未分類

復縁したい!振られた側の女性が元彼とやり直すための方法とは?

復縁したい!振られた側の女性が元彼とやり直すための方法とは?

 

「復縁したい!振られた側はどうすれば元彼と復縁できるの?振られた元彼と復縁するための方法が知りたい!」

 

復縁したいと思ったら、振られた側はどうすればいいのでしょうか。

振られたとしても簡単には元彼が諦められないとき、どうすれば復縁できるのかを悩みますよね。

 

  • 振られた側の女性から復縁を望んでやり直せる可能性は?
  • 振られた側だけど、復縁したいときはどうすればいい?
  • 復縁したい振られた側の女性がやってはいけないNG行動は?

 

そこで今回は、復縁したいと思ったら振られた側はどうすればいいのかなど、元彼と復縁するコツをご紹介していきます。

また、振られた女性が元彼とやり直せる可能性や、連絡する時に大事なこともお話ししていきますので、ぜひチェックしてみてください!

 

復縁したい!振られた側の女性が元彼とやり直せることはある?

復縁したい!振られた側の女性が元彼とやり直すための方法とは?

 

まずは、「振られた側の女性が元彼とやり直せることはあるの?」と不安な人が多いかと思うので、その疑問にお答えしていきましょう。

結論からいうと、振られた側でもやり直せる可能性は十分にあります!

 

人の気持ちは時間の経過とともに変わるものなので、たとえ今は元彼の気持ちが冷めてしまっていても、いつかまた再熱するかもしれません。

ずっと誰かを嫌うことなんてできないので、その可能性は十分にあるのです。

 

それに、あなたの行動が元彼の気持ちを変えられる可能性もあります。

本気で元彼とやり直したいと思うのなら、「どうせ私なんて…」と諦めてしまわず、ポジティブな考え方を持って頑張っていくことが大切です!

 

また、男性は別れた女性を忘れることはありません。

彼女との記憶をまるでフォルダに名前を付けるように脳内に保存し、いつでも取り出せるようにしているのが男性の性質です。

 

また、過去の思い出を美化するため、元カノとの良い思い出だけを残していることも。

逆に女性は、過去を吹っ切って前に進みます。

 

女性は新しい恋愛で過去を上書きしてしまうため、過去の恋愛相手を吹っ切ってしまうと、まるでなかったことのようにどうでも良くなることも。

ただ、別れた直後は元彼への執着心が強いため、やり直したいと望むことが多いのです。

 

とはいえ、「振られちゃったけどやり直したい!」と思うほど好きになれる人に出会えるのは、そう簡単にあることではないですよね。

あなたが元彼に対して本気の気持ちが残っているのなら、「復縁したい」というその想いを大事にしましょう。

 

振られた側の理由別に紹介!復縁したい元彼とやり直せる可能性とは?

復縁したい!振られた側の女性が元彼とやり直すための方法とは?

 

復縁したいと思っているのが振られた側の場合、元彼とやり直せる可能性はあるのでしょうか。

ここでは以下の3つに分け、振られた側の理由別にその可能性をお話ししていきます。

 

  1. 自分に欠点がある場合、まず直すことが大前提
  2. 彼が別な人を好きになっている場合は、時間が必要
  3. 一緒にいることが疲れた場合は、距離を置くことで解決する

 

自分を振った元彼とやり直せるかどうかは、振られた側の理由、つまり別れることになってしまった原因によって大きく変わるものです。

 

ここでまず、振られた側の理由を3つに分け、元彼とやり直せる可能性をそれぞれ詳しくご紹介していきます。

ぜひ自分と元彼の別れ方を思い返しながら読んでみてください!

 

自分に欠点がある場合、まず直すことが大前提

 

もしあなたの欠点が原因で元彼に振られた場合、もう一度やり直すためには、その欠点をしっかり直すことが大前提です。

ちなみに、男性が許せない彼女の欠点には以下のようなものがあります。

 

  • 気に入らないことがあると機嫌が悪くなる
  • 何かしてあげても喜ばず、お礼を言ってくれない
  • 自分の都合ばかりを押し付けてくる
  • 連絡の頻度が合わず、連絡するのが面倒になった
  • わがままや無理な要求が多すぎる

 

こうやって客観的にみると、「なるほど」「そりゃ嫌になるよね」と、誰でも納得できてしまうようなものばかりです。よね。

冷静になれば彼女に別れを告げる男性の気持ちも、理解できます。

 

それに小さな欠点でも、いくつも重なれば嫌になるのも当然のことです。

まずは、このように冷静に元彼との付き合いを思い出し、自分を客観的に振り返ってみましょう。

 

もしこのような欠点が自分にあると思うのなら、元彼との復縁のためにはもちろん、今後の自分自身のためにも直していきましょう!

