運気・スピリチュアル

運命の人と付き合うまで長いって本当?すんなりいかないのはなぜ?

運命の人と付き合うまで長いって本当?すんなりいかないのはなぜ?

 

「運命の人と付き合うまで長いって本当なの?すんなりいかないのはなぜなんだろう」

 

運命の人と付き合うまでは長い時間がかかると聞くと、なぜなんだろうと疑問に思いませんか?

人は誰でも赤い糸で結ばれた運命の人がいるといわれているので、運命の人と出会えると幸せになれるという話を信じている人も多いはず。

 

  • 運命の人と付き合うまでが長いのはどうしてなの?
  • 明らかに両想いなのに上手くいかないのは、逆に運命の人だと考えていいのかな?
  • 運命の人と結ばれるためには何をすればいいの?

 

など、運命の人についていろいろなことが気になるのではないでしょうか。

今回は、そんな運命の相手と付き合うまで長い時間がかかる理由についてお話ししていきます。

 

この記事ではさらに運命の人を見極めるポイントなども触れていきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

目次
  1. 運命の人と付き合うまで長いのは本当!結婚までに10年かかることも
    1. 運命の人の場合付き合うまで長いカップルが多い
    2. 必要な期間は人それぞれだが結婚までに10年かかるカップルもいる
  2. 運命の人と付き合うまで長い・すんなりいかないことが多いのはなぜ?
    1. 相性が良いため、恋人ではなく友だちになってしまうケースがある
    2. 「運命の人=お互いの理想」ではないことが多いため
    3. 最終的に強く結ばれるための試練が多いこともある
    4. お互いの関係性に満足してしまい、それ以上先に進まないことも
  3. 付き合うまでが長い・すんなりいかないからこの相手は運命の人?
    1. 「すんなりいかない相手=運命の人」なわけではない
    2. 運命の人はあくまでお互いの相性がいいことが前提
    3. 自分が相手に勝手に執着している場合は違う
    4. 長期間コミュニケーションが上手く取れない相手も違う
    5. あなたが相手の横暴な態度に耐えている場合も違う
  4. 多分運命の人!付き合うまでの長さが気になってしまう場合は?
    1. 他人と比べるのをやめ、「人それぞれ」だと考える
    2. 相手が必要な理由を自分の中で明確にする
    3. 相手と自分の関係性を無理なく前に進める方法を考える
  5. 付き合うまでの長い運命の人と結ばれるために大切なことは?
    1. 運命の人だから何もしなくてもそのうち結ばれると思わない
    2. 相手の価値観を尊重する
    3. 自分の価値観を相手に伝え、尊重してもらう努力をする
    4. お互い無理をしなくて済むラインを探す
    5. 日々成長するための自分磨きを怠らない
  6. まとめ

運命の人と付き合うまで長いのは本当!結婚までに10年かかることも

運命の人と付き合うまで長いって本当?すんなりいかないのはなぜ?

 

運命の人と付き合うまでの期間は長くなるというのは、実はよくある話で決して珍しい話ではありません。

普通に考えると運命の人こそスムーズにすんなり付き合えそうなのに、いったいなぜこのような逆転現象が起こるのでしょうか。

 

運命の人と付き合うまでが長いという事実
  • 運命の人の場合、付き合うまで長いカップルが多い
  • 必要な期間は人それぞれだが結婚までに10年かかるカップルもいる

 

運命の人とは付き合うまでが長くなりやすいことを、まずは確認してみましょう。

 

運命の人の場合付き合うまで長いカップルが多い

 

本当に信頼し合って運命を感じているカップルは、付き合うまでに長い時間がかかっているケースが多いのです。

世間のカップルを見てみると、仲睦まじい雰囲気のカップルがたくさんいます。

 

その中には、運命の人と付き合って幸せになっている人もいるでしょう。

お互いに求め合っているのに結ばれないのは、何だかもどかしいですがちゃんと結ばれているんですね。

 

運命の相手とドラマチックに燃え上がるような恋をして、すぐに結ばれるというイメージを持つ人もいます。

しかし、実際はそれほどスピーディーに付き合えることは稀かもしれません。

 

気軽な相手ならすぐに付き合えるのに、運命の人だと確信している相手に限ってなかなか関係が進展しないのは「あるある」なんです。

お互いに「いいな」「この人しかいない」と感じてから、距離が縮まって付き合うまでには数ヶ月から数年単位かかる場合もあります。

 

