運気・スピリチュアル

寝ても寝ても眠いときのスピリチュアルなメッセージ!過ごし方も解説

寝ても寝ても眠いときのスピリチュアルなメッセージ!過ごし方も解説

 

「寝ても寝ても眠いときのスピリチュアルなメッセージって何かある?どんなふうに過ごせばいいのかな」

 

十分な睡眠を取っているのに寝ても寝ても眠い……そんな時は何かスピリチュアルなメッセージが届いているサインかもしれません。

でも寝ても寝ても眠いのは、良いサインなのか悪いサインなのか分からないと不安ですよね。

 

  • 寝ても寝ても眠い!これってどんな意味があるの?
  • 寝ても寝ても眠いのはスピリチュアル的に良いことなの?悪いことなの?
  • 寝ても寝ても眠いときの過ごし方や対処法は?

 

など「寝ても寝ても眠い」と心配なことがたくさんありますよね。

そこで今回は寝ても寝ても眠いときのスピリチュアル的なメッセージの意味について詳しくご紹介していきます。

 

また眠くてもどうしても起きなければいけないときの眠気の解消方法などもお話ししていきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

さらに、人に感謝され、お金にも恵まれる人生を歩みたい方へ。

今、期間限定で『自分のやりがいに目覚め人生を変えるエッセンス』を無料で受け取ることができます。

 

自分のメンタルブロックを外して、仕事や収入を自分の意思でコントロールできる最高峰の技術です。

さらに、人の心に寄り添い、目の前の相手に心から感謝してもらうことができるようになります。

 

今まさに人気が殺到しているエッセンスなので、ぜひ終了になる前にチェックしておいてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

寝ても寝ても眠いときのスピリチュアルなメッセージは?

寝ても寝ても眠いときのスピリチュアルなメッセージ!過ごし方も解説

 

ではさっそく、寝ても寝ても眠いときのスピリチュアル的なメッセージについて確認していきましょう。

たくさん寝ているのに眠くて仕方がない、体調は悪くないのに眠気だけがひどいという人は次のメッセージを受け取っている可能性があります!

 

寝ても寝ても眠いときのスピリチュアルなメッセージ
  • やたら眠いのは良い前兆の場合と悪い前兆の場合がある
  • 吉兆①良いエネルギーを大量に受け取っている
  • 吉兆②人生において大切な人と出会う直前
  • 吉兆③人生の大きな転機を迎える直前
  • 凶兆①自分本位になりすぎている警告
  • 凶兆②他者のネガティブなエネルギーにあてられている

 

それぞれを詳しくみていきましょう!

 

やたら眠いのは良い前兆の場合と悪い前兆の場合がある

 

まず、寝ても寝ても眠いのは、良い前兆の場合と悪い前兆の場合の2つのパターンがあります。

スピリチュアル的には異常な眠気は吉凶のどちらの可能性も考えられるのです。

 

そもそもしっかり寝ているのにどうしても眠くて仕方がないときは、疲れが溜まっていたり病気を疑ってしまったりしますよね。

しかし朝から1日中ずっと異常な眠気が取れないときは、スピリチュアルなメッセージが届いているサインが考えられます。

 

眠気がずっと続いていると日常生活にも支障が出てしまいますよね。

人間にとって睡眠は体を休めて回復したり、脳を休めて記憶や感情を整理したり、とても大切なものです。

 

しかし異常に眠くて仕方がないときは、明らかに体や心に何らかの変化が訪れていることを意味しています。

よく寝ているのに眠くて仕方ないという状況は、通常ではほぼあり得ないことです。

 

吉か凶か、スピリチュアルなメッセージが届いていると考えていいでしょう。

 

しっかり寝ているはずなのに眠くて眠くて仕方がないときは、吉または凶のスピリチュアルなメッセージが届いています!