 

彼が別な人を好きになっている場合は、時間が必要

 

先ほど「振られた側でも復縁できる可能性は十分にある」とお伝えしましたが、実は、元彼が別な人を好きになっている場合は、今すぐ復縁は難しいです。

少し時間がかかることを覚悟しましょう。

 

なぜなら、男性はすでに新しい恋愛に前向きになってしまっていると、そちらに全集中してしまうからです。

新しい恋愛は新鮮さやドキドキ感を楽しめるので、「元彼と別れて寂しい」「1人は寂しい」と思う瞬間は、当然少なくなります。

 

この場合、復縁は絶望的だと感じるかもしれません。

でも、たとえ元彼が別な人を好きになっても、その人と交際に発展しても、いつか元彼があなたの元に戻ってくる可能性はあります。

 

なぜなら、良くも悪くも人の気持ちは時間が経つと変わるからです。

ただ、長期戦になる覚悟は事前にしておいてください。

 

他のケースと比較すると、新しい好きな女性が登場することで元彼の気持ちが戻りづらく、時間がかかってしまう可能性が高いでしょう。

 

一緒にいることが疲れた場合は、距離を置くことで解決する

 

もしも、「一緒にいることが疲れた」という理由で別れを告げられたのなら、距離を置くことで解決できる可能性が極めて高いです。

好きな彼から「もう付き合うのに疲れた」と言われると、とてもショックですよね。

 

ただ、状況的に元彼はあなたのことが嫌いになったわけではないので、少しの間離れて生活してみると、元彼の気持ちが変わってくる可能性はあります。

 

それにこの理由で別れるのは、どのカップルでもよくあること。

男性は束縛されるのが苦手なので、彼女がいる生活が続くと窮屈に感じ、「一人のほうが気楽でいいや」と思ってしまうからです。

 

でも、いざ別れると男性は寂しくなり、自分から連絡してきたり戻ってくることもあります。

振られた側の女性が元彼と復縁したい場合、やり直すためのコツは?

復縁したい!振られた側の女性が元彼とやり直すための方法とは?

 

振られた側の女性が元彼と復縁したい場合、やり直すためのコツにはこのようなものがあります。

  1. 「別れた」という事実をしっかり受け止めることが大切
  2. 振られて3ヶ月~半年は冷却期間を設ける
  3. 冷却期間中は自分から元彼に連絡しない
  4. 冷却期間中に元彼への思いを整理する
  5. 冷却期間中に自分の欠点を直す
  6. 冷却期間中に自分磨きの時間をとる
  7. しっかり落ち込んだら気持ちを切り替える

 

復縁を成功させるには、一方的に自分の気持ちを押し付けても上手くいかないので、コツを抑えて確実に前進していくことが大切です!

 

ここからは、振られた側が元彼と復縁するためのコツをご紹介していきます。

ぜひ元彼ともう一度やり直すために参考にしてみてくださいね。

 

「別れた」という事実をしっかり受け止めることが大切

 

振られた側の女性が最初にするべきことは、別れを受け入れることです。

元彼を大好きだからこそ、「別れた」という事実を認めたくない気持ち、「別れたくない」とすがりたくなる気持ちはとてもよくわかります。

 

でも、事実を受け止めない限り前に進むことはできません。

それに、あなたがここで「私にはあなたしかいないの!」とすがったとしても、元彼の負担になって、嫌な存在として認識されてしまうかもしれません。

 

復縁のためには、そうなるのは絶対に避けたいですよね。

それに、元彼が別れると強く決心していた場合、別れたくないと追いすがられても、気持ちが変わらない可能性の方が高いです。

 

振られて3ヶ月~半年は冷却期間を設ける

 

振られて3ヶ月~半年は冷却期間を設けましょう。

冷却期間とは、お互いが気持ちを整理するための期間のことで、電話やLINEなど相手との接触を断って離れて生活することを言います。

 