運命の人とは付き合うまでに時間がかかるケースが多い

 

必要な期間は人それぞれだが結婚までに10年かかるカップルもいる

 

基本的に運命の相手と付き合うまでに必要な期間は人それぞれですが、いざ付き合ってからも結婚するまでには10年以上かかるカップルもいるようです。

10年は人生の中でもかなり長い年月ですね。

 

仮に30代で結婚する場合、10年の交際は人生の3分の1に当てはまります。

しかし10年もの長い時間をかけて結婚に至るカップルは、生涯を共にすることも多いのです。

 

結ばれるまでには時間がかかりますが、その間に本物の愛と信頼感を育んでいるわけですね。

もし運命の相手ではない場合は、おそらく長い年月の間に疎遠になってしまうことも多いはずです。

 

大きな喧嘩も無く、穏やかに信頼関係を育んでいけるのは運命の相手である証だと言えるでしょう。

 

運命の人とは結婚するまでに10年かかる場合もある

 

運命の人と付き合うまで長い・すんなりいかないことが多いのはなぜ?

運命の人と付き合うまで長いって本当?すんなりいかないのはなぜ?

 

結婚すれば幸せになれる可能性が高い運命の人ですが、付き合うまでに長い時間がかかってしまうのは一体どうしてなのでしょうか。

実は運命の人とすんなりいかないことが多いのは、それなりの理由があるからなのです。

 

その理由は以下の通り4つ考えられます。

 

運命の人と付き合うまでが長い理由
  • 相性が良いため、恋人ではなく友だちになってしまうケースがある
  • 「運命の人=お互いの理想」ではないことが多いため
  • 最終的に強く結ばれるための試練が多いこともある
  • お互いの関係性に満足してしまい、それ以上先に進まないこともあるから

 

ここではまず、上記4つの理由について詳しく見ていくことにしましょう!

 

相性が良いため、恋人ではなく友だちになってしまうケースがある

 

まず運命の人とはそもそも相性が良いため、出会ってすぐに友だちになってしまうことが多いですね。

少し話すだけで「あ、この人はすごく話しやすい!」「一緒にいてラクだし楽しいな」と思ってしまいます。

 

ほっとする居心地の良さを感じてしまうんですね。

そのため、恋愛感情を持つより先に親友関係になってしまうことがあるのです。

 

しかし一度親友になってしまうと居心地がいいのが当たり前になってしまうため、相手が運命の人だとは気付きにくくなってしまいます。

さらにどちらかが友情以上の恋愛感情を抱いたとしても、「今さら」となってしまうでしょう。

 

信頼関係が壊れてしまうリスクを冒してまで、恋人になりたいという気持ちにはなかなかなれないんです。

無理に恋愛関係にならなくても、雰囲気のいいままでいたいと思ってしまうんですね。

 

友情から恋愛へ感情のスイッチを切り替えるには、かなりの労力やキッカケが必要になります。

したがって、最初から相性の良すぎる運命の人とは、恋人として付き合うには時間がかかることも多いのです。

 

「運命の人=お互いの理想」ではないことが多いため

 

また運命の人は、必ずしもお互いの理想に当てはまらないケースも多いです。

これまで付き合ってきた人とはタイプがまるで違っていたり、好みのタイプと真逆だったりする人が運命の相手になることも決して珍しくありません。

 

そのため既に出会ってすぐ近くにいるのに、その人が自分の生涯のパートナーになるべき相手だとは気付かないこともあります。

目の前に運命の相手がいるのに、その周りの人と付き合ってしまうこともあるでしょう。

 

そしていざ何かアクシデントや突発的なことが起こって、初めて「もしかしてこの人が…?」とお互いに相手を意識するようになるのです。

そのため、恋人に対する理想が大きすぎる人や視野が狭い人は、運命の人に気付くのにさらに長い時間がかかるかもしれません。

 

固定観念が強くて、見栄やプライドだけでハイレベルな恋人を探しているような人も同様ですね。

「理想の人に出会ったとしても運命の人とは限らない」ということなんです。

 

最終的に強く結ばれるための試練が多いこともある

 