 

吉兆①:良いエネルギーを大量に受け取っている

 

良い前兆のケースでは、自分が高次元な存在から良いエネルギーや波動を大量に受け取っている場合が考えられます。

高次元の存在があなたの魂や精神を成長させるために、プラスのエネルギーや波動を送り込んでいるのかもしれません。

 

プラスのエネルギーや良い波動を受け取る間は、どうしても体や心に大きな負荷がかかります。

そのため、一時的に体力や気力が低下して異常な眠気に襲われている可能性があるのです。

 

この場合は眠気が収まると同時に飛躍的な成長を遂げることができ、生まれ変わったように頭が冴えわたる時期が訪れるはずです。

 

プラスのエネルギーや波動を受け止めていると、眠くてたまらなくなることがあります。

 

吉兆②:人生において大切な人と出会う直前

 

また異常な眠気があるときは、スピリチュアル的には自分の体から意識や魂が出ているからだという説もあります。

まるで幽体離脱のようですが、実はスピリチュアル的には意識や魂は自由に空間を移動することができるのです。

 

そして、それは人生において大切な人と出会う直前によく起こります。

運命の人に導かれて、一時的に魂が肉体を離れている状態なのかもしれません。

 

寝ても寝ても眠いときは、頻繁にその現象が起こっているときです。

近いうちに自分のツインソウルや運命の人との出会いが訪れる可能性があります。

 

人生に関わってくるほどの大切な人は、出会った瞬間に懐かしいような不思議な感覚に陥ると言われていますね。

楽しみにその出会いを待ってみてください!

 

眠くて眠くてたまらないのは、人生における運命の人に会う前兆のときがあります。

 

吉兆③:人生の大きな転機を迎える直前

 

さらに眠気が吉兆である場合は、人生の大きな転機を迎える直前を暗示している場合もあります。

一般的に、運気が大きく入れ替わるときは異常な眠気や疲れを感じることが多いのです。

 

たとえば低迷している運気が急に上向きになったときなどは、その変化に体が追い付かずに眠気を感じやすくなります。

またこれから起こるさまざまな事態に対応するために、無意識のうちに体力を温存しようという本能が働いている可能性もあるでしょう。

 

寝ても寝ても眠いのは、これから起こる大きな転機に向けてエネルギーを蓄えている時期なのかもしれません。

眠気は強く感じても嫌な気分ではなく、ワクワクとした楽しい気分になる場合は吉兆と考えて良いでしょう。

 

眠くて眠くてたまらないけれど気分がいいときは、良い意味で人生の転機を迎えています!

 

また、金運をアップさせてお金に悩まない人生を送りたい方へ。

 

今、金運のプロによる『特別金運鑑定』を期間限定『無料』で受けることができます。

特に、『20歳以上の女性の金運アップ』の効果が凄く、金運が上がる大きなチャンスです。

 

実際、この金運鑑定を受けている人ほど大きな臨時収入が入ったり、貯金がドンドン貯まっってきています。

 

今まさに人気が殺到しているので、ぜひ終了になる前に金運アップの秘訣を取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

凶兆①:自分本位になりすぎている警告

 

寝ても寝ても眠いという状態は、凶兆の場合もあります。

凶兆の場合は「自分本位になりすぎていることの警告」を暗示していることが多いです。

 

これは周りの人と意識や波動がズレてしまっている状態であり、エネルギー同士が反発し合って疲れが溜まっている状態になります。

相手に合わせる協調性を持たなければいつまでもその状態が続くことになり、事態はさらに深刻化するでしょう。

 

もし自分が周りの人の意見に耳を傾けていないと感じるなら、今すぐにその態度を改めるべきですね。

自分本位な状況を改善すると、眠くて眠くてたまらない状況からすっと抜け出せるはずです。

 

自分本位になり過ぎていると、異常な眠気を感じるときがあります。

 

凶兆②:他者のネガティブなエネルギーにあてられている

 

さらに眠気が凶兆の場合は、他者のネガティブなエネルギーにあてられている可能性もあります。

この場合は恐らく霊的な現象ではなく、あなたを良く思わない人からの生霊による影響でしょう。

 

生霊によって悪意のあるエネルギーをあてられると、その悪意から自分を守ろうとして異常に体力が奪われてしまうことがあります。

したがって寝ても寝ても眠い状態が続き、なんとなく気分も優れずにイライラやストレスもたくさん溜まってしまうのです。

 

寝ても体力が持たなくなると、起きられない状態になってしまう人もいます。

生霊は甘く見てはいけない怖いものです。

 

誰かに恨まれたり、悪意の感情を持たれたりしていることに心当たりはありませんか?