「彼と離れて過ごすなんて耐えられない!」と思うかもしれません。

でも、今すぐ復縁を迫ったところで上手くいく可能性は極めて低いので、しっかりと冷却期間を設けて、元彼の気持ちが落ち着くのを待ちましょう。

 

それに、冷却期間は振られた側のためにもなるんですよ。

なぜなら、振られた側は別れた直後は感情的になりやすいのですが、冷却期間中に少しずつ冷静に正しい判断ができるようになるからです。

 

そうなると、元彼への依存や執着もなくなってきて、自然と自分の気持ちを冷静に整理できるようになります。

その心の余裕は、あなたを今よりもっと魅力的な女性にしてくれますし、復縁には必要な要素なんです。

 

なので、一時的な寂しさに負けず、冷却期間を必ず設けてくださいね。

 

冷却期間中は自分から元彼に連絡しない

 

冷却期間中は、自分から元彼に連絡しないようにしましょう!

もちろん、元彼から連絡がきた場合は返信して良いですが、振られた側のあなたから連絡してしまうと、「面倒な女」だと思われて嫌われるかもしれません。

 

つまり、冷却期間を設ける意味がなくなってしまうんです。

元彼が何しているのか気になったり、自分のことを忘れてしまわないか心配になったり、そのような気持ちは胸が痛くなるほど理解できます。

 

でも、今は耐えるときと思って頑張りましょう!

「冷却期間を乗り越えた人が元彼との復縁を叶えられる」、といっても過言ではないので、強い意志を持って乗り越えてください。

 

冷却期間中に元彼への思いを整理する

 

冷却期間中には、元彼への思いを整理しておくことも忘れずに行ってください。

元彼と離れている期間は冷静に考えられるので、今のうちに元彼への思いを整理しておき、復縁に臨むベストな状態を作っておきましょう。

 

整理するべきなのは以下のようなこと。

  • 振られても復縁したいのはなぜか
  • どうして元彼にこだわるのか
  • 元彼の好きなところはどこか
  • 元彼への気持ちは本当に恋愛なのか

 

振られた側の女性の中には、ただの依存や執着から元彼と復縁したいと勘違いしている人もいます。

そうならないためには、「自分は本当に彼が好きなのか」「なぜ彼ではないとダメなのか」と、自分と向き合うことが大切です。

 

そのような場合は、あなたの時間や労力を無駄にするだけなので、今のうちに元彼への気持ちをしっかり整理して固めておきましょう。

 

冷却期間中に自分の欠点を直す

 

冷却期間中に自分の欠点を直すことも心掛けてみてください。

自分の欠点と向き合うのはなかなか難しいですが、欠点を直さなければ、元彼の気持ちを良い方向へ変えることはできないですよね。

 

まずは、自分の欠点を紙に書き出してみるのがおすすめです。

  • 自分の思い通りにいかないと不機嫌になってしまう
  • 付き合っていくうちに外見に気を遣わなくなった
  • 人の悪口や文句を言ってしまう
  • 基本的にネガティブ思考で落ち込みやすい
  • 酒癖が悪く人に迷惑をかけることがあった
  • 高い理想を押し付けてしまっていた

 

このように箇条書きにして書き出していくと、「確かに元彼に嫌な思いさせちゃっていたかも」と反省しながら改善していくことができますよ。

冷静になり客観的に振り返ってみることで、自分の心を落ち着けることができます。

 

でも、だからといって、自分をダメな人間だと責める必要は絶対にありません!

「そんな自分もいるんだ」と受け入れていき、落ち込みすぎないようにしましょう。

 

その上で、「こうすればもっと良い女になれる」とポジティブに考えながら、少しずつでも欠点を直す努力をしていければ十分です!

 

冷却期間中に自分磨きの時間をとる

 

冷却期間中は自分磨きの時間をとりましょう。

何もしないまま冷却期間が終わるのをボーッと持っているだけでは、もう一度元彼に振り向いてもらうことはできません。

 

元彼に復縁を意識させるためには、魅力を増やしていくことが大切です。

あなたが付き合っていた頃よりも魅力的な女性に成長すれば、「別れるなんてバカだった…」と元彼は深く後悔することができますよ。

 

おすすめの自分磨きは以下の通りです。

  • ダイエットや筋トレで体を引き締める
  • 髪型を変えて大胆なイメチェンする
  • 自分に似合うメイクを研究する
  • 日常的にポジティブな言葉を選ぶ
  • 新しいことにチャレンジする

 

自分磨きのための努力は、やはり継続していくことが大切です。

なので、気軽に実行しやすいもの、自分が楽しいと思えるもの、興味があることから始めていきましょう。

 

もし自分の力だけで難しい場合は、友だちやプロの力を借りたり、YouTubeやインスタを使うのもおすすめです!

