運気・スピリチュアル

運命の人ではないサイン4つ!運命の人に出会う・気づく方法も解説

運命の人ではないサイン4つ!運命の人に出会う・気づく方法も解説

 

「運命の人ではないサインって何かある?運命の人に出会う方法や気づく方法を知りたい!」

 

自分の恋人やパートナーが「運命の人ではないかもしれない」と感じることはありませんか?

もし恋人やパートナーに何か少しでも違和感を抱いているなら、その直感は当たっているかもしれません。

 

  • 運命の人ではないと分かるサインって何?
  • すんなりいかないのも運命の人ではないからなの?
  • そもそも運命の人かどうか、どうやって見極めればいいの?

 

など、運命の人についてこんな不安や迷いを感じることもありますよね。

というわけで今回は、運命の人ではないサインについてお話ししていきます。

 

この記事ではさらに運命の人であるというサインや、運命の人に出会う方法なども触れていきますのでぜひ一緒にチェックしてみてください!

 

運命の人ではないサイン4つ!この特徴がある場合は要注意!

運命の人ではないサイン4つ!運命の人に出会う・気づく方法も解説

 

パートナーや恋人となぜか上手くいかない場合、それは相手が運命の人ではないケースが多いのです。

恋愛の最初のときめきを「運命の恋だ」と勘違いしてしまうのが原因ですね。

 

しかし実は運命の人ではない異性と繋がってしまった時は、実はとても分かりやすいサインが出ていることがあります。

もし今パートナーと恋人との関係で次の4つの特徴が当てはまる時は、関係性を少し考え直してみるべきかもしれません。

 

運命の人ではない異性と繋がってしまった時のサイン
  • すぐに喧嘩になる、喧嘩になったら長い
  • 一緒にいると疲れる
  • 触れられることに生理的な嫌悪感がある
  • 価値観が違いすぎる

 

最初に上記4つのそれぞれのサインについて詳しくお話ししていきます!

 

些細なことですぐ喧嘩になる・喧嘩ばかりしている

 

運命の人ではない主なサインには、些細なことですぐ喧嘩になるという特徴があります。

恋人やパートナーと意見の食い違いから大喧嘩になったり、一度喧嘩するといつまでも長引いてしまったりしませんか?

 

喧嘩をすると雰囲気も最悪で、すごくネガティブな気分になりますよね。

しかも、何とか仲直りをしてもお互いにモヤモヤが残ってすっきりしないのです。

 

もし運命の人ならお互いに相手を受け入れたくなるため、喧嘩になることがほとんどありません。

運命の人なら、たとえ喧嘩をしてもすぐに分かり合えますし、仲直りもできます。

 

常に喧嘩が絶えずピリピリしたムードが漂っているなら、その相手は残念ながら運命の人ではないと考えた方がいいかもしれません。

 

一緒にいるとなぜか疲れる

 

恋人なのに一緒にいるとなぜか疲れるという場合も、運命の人ではないサインのひとつになります。

一緒にいると疲れるというのは実は相手を完全に信頼しておらず、リラックスできていないからです。

 

また相手との相性が悪く、気疲れしてしまっているためでしょう。

きっと無意識のうちに相手の機嫌や様子を窺っていて、自分も言いたいことが言えずストレスも溜まっています。

 

デートから帰って精神的な疲れを感じるのなら、運命の人ではないといえます。

そして自分が疲れるなと思っている時は、おそらく相手も同じように感じているでしょう。

 

一緒にいて疲れるとイライラして、結局喧嘩も増えてしまいますね。

ついため息が出てしまう、などは心の奥底で「一緒にいると疲れる」と気づいているのです。

 

付き合って長いのに緊張感があって素の状態でいられない相手は、やはり運命の人とは言えません。

 

スキンシップをとる際、生理的な嫌悪感がある

 

恋人ならスキンシップをすることも多いですよね。

しかしハグやキス、さらにもっと親密なスキンシップで生理的な嫌悪感がある時は、運命の人ではないサインかもしれません。

 

普通は運命の人にはいつでも触れたくなりますし、お互いに相手を求めて積極的にスキンシップを取りたくなるものです。

それが真逆の反応になってしまうのは、相手が本当に結ばれるべき相手ではないからでしょう。

 

例えば相手が触れてこようとする時に思わずスッと手を引いたり、体をずらしたり、無意識に拒否してしまうことはありませんか?