とても不思議なことですが、運命の人と結ばれるためには試練が与えられることも多いのです。

本当の幸せを手に入れるのは、実はそれほど簡単なことではありません。

 

試練は自分だけに課されることもありますが、2人で乗り越えるべき試練もたくさん出てきます。

絆を強固なものにするために不思議な運命の力が働き、一筋縄ではいかない試練もあるでしょう。

 

たとえばお金の問題、お互いの異性の問題、仕事や健康、宗教や考え方、家族の問題など試練は人によって様々です。

大きな試練になると乗り越えるには、やはり準備や対策に時間が必要ですね。

 

出会ってから数ヶ月~数年単位で乗り越えていくことになるため、想像以上に長い時間がかかってしまうこともあります。

 

お互いの関係性に満足してしまい、それ以上先に進まないことも

 

基本的に運命の人は側にいるだけで満足できます。

それ以上何も求めるものがないほど、欲しいものをすべて与えてくれるからです。

 

しかし恋愛に関しては誰でも理想がありますね。

情熱的で燃え上がるような恋がしたいと思う時は、手に入らない高嶺の相手を追いかけたくなることもあるかもしれません。

 

穏やかで癒される運命の相手はその関係性に満足してしまうとそれ以上先に進まないことも多いです。

そしてもっとドキドキや緊張感、刺激などを与えてくれる相手を探してしまう人もいます。

 

もしかしたら、運命の人に自分のうまくいかない恋愛の相談をしてしまうかもしれません。

しかし、やはり単にドキドキや刺激を与えてくれる人とは上手くいかないでしょう。

 

このような人はいろんな人と付き合った結果「やっぱり何かが違う」と悟り、居心地の良い運命の相手の元へと戻ってくることもあるわけです。

本当に大切なことに気付くのが遅れて遠回りをしてしまうことも、時間がかかってしまう大きな原因になってしまうことがあります。

 

付き合うまでが長い・すんなりいかないからこの相手は運命の人?

運命の人と付き合うまで長いって本当?すんなりいかないのはなぜ?

 

続いてここからは、付き合うまでが長い人が運命の人なのか、それともただの相性が悪い人なのかを見極めるポイントについてお伝えしていきます。

ポイントは大きく分けて次の5つです。

 

付き合いが長い人が運命の人かどうか見分けるポイント
  • 「すんなりいかない相手=運命の人」なわけではない
  • 運命の人はあくまでお互いの相性がいいことが前提
  • 自分が相手に勝手に執着している場合は違う
  • 長期間コミュニケーションが上手く取れない相手も違う
  • あなたが相手の横暴な態度に耐えている場合も違う

 

それぞれひとつずつ詳しくチェックしていきましょう!

 

「すんなりいかない相手=運命の人」なわけではない

 

ここまでご覧になって、「じゃあ付き合うまでが長い人は運命の相手になるの?」と考えた人も多いのではないでしょうか。

しかし結論から言うと、すんなりいかない人が絶対に運命の人だとも限りません。

 

運命の人とは付き合うまでに時間がかかることが多いのです。

しかし、はっきり言って世の中には、すんなりいかない人も結構たくさんいますよね。

 

ただ単に相性が悪い人だという可能性もあるのです。

好きになった人と恋人同士になれる人ばかりではありませんし、片思いで終わってしまう人もいます。

 

いろんな問題があってようやく結ばれても、結局すぐに別れてしまう人も多いのです。

このような相手は運命の人ではなかったことになります。

 

残念ながら、ただの錯覚でお互いにそうだと思い込んでいた可能性が高いのです。

したがって「いつまで経っても付き合えない、すんなりいかない相手だから運命の相手だ」と完全に信じ込んでしまうのは注意した方がいいでしょう。

 

運命の人はあくまでお互いの相性がいいことが前提

 

運命の人はすんなりいかなくても、ふとした瞬間に必ずお互いの相性の良さを感じるはずです。

他の人では経験したことがないシンクロニシティがあったり、考えていることが同じだったり、ただの偶然とは言えないようなことが何度も起こります。

 

よって、自分に足りない何かを相手が埋めてくれるような心地良い感覚を覚える相手でなければ、運命の相手とは言えないかもしれません。

一緒にいて落ち着けるような相手が運命の人なんです。

 

いろんな問題が起こっても一緒にその試練を乗り越えたいと思える人こそが、運命の相手になるわけですね。

 