 

しっかり落ち込んだら気持ちを切り替える

 

冷却期間中、ときどき落ち込む日があるのは当然ですし、誰でもそうなるはず。

でも、落ち込んだあとは気持ちを切り替え、「よし、絶対にもう一度振り向かせてみせるぞ!」と強気な気持ちで前を向いていきましょう。

 

小さくてもポジティブな時が増えれば、自然と良い方向へ動いていきますよ。

それに、ずっと落ち込んでいたところで、元彼があなたを心配して「やっぱり一緒にいよう」なんて戻ってきてくれるわけではありませんよね。

 

でも、この冷却期間を頑張れば、彼が戻ってくる可能性は高くなります。

今は辛くても、努力すればきっと良い結果を迎えることができるので、前向きに頑張っていきましょう!

 

復縁したい!振られた側の女性が元彼に連絡する時に大事なこととは?

復縁したい!振られた側の女性が元彼とやり直すための方法とは?

 

振られた側の女性から元彼に連絡する時、このようなことを大事にしましょう。

  • 連絡は短く軽い文章で入れる
  • やり取りが続いたら早めに会う
  • 会えたら素直に自分の気持ちを伝える

 

冷却期間が終わったら、「どうやって元彼に連絡すればいいんだろう」「いつになったら会えるんだろう」と新しい悩みが生まれてきますよね。

振られた側の女性だからこそ、どのようなテンションや距離感で元彼に接すればいいのか、悩んでしまうのは当然のこと。

 

ここからは、元彼に連絡する時に大事なことをご紹介していきます。

久しぶりの元彼への連絡の仕方を間違えてしまうと、冷却期間を設けた効果がなくなってしまう可能性も。

 

なので、ぜひこれからお話しすることを参考に、慎重に連絡してみてください!

 

連絡は短く軽い文章で入れる

 

冷却期間中に復縁に向けてやるべきことをしっかりやり、元彼に再会できる準備が整ったら、あなたから連絡をしてみてください。

ただし、短く軽い文章で連絡すること!

 

早く復縁の話をしたい気持ちはとてもよくわかりますが、まずは元彼に警戒されないよう、少しずつ距離を縮めていくことが最優先です。

「久しぶり!元気?」くらいシンプルな文章がベスト!

 

あなたが復縁を考えていると悟られる文章や、元彼の負担になる文章は避け、まずは友だちのような感覚で気軽に連絡してみましょう。

 

やり取りが続いたら早めに会う

 

元彼とのやり取りが続いたら早めに会うのがおすすめです!

なぜなら、男性は特に用事がないのにやり取りを続けるのが苦手なので、だらだらとやり取りが続きすぎると面倒に感じてしまうからです。

 

そう思われると、復縁が遠ざかってしまうかもしれません。

なので、そんな男性心理もしっかり理解し、「○○に美味しいお店あるから今度行かない?」と明るいテンションで誘ってみましょう!

 

会えたら素直に自分の気持ちを伝える

 

元彼に会えたら、素直に自分の気持ちを伝えてみてください。

  • 復縁したいと思っていること
  • 別れてから気づいたこと
  • 自分のダメだった部分について

 

このように、あなた自身が思うことを素直に伝えることで、元彼もあなたに対して正直に思っていることを伝えてくれるでしょう。

 

大切なのは、言い訳をしないこと。

自分のダメな部分をフォローしようと必死になるより、「あの時は本当にごめんね」と素直に謝った方が、元彼の心に間違いなく届きます。

 

ただ、まだ復縁の話をするような雰囲気じゃなければ、焦らなくても大丈夫ですよ!

元彼のペースに合わせることも大切なので、新しい関係を築いていくような気持ちで、少しずつでも確実に距離を縮めていきましょう。

 

復縁できなくなる!振られた側の女性がやってはいけないNG行動は?

復縁したい!振られた側の女性が元彼とやり直すための方法とは?