それはあなたの本能が「この人は違う」と教えてくれている可能性があります。

 

触れられているとイライラしてくる場合も、運命の人ではないといえるでしょう。

相手も、こちらが触れようとすると拒否をするような行動を無意識のうちに取ることもあるかもしれません。

 

それは、相手も生理的嫌悪感を抱いていると考えられます。

相手に生理的な嫌悪感がある場合は、長く関係を続けていくのは不可能です。

 

無理に嫌悪感を解消しようとしても、どうしてもできないのではないでしょうか。

もう一度落ち着いて2人の関係を考えてみた方が良さそうですね。

 

価値観が違いすぎる

 

価値観が違いすぎる場合も、残念ながら運命の人ではない可能性が高いのです。

一般的に運命の人は自分と価値観が驚くほど似ていることが多く、以心伝心の関係になれると考えられています。

 

「価値観」は本当に些細なことから、重要なことまでいろいろありますよね。

運命の人は同じタイミングで同じことを考えていたという奇跡が起こることもあるほどで、価値観の違いから意見が対立することはほとんどありません。

 

多少好みの違いはあったとしても、根幹の価値観は同じなのです。

しかし運命の人ではない場合は、好きな物が違ったり、考え方がズレていたり、何かと違和感を抱きやすくなります。

 

例えば猫好きの人が「野良猫はかわいそう」と思うのに対して、「野良猫の存在は鬱陶しい」などのズレはなかなか調整するのは難しいでしょう。

「ファミレスで食事なんて絶対イヤ」という人と「どこでもいっしょに食べればおいしい」と思う人ではなかなか上手くいかないですよね。

 

こんな些細なことでも、価値観が違えばストレスになっていきます。

したがっていろんな状況で相手のことが理解できないと感じるなら、その人は自分の運命の人ではないということになるでしょう。

 

こんな場合も違うかも!運命の人ではない可能性が高いサイン

運命の人ではないサイン4つ!運命の人に出会う・気づく方法も解説

 

上記の4つのサインはかなり確実性の高い「運命の人ではないサイン」となりますが、実は他にも見極めるサインは以下の通りいろいろあります。

 

運命の人ではないことを見極めるサイン
  • 相手が自己中心的すぎる
  • 浮気癖がある
  • 経済的に自立していない
  • 生活能力がない
  • 精神的に不安定である

 

続いてはこの5つのサインについて詳しく確認していきましょう!

 

頼りがいがあるというより自己中心的

 

出会ったばかりの頃は頼りがいがある相手だと感じても、実際はただの自己中心的な性格だったというケースは少なくありません。

相手が独りよがりで自分勝手な行動やワガママな行動が目立つ場合は、2人の相性が良くない可能性が高くなります。

 

つまり運命の人ではないということですね。

最初のうちは「好き」という気持ちも強くて、なんとか相手のワガママに答えようとしたかもしれません。

 

しかし、自己中心的な人はそれが当然だと受け止めており、感謝する気持ちはほぼないのです。

そもそも自己中心的な人は、興味のない相手のことは軽く扱ってしまう傾向があります。

 

相手の都合も考えずに、いきなり「今から会いたい」といって会えないと不機嫌になるなども自己中心的です。

体調不良でデートできないときに、相手の体調を心配するよりもデートができなかったことに怒るような人も危険ですね。

 

相手が自己中だなと感じる時点で、相手はあなたのことを大切に考えていないのでしょう。

恋人やパートナーが自己中心的で全く気遣ってくれない場合は、相手はあなたが本当に結ばれるべき相手ではありません。

 

もっと誠実に向き合ってくれる運命の相手が他にも必ずいるはずです。

自己中でワガママな態度は、気を許して甘えてくれているからだと誤解しないよう注意した方がいいでしょう。

 