自分が相手に勝手に執着している場合は違う

 

また運命の相手はお互いに相手を求め合い、惹かれ合うのが特徴です。

自分だけが相手に一方的に執着している場合は、おそらく運命の相手ではないでしょう。

 

片方だけが執着するのは、ただのストーカー的な感情です。

相手から拒絶されているのにそれを理解できず、いつまでもつきまとって「すんなりいかない=運命の人」と考えるのは大きな間違いですね。

 

拒絶された場合は「相手が自分を運命の相手だと気づいていない」ということもありません。

本当の運命の相手の場合は、自分が求めるのと同じぐらい相手からも求められるからなんです。

 

さらに問題が次々にたくさん起こっても、その思いの強さは決していつまでも変わることはありません。

いつも自分だけが相手を求めているなと感じる時は、もう一度よく相手のことを考えて運命の相手か慎重に見極めてみることが大切です。

 

長期間コミュニケーションが上手く取れない相手も違う

 

非常に相性が良くてお互いに相手を求め合う場合でも、長期間にわたってコミュニケーションが上手く取れない相手も運命の相手でない可能性が高いです。

何故か連絡が取れない、電話も繋がらない相手っていますよね。

 

それだけでなく共通の友人さえいつの間にか疎遠になってしまう、いつでも会える距離にいるのにタイミングが全く合わないケースもあります。

このような人はただの相性が良い知り合い、または友人であって運命の人ではありません。

 

なぜなら運命の相手は一度出会うと、それ以後は疎遠になってしまうことはないはずだからです。

運命の人はたとえ自ら連絡を取らなくても、出かけ先でバッタリ遭遇するような奇跡が起こることさえあるのですから、その違いは明白ですね。

 

あなたがもし「いいな」「好きだな」と感じている人でも、頑張らないとコミュニケーションが続かないような場合は少し冷静になった方がいいかもしれません。

 

あなたが相手の横暴な態度に耐えている場合も違う

 

さらに相手の横暴な態度にあなたが必死で絶えているような場合も、運命の相手ではないでしょう。

運命の相手は、ツインレイやツインソウルとも言える人生のパートナーを傷付けるようなことは絶対にありません。

 

暴力や暴言であなたを傷付ける場合、過剰な束縛で自由を奪おうとするような場合は、相手にそう信じ込まされているだけです。

人の心をコントロールしようとする人は、口先だけの言葉を投げかけてくることもありますね。

 

暴力や暴言のあと「僕には君だけだ」「運命を感じる」などとささやいたり「運命の相手だからこそ厳しくする」などというかもしれません。

このような甘い言葉に騙されてしまうと、相手の横暴な態度も愛を深めるための試練だと思いこんでしまうかもしれません。

 

これはとても危険な兆候です。

もし恋人と付き合っていて自分だけが我慢することが多いなと感じた時は、本当に自分も相手を信頼して求めているか考えてみた方がいいでしょう。

 

少しでも相手に嫌悪感や恐怖感を感じ、威圧的な態度に不安を抱く時は勘違いしないように注意してくださいね。

2人が乗り越える試練では決してありませんので、特に暴力がある場合は一日も早く離れることを考えたほうがいいでしょう。

 

多分運命の人!付き合うまでの長さが気になってしまう場合は?

運命の人と付き合うまで長いって本当?すんなりいかないのはなぜ?

 

様々な状況から見ても、やっぱり運命の人に間違いない!と思える人がいる場合、付き合うまでの長さが気になったらどうすればいいのでしょうか?

ここからは、運命の人と付き合うまでの長さにポイントを絞って考えていきましょう!

 

運命の人との付き合うまでの長さが気になるときの対策
  • 他人と比べるのをやめ、「人それぞれ」だと考える
  • 相手が必要な理由を自分の中で明確にする
  • 相手と自分の関係性を無理なく前に進める方法を考える

 

他人と比べるのをやめ、「人それぞれ」だと考える

 

付き合うまでの長さが気になったとしても、まずは他人と比べるのをやめることが大切です。

運命の人だと思うのになかなか付き合えない時は、やっぱり少し寂しくなりますよね。

 

まわりの人がみんな次々に幸せになっている時などは特にそう思うかもしれません。

しかし運命の人と結ばれるためには、人それぞれのタイミングがあります。

 