もしも思い当たることがあるのなら、早急に問題を解決した方がいいでしょう。

 

生霊の強い悪意によって、異常な眠気を感じるケースもあります。

 

さらに、人に感謝され、お金にも恵まれる人生を歩みたい方へ。

今、期間限定で『自分のやりがいに目覚め人生を変えるエッセンス』を無料で受け取ることができます。

 

自分のメンタルブロックを外して、仕事や収入を自分の意思でコントロールできる最高峰の技術です。

さらに、人の心に寄り添い、目の前の相手に心から感謝してもらうことができるようになります。

 

今まさに人気が殺到しているエッセンスなので、ぜひ終了になる前にチェックしておいてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

寝ても寝ても眠いときはどうすればいい?魂の修復のため十分休む!

寝ても寝ても眠いときのスピリチュアルなメッセージ!過ごし方も解説

 

寝ても寝ても眠い状態が続くのは辛いものです。

異常な眠気に襲われているときは、それはが吉兆であっても凶兆であっても何とかしたいですよね。

 

眠くてたまらないときには、次の3つを心がけてみてください。

 

寝ても寝ても眠いときにやるべきこと
  • 魂を修復し、エネルギーを蓄えるため十分休む!
  • 他者の影響を受けないよう、1人になることも大切
  • 眠くなってしまうことに罪悪感を持つのはNG

 

ここからは寝ても寝ても眠いときにどうすればいいのか、対処法3つについて詳しく確認していきましょう!

 

魂を修復し、エネルギーを蓄えるため十分休む!

 

寝ても寝ても眠いときはたくさんのエネルギーが使われている状態です。

この状態が長引いているときは魂も疲弊しています。

 

そのため、魂を修復してエネルギーを蓄えるためには、十分休むことが何よりも大切です。

できるだけ眠気に抗わずに、無理をしないで眠れるときは寝たいだけ寝るようにしましょう。

 

この先で大きな人生の転換期を迎える可能性もあります。

体力を回復させて体調を整えておくことで、その急激な変化に対応できるようにしておくことが重要です。

 

他者の影響を受けないよう、1人になることも大切

 

眠気がひどく、しかも気分もすぐれないときは悪いエネルギーにあてられている可能性が高いです。

このようなときは一時的に他者の影響を受けないように、1人になることも重要ですね。

 

自分を良く思わない人に無理に合わせようと頑張りすぎず、自分の時間を過ごすことでエネルギーは回復していきます。

一人旅に出たり、自然の中でゆっくり過ごしてみたりするのも良いですね。

 

また美味しいものを食べたり、綺麗な景色を見たりするのも心が満たされてリラックスできますよ。

1人になって心と体を癒しながら自分の内面とゆっくり向き合ってみましょう。

 

可能なら少しの間仕事を休んだり、人と会ったりするのを避けてみてください。

 

眠くなってしまうことに罪悪感を持つのはNG

 

寝ても寝ても眠いときは、起きられないこともあるため自分が怠け者のように感じて罪悪感を持ってしまう人もいます。

実際に、家族などから寝てばかりいることを指摘されてしまう人もいるかもしれませんね。

 

しかし眠くなってしまうことに罪悪感を持つ必要はありません。

スピリチュアル的に異常な眠気に襲われるときは、重要なメッセージを受け取っているときです。

 

それなので、自分では眠気をどうすることもできない場合も多いのです。

むしろ必要以上後ろ向きでネガティブな気持ちになっていると、魂はどんどん疲弊していきます。

 

これではいつまでも体力や気力は回復しないため、今の状態が長引くだけです。

早く寝て規則正しい生活をしても、眠気が無くならないときもありますよね。

 

いろいろやっても眠気が無くならないときは、素直に「今は休むときなのだ」と割り切ってゆっくり過ごせばOKです。

もし精神的に不安になってしまうなら、心理カウンセラーや占い師に相談してみるのも良いかもしれません。

 