飽き性で浮気癖がある

 

男性も女性も、飽き性で浮気癖がある人っていますよね。

何度注意しても自分の恋人が浮気を繰り返してやめてくれないという場合も、運命の相手ではないと考えるべきです。

 

なぜなら運命の人と出会うと、完全に心が満たされるため他の人と浮気をしたいという気持ちになることはないからです。

また、運命の相手を傷つけるような浮気をわざわざすることがありません。

 

浮気を繰り返されるということは、相手が自分に対して物足りなさや不満を感じていることを意味するため、本当に求めている相手とは違うということになります。

したがって「何度浮気をしても最後は自分の元に戻ってくれるから運命の人に違いない!」と考えるのは危険です。

 

自分の元に戻ってくるのは、ある意味都合のいい相手だと思われているのかもしれません。

冷静にその他のサインも確認してみることをおすすめします。

 

経済的に自立していない

 

人の存在価値はお金で決まるものではありません。

しかし恋人が経済的に自立していない場合は、運命の相手ではない可能性が高いのです。

 

働かずに生活費などを無心してくる、いい年をして両親などに養ってもらっているなどは、自立していないといえます。

しかも、それを恥ずかしいとも思わず当然のように受け止めている人もいるのです。

 

このような人の場合はあなたを守ってくれる運命の人とは考えられません。

ただし例外もあり、夢に向かってしっかり努力している人なら一時的に経済的に困っているだけかもしれませんね。

 

自立するために頑張っている様子が見える時は、このケースには当てはまらない場合もあります。

もし相手の経済状況が不安な時は、その状況を打開するために相手がどう行動しているのかをチェックしてみてください。

 

今は経済的に不安定だけれど、きちんと抜け出そうとしている人なら安心です。

あなたとの繋がりのある運命の人なら、きっと近いうちに経済的にも自立するでしょう。

 

生活能力がない

 

お金はあっても、生活能力がない人もいますね。

この場合の生活能力がないというのは、基本的な自己管理ができない、社会に適した行動ができないなどの特徴がある人を指します。

 

分かりやすい例では家事ができなくて家がゴミ屋敷の人や、約束の時間が守れなくて遅刻ばかりしている人は生活能力がないと言えるでしょう。

基本的に生活能力がない人は、同棲するとルーズでいい加減なところが非常に目につくようになります。

 

しかも、自分がやらないことを棚に上げて相手のせいにするなどもイライラさせられることが多いでしょう。

結局、生活能力のない人のフォローに終始してしまうので、とても結婚など将来を考えることはできません。

 

自分のことも満足に管理できない相手は、ただ依存されて終わるケースも多いです。

やはり運命の人ではないと考えた方がいいでしょう。

 

精神的に不安定で相手を振り回す

 

さらに精神的に不安定な人も要注意です。

精神的に不安定な人は依存心が強いため、一方的に感情に任せてこちらを振り回してきます。

 

いわゆるメンヘラ気質な人です。

そして少しでも自分の思ったようにいかないと不機嫌になり、別れを匂わせてきたりすることも少なくありません。

 

LINEの返事が少しでも遅れると怒って口もきいてくれないような人も、ややメンヘラ気質です。

叶えられそうにない頼みごとをしてきて、「できない」と告げると手が付けられないくらい泣いて暴れるなどもあります。

 

はっきり言って、精神的でメンヘラ要素のある人と付き合うのは疲れてしまいますよね。

しかしそもそも運命の相手は魂でしっかりと結びついているため、少々のことで不安になることはないはずなのです。

 

精神的に自立していて、信頼し合えるため浮気を疑ったり過剰な束縛をしたりすることもなく、穏やかな関係を築くことができます。

もし相手が精神的に不安定で振り回されているなら、それは運命の相手ではないサインになるかもしれません。

 

すんなりいかないだけなら運命の人の可能性は十分にある

運命の人ではないサイン4つ!運命の人に出会う・気づく方法も解説

 