「自分たちだけ何かおかしいのかな……」などと考える必要は全くありません。

他人と比べて焦って闇雲に行動しても、それで結ばれる時期が早くなることは無いでしょう。

 

心配しなくても本当に結ばれるべき運命の相手なら、必ずいつか大きな変化が訪れます。

そのタイミングを逃さないように、しっかり自分達の関係を育んでいくことが大切です。

 

付き合うまでの長さが気になっても人と比べず、自分たちの関係を大切にする

 

相手が必要な理由を自分の中で明確にする

 

運命の人と付き合うのに時間がかかっている時は、自分の気持ちを整理する時間を作ってみるのもおすすめです。

相手がなぜ必要だと思うのか、じっくり考えてみてください。

 

ただ依存したいだけなのか、相手に尽くしてあげたいと思うのか、その理由が分かれば2人の関係を深めるきっかけが掴めるかもしれません。

お互いに「いいな」と感じていても、急接近する理由が無ければ行動するのは難しいですよね。

 

運命の人と付き合うまでが長いと感じる時は、その理由を自分から積極的に見つけに行くのも良いかもしれません。

 

付き合いの長さが気になったら、気持ちを整理して自分で理由を見つけることも大事

 

相手と自分の関係性を無理なく前に進める方法を考える

 

試練や困難が大きすぎてくじけそうになった時は、無理なく前に進める方法を考えてみることも重要です。

基本的にスピリチュアルな考え方では、運命の人と結ばれるための試練や困難は乗り越えられるものしか与えられないといわれています。

 

しかし時には時間や労力など、大きな代償を支払わなければいけないこともあるでしょう。

そんな時は周りに助けを求めたり、占い師を頼ってサポートしてもらったりするのもおすすめです。

 

特にツインレイやツインソウルなど運命の相手との結びつきを強化してくれる力がある占い師は、2人が結ばれるためにしっかり手助けをしてくれます。

実際に占い師に相談することで「運命の相手と付き合えた」「結婚できた」という体験談は数多くネット上にも投稿されています。

 

現在は対面占い以外に電話占いやLINE占いZOOM鑑定などもありますし、人気の占い師は予約も可能です。

初回は無料ポイントがもらえる電話占いもたくさんありますので、口コミや鑑定歴などをチェックして信頼できそうな占い師を選んで相談してみるのもいいですね。

 

試練や困難があるときは、占い師に頼ってみると道が開けることもある

 

付き合うまでの長い運命の人と結ばれるために大切なことは?

運命の人と付き合うまで長いって本当?すんなりいかないのはなぜ?

 

運命の人と既に出会っているなら、まずは第一段階をクリアしていることになります。

ここからどのように関係を深めていくかが重要です。

 

2人が疎遠になってしまうことは無いはずですが、しっかり結ばれるためには何をすべきなのか、大切なポイントを5つお話ししていきますね!

 

運命の人と結ばれるために大切なこと
  • 運命の人だから何もしなくてもそのうち結ばれると思わない
  • 相手の価値観を尊重する
  • 自分の価値観を相手に伝え、尊重してもらう努力をする
  • お互い無理をしなくて済むラインを探す
  • 日々成長するための自分磨きを怠らない

 

ひとつずつ一緒に見ていきましょう!

 

運命の人だから何もしなくてもそのうち結ばれると思わない

 

相手が運命の人だと確信している場合も、「運命の人だから何もしなくても結ばれるだろう」とは思わない方がいいでしょう。

先ほどお話ししたように、運命の相手でもいろんな理由から相手がそのことに気付いていないケースもあります。

 

さらに、今の関係に満足してしまっている可能性も高いからです。

そのため、たとえ運命の人でも一番側にいながら一生進展しないままで終わってしまう人もいます。

 

これでは本当の幸せを手に入れることはできません。

したがって、運命の人には自分から積極的に関係を深める努力をしていくべきです。

 

相手の価値観を尊重する

 

また運命の人は基本的に相性が良いことが多いのですが、価値観の擦り合わせができていない場合は多少のズレもあるかもしれません。

恋愛に関する理想や、お金の価値観などですね。

 

このような場合は自分がまず相手の価値観を尊重して、合わせていくことも大切です。

価値観がピタリと一致するだけで、親近感が湧いて関係が急接近することも少なくありません。

 

