係だった

 

お互いに「相手がいないと生きていけない」と思うほど、付き合っている時は依存し合っていた…。

これも、復縁できないカップルの法則の1つです。

 

依存し合っていたカップルが復縁しにくい理由として、以下のことが考えられます。

 

  • 別れた後、自由を手に入れた解放感が半端なく大きい
  • 執着であって心から愛していたわけではないと、別れた後に気づく

 

依存で繋がった関係を手放すと、寂しくなるどころかお互いにとってメリットしか生まれないのです。

そのため、付き合っていた頃では考えられないほど、お互いを求める気持ちがスーッと消えさり、驚くほど未練がなくなります。

 

お互いに「自分は悪くない」と今でも思っている

 

お互いが「別れの原因は相手にある」「自分は悪くない」とずっと思い続けているカップルも、復縁の可能性は低くなります。

たとえば、このような負の気持ちを持ち続けてしまうことも。

 

  • 自分の非をいつまでも認めることができない
  • どうしても相手の悪い部分を受け入れられない

 

別れた後に、このような思いをいつまでも持ち続けるのは、人間的に全く成長できていない証拠です。

中には、「相手が謝ってくれるならよりを戻してあげてもいい」そんな風に思っている人もいるでしょう。

 

しかし、そんな傲慢な考えを持っている元恋人と、復縁したいと思う人はいません。

 

別れ際に取り返しのつかない大喧嘩など傷つけあった

 

別れ方に大きな問題があった二人は、復縁できないカップルの典型的なパターンと言えるでしょう。

たとえば、別れ際にこのような揉め方をしたなど。

 

  • 別れ際に大喧嘩をしてしまった
  • 相手のコンプレックスを指摘して傷つけた
  • 言ってはいけない本音をぶちまけて怒らせた

 

このように、傷つけ合うような最悪の別れ方をしてしまったカップルでは、すぐに元の関係に戻るのは難しいのです。

それどころか、「最悪の元カノ」「最悪の元カレ」として、心の中に残り続けてしまいます。

 

どちらかが復縁を望んでも、あっさり拒絶されてしまうのが目に見えていますよね。

 

別れたのに体の関係はある!ズルズルしたまま一緒にいる

 

別れた後もキッパリと離れることができず、体の関係まで持ってしまっているカップルも、残念ですが復縁するのは困難です。

体の関係がある場合、このような状況になることが多いはず。

 

  • どちらかだけが復縁を望み、期待を込めて体の関係を持っている
  • 都合の良い関係が楽だと感じていて、復縁する気はさらさらない

 

このように、お互いの気持ちが全く合致していないことがほとんどでしょう。

都合の良い関係を楽しんでいる側は、新しい恋人ができるとあっさり元恋人との関係を断ち切ってしまいます。

 

そして独り身になったら、元恋人に連絡してまた肉体関係を再開しようとする…これが、典型的なパターンです。

 

復縁できるカップルの法則!状況別・復縁までのステップは?

復縁できるカップルの法則って?特徴や復縁までのステップを紹介!

 

復縁できるカップルの法則には、このように復縁できるステップがあります。

 

  1. 冷却期間は1ヶ月~半年しっかり置く
  2. 冷却期間後は友人としての穏やかな関係からスタート
  3. 自分が振った場合は素直に謝って交際を申し入れる
  4. 自然消滅した場合はもう1度告白からはじめる
  5. 振られた場合は自分の欠点を直したところを見せる

 

復縁できるカップルの法則・できないカップルの法則、どちらに当てはまっていたとしても、復縁するには段階を踏む必要があります。

ここでは、復縁までにあなたがすべきステップを紹介していきます。

 

  • 自分が振った場合
  • 自然消滅の場合
  • 振られた場合

 

上記3つの状況別に復縁に効果的な行動もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

冷却期間は1ヶ月~半年しっかり置く

 

あなたが別れた元彼との復縁を望んでいるのであれば、とにかく焦らないことが大切ですよ。

1ヶ月~半年の冷却期間を置いて、彼としっかり距離をとってください。

冷却期間が大切な理由は、以下の通りです。

 