運命の人ではないサインには、ネガティブな違和感を抱くケースが多いです。

ここまでご覧になって、「じゃあ彼とすんなりいかないのは運命の人ではないからなの?」とドキッとした人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、ただ相手とすんなりいかないだけでそう考えるのは早計かもしれません。

運命の相手でも結ばれるまでに時間がかかるケースは珍しくないのです。

 

運命の相手とすんなりいかない理由は、主に3つ考えられます。

 

運命の相手とすんなりいかない理由
  • 2人が絆を深めるための試練が与えられている
  • お互いに相手への気持ちに気付くのに時間がかかっている
  • 出会うタイミングが少し早すぎた

 

スピリチュアル的な考え方をすると、運命の相手と結ばれるのは人生の最大の幸運です。

そのため結ばれる前にしっかり信頼や絆を深めるための大きな試練が与えられていることがあります。

 

いろんな問題があってなかなか結ばれない人でも、その試練を乗り越えれば決して離れることなく幸せになれることもあるでしょう。

また何となく「心地いいな」と思う人がいても、それが意外な人であればお互いの気持ちに気付くのに時間がかかってしまうことも多いです。

 

たとえば運命の相手が理想とは全く違う相手だった場合、「まさかこの人が自分の運命の人ではないだろう」と思い込んでしまうケースも考えられますね。

すぐ近くにいてもお互いに気付けないことも実は「あるある」で珍しい話ではありません。

 

さらに運命の人とすんなりいかない時は、出会うタイミングが早すぎたのが原因かもしれません。

お互いにまだ精神的に成長しきっていない、またはいろんな面で自立できていない段階で運命の相手に出会ってしまうと、やはり結ばれるまでには時間がかかります。

 

このように運命の相手であっても簡単には結ばれないケースは実際にいろいろあるのです。

他の人とは明らかに違う特別な絆を感じているなら、諦めるべきではありません。

 

時には自分の直感を信じて行動することも大切です。

 

運命の相手でも結ばれるのに時間がかかることがあるので、特別な絆を感じるなら諦めない!

 

運命の人の特徴は?運命の人か確かめる方法はある?

運命の人ではないサイン4つ!運命の人に出会う・気づく方法も解説

 

運命の人ではないサインについて理解した上で、今度は運命の人か確かめる方法やその特徴について確認していきましょう。

一般的に運命の人は大きく分けて次の4つの特徴が見られます。

 

運命の人の特徴
  • 一緒にいるだけで落ち着く
  • お互いに相手を大切にしたいと思える
  • さまざまな価値観が近い
  • お互いに相手に触れたいと思える

 

こちらもそれぞれの特徴について1つずつ詳しくお話ししていきますね!

 

一緒にいるだけで落ち着く・満足感がある

 

運命の相手は世界でただ1人の特別な人です。

もし相手が運命の人なら、一緒にいるだけで心が落ち着いて満足できるでしょう。

 

お互いに相手に対しては「ただ一緒に隣にいてくれるだけでいい」と思うため、それ以上何かを求めたくなったり、求められたりすることもありません。

したがって「もっと連絡してほしい」「もっと愛情表現をしてほしい」とそれ以上を求めてしまう相手は運命の人ではない可能性がありますね。

 

運命の人との関係はとても穏やかで、離れていても決して不安になることはありませんし、相手の行動を不満に思うこともないはずです。

心穏やかに過ごせる相手なら、運命の人と考えられます。

 

お互い相手を大切にしたいと思える

 

運命の相手は、お互いに相手を大切にしたいという感情も芽生えます。

見極めるポイントは、気持ちが一方通行ではないことですね。

 

愛されるだけで相手に気持ちを返さないのも、自分だけが相手を熱烈に愛してしまうのも、真実の愛とは言えないでしょう。

よって自分が相手を大切にしたいなと思う気持ちと同じ強さで相手が思ってくれているなら、きっとその相手は運命の人になります。

 

独りよがりな行為で運命の人だと勘違いしないよう注意しなければいけません。

 

さまざまな面で価値観が近い

 

さらに価値観が近いというのも運命の人を感じる重要なサインです。

価値観と言ってもいろいろあります。

 