相手と一緒にいる時は、心地良い時間がさらに楽しくなるための努力も必要でしょう。

 

自分の価値観を相手に伝え、尊重してもらう努力をする

 

運命の相手と結ばれるためには、自分ばかりが相手に合わせるのでは上手くいきません。

自分だけが執着して相手を追い求める関係は、アンバランスで決して対等とは言えないからです。

 

したがって自分の価値観を相手に伝え、自分のことを尊重してもらえるような努力をすることも大切になりますね。

この時に相手が求めてくるばかりで何もしてくれない場合は、もしかすると運命の相手ではないのかもしれません。

 

運命の相手ならしっかり話を聞いて、あなたに合わせる努力をしてくれるはずです。

価値観についての会話をする時は、本当に結ばれるべき運命の人なのか確認する絶好のタイミングです。

 

少しでも違和感がある時は、2人の関係についてもう一度ゆっくり考えてみましょう。

 

お互い無理をしなくて済むラインを探す

 

お互いの価値観について話をすると、ここだけは絶対に譲れないという部分も出てくるかもしれません。

そんな時はどちらか一方が我慢するのではなく、2人ともが無理をしなくて済むボーダーラインを探してみましょう。

 

ここまでならOKというラインさえ決めておけばストレスも減ります。

そして、相手の理解も得られるため一緒にいる時間も有意義に過ごすことができるはずです。

 

生涯にたった一人の運命の相手でも、まだまだ繋がりが弱い時は些細なことが原因で距離が開いてしまうこともあるため油断できません。

快適に過ごすためには、2人の間でいろんなルールや基準を明確にしておくことも大切です。

 

例えば「相手のスマートフォンを見ない」「他の異性と2人で出かけるなど誤解を受ける行動はとらない」などがありますね。

一緒にいることが自然で違和感の無い関係になるためには、「お互いが無理をしない」という点も重要なポイントになります。

 

日々成長するための自分磨きを怠らない

 

そして運命の相手から自分を尊重してもらうためには、それだけ自分自身が魅力的な人間にならなくてはいけません。

まずは自分が自分を大切な存在と認識し、日々成長するための自分磨きを怠らないようしましょう。

 

自分を大事にできない人が、運命の人を大切にすることはできませんよね。

運命の相手は決して外見だけで決まるわけではありませんが、見た目も中身も魅力的であるに越したことはありませんね。

 

もちろん中身もしっかり磨いていくことが大切です。

新しいことを学ぶ、趣味を磨く、資格を取る、読書をするなどいろいろありますよね。

 

素敵な人間になればなるほど、それだけ相手と結ばれる日は近くなります。

相手の理想に自分を近付けるのではなく、あくまでも自分自身を高めるための努力を続けてみてください。

 

きっとすぐ近くにいる運命の相手も、あなたの魅力に改めて気付いてくれるはずですよ!

 

まとめ

運命の人と付き合うまで長いって本当?すんなりいかないのはなぜ?

 

運命の人と付き合うまでは長い時間がかかるといわれていますが、すんなりいかないのはそれなりの理由があるからなのですね。

今回は運命の相手と結ばれるための期間や大切なポイントについて、お話ししてきました。

 

覚えておきたい重要な点をまとめてみましたので、最後にもう一度チェックしておきましょう。

 

「運命の人と付き合うまで時間がかかる」の重要ポイント
  • 運命の相手は相性が良すぎて関係が発展しにくい
  • 運命の相手は外見や中身が理想的な人とは限らない
  • 運命の相手と結ばれるための試練が与えられている可能性も高い
  • 自分だけが相手に執着している場合は、それは運命の相手ではない
  • コミュニケーションが取れない、あなたを大事にしてくれない相手も運命の相手ではない
  • 運命の相手となかなか上手くいかない時は、占い師などを頼るのもおすすめ
  • お互いの価値観を尊重し合い、自分磨きをすることも大切

 

運命の相手と既に出会っていても、2人が結ばれるには時間がかかる可能性があります。

自分も努力することも重要ですが、どうしても上手くいかない場合は信頼できる占い師のスピリチュアルな力でサポートしてもらうのもおすすめです。

 

生涯でたった一人の運命の相手と結ばれて、幸せな未来を掴み取ってくださいね!