運気・スピリチュアル

LINEブロックされたらどうする?ブロックされた場合の対処法は?

LINEブロックされたらどうする?ブロックされた場合の対処法は?

 

「LINEブロックされたらどうする?ブロックされた時はどう対処すればいいの?」

 

もしLINEをブロックされたら、どう対応したらいいのか悩む人も多いでしょう。

まずは、LINEが本当にブロックされているのか確認することが大切です。

 

でも、今まで連絡を取っていた人からLINEブロックされたら、どうすればいいか分からなくて、このようなことで悩みますよね。

 

  • LINEブロックされたらどうすればいいの?
  • そもそもなんえLINEブロックするの?
  • LINEブロックされたときやってはいけないことは?

 

そこで今回は、「LINEブロックされたらどうするべきなのか」についてご紹介していきます。

LINEブロックについて知っておくことで、相手との縁を復活させる可能性も高まるでしょう。

 

また、LINEをブロックする心理やブロックされたときの対処法、NG行動もお伝えしていくので、ぜひ最後までチェックしてください!

 

LINEブロックされたらどうする?そもそもブロックする心理とは?

LINEブロックされたらどうする?ブロックされた場合の対処法は?

 

LINEブロックされたらどうするべきか分からないときは、なぜブロックするのか、その心理を知っておきましょう。

LINEブロックする心理には、このようなものがあります。

 

LINEブロックする心理
  • LINEをブロックする心理①:冷静になるため距離を置きたい
  • LINEをブロックする心理②:相手と縁を切りたい
  • LINEをブロックする心理③:LINEが嫌い・辞めたい

 

コミュニケーションツールとしてLINEを使うのは当たり前となり、気軽に連絡を取り合える反面、様々な悩みもありますよね。

その中でも「LINEブロック」は、精神的にショックを受けてしまうことも。

 

突然LINEをブロックされたら「なんでブロックされたの?」と疑問がたくさん湧いてきます。

そこでここでは、LINEをブロックする心理状態について詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

LINEをブロックする心理①:冷静になるため距離を置きたい

 

もしかしたら相手は、あなたとの関係性に区切りをつけるために、LINEをブロックして距離を置こうとしているのかもしれません。

たとえば、元恋人同士や浮気相手という関係など。

 

いつまでもこの人と繋がっていてはダメだと感じたとき、冷静になるためにLINEをブロックすることがあります。

そうやってLINEをブロックすることで、相手は自分なりに区切りをつけているのです。

 

もし円満に別れた相手だとしても、もう連絡先は必要ないと考え、区切りをつけるためにLINEをブロックすることも。

 

相手とケンカをした場合、衝動的にLINEをブロックすることもありますが、その逆もあり得ます。

冷静になるためにLINEをブロックして、距離を置こうと考えている場合もあるでしょう。

 

LINEをブロックする心理②:相手と縁を切りたい

 

相手と縁を切りたい場合も、LINEをブロックして距離を置こうとします。

相手と縁を切りたい原因は「相手のことが嫌い」「もう関わりたくないグループの人たち」などの理由が考えられますよね。

 

そのため、嫌いだからその相手をブロックするだけとは限らないのです。

あなたと繋がっていると他の嫌いな人とも関わらないといけない場合も、LINEをブロックされやすいでしょう。

 

ブロックすることで自分のストレスを減らすためですね。

ストレスが溜まる相手と縁を切ることで、自分のストレスの負担を減らそうとしている可能性もあります。

 

その場合、関係性を築き直すのは難しいかもしれません。

 

LINEをブロックする心理③:LINEが嫌い・辞めたい

 

相手がLINEの連絡が嫌いな場合ややめたい場合も、LINEをブロックする心理として考えられます。

もし相手が連絡を面倒に感じるタイプならば、この可能性が高いでしょう。

 

また、頻繁にLINEのメッセージがきて疲れてしまっている場合も考えられます。

その場合、今までのLINEを確認してみることをおすすめします。

 

頻繁に自分からメッセージを送っていたとしたら、相手は負担に感じていた可能性があります。

LINEをブロックすることで自分の時間を取り戻そうと考えているのでしょう。

 

LINEをブロックされたらどうする?やるべき適切な対処方法とは?

LINEブロックされたらどうする?ブロックされた場合の対処法は?

 

LINEをブロックされてどうするべきなのか迷ったら、次の対処法を試してみてください。

 

LINEをブロックされたときの対処法
  1. 本当にブロックされているのかきちんと確認する
  2. まず1ヶ月程度は冷却期間を置く
  3. 共通の知人に探りを入れ、状況を確認する
  4. 冷却期間後、ブロック解除されていたら自分から連絡する
  5. ブロックが続いていたら他のSNS経由で連絡する
  6. 細かい話し合いは可能な限り対面で行う

 

もし突然LINEをブロックされたら、ショックでどうしようか悩みますよね。

まずは落ち着いて、LINEがブロックされているのかどうかを確認してみることが大切です。

 

ここからは、実際にLINEでブロックされたときにやるべき対処方法について、詳しくお話ししていきます。

ぜひ参考にしていただき、相手と関係を修復させていきましょう!