お金、仕事、結婚時期、人生プラン、友人、家族に関することなど、すべて人それぞれ考え方がありますね。

運命の人はこれらの価値観がぴたりと重なることが多く、考え方が似ているためとても話が合います。

 

将来の話をする時も目指す方向性が同じなので、常に良好な関係を築くことができるでしょう。

基本的に価値観が近いかどうかは、何度か話すうちに何となくお互いに分かってくるものです。

 

そのため、会話を重ねるたびに「この人は自分に似てるかも」という気持ちが強くなっていくなら、運命の人である可能性が高いと考えられます。

 

お互い相手に触れたいと思える

 

運命の人ではないサインには、相手に嫌悪感を抱くというサインがありましたね。

運命の人に対してはその逆で、お互いに相手に触れたくてたまらなくなります。

 

この触れたいという感情は下心ではなく、本能や魂が相手を求めているためです。

そのため、手を繋いだり、軽くハグをしたりするだけでも十分幸せな気持ちになれます。

 

そして、相手の体温を感じるだけで深い心地よさを実感するはずです。

もし初対面なのにお互いに惹かれ合うように相手に触れたくなった時は、それは運命の出会いなのかもしれません。

 

運命の人に出会う方法!出会うためにすべき努力はこんなこと

運命の人ではないサイン4つ!運命の人に出会う・気づく方法も解説

 

幸せになるためには運命の人と確実に出会いたいですよね。

ここからは運命の人と出会うための方法についてお話ししていきます。

 

運命の人と出会うためには具体的にどんな努力をすべきなのか、次の7つのポイントについて見ていきましょう!

 

運命の人と出会うためにすべき努力7つ
  • 多くの人に出会い、さまざまな価値観に触れる
  • 精神的に自立し、何かに依存しない
  • 収入を安定させ、経済的に自立する
  • 相手の意見をよく聞き、尊重する
  • 自分の意見を穏やかにはっきり伝えられるようになる
  • 夢中になれる趣味や仕事を持つ
  • 多くのことに興味を持ち、話題を広げる

 

多くの人に出会い、さまざまな価値観に触れる

 

まず運命の人に出会うには、多くの人に出会うことが大切です。

そもそも出会いが無ければ運命の人を見つけることもできませんよね。

 

これまでよりも行動範囲を広げて、いろんな場所へ出向いて多くの人に会い、さまざまな価値観に触れてみてください。

そうすれば自分と合う人の特徴も分かりますし、自分自身についての新たな発見も期待できます。

 

出会いの方法はマッチングアプリやSNSの交流などもありますし、もちろん職場や友人の紹介、趣味の集まりなどの出会いもあるでしょう。

積極的にお出かけして交流を広げていくのが運命の人に出会える近道になります。

 

精神的に自立し、何かに依存しない

 

運命の人と出会いたいなら精神的に成長して自立しておくことも重要です。

せっかく運命の人と出会っても、自分が未熟な状態では相手に気付いてもらえないかもしれません。

 

しっかり自立して行動している人は輝いて見えるため、お互いに相手の存在に気付きやすくなります。

いざ運命の人と出会った後も、精神的に自立していれば相手と良好な関係を築けますね。

 

両思いになって結ばれるまでの時間も、はるかに短くなるでしょう。

 

収入を安定させ、経済的に自立する

 

さらに自分が成長する上で、収入を安定させて経済的に自立することも忘れてはいけません。

自分の生活は自分で何とかするという自立した生き方は、必ず運命の相手を引き寄せる強い力になります。

 

また経済的に自立していれば出会いの場を増やすこともできますし、結婚を希望しているなら結婚資金を貯めておくことも可能です。

収入を安定させてしっかり自立することは人生を豊かにするだけでなく、運命の相手を引き寄せる効果も期待できます。

 

相手の意見をよく聞き、尊重する

 

たくさん出会いがあっても、相手のことを知ることができなければ運命の人かどうか分かりません。

よって相手が本当に自分の運命の人か見極めるためには、常に相手の意見をよく聞く姿勢を心掛け、相手の考えを尊重することも意識しておくべきです。

 

基本的に聞き上手で会話上手な人は、運命の恋を引き寄せやすいと言われています。

自分の話だけに夢中になってしまう自分本位な人は、たとえチャンスがあってもそのタイミングを活かすことはできないでしょう。

 

運命の人と結ばれて幸せになるためには、聞く力や包容力がとても大切だということですね!