別れた直後の男性は解放感があり「よりを戻したい」とは思っていないことが多い

男性は別れて時間が経つと元カノとの楽しい記憶を思い返し、「会いたい」と思い始める

 

つまり、しっかり時間を置いて良きタイミングで連絡することが、復縁を成功させるためのポイントなのです。

 

「冷却期間なんて置いたら、忘れられるかもしれない…」そんな心配をする必要はありませんよ。

むしろ、あなたの近況が見えなければ見えないほど、元彼はあなたのことが気になって仕方なくなります。

 

なので、冷却期間中はあなたからLINEや電話をしないのはもちろん、彼と繋がっているSNSの更新も控えるとより効果的でしょう。

 

冷却期間後は友人としての穏やかな関係からスタート

 

冷却期間中に元彼から連絡があったら、そこから友人としての関係を構築していきましょう。

もし元彼から連絡がない場合は、あなたから連絡をとってみてくださいね。

 

冷却期間を終えて再び連絡を取り合うようになっても、すぐに復縁にこぎつけようとしてはいけません。

付き合っていた頃のように振る舞うのでなく、友達として穏やかな気持ちで彼に接することが大切です。

 

具体的には、以下のような関係性を目指してみましょう。

 

  • お互いに悩みを気軽に打ち明けられる存在
  • お互いの悪い部分も「仕方ないな」と笑って受け入れられる
  • 他愛のない冗談で笑い合える

 

このように、性別も過去の関係性も越えて本当の「友達」「親友」になることで、彼はあなたのことを「掛け替えのない存在」と再認識します。

そうなれれば、復縁を果たすまでにあまり時間はかからないでしょう。

 

自分が振った場合は素直に謝って交際を申し入れる

 

あなたから別れを告げて破局したのであれば、交際を申し入れる前にしっかりと彼に謝罪するのが絶対条件です。

振られた側は、かなり大きな精神的ダメージを負っています。

 

ですので、あなたから謝罪もなくいきなり「よりを戻したい」と言われても戸惑ってしまうでしょう。

 

また最悪の場合あなたの印象が悪くなり、完全に嫌われてしまう危険性もあります。

なので、これらのことを意識してみてください。

 

  • 別れを告げた自分に全面的に非があることを強調し、謝罪する
  • 彼に対する好きの思いをしっかり伝える

 

この流れをしっかりと守れば、あなたの気持ちを素直に受け止めてくれるでしょう。

 

自然消滅した場合はもう1度告白からはじめる

 

自然消滅したカップルの場合、復縁したいのであればもう1度告白することからスタートするのがポイントです。

自然消滅というのは、このようにとても曖昧な状況のはず。

 

  • 喧嘩別れしたわけではない
  • 話し合いをしてお互いが納得の上で別れたわけでもない

 

何となくうやむやなまま終わってしまったのですから、再スタートはきっちりと始める必要がありますよね。

 

「あなたのことが好きです」「もう一度付き合って欲しい」

この言葉を伝えなければ、再会したところで体の関係だけのはっきりしない状態になってしまう可能性もあるでしょう。

 

振られた場合は自分の欠点を直したところを見せる

 

あなたが振られて別れた場合は、復縁を迫る前にまず自分自身が以前とは変わったことをアピールしなければいけません。

振られたということは、あなた自身になんらかの欠点があったということですよね。

 

その欠点が改善されていることが証明されなければ、元彼が「復縁したい」と思うことはまずありません。

欠点を直したところを見せる際のポイントは、以下の通りです。

 

  • 口先ではなく行動で、欠点を改善したことをアピールする
  • 短期間で復縁を成功させようと思わずに、「時間がかかる」と覚悟する

 

あなたが焦れば焦るほど、元彼は「反省したふりをしてるだけ」と思ってしまいますよ。

たとえ復縁までの道のりが長期戦でも耐えられるくらいのあなたの覚悟が見えれば、元彼の心は動くでしょう。

 

冷却期間中に復縁できるカップルがお互いやっていることは?