 

振られた側の女性がやってはいけない行動というものがあり、そのNG行動がこちらです。

  • 冷却期間中にしつこく連絡を入れる
  • 元彼の前で泣いたり感情的になったりする
  • 彼の見ているSNSに病んだ書き込みをする
  • 自分の非を認めない・人のせいにする
  • もう一度会えたとき彼の過去の行動を責める

 

「復縁=難しい」というイメージがありますが、これからお話しする行動さえしなければ、元彼との関係は良い方向へ変わっていくはずです。

 

最後は、振られた側の女性がやってはいけないNG行動について、詳しくご紹介していきます。

自分から復縁を遠ざけてしまわないために、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

冷却期間中にしつこく連絡を入れる

 

冷却期間中に元彼にしつこく連絡を入れるのは、絶対にNGです。

一切連絡をとらずお互いの生活から離れて過ごすのが冷却期間なので、連絡をしてしまったら、冷却期間を設ける意味がなくなってしまいます。

 

復縁したい元彼に連絡したくなるのは当然のことです。

でも、男性にとってしつこく連絡をしてくる女性は、重く面倒な印象しかなく、また恋人になりたいとは思わないでしょう。

 

元彼の前で泣いたり感情的になったりする

 

元彼の前で泣いたり、感情的になったりするのもダメです。

本気で好きだからこそ、「別れたくない」「悪いところは全部直すから!」と泣いてすがりたくなる気持ちはとてもよくわかります。

 

でも、その行動は相手からしたら、自分のことしか考えていない人のように感じるはずです。

「こっちの気持ちも考えてほしい」と思われ、マイナスな印象を残してしまうはず。

 

本当に元彼のことを1番に考えるなら、元彼の負担になるようなことをせず、ここは一旦素直に別れを受け入れるべきです。

 

彼の見ているSNSに病んだ書き込みをする

 

彼の見ているSNSに病んだ書き込みをするのもやめましょう。

最近では、自分の気持ちをTwitterやInstagramで投稿し、それを見た周囲の人たちから共感やアドバイスをもらおうとする人が多いですよね。

 

でも、マイナスな発言を拡散するのは絶対にダメ。

病んだ書き込みを見た元彼は「俺が助けてあげなきゃ」と思うどころか、うじうじしている元カノに悪いイメージを抱くだけです。

 

病んでいる元カノに魅力を感じる男性はいませんし、むしろ離れてしまいます。

 

自分の非を認めない・人のせいにする

 

自分の非を認めず、人のせいにするのもNG行動の1つ。

誰だってプライドがあるので、そう簡単に自分の非を認めることはできませんが、いつまでも意地を張っている方がよっぽどカッコ悪いですよね。

 

ましてや人のせいにするなんて、レベルの低い人だと思われてしまいます。

自分が悪いと思うことに関しては素直に謝り、これからは同じ間違いをしないよう、改善していくことを心掛けていきましょう!

 

もう一度会えたとき彼の過去の行動を責める

 

再会できたとき、「昔さぁ…」と彼の過去の行動を責めるのもダメです。

せっかく会えたなら2人で過ごす時間を純粋に楽しむべきですし、終わったことをぐちぐち言う元カノと復縁したいと思うわけがないですよね。

 

それに過去の話を持ち出したら、お互いにキリがないでしょう。

大切なのは、これから2人で作っていく新しい関係です。

 

「これから彼とどうしていきたいのか」をしっかり考え、楽しい未来を想像しながら頑張ってみてください!

まとめ

復縁したい!振られた側の女性が元彼とやり直すための方法とは?

 

振られた側の女性が元彼と復縁したい場合、やり直すためには以下のようなことをオススメします。

  1. 「別れた」という事実をしっかり受け止めることが大切
  2. 振られて3ヶ月~半年は冷却期間を設ける
  3. 冷却期間中は自分から元彼に連絡しない
  4. 冷却期間中に元彼への思いを整理する
  5. 冷却期間中に自分の欠点を直す
  6. 冷却期間中に自分磨きの時間をとる
  7. しっかり落ち込んだら気持ちを切り替える

 

振られた側の女性でも、もう一度元彼とやり直すことは可能です。

ただ、間違った方法で頑張っても復縁を遠ざけてしまうだけなので、正しい方法で確実に一歩ずつ進んでいくことを心掛けてみてくださいね。

 

特に冷却期間中の行動は、復縁を大きく左右するほど大切です。

自分の欠点を改善しながら自分磨きにしっかり取り組み、元彼に「復縁したい」と思ってもらえるような女性を目指していきましょう!