 

本当にブロックされているのかきちんと確認する

 

まず始めに試してみてほしい方法が、本当にLINEがブロックされているのか確認することです。

「ブロックされたかも」と感じても、実際にはブロックされていないことがあります。

 

たとえメッセージに既読がつかなかったり、返信がこなかったりしてもブロックされているとは断定できません。

まずは、相手にスタンプなどのプレゼントを贈ることができるのかどうか、確認してみてください。

 

相手が持っていなさそうなスタンプをプレゼントで複数送ってみるのです。

どれも「○○はこのスタンプを持っているためプレゼントできません」と表示される場合はブロックされている可能性が高いでしょう。

 

でもスタンプをプレゼントすることができた場合は、ブロックされていません。

また、LINEグループで相手にメッセージを送ってみて反応を見るのもおすすめです。

 

まず1ヶ月程度は冷却期間を置く

 

ブロックされたとき、無理に相手と連絡を取ろうとすることはやめておきましょう。

まずは、お互い冷静に考える時間が必要なのです。

 

そのため1ヶ月程度は冷却期間をとることをおすすめします。

そして冷静に自分の言動に原因がなかったか、相手がどのような心理状態なのか考えてみるといいでしょう。

 

そうすると、おのずと反省点が見えてきて冷静になることができます。

気持ちを落ち着かせてから行動することで、相手とコンタクトがとりやすくなりますよ。

 

共通の知人に探りを入れ、状況を確認する

 

もし1ヶ月程度の冷却期間を置いても何ら変化がない場合は、共通の知人に探りを入れてみるといいでしょう。

共通の知人を通して相手の状況を確認することで、自分がどう動けばいいのか判断することができます。

 

もし相手が忙しそうな状況の時や怒っていそうな時は、まだ無理に連絡を取ろうとしない方がいいですね。

 

また共通の知人に相手と連絡を取るために協力してもらうのもおすすめです。

相手と自分を含んだグループLINEを作ってもらうと、相手にメッセージを送ることができます。

 

他のメンバーにもメッセージは見えますが、相手にメッション「@」をつけてメッセージを送ってみてください。

 

このとき、長文のメッセージになりすぎないことが大切です。

自分に反省する部分があった場合は、謝罪の気持ちを相手に送るといいでしょう。

 

冷却期間後、ブロック解除されていたら自分から連絡する

 

もし冷却期間後、相手がブロックを解除していた場合は自分から連絡をしてみてください。

相手もあなたのメッセージを読んでくれる可能性が高いです。

 

ただし、相手にブロックされたことに対する不満や怒りをぶつけないように。

それをしたら、すぐにまたブロックされてしまう可能性があるからです。

 

反省する部分があったのなら、きちんと謝罪の気持ちを伝えるといいかもしれませんね。

相手が返信しやすいメッセージを送ってみて、相手の様子を伺ってみましょう。

 

ブロックが続いていたら他のSNS経由で連絡する

 

ブロックがいつまで経っても解除されない場合は、他の手段で連絡するのがおすすめです。

LINEではブロックされていても、他のSNSではブロックされていないときがあります。

 

そのときは他のSNSから相手にメッセージを送ってみましょう。

そうすると、LINEでは連絡のやり取りができなくても他のSNSでは連絡を取ってくれる場合がありますよ。

 

ただし、他のSNSでもブロックされないよう、SNS上でブロックされたことに対する質問などはしないようにしましょう。

 

細かい話し合いは可能な限り対面で行う

 

もし連絡を取り合うことができて直接会うことができたら、ブロックした理由などについて聞いてみるのもいいでしょう。

話し合いなどは、できるだけ直接会ってする方がおすすめです。

 

SNSでは相手の様子が分かりにくいので、直接会って話し合うことですれ違いを防ぐことができますよね。

そうすれば、仲直りできる可能性が高まります。

 

そのため、SNSで連絡のやり取りができても、直接会うまではブロックした理由などについては深く聞かないこと。

自分の気持ちを軽く伝えておく程度が良いです。

 

対面で細かい話し合いができたら、お互いに心もスッキリして以前よりも深い絆を築けている可能性もあるでしょう。

 

LINEがブロックされていたときやってはいけないNG行動は?

LINEブロックされたらどうする?ブロックされた場合の対処法は?

 

LINEをブロックされたときにやってはいけないことは、「すぐに相手と連絡を取ろうとする」ことです。

相手がブロックするときは、あなたに対して不満を感じている可能性があります。

 

あなたから距離を取ろうとしているのに、そんな相手からしつこく追いかけられたら嫌ですよね。

まずは相手に連絡を取ろうとする前に、冷静に考える時間を設けましょう。

 

自分の言動に落ち度はないか、相手の気持ちを考えることができていたかなど、じっくり考えてみることで改善点が見えてきます。

 

そして1ヶ月程度の冷却期間を取ってから相手と接触を試みてください。

1ヶ月も経てば、相手も冷静になっていることが多いのです。

 

そうすればあなたの話を落ち着いて聞いてくれることもあるので、他のSNSや共通の知人を通して連絡を取ってみるといいでしょう。

 

それでもまだダメそうな場合は、また一定期間時間を空けることをオススメします。

無理に連絡を迫ると、相手は不快に思ったりプレッシャーを感じ、余計に避けられてしまいかねません。

 

相手があなたと連絡を取ってもいいと感じるまで、じっくり待つことも大切です。

 

まとめ

LINEブロックされたらどうする?ブロックされた場合の対処法は?

 

今回は、LINEブロックされたらどうするべきなのか、ブロックされた場合の対処法についてご紹介しました。

LINEをブロックする心理には、次のような理由が考えられます。

 

LINEをブロックする心理
  • LINEをブロックする心理①:冷静になるため距離を置きたい
  • LINEをブロックする心理②:相手と縁を切りたい
  • LINEをブロックする心理③:LINEが嫌い・辞めたい

 

LINEをブロックされたらショックですよね。

でも冷却期間を設けることで冷静に原因を探れたり、自分の言動を振り返ることができたり、相手の気持ちについて考えることができます。

 

そのため、すぐに相手に連絡を取ろうとするのはやめましょう。

もし相手と連絡を取ることができた場合は、反省点を活かしてより良い関係性を築いていけるといいですね!