復縁できるカップルの法則って?特徴や復縁までのステップを紹介!

 

別れた後の冷却期間中に、復縁できるカップルは以下の3つのことを行っています。

 

  • 外見・内面共に自分を磨く
  • 欠点を意識し、直す努力をする
  • 交友関係を広げ、さまざまな価値観を理解する

 

冷却期間をお互いにとって有意義な時間にすることが、復縁を成功させるポイントなのです。

では、上記3つの事柄について詳しくお話ししていきます。

 

外見・内面共に自分を磨く

 

復縁できるカップルは、お互いが「付き合っていた頃よりも魅力的な自分になろう」と努力しているものです。

ですので、冷却期間中は外見・内面共に自分磨きを行い、元恋人に以前より愛される自分になることを目指しています。

 

自分を磨くにはたとえばこのようなことがオススメ。

 

  • 自分の魅力をより引き出せるような、服装や髪型を研究する
  • 仕事や趣味に励んで日々を充実させて、内面的な輝きを手に入れる

 

上記のように、クヨクヨ落ち込むのではなく前向きに自己成長に取り組めると、復縁の可能性があがります。

「自分のために変わろうとしてくれた」その事実が、相手の心を動かすのでしょう。

 

また、自分磨きをして自信を得れば、恐れることなく復縁を言い出す強さも自然と身に付きますよ。

 

自分の欠点を意識し、直すために努力する

 

復縁できるカップルは自分磨きを行うだけでなく、自分の欠点ともしっかりと向き合っています。

 

  • 元恋人から指摘されていた欠点
  • 自分自身が好きになれない部分・直したいと思っている欠点

 

これらの欠点から目をそらさず、改善するための努力をしているからこそ、復縁にこぎつけることができるのでしょう。

「自分ではなく相手に変わって欲しい」というのは、復縁を遠ざけてしまう思考です。

 

どちらが振った・振られたかに関係なく、別れにいたるのはどちらか一方だけの責任ではありません。

復縁したいなら「自分にも悪い部分はあった」と認めて、改善することが必要なのですよ。

 

交友関係を広げ、さまざまな価値観を理解する

 

復縁できるカップルは、冷却期間中をただただ元恋人に思いを馳せるだけの日々にはしません。

元恋人に固執せず、自ら積極的に交友関係を広げていきます。

 

交友関係を広げることの目的は、ただ単に「新しい友達が増える」「恋のチャンスが広がる」ということではありません。

様々な人の価値観に触れて、自分自身の視野を広げることが最大の目的なのです。

 

視野を広げることは、復縁に置いてこのようなメリットがあります。

 

  • 自分とは違う価値観を理解することで、元恋人の気持ちも理解してあげられる
  • 復縁を果たした時に、以前よりもっとお互いを大切にすることができる

 

お互いに寛容になることでスムーズに復縁することができ、さらに復縁後も良い関係をキープし続けられますよ。

 

まとめ

復縁できるカップルの法則って?特徴や復縁までのステップを紹介!

 

今回紹介した復縁できるカップルの法則は、以下の8つです。

 

  1. 環境的なすれ違いが原因で別れた
  2. 依存せず対等な関係が築けていた
  3. 別れても会う機会が多い
  4. 最後に大きな喧嘩をせず前向きに別れた
  5. 別れた後、十分時間を置いている
  6. 別れた後、お互い成長して相手の欠点を笑って流せる
  7. お互い干渉しすぎず相手の幸せを願っている
  8. 別れた後友達になった

 

あなたと元彼の関係性に、当てはまるものはありましたか?

もし「復縁できそう」と確信できたなら、自分から行動を起こしてみてくださいね。

 

ただ、今現在別れて時間があまり経っていないなら、しっかりと冷却期間を設けることが重要ですよ。

「復縁に焦りは禁物」このことを忘れず、慎重に元彼との距離を縮めていきましょう!