実際カウンセラーや占い師は、このような眠気を感じるスピリチュアルなサインをたくさん見てきています。

そのため強い眠気に悩むあなたに、適切なアドバイスを与えてくれるはずです。

 

理解してくれる人に話をするだけで、気持ちが落ち着いてゆっくり眠れるようになれますよ。

家族がなかなか理解してくれない場合は、「体調が悪いので寝たい」と伝えておくといいでしょう。

 

さらに、人に感謝され、お金にも恵まれる人生を歩みたい方へ。

今、期間限定で『自分のやりがいに目覚め人生を変えるエッセンス』を無料で受け取ることができます。

 

自分のメンタルブロックを外して、仕事や収入を自分の意思でコントロールできる最高峰の技術です。

さらに、人の心に寄り添い、目の前の相手に心から感謝してもらうことができるようになります。

 

今まさに人気が殺到しているエッセンスなので、ぜひ終了になる前にチェックしておいてください!

↓  ↓  ↓

※まもなく終了につきお見逃しなく!

 

寝ても寝ても眠いときにどうしても起きなければならないときは?

寝ても寝ても眠いときのスピリチュアルなメッセージ!過ごし方も解説

 

寝ても寝ても眠いときは休むのが一番です。

しかし仕事や用事などでどうしても起きなければならないときもありますよね。

 

無理をしないことが大切ですが、どうしてもの場合は次のような習慣を取り入れて過ごしてみてください。

 

どうしても起きなくてはいけないときにおすすめの行動
  • 休憩できるときにお昼寝をこまめにする
  • 軽く体を動かして運動をする
  • 窓を開けて新鮮な空気を吸い込む
  • なるべく早く寝て睡眠時間を長くする
  • 快適な睡眠環境を整える

 

会社に行く、約束があるなどどうしても起きなければならないときは、朝はとにかく頑張って起きましょう。

そして、休憩できるときにお昼寝をこまめにしてみてください。

 

お昼寝は短くても疲れが取れるので特におすすめですし、目をつぶるだけでも効果的なので試してみてください。

また軽く体を動かしたり運動したりすると、眠気が飛んで頭がすっきりすることもあります。

 

家にいるときは窓を開けて、新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込むのも効果的です。

ゆっくりと息を吸って吐くを繰り返してみるのもいいでしょう。

 

さらに体力や精神的なエネルギーを回復させるためには、なるべく早く寝て睡眠時間を長くすることも大切ですね。

ゆっくり休めるように枕や布団などの寝具を変えたり、照明を温かい明かりに変えたりするのも効果的です。

 

スマホやPCを寝る直前まで見るのもやめたほうがいいですね。

ベッドに入る約2時間前に40度程度のぬるめのお風呂にゆったりつかるのも、よく眠るために大切です。

 

熱いお風呂は、目が冴えてしまうので注意してください。

寝る前のアルコールは、熟睡を妨げると言われていますので、お酒は控えたほうがいいでしょう。

 

しっかり眠ることができれば回復も早くなりますので、異常な眠気が少しだけ落ち着くこともありますよ。

 

まとめ

寝ても寝ても眠いときのスピリチュアルなメッセージ!過ごし方も解説

 

寝ても寝ても眠いという不思議な状態が続くときってありますよね。

これは、さまざまなスピリチュアルなメッセージが送られているサインかもしれません。

 

ここまでご紹介した内容を簡潔に考えてみると、押さえておきたい重要なポイントは主に5つにまとめることができます。

 

寝ても寝ても眠いときに押さえたい大切なポイント
  • 寝ても寝ても眠いのは良いサインと悪いサインの2パターン考えられる
  • 吉兆の場合は人生の転換期が訪れている可能性が高い
  • 気分が優れないときは凶兆の恐れがあるため注意が必要
  • 眠気がひどいときは体を休めることが大切
  • 1人になって気分転換をしたり、睡眠環境を整えたりするのもおすすめ

 

寝ても寝ても眠気が治まらないときは、決して無理をしてはいけません。

十分な休養を取って体調を回復させ、大きな変化にも耐えられるようにしっかりエネルギーを蓄えておきましょう!