 

自分の意見を穏やかにはっきり伝えられるようになる

 

自分だけが話に夢中になるのは良くありませんが、言いたいことを何も言わずに我慢してしまうのも良くありません。

運命の人と出会いたいなら、自分の意見をはっきり伝えられるようになることも大切です。

 

きちんと自分のことを相手に知ってもらうためには伝える力も必要になります。

ただし相手に何か意見を伝える時も、決してキツイ口調や偉そうな態度で接するのはNGです。

 

意見を伝える時は穏やかに、分かりやすく簡潔に伝えると好印象なのは間違いありません。

またどんな人にも意見を変えることなく公平に接することも重要なポイントになるでしょう。

 

普段から人と話す時は、「運命の相手はもしかしてこの人かも!」と考えて接するのもいいかもしれませんね。

 

夢中になれる趣味や仕事を持つ

 

運命の人に出会いたいなら、何か夢中になれる趣味や仕事を持つのもおすすめです。

好きな趣味や仕事を楽しんでいる人はキラキラ輝いて見えますよね。

 

何も楽しみがなく鬱々とした日々を過ごしている人とは表情の明るさが違います。

また他人に誇れるほど夢中になれるものがあると、会話のネタも尽きません。

 

自分に自信がついてさらに積極的に交流を広げていけるはずです。

よって今は特に夢中になれる趣味や仕事がない人は、少しでも興味のある習い事を始めてみたり、資格の勉強を始めたりするのもいいでしょう。

 

運命の人は価値観や好きなことや似ているため、趣味の場で運命の出会いが訪れる可能性もあります。

 

多くのことに興味を持ち、話題を広げる

 

趣味や仕事以外にも、多くのことに興味を持つのはとても良いことです。

知識がたくさんあれば話題を広げやすくなり、相手と理解を深め合いたい時にも必ず役に立ちます。

 

運命の相手はいつ、どこで出会うか分かりません。

常にどんな状況にも対応できるようしっかり準備しておきたいですね。

 

これまでに会ってきた人とはジャンルが違う人と話すと知的好奇心を刺激され、とても良い影響を受けることもできるでしょう。

また本や漫画、ネット上にもさまざまな情報があふれています。

 

運命の人と出会って結ばれるために、ぜひいろんなことに興味を持って行動してみてください。

 

まとめ

運命の人ではないサイン4つ!運命の人に出会う・気づく方法も解説

 

今回こちらの記事では運命の人ではないサインなどをお話ししてきました。

もし今の恋人やパートナーに複数当てはまる項目があったなら、一度関係を見直してみた方がいいかもしれませんね。

 

運命の人に関するサインについて、最後にもう一度大切なポイントをおさらいしておきましょう。

 

運命の人に関するサインまとめ
  • 運命の人ではない主なサインは「すぐに喧嘩になる」「一緒にいると疲れる」「スキンシップに生理的な嫌悪感がある」「価値観が違いすぎる」などがある
  • 他にも「相手が自己中心的すぎる」「浮気癖がある」「経済的に自立していない」「生活能力がない」「精神的に不安定」という相手も運命の人ではない可能性が高い
  • すんなりいかなくても運命の相手である可能性は十分ある
  • すんなりいかない原因は絆を深める試練か、タイミングの問題である場合が多い
  • 運命の人である主なサインは「一緒にいるだけで落ち着く」「価値観が近い」「お互いに相手を大切にして触れたいと思える」などがある
  • 運命の人に出会うためには出会いの場を増やし、精神的にも経済的にも自立して視野を広げることが大切

 

運命の人に出会うためには、その日に向けて自分も出来る限りの努力を続けていくことが大切です。

しっかり自立した人間を目指し、視野を広げて運命の人との縁を引き寄せましょう!